ラツィオ、パローロ&バスタ獲得を正式に発表2014.07.02 23:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ラツィオは2日、パルマ所属のイタリア代表MFマルコ・パローロ(29)とウディネーゼ所属セルビア代表DFドゥシャン・バスタ(29)を獲得したと、公式サイトで正式に発表した。契約期間などの詳細については明かされていない。

▽先日、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が明言していた通り、同クラブへの加入が内定していたパローロ、バスタの両選手は、メディカルチェックを無事パスしたことで、正式にラツィオへの移籍が完了した。

▽なお、ラツィオはイタリア代表としてブラジル・ワールドカップに参加していたパローロの獲得に550万ユーロ(約7億6000万円)を所属元のパルマに支払う見込みだ。また、同様に近年ウディネーゼの主力として活躍していたバスタにも、同額の移籍金をウディネーゼ側に支払うことになるようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオ、PSG移籍話のミリンコビッチ=サビッチの後釜にヤズジュ、ロフタス=チークら

ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が話題になる中、ラツィオはその後釜としてトラブゾンシュポルのトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(22)やチェルシーのイングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(23)らをリストアップしているとイタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 ミリンコビッチ=サビッチの獲得に熱を入れるPSGは同選手獲得に8000万ユーロ(約98億円)、または7000万ユーロ(約86億円)+アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(24)の条件で交渉にあたっているとされている。 移籍が決定的とも言われる中で、その後釜となる選手の獲得リストにはヤズジュ、ロフタス=チークの他にレッドブル・ザルツブルクのハンガリー代表MFドミニク・ショボスライ(18)の獲得も視野に入れているが、アーセナルと競合になるため獲得は難しいのではないかと触れられている。 得点力と確かなテクニックを備えた司令塔の動向と、新たに獲得を狙う若手選手たち。毎年チャンピオンズリーグ権を窺う位置につけるラツィオの編成には今後も注目だ。 2019.06.25 19:03 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、ミリンコビッチ=サビッチに約90億円オファーか

パリ・サンジェルマン(PSG)がラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)に対し、移籍金7500万ユーロ(約91億7000万円)のオファーを準備しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 同メディアによればPSGのスポーツ・ディレクター(SD)に就任したレオナルド氏と、ミリンコビッチ=サビッチの代理人を務めるマテヤ・ケジュマン氏が良好な関係を築いていることが、この移籍が実現する要因だと主張している。 2015年夏にラツィオに加入したミリンコビッチ=サビッチは2016-17シーズンから主力に定着。2017-18シーズンにはリーグ戦35試合で12ゴール4アシストの成績でブレイクを果たしていた。今季はリーグ戦31試合の出場で5ゴール3アシストとパフォーマンスを落としていたが、昨夏ミランのSDを務めていた際にもミリンコビッチ=サビッチの獲得に乗り出していたレオナルド氏が再アタックをかけるようだ。 2019.06.24 23:07 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャ新指揮官のロペテギ、ルイス・アルベルトに熱視線か

セビージャが、ラツィオに所属するスペイン代表MFルイス・アルベルト(26)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 スペイン人MFパブロ・サラビア(27)やアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(30)、フランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(28)、オランダ代表FWクインシー・プロメス(27)ら多くの主力の去就が不透明となっているセビージャ。フレン・ロペテギ新監督は、彼らを売却した場合に得られる資金をルイス・アルベルトの獲得に充てたいと考えているという。 セビージャ下部組織出身のルイス・アルベルトは、2011年にトップチームに昇格すると、リバプールやマラガなどを渡り歩き2016年夏にラツィオへ加入。今シーズンのセリエAでは、スペイン人らしいボールコントロールと高水準のパスセンスを武器に27試合で4ゴール5アシストを記録。また、2017年にはロペテギ監督の下でスペイン代表デビューも飾っている。 しかし、ラツィオはスペイン代表MFの放出に否定的であり、少なくとも3000万ユーロ(約36億6000万円)の移籍金を要求する模様。そこで、セビージャはアルゼンチン代表MFフランコ・バスケス(30)の譲渡を含めたオファーを検討しているようだ。 2019.06.14 15:16 Fri
twitterfacebook
thumb

守備的なユーティリティプレーヤーが欲しいラツィオ、アーセナルDFを狙う?

アーセナルの元イングランド代表DFカラム・チャンバース(24)だが、ラツィオへの移籍が浮上した。イタリア『イル・メッサジェッロ』が報じた。 サウサンプトンの下部組織で育ったチャンバースは、2014年にアーセナルへと完全移籍で加入。その後はミドルズブラへのレンタル移籍を経験。今シーズンはフルアムへレンタル移籍し、プレミアリーグで31試合に出場し2ゴールを記録していた。 本職はセンターバックのチャンバースだったが、フルアムではディフェンシブミッドフィールダーのポジションでプレー。新境地を開き、フルアムで大きな貢献を見せていたが、チームは降格の憂き目に遭っていた。 そんなチャンバースに興味を示しているのが、ラツィオだ。ラツィオは、複数ポジションでプレーできる守備的な選手を探しており、チャンバースが候補に挙がったとのこと。1250万ポンド(約17億1700万円)の移籍金を用意するつもりのようだ。 アーセナルは、サウサンプトンから購入する際に1600万ポンド(約22億円)を要しており、チャンバースの状況を考えれば売り時とも考えられる。果たして、この移籍は成立するのだろうか。なお、ラツィオは同価格で購入可能なニューカッスルのDFジャマール・ラッセルズ(25)にも興味を示しているようだ。 2019.06.13 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグなし?…ロッベンがラツィオに逆オファー

今夏の移籍先に注目を集めるバイエルンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)に対して、ラツィオ移籍の可能性が出てきた。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ロッベンは今シーズンがバイエルンとの契約最終年。契約満了による退団が決まっており、新天地としてJリーグのほか、古巣フローニンヘンや、メジャーリーグ・サッカー(MLS)、プレミアリーグ行きなど様々な憶測が浮上している。 そのなかで日本行きとなれば、Jリーグもさらに盛り上がること間違いなしだが、ロッベンの代理人がラツィオに対して売り込みをかけ、会談したという。 なお、現時点でラツィオ側にロッベンに対する関心があるかどうかわかっていないとのこと。名実ともにドリブラーとして実績十分なロッベンの去就はいかに。 2019.06.10 10:20 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース