バーゼル

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 バーゼル 13 4 1 1 12 4 8 6
基本データ

正式名称:バーゼル

原語表記:Fussball club Basel 1893

ホームタウン:バーゼル

チームカラー:青、赤

関連ニュース
thumb

ラキティッチのプロ初ゴールは豪快ボレー!14年前にスイスで記録【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はセビージャのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチがバーゼルで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バーゼル時代のラキティッチが決めたプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaTUN3dUtiZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スイスで生まれたラキティッチは、母国の強豪バーゼルのユースで育ちプロデビュー。その後シャルケやセビージャ、バルセロナで活躍を見せている。 プロデビューを果たしたバーゼルでは公式戦50試合に出場し11ゴールを記録しているが、その記念すべき初ゴールは、2006年10月22日に行われたスイス・スーパーリーグ第12節のザンクト・ガレン戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた30分、左サイドを攻めたバーゼルは、中央にクロスを上げる。クロスは中央では味方に合わずファーサイドに流れるが、ボックス内に上がってきたラキティッチがこれをボレーシュート。右足で完璧にミートされたシュートはゴール左に一直線に飛んでいき、ゴールネットを揺らした。 ラキティッチにとってはこれがプロ初ゴール。試合も2-1とバーゼルが勝利している。 2020.10.18 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

欧州でのブレイクのきっかけを掴む!バーゼル時代のサラーが決めた決定力抜群のゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーがバーゼル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆サラーがチェルシー相手に決めたブレイクのきっかけとなるゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5S09BeE1jVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国エジプトでプロデビューを飾ったサラーは、2012年夏にバーゼルに加入し、ヨーロッパデビューを飾った。 現在はリバプールのエースとして活躍するサラーだが、バーゼル時代の2013年9月18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージでチェルシーと対戦した際、その後のブレイクのきっかけとなるゴールを決めている。 0-1とチェルシーにリードされて迎えた71分、左サイドからチャンスを作ったバーゼルは、ボックス手前に低めのクロスを上げる。ダイレクトで細かいパス交換を続け、ボックス右でフリーになっていたサラーにボールが出ると、ダイレクトシュートを放つ。 ゴール左のGKの届かないコースに見事なシュートが決まり、バーゼルが同点に追いついた。これで流れを変えたバーゼルは、逆転に成功し、2-1で勝利を飾った。 グループステージ2度目の対戦でも、バーゼルはチェルシーを1-0で下し、両試合で得点をマークしたサラーは、翌シーズンのチャンピオンズリーグでもチェルシーから2試合で2得点を決めると、その後の2014年冬にチェルシーに引き抜かれている。 2020.09.12 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルMFジャカの兄、アルバニア代表MFタウラント・ジャカがバーゼルと2024年まで契約延長

バーゼルは11日、アルバニア代表MFタウラント・ジャカ(29)との契約延長を発表した。3年間延長し、新契約は2024年6月まで。さらに1年間の延長オプションがついているとのことだ。 バーゼルの下部組織で育ったジャカは、2010年7月にファーストチームへ昇格。グラスホッパーズへのレンタル移籍を経験したが、2013年6月からはバーゼル一筋でプレーしている。 これまでバーゼルでは公式戦288試合に出場し6ゴール21アシストを記録。2019-20シーズンはスイス・スーパーリーグで32試合に出場し3アシスト、ヨーロッパリーグでも10試合に出場し、チームのベスト8進出に貢献していた。 ジャカは「クラブのユニフォームを着ることができ、とても誇りに思う。今後数年間の僕たちの目標は野心的なママであり、僕がそれを一生に達成するために、自分の役割を果たしたいと思う」と意気込みを語った。 なお、アーセナルに所属するスイス代表MFグラニト・ジャカは実弟。 2020.09.12 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

スイスのユーティリティプレイヤー、F・フライのハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、スイスのバーゼルに所属するスイス代表MFファビアン・フライが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆スイスのユーティリティプレイヤー、F・フライのハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZem5kQlV1byIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バーゼルの下部組織出身のF・フライは、2007年にファーストチームに昇格。元日本代表FW柿谷曜一朗(現セレッソ大阪)ともプレーした。2015年にはマインツへ移籍し、今度は日本代表FW武藤嘉紀(現ニューカッスル)ともプレーしたが、2017年冬にバーゼルへと復帰している。 バーゼルでは公式戦通算369試合に出場し52ゴール60アシストを記録しているF・フライだが、2020年2月8日に行われたスイス・スーパーリーグ第21節のチューリッヒ戦ではハットトリックを達成している。 バーゼルのキックオフの流れから右サイドに送ったロングボールが通ると、中央に折り返し、最後はF・フライが詰めていきなりの先制に成功する。 その後、リードを2点として迎えた試合終盤の80分には、中央で相手DFを引き付けたFWアルトゥール・カブラルのお膳立てからF・フライが右足で沈め、試合を決めると、84分には絶妙なタイミングで2列目から飛び出すと、味方のパスをダイレクトで押し込み、ハットトリックとしている。 2019-20シーズンのF・フライは、ボランチでの起用が多かったものの、公式戦54試合に出場し18ゴール12アシストと圧巻の攻撃性能を発揮。キャリアハイの数字を残している。 2020.09.10 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バーゼルの守護神オムリンが弾丸FKをアクロバティックなスーパーストップ!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆バーゼルの守護神がアクロバティックなセーブで直接FKを阻止!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJMdkFNWkYyaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、モンペリエのスイス代表GKヨナス・オムリンがグラスホッパー戦で見せたファインセーブだ。 スイス2部のクリエンスでプロキャリアをスタートさせたオムリンは、2018年に強豪バーゼルに移籍。若き守護神として2020年夏にモンペリエに移籍するまでの2シーズンで79試合に出場した。 そんなオムリンは、2018年8月4日に行われた、スイス・スーパーリーグ第3節のグラスホッパー戦では素晴らしいセーブでチームの勝利に貢献している。 前半を2-0とリードして迎えた63分、グラスホッパーがボックス手前左の絶好の位置でFKを得る。するとキッカーのMFルナー・マー・シグルヨンソンが、短い助走からファーポストに強烈なシュートを放った。ボールはゴール右上にものすごいスピードで飛んでいったが、オムリンはこれを素早い反応でアクロバティックなファインセーブ。反撃のチャンスを阻んだ。 試合はその後両者に得点が生まれたものの4-2でバーゼルが制している。 2020.08.24 23:00 Mon
twitterfacebook

順位表




得点ランキング