リール

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 リール 83 24 11 3 64 23 41 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.23
28:00
リーグ・アン
第38節
アンジェ 1 - 2 リール
2021.05.16
28:00
リーグ・アン
第37節
リール 0 - 0 サンテチェンヌ
2021.05.07
28:00
リーグ・アン
第36節
RCランス 0 - 3 リール
2021.05.01
28:00
リーグ・アン
第35節
リール 2 - 0 ニース
2021.04.25
28:00
リーグ・アン
第34節
リヨン 2 - 3 リール
基本データ

正式名称:LOSCリール・メトロポール

原語表記:Lille Olympique Sporting Club Lille Metropole

愛称:LOSC

創立:1944年

ホームタウン:リール

チームカラー:青、赤

関連ニュース
thumb

リールがベンフィカGKヴラチョディモス獲得に動く! ミランに旅立ったメニャンの後釜候補

リールがベンフィカに所属するギリシャ代表GKオディセアス・ヴラチョディモス(27)の獲得に向けて交渉を進めているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 昨シーズンのリーグ・アン王者のリールは、今夏の移籍市場で守護神を務めていたフランス代表GKマイク・メニャン(26)がミランに引き抜かれた。 その後釜探しに奔走するクラブは先日にパリ・サンジェルマン(PSG)の元スペイン代表GKセルヒオ・リコ(27)の獲得に動いていたものの、交渉は破談に終わっていた。 そのため、現在はベンフィカの守護神の獲得に動いているようだ。 ドイツ生まれのヴラチョディモスはシュツットガルトでプロデビュー。その後、自身のルーツがあるギリシャの名門クラブであるパナシナイコスに完全移籍。同クラブで台頭を見せると、2018年にベンフィカに加入した。 以降、アトレティコ・マドリーGKヤン・オブラク、マンチェスター・シティGKエデルソンと、ここ数年多くの名手を輩出しているポルトガルの名門の新守護神として高い評価を集めていた。 ただ、昨シーズンの後半戦はブラジル人GKエウトン・レイチとのポジション争いに敗れ、2番手に序列を下げている。 2021.07.28 14:53 Wed
twitterfacebook
thumb

プレシーズンマッチで胸ぐらの掴み合い、フランス王者のチームメイトが一悶着

プレシーズンマッチでまさかの乱闘事件が起きた。しかも、チームメイト同士というから驚きだ。 問題が起きたのは2020-21シーズンのリーグ・アンを制覇したリール。17日に、ベルギーのコルトレイクとプレシーズンマッチを行った。 事件が起きたのは前半が終了した直後のことだった。ハーフタイムになり引き上げようとする選手たち。すると、DFチアゴ・ジャロが小走りにハーフウェイライン付近に寄ってくる。 チアゴ・ジャロが走って行った先にいたのは、MFゼカ。互いに何か言葉を交わすと、チアゴ・ジャロがいきなりゼカの胸を突き飛ばし、胸倉を掴みあう取っ組み合いに。見方や主審が止めに入る事態となった。 イギリス『デイリー・メール』によると、ゼカは前半のパフォーマンスに対して不満を持っており、チアゴ・ジャロと対峙したという。なお、主審は暴力行為としてチアゴ・ジャロに対してレッドカードを提示していた。 なお、プレシーズンマッチということもあり、コルトレイクは後半を10名で戦うという申告をしていた。 リールはリーグ制覇を成し遂げたもののクリストフ・ガルティエ監督が退任し、ニースの監督に就任。パトリック・ヴィエラ氏やクラウディオ・ラニエリ氏の名前も挙がったが、拒否される事態となり、ジョスリン・グーヴェネック監督が就任していた。 なお、試合はリールが後半追いつき、1-1のドローに終わっている。 <span class="paragraph-title">【動画】小走りで駆け寄り胸ぐらを掴んで揉み合いに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Os portugueses do Lille, Tiago Djaló e Xeka pegaram durante um jogo treino do Lille e foram ambos expulsos pelo árbitro. <a href="https://t.co/uaEfCGBwOB">pic.twitter.com/uaEfCGBwOB</a></p>&mdash; Fut Global (@futglobal20) <a href="https://twitter.com/futglobal20/status/1416459295848374272?ref_src=twsrc%5Etfw">July 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.18 14:04 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季リーグ・アン王者リール、主将フォンテと1年契約延長

リールは16日、ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテ(37)との契約を2022年6月まで延長したことを発表した。 サウサンプトンやウェストハムでプレー後、2018年夏に大連からリールに加入したフォンテ。リールでは移籍初年度からキャプテンを務め、在籍3年間で公式戦114試合に出場して8ゴール3アシストを記録。 加入初年度はリーグ・アンで2位となってチャンピオンズリーグ出場に導き、2020-21シーズンはリーグ・アン25試合に出場してリールを10年ぶりのリーグ優勝に導いていた。 2021.07.17 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

オリンピアコスがリールのギニア代表FWアギブ・カマラを完全移籍で獲得

オリンピアコスは13日、リールのギニア代表MFアギブ・カマラ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 2019年7月にリールのBチームに加入したカマラは、2020-21シーズンのクープ・ドゥ・フランス3回戦のディジョン戦でファーストチームデビュー。フル出場を果たし、初ゴールも決めていた。 すでにギニア代表デビューも果たし、3試合に出場しているカマラは、2017年のU-17ワールドカップにも出場していた。 オリンピアコスは、同日にチェコ代表GKトマシュ・ヴァツリーク(32)の獲得も発表していた。 2021.07.14 08:35 Wed
twitterfacebook
thumb

王者リール、かつてギャンガンでクープ・ドゥ・フランスを制覇したグーヴェネック氏を新指揮官に招へい

リールは5日、新監督にフランス人指揮官のジョスリン・グーヴェネック氏(49)を招へいしたことを発表した。 2020-21シーズン、ガルティエ体制4年目で10年ぶり4度目のリーグ・アン制覇を成し遂げたリール。しかし、その偉業達成に導いたガルティエ監督は新たな挑戦を求めて、今シーズン限りでの退任を発表した。 その後任候補にはパトリック・ヴィエラ氏(44)やクラウディオ・ラニエリ氏(69)の名前が挙がっていたが、最終的にギャンガンやボルドーで監督を歴任したグーヴェネック氏となった。 グーヴェネック氏は、2010年7月に当時フランス全国選手権(フランス3部)にいたギャンガンの指揮官に就任。攻守のバランスに長けたチームを作り上げると、就任初年度にリーグ・ドゥ(フランス2部)へ、就任3年目にリーグ・アン昇格に導いた。また、翌年の2013-14シーズンにはクープ・ドゥ・フランス優勝を果たすなどの手腕を発揮した。 その後、2016年夏にボルドーの監督に就任したが、成績不振で2018年1月に解任されると、同年11月にギャンガンの監督に復帰。しかし、チームは最下位でリーグ・ドゥ降格となり、2019年5月に双方合意の上で契約を解除していた。 なお、リールは契約期間を明かしていないが、『transfer market』によれば、契約期間は2023年6月30日までとなるようだ。 2021.07.06 07:30 Tue
twitterfacebook

順位表

得点ランキング