マルセイユ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 マルセイユ 12 3 3 1 10 8 2 7
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-10-24
24:00
リーグ・アン
第8節
ロリアン vs マルセイユ
2020-10-27
29:00
CL グループC
第2節
マルセイユ vs マンチェスター・シティ
2020-10-30
29:00
リーグ・アン
第9節
マルセイユ vs RCランス
2020-11-03
29:00
CL グループC
第3節
ポルト vs マルセイユ
2020-11-07
リーグ・アン
第10節
ストラスブール vs マルセイユ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.10.21
28:00
CL グループC
第1節
オリンピアコス 1 - 0 マルセイユ
2020.10.17
28:00
リーグ・アン
第7節
マルセイユ 3 - 1 ボルドー
2020.10.04
28:00
リーグ・アン
第6節
リヨン 1 - 1 マルセイユ
2020.09.26
28:00
リーグ・アン
第5節
マルセイユ 1 - 1 メス
2020.09.20
28:00
リーグ・アン
第4節
マルセイユ 1 - 1 リール
基本データ

正式名称:オリンピック・マルセイユ

原語表記:Olympique de Marseille

愛称:OM、マルセイエー

創立:1899年

ホームタウン:マルセイユ

チームカラー:水色

関連ニュース
thumb

酒井宏樹CLデビューも敵地で土壇場被弾のマルセイユは黒星スタート…《CL》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節、オリンピアコスvsマルセイユが21日に行われ、ホームのオリンピアコスが1-0で勝利した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹は先発フル出場。DF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 昨シーズンのリーグ・アンを2位フィニッシュし、2013-14シーズン以来のCL参戦となるマルセイユ。ギリシャの強豪オリンピアコスのホームに乗り込んだ初戦では長友がベンチスタートになったものの、酒井が先発でCL初出場を飾った。 立ち上がりから集中した入りを見せたマルセイユは、開始6分にトヴァンがボックス手前から得意の左足を振り抜くが、このシュートはわずかに枠の左へ外れる。 その後は攻め合うオープンな展開が続く中、互いにシュート数を増やしていくが、なかなかシュートを枠に飛ばすことができず、決定機には至らない。前半終盤にかけてはホームのオリンピアコスがカウンターからアウェイチームに脅威を与えるが、守護神マンダンダの落ち着いた対応もあって、前半は0-0で終了した。 迎えた後半、先にゴールへ迫ったのはオリンピアコス。52分、ボックス中央で酒井のクリアが短くなったところを拾ったヴァルブエナのシュートのこぼれ球をヨルゴス・マスラスが押し込む。だが、このゴールはVARの末にオフサイドの判定となり、ノーゴールに。 冷や汗をかいたマルセイユはその後も攻め切れない場面が目立ち、徐々に相手に押し込まれる状況が続く。 何とか流れを変えたいビラス=ボアス監督はルイス・エンリケやキュイザンスといった新戦力を続けてピッチに送りだしていくが、劣勢を撥ね返すまでには至らない。 すると、0-0で試合終了かに思われた試合終盤に先制点を奪われる。91分、右サイドのスペースに抜け出した古巣対戦のヴァルブエナからの正確なクロスをゴール前のコカに打点の高いヘディングで流し込まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、酒井のCLデビュー戦はほろ苦い0-1の敗戦となった。 オリンピアコス 1-0 マルセイユ 【オリンピアコス】 コカ(後46) 2020.10.22 06:18 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループC展望】シティ突破濃厚な中、中島ポルト、酒井&長友マルセイユが残り1枠を懸けて激突!

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。グループCは優勝候補マンチェスター・シティの突破が濃厚な中、FW中島翔哉を擁するポルト、DF酒井宏樹、DF長友佑都を擁するマルセイユがオリンピアコスと共に残り1枠を懸けて激突する。 ◆編集部予想 ◎本命:マンチェスター・シティ ○対抗:ポルト △連下:マルセイユ ☆大穴:オリンピアコス ◆総合力で他を圧倒。文句なしの本命~マンチェスター・シティ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_102_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンのベスト8チームが文句なしの首位通過の本命だ。昨季はEFLカップこそ制覇したものの、プレミアリーグ3連覇を逃がし、CLでも伏兵リヨンに敗れて厳しいシーズンとなったシティ。捲土重来を期す今シーズンでは最重要課題となっていたセンターバックにDFアケ、DFルベン・ジアスを迎え入れ、MFサネの抜けたウイングポジションにMFフェラン・トーレスを補強。世代交代を図りつつ、よりバランスの良いスカッド構築に成功している。 ここまでのプレミアリーグでは圧倒的な戦いは見せられていないが、直近のアーセナル戦ではグアルディオラ監督の真骨頂である難解な新布陣も採用しており、更なる進化の予感を漂わせている。他のメガクラブに比べて、比較的与しやすいグループに入った中、リーグ戦と並行しながらシーズン中盤、終盤に向けて新たなオプションを模索しながら首位通過を目指す。 ◆実績十分も大幅な刷新の影響懸念…中島に出番は?~ポルト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンのポルトガル王者であり、シティを除き最もヨーロッパのコンペティションで実績があるポルトが2番手の扱いだ。セルジオ・コンセイソン監督の下、攻守の切り替えを徹底したソリッドなチームは各ポジションに実力者を揃ている。 ただ、今夏の移籍市場では主将MFダニーロを始め、DFアレックス・テレス、FWソアレス、FWゼ・ルイスら主力クラスがこぞって退団。代わって今夏の移籍市場終盤に、いずれもプレミアリーグからMFグルイッチ、DFサール、FWフェリペ・アンデルソンをレンタルで獲得したが、チームにフィットさせるにはある程度の時間を要するはずだ。 なお、そのポルトで10番を背負いながらもコロナ禍における様々な問題により、一時構想外となっていたFW中島翔哉だが、直近のスポルティング・リスボン戦で約7カ月ぶりのベンチ入りを果たしており、自身初となるCLの舞台でプレーする可能性は十分にあるはずだ。 ◆酒井が長友と共に初の大舞台へ! 突破のチャンスは十分あり~マルセイユ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_102_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンのリーグ・アンを2位フィニッシュしたマルセイユは2013-14シーズン以来のCL参戦となる。智将ビラス=ボアス監督の下で復活を遂げたフランス屈指の名門は、今夏FFPの問題で主力流出も噂されたが、DFサール、MFマキシム・ロペスの2選手の退団に留まり、戦力維持に成功。また、ドルトムント、バイエルンから逸材DFバレルディ、MFキュイザンスをレンタルし、両サイドバックでプレー可能な百戦錬磨のDF長友佑都をフリーで獲得するなど、限られた予算の中でスカッドに厚みを加えている。 ここまでのリーグ戦ではパリ・サンジェルマンとの乱戦を制した一方、以降は攻守にチグハグな部分が目立ち取りこぼしが続いていたが、直近のボルドー戦では3-1の快勝を収め、ここに来て調子を上げている。なお、長友はインテル、ガラタサライで同大会を経験しているが、DF酒井宏樹にとっては30歳でのCLデビューとなる。 ◆2年連続出場で今季はよりチャンスあり?~オリンピアコス~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 予備予選を制して2年連続でグループステージ進出を果たしたギリシャ王者。昨シーズンはバイエルン、トッテナムと同居したことで3位敗退となったが、ヨーロッパリーグ(EL)ではアーセナルに金星を挙げるなど、その実力は本物だ。 今夏の移籍市場では元バイエルンDFラフィーニャ、古巣帰還のDFホレバス、MFエムビラ、FWブルマと積極的な補強も敢行しており、対戦相手のメンツを考えれば、昨季に比べて突破のチャンスはありそうだ。マルセイユと久々の古巣対戦となるMFヴァルブエナにも注目だ。 2020.10.21 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

魔術師パイエが2年前のELで決めた左ポストの内側を掠める圧巻FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、マルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイエが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆パイエが2年前のELで決めた左ポストの内側を掠める圧巻FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPSXNDdXNoTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 日本代表DF酒井宏樹らとともに近年のマルセイユを牽引するパイエ。卓越したテクニックで、流れの中からもセットプレーからもゴールとアシストを量産する。 今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に出場するマルセイユだが、パイエは2018年10月25日に行われたヨーロッパリーグのグループリーグ、ラツィオ戦では見事な直接FKを沈めている。 ホームで負けられないマルセイユだったが、ラツィオに2点を先制される苦しい展開となる。それでも、86分にはボックス手前好位置でFKを獲得すると、名手パイエが左ポストの内側を掠めるシュートで決め切り、土壇場で1点を返した。 それでも力及ばなかったラツィオは試合終了間際に1点を奪われ、そのまま3-1で敗戦。グループリーグ敗退に終わった。 今シーズンのCLは20日に開幕。マルセイユはオリンピアコスと対戦する。 2020.10.20 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井がフル出場で1アシスト! トヴァン躍動で快勝のマルセイユが5戦ぶりの白星!《リーグ・アン》  

マルセイユは17日、ホームで開催されたリーグ・アン第7節でボルドーと対戦し、3-1で勝利した。なお、DF酒井宏樹は先発フル出場。DF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。   直近3戦連続ドローを含め4戦未勝利と勝ち切れない状況が続くマルセイユは、5戦ぶりの白星を目指してボルドーをホームで迎え撃った。インターナショナルマッチウィーク明けのこの一戦では酒井が右サイドバックで先発し、バイエルンからの新戦力キュイザンスがデビューを飾った一方、胃腸炎で日本代表招集を辞退した長友はベンチスタートとなった。   試合は開始早々に動く。5分、右サイドの酒井から足元に速い横パスを受けたトヴァンがペナルティアーク付近で反転から左足を振り抜くと、美しい軌道を描いたシュートがゴール左隅の完璧なコースに決まった。   幸先良く先制に成功したマルセイユは10分過ぎにも追加点のチャンス。ボックス内でアマヴィが倒されて得たPKをトヴァンが蹴るが、ここは相手GKコスティルに完璧に読まれてしまい、痛恨の失敗に。   すると、直後の17分にはボックス右に抜け出したベン・アルファにゴールネットを揺らされるが、ここはオフサイドの判定に救われた。その後は再び試合の主導権を握り、幾度か決定機を作り出したホームチームだったが、追加点を奪うまでには至らず。   しかし、1点リードで迎えた後半の立ち上がりにセットプレーからゴールをこじ開ける。54分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのトヴァンが鋭いボールを入れると、ニアに飛び込んだアマヴィのループ気味のヘディングシュートがGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。   さらに、64分にはボックス左でキュイザンスからパスを受けたアマヴィのシュートがDFパブロのオウンゴールを誘い、決定的な3点目を奪った。   一方、瞬く間にビハインドを3点に広げられたボルドーは直後に3枚替えを敢行。かつてガンバ大阪で活躍した韓国代表FWファン・ウィジョが投入され、酒井との元Jリーガー同士の競演が果たされることになった。   その後、マジャに1点を返されたクリーンシートを逃したマルセイユは、チャレタ=ツァルが負傷交代するアクシデントにも見舞われたが、キュイザンスに続き新戦力のルイス・エンリケをデビューさせるなど、危なげない試合運びで3-1の完勝。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のオリンピアコス戦を控える中、リーグ5戦ぶりの白星で弾みをつけた。 2020.10.18 06:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールへの人種差別発言が疑われていたアルバロ・ゴンサレス、殺害メッセージが届いていた

大荒れとなったパリ・サンジェルマン(PSG)vsマルセイユで、人種差別発言の疑いが持たれていたマルセイユのスペイン人DFアルバロ・ゴンサレスが殺害メッセージを受けていたことを明かした。 9月13日のリーグ・アン第3節で行われた当試合。両チーム合わせて5人の退場者の中の1人だったアルバロ・ゴンサレスは、PSGのブラジル代表FWネイマールに対する人種差別発言が問題視されていた。 結果的に、フランス・プロリーグ機構(LFP)は証拠不十分だったとして不起訴処分に。アルバロ・ゴンサレスも無罪を主張してくれたクラブやファンへの感謝を伝えていた。 ところが、人種差別発言の疑惑が浮上した直後は不特定多数の人物から恐喝まがいのメッセージが届くようになったという。フランス『RMC』のインタビューで同選手は「携帯電話のWhatsAppにメッセージがたくさんきた。200万件以上もあったよ」と告白。その中には殺害を連想させるものもあったそうだ。 また、「僕が使っていた車の写真も送られてきて、家まで来て殺すつもりだと言っていた」と、家族にまで被害が及ぶ危険があったとも。 クラブからのサポートもあり、事態は徐々に収束した模様だが、「僕の身に初めて起きたことだったから怖かったよ」と、身の毛もよだつ体験を強いられていたようだ。 2020.10.10 17:41 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング