マルセイユ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 マルセイユ 52 14 10 9 46 40 6 33
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-23
28:00
リーグ・アン
第34節
スタッド・ランス vs マルセイユ
2021-05-01
リーグ・アン
第35節
マルセイユ vs ストラスブール
2021-05-08
リーグ・アン
第36節
サンテチェンヌ vs マルセイユ
2021-05-15
リーグ・アン
第37節
マルセイユ vs アンジェ
2021-05-22
リーグ・アン
第38節
メス vs マルセイユ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.17
24:00
リーグ・アン
第33節
マルセイユ 3 - 2 ロリアン
2021.04.10
28:00
リーグ・アン
第32節
モンペリエ 3 - 3 マルセイユ
2021.04.04
28:00
リーグ・アン
第31節
マルセイユ 2 - 0 ディジョン
2021.03.20
25:00
リーグ・アン
第30節
ニース 3 - 0 マルセイユ
2021.03.13
25:00
リーグ・アン
第29節
マルセイユ 3 - 0 ブレスト
基本データ

正式名称:オリンピック・マルセイユ

原語表記:Olympique de Marseille

愛称:OM、マルセイエー

創立:1899年

ホームタウン:マルセイユ

チームカラー:水色

関連ニュース
thumb

サッスオーロ、マルセイユからレンタル中のマキシム・ロペスの買取OP行使!

サッスオーロがマルセイユからレンタル移籍中のフランス人MFマキシム・ロペス(23)を完全移籍で買い取った。 マルセイユ生え抜きのマキシム・ロペスは、10代後半から元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを彷彿とさせるテクニカルなプレーメーカーとして注目を集めてきた逸材。 これまでセビージャやトッテナムなどからの関心を集めていた中、昨夏に買い取りオプション付きの1年間のレンタルでサッスオーロに加入していた。 今シーズンここまではセントラルMFを主戦場にセリエA22試合に出場し1ゴールを記録。ロベルト・デ・ゼルビ監督の下、ポゼッション志向が強いアタッキングフットボールに順応し、主力として活躍を続けている。 そのフランス人MFは14日、自身の公式『ツイッター』を通じて、サッスオーロが買い取りオプションを行使し、自身が正式にネロヴェルディの一員となったことを明らかにした。 「公式に僕はサッスオーロのプレーヤーとなった」 「そして、それを勝利で祝えることより素晴らしいことはないよ」 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、マキシム・ロペスは今シーズン終了後にサッスオーロと2025年6月30日までの4年契約にサインする予定だという。 2021.04.14 23:32 Wed
twitterfacebook
thumb

突如メンバー外のマルセイユDF酒井宏樹、理由が判明

10日に行われたリーグ・アン第32節のモンペリエ戦で突如メンバー外となっていた日本代表DF酒井宏樹だが、その理由が判明した。フランス『La Provence』が報じた。 マルセイユは10日、アウェイでモンペリエと対戦。試合は3-3の引き分けに終わった。 この試合では、日本代表DF長友佑都と酒井がベンチにも入らない事態に。長友はすでにケガで離脱していることが明かされていたが、酒井の不在は突然のことであり、原因が明かされていなかった。 そんな中『La Provence』によると、酒井は坐骨神経痛を患っており、この試合を欠場したとのこと。代役としてドゥイエ・チャレタ=ツァルが出場していた。 なお、試合はそのチャレタ=ツァルが63分に一発退場。その後勝ち越したマルセイユだが、後半アディショナルタイムにゴールを許し、3-3の引き分けに終わっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】酒井宏樹の絶妙ロングスローが得点に繋がる</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJjM29qQzNYUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.11 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

DF長友佑都が今節欠場決定、今季限りでマルセイユ退団の可能性

マルセイユに所属する日本代表DF長友佑都(34)だが、再びフリーになる可能性があるようだ。フランス『レキップ』が報じた。 昨シーズンはガラタサライでプレーしていた長友。しかし、2020年1月にチームの登録メンバーから外されると半年以上試合に絡まない時期を過ごした。 その長友だが、2020-21シーズンからはマルセイユへと完全移籍。左サイドバックのバックアッパーとして期待されると、シーズン当初は半年以上のブランクからパフォーマンスが上がらずに酷評される事態となった。 それでも、DFジョルダン・アマヴィのパフォーマンスが上がらないこともあり、長友が徐々にポジションを掴んでいき、ここまでリーグ・アンで21試合に出場し1アシストを記録していた。 その長友だが、マルセイユとの契約は1年間となり、今シーズン限りで満了を迎える。 『レキップ』によると、マルセイユは今夏12人の選手と契約が満了するが、3名とは契約延長を延長すべきではないと報道。その中に長友が入っている状況だ。 その長友だが、4日に控えるリーグ・アン第31節のディジョン戦は欠場することが確定。ホルヘ・サンパオリ監督が試合に向けた会見で明かし、現在は負傷しているとのことだ。 「アマヴィは痛みを感じた。この問題を解決する必要がある。長友は来週の終わりに戻ってくるだろう。ロニエは再び負傷したが、来週はまた戻ってくるだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】長友佑都がマルセイユで決めた唯一のアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVNUNhWGRFRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.02 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ターゲットマン大爆発!マルセイユのレジェンドが決めた見事なハットトリック/2009-10【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元セネガル代表FWママドゥ・ニアン氏がマルセイユで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆マルセイユのレジェンドが大爆発<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKVWloVG9DVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> トロワでのプロデビューを経て、フランスのクラブを渡り歩いたニアン氏は2005年夏に強豪マルセイユに加入。移籍初シーズンからチーム得点王に輝くなど、得点源として活躍し、2010年夏に退団するまでの5シーズンで公式戦227試合100ゴールという数字を残した。 マルセイユでのキャリア終盤には主将も務めたニアン氏だが、2010年2月21日に行われたリーグ・アン第25節のナンシー戦では、圧巻のハットトリックを決めている。 まずは0-0の前半10分、右サイドでボールを持ったMFシャルル・カボレがクロスを上げる。ボックス内のニアンが絶妙の動き出しでゴール前に抜け出し、ヘディングを合わせて豪快な先制点を挙げる。 1-1と同点に追いつかれて迎えた34分、左サイドからDFタイエ・タイウォがボックス内にクロスを上げると、ゴール前のニアンがDFと競り合い、倒れ込みながらダイレクトボレー。ゴール左下に見事なゴールを決めた。 最後は67分、カウンターからMFルチョ・ゴンサレスのスルーパスにニアンが抜け出し、そのままボックス内に侵入すると、GKとの1対1を制し、ハットトリックを達成した。 ニアンの全得点を挙げる活躍でマルセイユが3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title=""></span> 2021.04.01 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

走りながらの豪快な一撃!ピンポイントクロスに合わせた強烈ヘディング弾/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はヘルタ・ベルリンのセルビア代表FWネマニャ・ラドニッチがマルセイユで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ラドニッチのドンピシャヘッド<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzNDZxN2JmMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 若くしてルーマニアやイタリアクラブの下部組織を渡り歩いたラドニッチは、ローマや母国ツルヴェナ・ズヴェズダなどでのプレーを経て、2018年夏にフランスの名門マルセイユに移籍した。 2021年1月からはヘルタ・ベルリンにレンタル移籍で加入しているラドニッチだが、移籍直前の2021年1月6日に行われたリーグ・アン第18節のモンペリエ戦では、見事なヘディングを決めている。 0-0のまま迎えた41分、大胆なサイドチェンジから右サイド深部でFWフロリアン・トヴァンがボールを持つと、ボックス内に仕掛けていき、左足でクロスを上げる。このクロスにファーサイドからラドニッチが走り込むと、強烈なヘディングを叩き込み、先制ゴールを挙げた。 試合は、先手を取ったマルセイユが3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="1022" data-sg-movie-title="【走りながらの豪快な一撃】ピンポイントクロスに合わせた強烈ヘディング弾"></span> 2021.03.30 17:00 Tue
twitterfacebook

順位表

得点ランキング