ワトフォード

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 ワトフォード 34 8 10 20 36 64 -28 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.07.26
24:00
プレミアリーグ
第38節
アーセナル 3 - 2 ワトフォード
2020.07.21
26:00
プレミアリーグ
第37節
ワトフォード 0 - 4 マンチェスター・シティ
2020.07.17
28:00
プレミアリーグ
第36節
ウェストハム 3 - 1 ワトフォード
2020.07.11
20:30
プレミアリーグ
第35節
ワトフォード 2 - 1 ニューカッスル
2020.07.07
26:00
プレミアリーグ
第34節
ワトフォード 2 - 1 ノリッジ
基本データ

正式名称:ワトフォードFC

原語表記:Watford Football Club

創立:1881年

ホームタウン:ワトフォード

チームカラー:赤/黄

関連ニュース
thumb

降格ワトフォードがディーニーのレンタルをトッテナムに逆オファー?

トッテナムがワトフォードからイングランド人FWトロイ・ディーニー(32)のレンタル移籍を持ち掛けられているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今シーズンのプレミアリーグで19位に終わり、6シーズンぶりの降格となったワトフォード。財政面への考慮から高給取りの主力選手の放出に動いており、ディーニーがその筆頭となっているようだ。 そのレンタルを持ちかけられたというトッテナムは、現在イングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーが不在。飛躍が期待されている若手有望株のアイルランド代表FWトロイ・パロットは、先日にミルウォールへのレンタルが決定した。 今季はケインの負傷離脱で苦しんだ背景があることから、ジョゼ・モウリーニョ監督はプレミアでの経験が十分なディーニーのレンタルを前向きに考えているようだ。『デイリー・メール』によれば、すでに最初の話し合いは行われたとのことで、トッテナム側は1年の契約を望んでいると言われている。 一方で、同じくチャンピオンシップ降格となったボーンマスのイングランド代表FWカラム・ウィルソン獲得の噂もあるトッテナムだが、こちらはより高額な移籍金を必要とするようだ。 2020.08.03 15:50 Mon
twitterfacebook
thumb

昇格組アストン・ビラが残留! ボーンマスとワトフォードは6シーズンぶり降格…《プレミアリーグ》

アストン・ビラは26日、プレミアリーグ最終節でウェストハムとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。この結果、残留圏内の17位を死守したアストン・ビラが残留を決めている。 前節アーセナルを下して残留圏内の17位に浮上したアストン・ビラ(勝ち点34)が、前節残留を決めたウェストハムのホームに乗り込んだ一戦。 降格圏の18位ワトフォードと勝ち点で並び、勝利すれば自力での残留となるアストン・ビラは、グリーリッシュやドウグラス・ルイス、GKレイナらがスタメンとなった。 そのアストン・ビラが立ち上がりから押し込む展開としたものの、11分にピンチ。ロングボールでアントニオに抜け出され、GKと一対一に。しかしシュートミスに救われて難を逃れた。 その後はウェストハムに押し込まれる展開を強いられたアストン・ビラだったが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、ヤルモレンコとアラーを投入してきたウェストハムに対し、前半同様に前がかる入りとしたアストン・ビラは、ゴールレスで試合を進めていく。 同時刻に行われていた試合でワトフォードがアーセナルにリードを許していたため、引き分けでも残留となるアストン・ビラは後半半ば以降、守勢に回る。 そんな中、84分に値千金の先制ゴールが生まれる。決めたのはキャプテンのグリーリッシュ。横パスを受けたグリーリッシュがボックス左から左足を一閃。強烈なシュートがネットを揺すった。 2分後にヤルモレンコにゴールを許したアストン・ビラだったが、1-1でタイムアップ。ワトフォードがアーセナルに敗れたため、残留を勝ち取った。 アストン・ビラの残留を受け、ワトフォードとボーンマスの6シーズンぶりの降格が決まっている。 2020.07.27 02:10 Mon
twitterfacebook
thumb

EL初出場のグラナダ、フルキエをワトフォードから買い取り

グラナダは24日、グアドループ代表DFディミトリ・フルキエ(27)をワトフォードから買い取ることを発表した。契約期間は2023年6月までとなっている。 右サイドのスペシャリストであるフルキエは、今年1月にワトフォードからグラナダにレンタルで加入。2017年以来、自身2度目のワトフォードでのプレーとなった中、加入後は右サイドバックや右サイドハーフでラ・リーガ17試合に出場し、クラブの7位フィニッシュとヨーロッパリーグ初出場に貢献していた。 2020.07.25 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「大きな問題を抱えてプレーしていた」と語るペップ監督、ワトフォード戦快勝に「欲望と情熱を最低限示した」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、4-0と快勝を収めたプレミアリーグ第37節のワトフォード戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 FAカップ準決勝でアーセナルに敗れたシティだが、21日に敵地で対戦したワトフォード戦では31分と40分にFWラヒーム・スターリングのゴールで試合を折り返す。63分にMFフィル・フォーデン、67分にアイメリック・ラポルテにもゴールが生まれて4-0の快勝を収めた。 <div id="cws_ad">◆4発快勝!ワトフォードvsマンチェスター・シティ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=15qhmx8ak5m781l3ux3jtnbndh" async></script></div> 今シーズン初の4連勝を達成したグアルディオラ監督は、コンディションが優れていなかったにも関わらず勝利した選手を評価。ただ、3連覇を逃した現状に一貫性の改善を要求した。 「彼らは大きな問題を抱えてプレーしていた。今日の試合はより多くの意味を持って、積極的だった。前にも言ったけど、自分たちらしくだね。良くも悪くもプレーすることができる。欲望と情熱を最低限示した」 「試合に勝つためには全てやらなければいけなく、勝ち負けではない。悪いプレーをしても、走って戦わなければいけないよ。アーセナル戦ではできなかったから負けたんだ」 「選手が自分の欲望を達成して、ゴールを決め、目標にコミットできることが大好きだ。チャンピオンから遠く離れてフィニッシュしたことを忘れてはいけない」 「今シーズンのプレミアリーグは我々にとって良くなかった。他の18チームよりはもちろん優れていたが、十分ではない」 「プレミアリーグで4連勝したのは今回が初めてだ。昨シーズンは18連勝だった。だから一貫性を改善しなければいけない」 2020.07.22 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

シティが残留争い中のワトフォードを4発粉砕!《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは21日、プレミアリーグ第37節でワトフォードとのアウェイ戦に臨み、4-0で完勝した。 2位が確定しているシティは0-2で敗れた3日前のFAカップ準決勝アーセナル戦のスタメンから4選手を変更。シルバやマフレズ、ギュンドアンらに代えてベルナルド・シウバやフォーデン、ロドリらを起用した。 降格圏の18位アストン・ビラと3ポイント差でピアソン前監督を解任した17位ワトフォードに対し、ガブリエウ・ジェズスを最前線に、2列目に右からフォーデン、デ・ブライネ、ベルナルド・シウバ、スターリングと並べる[4-1-4-1]で臨んだシティが立ち上がりからハーフコートゲームを展開すると、11分に決定機。ロドリのミドルシュートが枠を捉えたが、GKフォスターにセーブされた。 その後も押し込むシティはクーリングブレイク後、スターリングとフォーデンのポジションを入れ替えると、31分に押し切る。右サイドからのウォーカーのクロスを受けたボックス右のスターリングがゴール左に強烈なシュートを突き刺した。 さらに39分、スターリングがボックス内に侵入したところでヒューズに倒され、PKを獲得した。このPKをスターリングはフォーデンに止められるも、ルーズボールを押し込み、リードを広げた。 シティが2点をリードして迎えた後半立ち上がり、ジェズスとスターリングが際どいシュートを浴びせた中、61分にはデ・ブライネが直接FKでGKフォスターを強襲すると63分に3点目。 デ・ブライネのスルーパスでボックス右に抜け出したスターリングのシュートはGKフォスターにセーブされるも、ルーズボールをフォーデンが押し込んだ。 さらに67分、デ・ブライネの右サイドからのFKをラポルテが頭で押し込んで4点目。終盤にかけては流し気味にプレーしたシティが圧勝としている。 2020.07.22 03:53 Wed
twitterfacebook

順位表




得点ランキング