ワトフォード

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 ワトフォード 49 14 7 13 49 49 0 34
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-23
27:45
プレミアリーグ
第31節
ワトフォード vs サウサンプトン
2019-04-27
23:00
プレミアリーグ
第36節
ワトフォード vs ウォルバーハンプトン
2019-05-04
23:00
プレミアリーグ
第37節
チェルシー vs ワトフォード
2019-05-12
23:00
プレミアリーグ
第38節
ワトフォード vs ウェストハム
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.20
23:00
プレミアリーグ
第35節
ハダースフィールド 1 - 2 ワトフォード
2019.04.15
28:00
プレミアリーグ
第34節
ワトフォード 0 - 1 アーセナル
2019.04.07
24:00
FA杯
準決勝
ワトフォード 3 - 2 ウォルバーハンプトン
2019.04.02
27:45
プレミアリーグ
第33節
ワトフォード 4 - 1 フルアム
2019.03.30
24:00
プレミアリーグ
第32節
マンチェスター・ユナイテッド 2 - 1 ワトフォード
基本データ

正式名称:ワトフォードFC

原語表記:Watford Football Club

創立:1881年

ホームタウン:ワトフォード

チームカラー:赤/黄

関連ニュース
thumb

オーバ快速の被害者フォスター、レノからフォローされる

ワトフォードの元イングランド代表GKベン・フォスターがアーセナルに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの快速に舌を巻いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ワトフォードは15日にホームで行われたプレミアリーグ第34節でアーセナルと対戦。退場者を出した展開で善戦したが、クリアを試みたGKベン・フォスターのキックしたボールを快速を生かしてプレッシングをかけてきたオーバメヤンに押し込まれ、0-1で敗戦した。 オーバメヤンが持つ爆速の餌食になってしまったフォスターは試合後、失点シーンについて次のように回想。試合後、相手守護神のドイツ代表GKベルント・レノからフォローの言葉をかけてもらったことを明かした。 「贔屓目なしに、彼(オーバメヤン)はとてつもなく速い。試合後、ベルント・レノと話をしたら、『君のせいじゃない。彼が速すぎたのさ』って言われたよ」 2019.04.16 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

10人相手に辛勝もアーセナルがCL圏内の4位に浮上!《プレミアリーグ》

アーセナルは15日、プレミアリーグ第34節でワトフォードと対戦し、1-0で勝利した。 前節のエバートン戦でリーグ戦7試合ぶりの黒星を喫した6位アーセナル(勝ち点63)が、10位ワトフォード(勝ち点46)のホームに乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ準々決勝1stレグのナポリ戦を勝利したアーセナルは、その試合からスタメンを6人変更。ラカゼットやエジル、パパスタソプーロス、GKチェフらに代えてムヒタリアン、イウォビ、ジャカ、GKレノらがスタメンで起用された。 試合は序盤にスコアが動く。10分、バックパスを受けたGKフォースターへプレスをかけたオーバメヤンが、相手GKの蹴り出したボールを足でブロックすると、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。 すると先制に成功したアーセナルにさらなる追い風が吹く。11分、アフター気味に体を当てたディーニーのヒジがトレイラの顔に当たると、主審がレッドカードを提示した。 数的優位となったアーセナルだが、20分にピンチを迎える。センターライン付近で獲得したFKからマジーナがロングボールを供給すると、ボックス右でカバセレが競り合ったこぼれ球をキャスカートがシュート。しかし、これはGKレノの弾いたボールが右ポストを直撃。 さらにアーセナルは31分にも、ペナルティアーク手前でFKを与えるとキャプーの直接FKでゴールを脅かされたが、GKレノのファインセーブで難を逃れた。 迎えた後半、1点をリードするアーセナルはトレイラを下げてエジルを投入。すると56分、自陣からカウンターを仕掛けると左サイドを持ち上がったイウォビのクロスをファーサイドに走り込んだムヒタリアンがボレーシュート。しかし、これはGKフォースターのブロックに阻まれた。 追加点が欲しいアーセナルは、59分にマヴロパノスを下げてグエンドウジを投入。[4-2-3-1]から[3-4-1-2]にフォーメーションを変更。さらに68分にはラムジーを下げてナイルズをピッチに送り出し3枚の交代カードを使い切った。 ポゼッションでワトフォードを圧倒するアーセナルは78分、ペナルティアーク手前からジャカがコントロールショットでゴール左上を狙ったが、これはGKフォースターがキャッチ。 すると、追加点が奪えないアーセナルは80分にピンチを迎える。ボックス右手前で競り合ったサクセスの繋ぎをボックス中央で受けた18が飛び出したGKレノをかわしシュート。しかし、これは守備に戻ったナイルズがスライディングブロックで阻み、ピンチを脱した。 結局、試合はそのまま1-0でアーセナルが勝利。10人相手にしっかりと勝ち点3を獲得したアーセナルが、来季のCL出場圏内となる4位に浮上した。 2019.04.16 06:05 Tue
twitterfacebook
thumb

CL出場権確保へ! エメリ、勝てないアウェイ戦に向け「パフォーマンスは変わらない」

アーセナルのウナイ・エメリ監督がワトフォード戦について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現在、プレミアリーグ6位のアーセナル(勝ち点63)は15日に、プレミアリーグ第34節でワトフォードとアウェイで対戦する。既に今節を終えている4位のチェルシーとの勝ち点差は「3」となっており、勝利すれば得失点差で上回り、4位浮上となる。 だが、今シーズンのアーセナルは、ホームでこそここまでわずか1敗という強さを誇っているものの、アウェイでは6敗と苦戦している。それでもエメリ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ向けて、心配していない様子だ。 「我々はトップ4に入るために戦っている。良いメンタリティーで競争していることを見せている」 「この過程で良くなり続ける必票がある。私が指を鳴らせばできるというものではない」 「過程かもしれないが、、このチームは良いメンタリティーを持っている。我々は良くなっているし、リーグテーブルがこの答えを授けてくれるだろう」 「2つのことが言える。ホームでは良い結果が出ているね。良い試合、大きな成果、本当に本当に素晴らしい。アウェイでは時々、良い試合をするが、それができない時は、対戦相手に上回られてしまうね」 「最初に答えたことは当然だ。通常、どのチームもアウェイよりもホームで多くの勝ち点を獲得する。我々にとってそれは競争的なことだ」 「アウェイでも3ポイントを取るために一貫してやるパフォーマンスは変わらない」 2019.04.15 18:26 Mon
twitterfacebook
thumb

デウロフェウ躍動のワトフォードがウルブス撃破で決勝進出! ラストプレーのPK弾で持ち込んだ延長戦を制す《FAカップ》

FAカップ準決勝、ワトフォードvsウォルバーハンプトンが7日にウェンブリー・スタジアムで行われ、2-2のスコアで90分間の戦いが終了。その後、延長戦を3-2で制したワトフォードの決勝進出が決まった。 共にクリスタル・パレス、マンチェスター・ユナイテッドを破ってベスト4進出を決めたプレミア9位のワトフォード、同7位のウォルバーハンプトンによる一戦。 大会初優勝を目指すワトフォードはGKをフォスターからゴメスに代えた以外、フィールドプレーヤーは現状のベストメンバーを起用。ドゥクレやディーニー、ロベルト・ペレイラが起用された。 一方、1959-60シーズン以来の優勝を目指すウルブスはこちらもGKをルイ・パトリシオからラディに代えた以外、現状のベストメンバーを起用。ネヴェス、モウティーニョ、ヒメネス、ジョッタが起用された。 立ち上がりにホニーがクロスバーを掠める際どいシュートを放つなど、ウルブスが攻勢を仕掛ける。だが、序盤のピンチを凌いだワトフォードは球際の強さを武器にシンプルな縦への仕掛けから押し返していく。31分にはディーニーの左からのクロスに反応したアンディ・グレイがゴール前に飛び込むが、GKの手前で触ったワンタッチシュートはわずかに枠の上を越える。 前半半ばを過ぎて劣勢を強いられたウルブスだったが、セットプレーからゴールをこじ開ける。36分、右CKの場面でショートコーナーからボックス手前右角のジョッタが左足で鋭いボールを入れると、ファーでドゥクレを出し抜いてゴール前に飛び出したドハーティがワンタッチで流し込んだ。 先制を許したワトフォードは前半終了間際に決定機を迎えるが、ボックス中央でグレイが放ったボレーシュートはDFコーディの決死のブロックに阻まれてゴールとはならず。 ウルブスの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した状況が続くが、より効率的に攻めるウルブスが徐々にペースを握る。すると62分、相手陣内中央右のドハーティが入れた浮き球のクロスをボックス内で胸トラップしたヒメネスが豪快な右足のジャンピングボレーでゴール右隅に流し込む。そして、貴重な追加点を挙げたメキシコ代表FWはルチャリブレのフェイスマスクを被って自らのゴールを祝った。 この2点目で苦境に立たされたワトフォードは切り札のデウロフェウをピッチに送り出して攻勢に出ると、この交代がゴールをもたらす。79分、左サイド深くで得たスローインの流れからボックス左でボールを持ったデウロフェウがDF2枚に対峙された中、意表を突いた右足のループシュートを放つと、これがゴール右上隅の絶妙なコースに決まった。 デウロフェウのゴラッソで試合の雰囲気を一変させたワトフォードは試合終盤にかけて厚みのある攻撃でウルブスを押し込んでいく。すると、後半アディショナルタイムに劇的な同点ゴールが決まる。94分、ボックス内でルーズボールに反応したディーニーがデンドンカーからアフターチャージを受けてPKを獲得。これをディーニーが豪快に蹴り込んで土壇場で延長戦に持ち込んだ。 延長戦に入ると、土壇場で追いついたワトフォードと逃げ切りに失敗したウルブスという両者のメンタルが色濃く反映される展開に。すると、延長前半終了間際の104分、再びデウロフェウが魅せる。中盤で競り勝ったボールを拾ったグレイとのパス交換でボックス右に抜け出したデウロフェウがDFを振り切りながら意表を突くタイミングで右足のグラウンダーシュートを放つと、これがゴール左隅に決まった。 その後、殊勲のデウロフェウが足首をひねって負傷交代を強いられたワトフォードだが、ピッチ上の選手たちが攻守両面でウルブスを圧倒。試合終了間際のカバレイロの決定機もGKゴメスが決死のセーブで阻止した。 そして、2点差を追い付いた末に延長戦でウルブスとの激闘を制したワトフォードが1983-84シーズン以来となるFAカップ決勝進出を果たした。 なお、前日にブライトンを破ったマンチェスター・シティとワトフォードによるFAカップ決勝は5月18日にウェンブリー・スタジアムで行われる予定だ。 2019.04.08 02:51 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ラッシュフォード&マルシャル弾でスールシャール監督正式就任を白星で飾る《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは30日、プレミアリーグ第32節でワトフォードと対戦し、2-1で勝利した。 28日にスールシャール監督の正式就任が決定した5位のユナイテッド(勝ち点58)。その1発目となる今節は、チームにとっても3週間ぶりのリーグ戦。前節はチャンピオンズリーグ出場権をかけて争うアーセナルとの直接対決に敗れ5位転落。そして、代表ウィーク明け注目のスタメンはその試合から4選手変更が変更された。 序盤、攻勢を仕掛けたのはアウェイのワトフォード。ユナイテッドのスモーリングとフィル・ジョーンズのセンターバックコンビにどんどん圧力をかけていく。5分にはボックス左でパスを受けたドゥクレがシュート。枠を捉えることはできなかったが、ゴールの匂いはワトフォードに漂う。 ワトフォードのチャンスは続く。12分、右サイドバックのヤンマートのクロスをディーニーがヘディングで押し込んだが、GKデ・ヘアがさすがのファインセーブ。20分にも右サイドを起点にボックス内でボールを収めたワトフォードは、ディーニーの落としをR・ペレイラがシュートに繋げる。 ここまで押し込んでいるワトフォードだが、赤い悪魔は一瞬で牙をむいた。27分、相手のパスを奪ったショーからカウンターが発動。自ら持ち上がり、ディフェンスラインの裏に抜けるラッシュフォードに絶妙なスルーパス。これでGKと一対一になったラッシュフォードは楽々とゴールに流し込んでユナイテッドが先制した。 後半に入っても相変わらず攻撃の形を作るのはワトフォード。52分のペレイラのシュートはGKデ・ヘアがファインセーブ。59分のヒューズのシュートは惜しくも枠の左に。 1点では心もとないユナイテッドは、64分にマタとエレーラを下げて、リンガードとアンドレアス・ペレイラを投入しテコ入れ。 すると72分、左サイドのマルシャルがドリブルで仕掛け、ラッシュフォードとのパス交換で中央へムービング。ボールを受けたアンドレアス・ペレイラがボックス右に走り込むリンガードにスルーパスを送ると、リンガードのゴール前への折り返しの先にマルシャル。一度バックヒールがGKに弾かれるも、こぼれ球を自ら押し込んで追加点。ユナイテッドがリードを2点に広げた。 その後、77分にマルシャルはお役御免。ロホを入れて守備固めに転じるユナイテッドは、90分にドゥクレのゴールを許し点差を縮められてしまうが、リードを守り切って何とか勝利。最後まで苦しめられたが、スールシャール監督の正式就任を白星で飾った。 2019.03.31 01:58 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング