ボーンマス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 ボーンマス 34 9 7 22 40 65 -25 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.03.20
21:15
FAカップ
準々決勝
ボーンマス 0 - 3 サウサンプトン
2020.09.24
27:45
EFLカップ(カラバオ・カップ)
3回戦
マンチェスター・シティ 2 - 1 ボーンマス
基本データ

正式名称:AFCボーンマス

原語表記:Association Football Club Bournemouth

ホームタウン:ボーンマス

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

アンリ就任の噂もあったボーンマス指揮官に元マドリーのウッドゲイト氏が正式就任

チャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスは21日、暫定監督を務めていたイングランド人のジョナサン・ウッドゲイト氏(41)が正式就任したことを発表した。契約は今季終了までとなる。 かつてエディ・ハウ監督の下、初昇格の2015-16シーズンから5シーズンに渡ってプレミアリーグに所属していたボーンマス。しかし、昨季に再び2部へ降格し、それと同時にハウ監督とも袂を分けていた。 今季からはジェイソン・ティンダル監督が率いていたが、今月3日にリーグ戦4連敗が引き金となり解任。暫定監督としてウッドゲイト氏が選ばれていた。 現役時代にイングランド代表で8試合に出場した同氏は、就任から公式戦5試合で3勝1分け1敗という成績を収め、FAカップ5回戦ではバーンリーを下して準々決勝へ進出。そしてこの度、正式に監督に就任した。 一説では、CFモントリオールで監督を務めるティエリ・アンリ氏や、昨年12月までニースを指揮したパトリック・ヴィエラ氏、そして昨年9月にシャルケを解任されたデイビッド・ワグナー氏が候補に挙がっていたようだが、クラブは41歳の新人監督に舵取りを任せたようだ。 かつてレアル・マドリーやリーズ・ユナイテッド、トッテナムでプレーしていたウッドゲイト氏は、2016年の現役引退後、リバプールでスペイン・ポルトガル担当スカウトを経て、2019年夏に古巣のミドルスブラで初めてトップチームを指揮。だが、新型コロナウイルスによる中断を挟んだ1年後の昨夏に、成績不振で解任されていた。 なお、ボーンマスは現在、自動昇格の2位と勝ち点差8の6位に位置している。 2021.02.21 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンの34歳シェーン・ロング、英2部ボーンマスにレンタル

ボーンマスは1日、サウサンプトンからアイルランド代表FWシェーン・ロング(34)のレンタル加入を発表した。加入期間は今季終了までとなる。 シェーン・ロングは母国クラブのコーク・シティでキャリアスタート後、レディング、WBA、 ハル・シティを渡り歩き、2014年夏にサウサンプトン入り。加入2年目となる2015-16シーズンのプレミアリーグで10得点を記録するなど、長らくチームの攻撃陣をリードしたが、サブスタートが完全に定着した今季は公式戦14試合に出場するものの、2度の先発機会を得るにとどまり、無得点だった。 昨季までプレミアリーグを戦ったボーンマスだが、18位に終わり、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格。その今季はここまで11勝9分け6敗の6位につけている。 2021.02.02 11:10 Tue
twitterfacebook
thumb

エバートンがボーンマスのノルウェー代表FWキングを完全移籍で獲得

エバートンは1日、ボーンマスのノルウェー代表FWジョシュア・キング(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 キングはマンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で、プレストン・ノースエンドやボルシアMG、ハル・シティ、ブラックバーンへのレンタル移籍を経験した。 2013年1月にブラックバーンへと完全移籍すると、2015年7月にボーンマスへと加入。ボーンマスでは公式戦184試合に出場し53ゴール19アシストを記録していた。 今シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)を戦い、12試合に出場。FAカップでは2試合で3ゴール2アシストを記録していた。 2021.02.02 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーンマス加入のウィルシャー「自分が2部でプレーするなんて思ってもみなかった」

先日にボーンマス加入が発表された元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、チャンピオンシップでプレーすることになるとは思っていなかったことを明かした。イギリス『デイリー・メール』がコメントを伝えている。 ウィルシャーは昨年10月にウェストハムとの契約を解消して以降フリーの状態が続いていたが、コンディション維持のため古巣ボーンマスのトレーニングに参加していたところ、ジェイソン・ティンダル監督の目に留まり今年6月までの短期契約に至った。 ウィルシャーにとっては4年半ぶりの古巣復帰だが、イングランド2部にあたるチャンピオンシップでのプレーは初めて。加入発表から翌日の19日に行われたダービー・カウンティとの一戦がデビュー戦となった。 これまでアーセナルやウェストハム、ボルトンなどに在籍し、プレミアリーグ通算182試合の出場歴を持つ元イングランド代表は、自身のキャリアにおいて2部でプレーするとは夢にも思っていなかったようだ。 「これまでチャンピオンシップでプレーしたことも、昇格プレーオフを戦ったこともなかった。10年前の自分に、いつかこうなると思うかと尋ねても、ノーと答えるだろう」 「だけど、今僕はここにいる。準備も整っているし集中しているよ。ボーンマスの昇格を助けることだけを考えているよ」 ウィルシャーはまた、ウェストハムを退団するに至った理由と、今後のキャリアにおける意気込みを語った。 「僕にはもうプレーするつもりはなかったし、ウェストハムのようなクラブで高額な賃金でそこに居座ってただ腐っていくのは嫌だった。チームを出て、試合をする必要があると感じていたんだ」 「サッカー選手にとって最も重要なことは、自分自身を信じること、自分の能力に自信を持つこと、大きな瞬間を迎えた時に自分の欲求と意欲に自信を持つことだ。そして、選手としての自分を疑ったことは一度もない」 「試合で何かを与えられると今でも感じている。これからの4、5カ月間はチャンピオンシップに向けての戦いになるけど、僕はただ個人としてベストを尽くし、それがチームの目標達成につながるようにしたいと思っていよ」 2021.01.23 18:28 Sat
twitterfacebook
thumb

ウィルシャーが古巣ボーンマスと今季終了までの短期契約を締結

チャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスは18日、元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(29)と今季終了までの短期契約を結んだことを発表した。 ウィルシャーはボーンマスと短期契約に至ったことについて「戻ってきたのは最高の気分だし、プレーするのが待ち遠しい。3週間前にトレーニングに参加した時から自然に馴染むことができた。ボーンマスには選手やスタッフに多くの知人がいる。彼らがトレーニングへの参加を許可してくれたことに感謝している。クラブがプレミアリーグ復帰を目指すという野心に満ち溢れており、そこに感銘を受けた」とコメント。 昨年10月にウェストハムとの契約を解消して以降、フリーの状態が続いていたウィルシャー。コンディション維持のため、古巣ボーンマスのトレーニングに参加していたが、ジェイソン・ティンダル監督の目に留まり、短期契約に至った。 ウィルシャーは2016-17シーズンにレンタルで1年間ボーンマスに所属しており、4年半ぶりの古巣復帰となった。 1年でのプレミアリーグ復帰を目指すボーンマスは現在、24試合を消化したチャンピオンシップで3位に付けている。 2021.01.19 01:30 Tue
twitterfacebook

順位表

得点ランキング