ボーンマス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 ボーンマス 34 9 7 22 40 65 -25 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.03.20
21:15
FAカップ
準々決勝
ボーンマス 0 - 3 サウサンプトン
2020.09.24
27:45
EFLカップ(カラバオ・カップ)
3回戦
マンチェスター・シティ 2 - 1 ボーンマス
基本データ

正式名称:AFCボーンマス

原語表記:Association Football Club Bournemouth

ホームタウン:ボーンマス

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

ソシエダ、ボーンマスのスペイン人DFディエゴ・リコを獲得

レアル・ソシエダは26日、ボーンマスのスペイン人DFディエゴ・リコ(28)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月までの2年間となっている。 サラゴサでプロデビューを飾り、レガネスで活躍後、2018年にボーンマスに移籍した左サイドバック兼センターバックのディエゴ・リコ。ボーンマスでは公式戦83試合に出場して1ゴール9アシストを記録。昨季はチャンピオンシップ(イングランド2部)で32試合に出場し、主力としてプレーしていた。 2021.07.27 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

エバートン、ボーンマスGKベゴビッチを獲得

エバートンは20日、ボーンマスの元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベゴビッチ(34)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月までの1年間で、オプションでさらに1年更新される契約になっている。 ストーク・シティやボーンマスで守護神として活躍し、チェルシーやミランにも在籍した経歴を持つベゴビッチは、プレミミアリーグ通算252試合に出場。昨季はチャンピオンシップのボーンマスで45試合に出場し、昇格プレーオフ進出を果たしていた。 エバートンではイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが守護神を務めており、ベゴビッチは第2GKの役割を任されることになる。 2021.07.21 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ピックフォード擁するエバートン、競争相手としてベゴビッチ獲りに動く!

エバートンがボーンマスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベゴビッチ(34)の獲得に乗り出しているようだ。 2017-18シーズンからイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが正守護神に君臨するエバートンだが、新シーズンからチームを率いるラファエル・ベニテス監督は競争を促す存在の獲得に関心を示しているという。 そこで名が浮上したのがかつてストーク・シティやチェルシーなどでもプレーして、プレミアリーグで通算252試合出場の実績を誇るベゴビッチだ。 ベゴビッチは昨季、ミランへの半年レンタルを経て、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のボーンマスに復帰。リーグ開幕戦こそ欠場したが、それ以降の全試合に先発して、44失点、15回の無失点をマークした。 イギリス『talkSPORT』によれば、エバートンは2年契約を準備して、ボーンマスとの交渉を開始。1年でのプレミアリーグ復帰を逃したボーンマスは新シーズンまでの契約が存在するが、フリーでの放出も考慮し得る模様だ。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏もそうした動きを認めたが、先日にイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(34)が退団したトリノも獲得に乗り出していると主張している。 2021.07.17 14:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、フルアム前指揮官スコット・パーカー氏を新監督に招へい

チャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスは28日、スコット・パーカー氏(40)の新監督就任を発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 チェリーズの新指揮官に就任した元イングランド代表MFはクラブ公式チャンネルを通じて、新天地での意気込みを口にしている。 「今回の契約は両者にとって完璧にフィットするものだと信じている」 「ハリー・アーターとの関係でボーンマスには馴染みがある。長年にわたって彼を見てきてよく知っているフットボールクラブだ」 「倫理観、評判、ここでの旅と挑戦は、私と私のスタッフにとって非常にエキサイティングなものだ」 「我々は、ファンが誇りに思えるような、自分たちを代表していると感じられるようなチームを作りたいと思っている。早くスタートしたいね」 今シーズンのチャンピオンシップをジェイソン・ティンダル、ジョナサン・ウッドゲイトと2人の指揮官の下で戦ったボーンマスは昇格プレーオフ圏内の6位でフィニッシュ。しかし、プレーオフではブレントフォードに敗れて1年でのプレミアリーグ復帰を逃し、27日付けでウッドゲイト監督の退任が発表されていた。 そして、イギリスメディアの既報通り、新指揮官として招へいされたのは、フルアム前指揮官のパーカー氏となった。 現役時代にチャールトンやチェルシー、ウェストハム、、ニューカッスル、トッテナムなどプレミアリーグのクラブで活躍したパーカー氏は、古巣トッテナムのアカデミーでの指導者経験を経て、2018年に古巣フルアムのアシスタントコーチに就任。その後、暫定指揮官を経て2019年5月から正指揮官に就任し、昨シーズンは昇格プレーオフを制してクラブをプレミアリーグ復帰に導いていた。 しかし、今シーズンのプレミアリーグを18位で終えたことで、1年での2部降格となった。そして、ボーンマスの新指揮官就任に向けてフルアムとの契約を双方合意の下で解消していた。 2021.06.29 22:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがウッドゲイト監督の退任発表! 後任はスコット・パーカーに

チャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスは27日、ジョナサン・ウッドゲイト監督(41)の退任を発表した。 かつてエディ・ハウ監督の下、初昇格の2015-16シーズンから5シーズンに渡ってプレミアリーグに所属していたボーンマス。しかし、昨季に再び2部へ降格し、それと同時にハウ監督とも袂を分けていた。 今季からはジェイソン・ティンダル監督が率いていたが、今年2月に成績不振を理由に解任。その後、暫定監督として招へいされたウッドゲイト監督はチームを好転させたことで約3週間後に正指揮官に昇格。在任期間にリーグ戦11勝2分け6敗と上々の成績を残し、6位での昇格プレーオフ進出に導いた。しかし、プレーオフではブレントフォードに敗れて1年でのプレミアリーグ復帰とはならなかった。 これを受け、クラブは今シーズン限りとなっていた現行契約の更新を見送る形となった。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えるところによれば、ボーンマスの新指揮官はスコット・パーカー氏(40)の就任が決定的となっている。 元イングランド代表MFは2部降格のフルアムとの契約を解消し、一両日中にもチェリーズの契約にサインする見込みだという。 2021.06.28 05:30 Mon
twitterfacebook

順位表

得点ランキング