ハンブルガーSV

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 ハンブルガーSV 31 8 7 19 29 53 -24 34
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.23
27:45
DFBポカール
準決勝
ハンブルガーSV 1 - 3 RBライプツィヒ
2019.02.05
26:30
DFBポカール
3回戦
ハンブルガーSV 1 - 0 ニュルンベルク
基本データ

正式名称:ハンブルガーSV

原語表記:Hamburger Sport Verein

愛称:HSV(ハー・エス・ファウ)、ロートホーゼン(赤ズボン)

創立:1887年

ホームタウン:ハンブルク

チームカラー:青、白、黒

関連ニュース
thumb

フランクフルト、コスティッチの買取OP行使! 今季途中から左WBで躍動!

フランクフルトは17日、ブンデスリーガ2部のハンブルガーSVからレンタル加入中のセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(26)の買い取りオプションの行使を発表。同選手とは2023年6月30日までの4年契約を締結した。 コスティッチの買い取りオプション行使に際してクラブ執行役員を務めるフレディ・ボビッチ氏は、「フィリップは我々にとってまさに大ヒットとなった。ダイナミズムや決意、フレキシブルさを持って我々のポジティブなシーズンに大きく貢献してくれた」と、同選手のパフォーマンスを高く評価しての買い取りだったことを強調している。 母国のFKラドニチュキでプロキャリアをスタートしたコスティッチは、オランダのフローニンヘン、ドイツのシュツットガルトを経て2016年にHSVに加入。卓越した左足の技術と優れたアジリティ、創造性を武器に左右のウイングを主戦場に主力として活躍。 今季は加入当初、2シャドーの一角など前線での起用となっていたが、シーズン途中からは左ウイングバックのポジションで貴重な攻め手として活躍。今シーズンここまではブンデスリーガで33試合に出場し、6ゴール11アシストを記録する見事な活躍ぶりだった。 2019.05.17 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが酒井高&伊藤不出場のHSVに快勝で初の決勝進出!《DFBポカール》

DFBポカール準決勝、ハンブルガーSVvsライプツィヒが23日に行われ、1-3でライプツィヒが勝利し、初の決勝進出を果たした。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場せず、FW伊藤達哉はベンチ入りしなかった。 準々決勝でパーダーボルンを下したHSVは酒井高がベンチスタート、伊藤がベンチ外となった。一方、アウグスブルクを延長戦の末に下したライプツィヒはヴェルナーやY・ポウルセン、ハルステンベルクなどベストメンバーを送り出した。 決勝進出を懸けた準決勝、時間の経過とともに攻勢を強めていたライプツィヒが12分に先制する。フォルスベリの左CKからY・ポウルセンがヘッドで流し込んだ。 さらに16分、ヴェルナーの左クロスに合わせたY・ポウルセンのシュートが右ポストを直撃。ルーズボールをゴールエリア左のヴェルナーがシュートに持ち込むも、GKにセーブされた。 劣勢だったHSVだったが、24分にミスを突いて追いつく。ジャッタがカンプルからボールを奪ってボックス手前左からコントロールシュート。これがゴール右上に決まった。 1-1となって以降もライプツィヒが攻勢に出ていたが、前半終盤の42分、HSVに逆転のチャンス。ドウグラスのスルーパスに抜け出したネイリーがボックス内からシュート。だが、GKグラーチの好守に阻まれた。 1-1で迎えた後半もライプツィヒが押し込むと、53分に勝ち越した。カンプルの浮き球パスをボックス右のY・ポウルセンが折り返すと、ヤンジチッチのオウンゴールを誘った。 その後もライプツィヒが主導権を握ると、69分には右サイドを突破したクロステルマンの折り返しを受けたボックス中央のフォルスベリがバー直撃のシュートを浴びせた。 そして72分、ライプツィヒに決定的な3点目が生まれる。ボックス手前左でパスを受けたフォルスベリがゴール左隅にシュートを蹴り込んだ。 このままHSVの反撃を許さなかったライプツィヒが3-1で快勝。初の決勝進出を果たしている。決勝ではブレーメンvsバイエルンの勝者と対戦する。 2019.04.24 05:37 Wed
twitterfacebook
thumb

終盤のフント弾で逃げ切ったHSVがリーグ戦3試合ぶりの白星で首位ケルンを追走《ブンデスリーガ2部》

ハンブルガーSV(HSV)は4日、ブンデスリーガ2部第24節でグロイター・フェルトと対戦し、1-0で勝利した。HSVのDF酒井高徳はフル出場、FW伊藤達哉は73分からプレー、グロイター・フェルトのMF井手口陽介はケガのためベンチ外となった。 リーグ戦3試合ぶりの勝利を目指す3位のHSVが、12位のグロイター・フェルトをホームに迎えた一戦。前節のレーゲンスブルク戦でリーグ3試合ぶりの黒星を喫したHSVは、その試合から先発を2人変更。酒井高は2試合連続でスタメンに名を連ねた。 酒井高をアンカーに配置した[4-1-4-1]の布陣で試合に臨んだHSVは8分、ボックス右から仕掛けたファン・ヒチャンのクロスからラソッガが決定機を迎えたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。さらに13分にもフントの縦パスをボックス手前で受けたラソッガが反転から右足を振り抜いたが、このシュートは相手GKのセーブに防がれた。 その後は一進一退の展開が続く中、HSVは35分にアクデント。右サイドで相手とボールを奪い合ったファン・ヒチャンが左モモ裏を痛めると、一度はピッチに戻ったが38分にエズカンとの交代を余儀なくされた。 ゴールレスで迎えた後半、HSVはホルトビーを下げてギデオン・ユングを投入。布陣を[4-4-2]に変更した。後半もグロイター・フェルトのハイプレスに苦戦するHSVだが67分、グリーンがシュミレーションで2枚目のイエローカードで退場し、数的優位となる。 数的優位となったHSVは73分、ジャッタを下げて伊藤を投入。すると83分、ボックス左付近でボールを受けた伊藤のクロスにラソッガが飛び込んだが、これはわずかに届かない。 それでも攻勢を続けるHSVは85分、エズカンのパスをボックス右横のネイリーをダイレクトで折り返すとゴール前に走り込んだフントがすべり込みながら右足で流し込み、待望の先制点を奪った。 結局、フントのゴールが決勝点となり1-0でHSVが勝利。リーグ戦3試合ぶりの勝利を飾ったHSVが、首位ケルンを追走している。 2019.03.05 06:29 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン、酒井&伊藤所属のHSVから逸材FWアルプを獲得!

バイエルンは7日、ブンデスリーガ2部に所属するハンブルガーSV(HSV)からU-19ドイツ代表FWヤン=フィーテ・アルプ(19)を完全移籍で獲得することで合意したことを発表した。 なお、加入時期に関しては早くて2019年夏、遅くとも2020年7月になる。加入時期の選択に関してはアルプ自身に委ねられるとのことだ。 HSVの下部組織出身のアルプは2017年10月に行われたブレーメン戦でトップチームデビュー。同月のヘルタ・ベルリン戦では初ゴールも記録し、17歳ながらデビューシーズンでリーグ戦18試合2ゴールを記録した。 187cmの恵まれた体躯を生かした強靭なフィジカルに加え、足下の技術、決定力に長けた万能型ストライカーは、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインを目標とするドイツ国内期待の超逸材だ。 なお、今季ここまではブンデスリーガ2部で11試合に出場しノーゴールとやや苦戦を強いられている。 2019.02.08 03:20 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン、HSVの19歳FWを確保か…伊藤達哉とともに昨季ブレイク

バイエルン・ミュンヘンが新たな補強を完了させたと、ドイツ紙『ビルト』が伝えている。<br><br>バイエルンが契約したと伝えられるのは、ブンデスリーガ2部のハンブルガーSV(HSV)でプレーするFWヤン=フィーテ・アルプ。昨シーズンにトップチームデビューした19歳の若武者であり、昨シーズンからバイエルンは獲得を狙っていた。HSVが2部へ降格したため、移籍は濃厚と見られていたが、出場機会確保を理由に残留を決断。しかし、結局はステップアップをすることになりそうだ。<br><br>昨季は伊藤達哉とともにHSVの数少ない希望の光となり、デビューシーズンで2ゴールを記録。しかし、今季は2部で11試合に出場しながら、ここまでゴールはない。<br><br>それでも、すでにバイエルンとは契約済みだという。加入時期に関しては今夏、もしくは2020年の夏という2つの選択肢があるようだ。いずれにせよHSVではなく、バイエルンに決定権があると伝えられている。HSVにとって未来のスター候補だっただけに、痛い流出となりそうだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.02.07 07:33 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング