ヴァンフォーレ甲府

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 ヴァンフォーレ甲府 23 6 5 3 20 11 9 14
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-05-25
16:00
明治安田生命J2リーグ
第15節
ヴァンフォーレ甲府 vs 横浜FC
2019-06-01
14:00
明治安田生命J2リーグ
第16節
アルビレックス新潟 vs ヴァンフォーレ甲府
2019-06-08
14:00
明治安田生命J2リーグ
第17節
ヴァンフォーレ甲府 vs モンテディオ山形
2019-06-15
18:00
明治安田生命J2リーグ
第18節
ヴァンフォーレ甲府 vs 東京ヴェルディ
2019-06-22
18:00
明治安田生命J2リーグ
第19節
FC琉球 vs ヴァンフォーレ甲府
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.18
14:00
明治安田生命J2リーグ
第14節
アビスパ福岡 0 - 3 ヴァンフォーレ甲府
2019.05.12
16:00
明治安田生命J2リーグ
第13節
栃木SC 1 - 0 ヴァンフォーレ甲府
2019.05.05
14:00
明治安田生命J2リーグ
第12節
ヴァンフォーレ甲府 1 - 2 ジェフユナイテッド千葉
2019.04.27
18:00
明治安田生命J2リーグ
第11節
愛媛FC 1 - 1 ヴァンフォーレ甲府
2019.04.20
14:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
ヴァンフォーレ甲府 1 - 0 京都サンガF.C.
基本データ

正式名称:ヴァンフォーレ甲府

原語表記:Ventforet KOFU

ホームタウン:甲府市、韮崎市を中心とする全県

チームカラー:ブルー

関連ニュース
thumb

甲府、中央大学MF中村亮太朗の来季加入内定を発表

ヴァンフォーレ甲府は14日、中央大学に在学するMF中村亮太朗(21)の来シーズン加入内定を発表した。 新潟県出身の中村は2016年に新潟明訓高等学校から中央大学に進学した右利きのMF。甲府加入内定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「来期からヴァンフォーレ甲府に加入することになりました中村亮太朗です。私が小さい頃からの夢であるプロのキャリアをヴァンフォーレ甲府という素晴らしいクラブでスタートできることを嬉しく思います。 私がプロとしてスタートできるのは、家族や友人を始め、今まで出会った多くの方々の支えがあったからだと強く感じています。これから甲府という地で私の大好きなサッカーで活躍し、成長した姿を多くの方々に届けられるように日々精進していきます。どうぞ応援よろしくお願いします」 2019.05.14 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

曽根田が途中起用に応える決勝弾! 甲府が暫定首位に《J2》

明治安田生命J2リーグ第10節の5試合が各地で行われた。 山梨中銀スタジアムで行われたヴァンフォーレ甲府vs京都サンガF.C.は、1-0で甲府が勝利した。 前節に今シーズン初黒星を喫した5位・甲府(勝ち点16)が、連勝中の7位・京都(勝ち点15)をホームに迎えた一戦。試合は21分、甲府が相手のボックス内でのハンドを誘い、PKを獲得する。しかし、キッカーのドゥドゥが軸足を滑らせてしまい、先制点のチャンスをフイにしてしまう。 絶好機を逃した甲府はその後もドゥドゥを中心に攻勢を続けるが、あと一歩のところでゴールが決まらず。80分にピーター・ウタカを下げて曽根田を投入する。 すると4分後、途中出場の男が期待に応える。曽根田がバイタルエリアでボールを持つと、巧みなキープからドゥドゥに預けて前方へ走り出す。ドゥドゥ、佐藤洸一と繋いだボールが最後はボックス左に繋がり、走り込んでいた曽根田がGKとの一対一を制した。 追いつきたい京都はラストプレーの場面でボックス付近で粘り強くパスをつなぐと、一瞬の隙から小屋松がゴール前に抜け出してシュート。しかし、GK河田の体を張ったセーブに防がれて決めきれず、そのまま試合終了。 甲府が1-0で勝利し、暫定首位に立った。一方の京都は連勝が「2」でストップし、今シーズン3敗目を喫した。 ◆明治安田生命J2リーグ第9節 ▽4/20(土) 東京ヴェルディ 1-1 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 京都サンガF.C. 栃木SC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 2</span>-1 徳島ヴォルティス ▽4/21(日) 《13:00》 鹿児島ユナイテッドFC vs FC琉球 《14:00》 モンテディオ山形 vs レノファ山口FC 横浜FC vs ジェフユナイテッド千葉 ツエーゲン金沢 vs 柏レイソル FC岐阜 vs 水戸ホーリーホック 《15:00》 FC町田ゼルビア vs 大宮アルディージャ 2019.04.20 20:56 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府MF佐藤和弘が左ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約6週間

ヴァンフォーレ甲府は15日、MF佐藤和弘の負傷を発表した。 佐藤は、7日に行われた明治安田生命J2リーグ第8節のFC町田ゼルビア戦に先発出場。しかし、38分に負傷しMF新井涼平と交代していた。 クラブの発表によると、佐藤は左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。全治は約6週間とのことだ。 今シーズンの佐藤はここまでJ2リーグで8試合に出場していた。 2019.04.15 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府のDF小柳達司に第二子となる長男が誕生「町田戦の試合中に男の子が産まれました!」

ヴァンフォーレ甲府は10日、DF小柳達司に第二子となる長男が7日に誕生したことを発表した。 小柳は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「4月7日、町田戦の試合中に男の子が産まれました! 頑張ってくれた妻には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう! これからもより一層の覚悟と責任を持ってサッカーに励んでいきます」 2019年にツエーゲン金沢から甲府に完全移籍した小柳。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに8試合出場している。 2019.04.10 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

男子はヴァンフォーレ甲府U-12が3大会ぶり優勝、女子は千葉中央FC U12ガールズが連覇!バルセロナで開催の世界大会への切符を掴む!《ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN》

U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本大会「ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN」の本大会が駒沢オリンピック公園総合運動場第二球技場/補助競技場(世田谷駒沢公園1-1)にて24日に開催された。 スペイン・バルセロナで開催される世界大会への切符を掴んだのは、男子は3大会ぶりに優勝したヴァンフォーレ甲府U-12、女子は連覇を達成した千葉中央FCU12 ガールズとなった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190328_25_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div> 男子大会の決勝トーナメントでは、地方予選を勝ち上がってきた「川崎フロンターレ U-12」や「浦和レッドダイヤモンズジュニア」、 「横浜Fマリノス プライマリー」などの他、昨年優勝の「江南南サッカー少年団」や「レジスタFC」など、前日のグループ予選を勝ち上がった16チームによって熱戦が繰り広げられた。 男子大会の決勝トーナメント1回戦では、「鹿島アントラーズジュニア」が 昨年の優勝チーム「江南南サッカー少年団」から勝ち星を上げる波乱の幕開け。そして、ベスト4全てがJリーグ下部組織チームとなり、迎えた決勝戦では「ヴァンフォーレ甲府 U-12」対「清水エスパルス U-12 清水」という対戦カードになった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190328_25_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div> 10分ハーフで行われる試合は前半開始5分、「ヴァンフォーレ甲府 U-12」が相手の守備の隙を突き1点を先制すると、すぐさま追加点を上げ、2-0で前半を折り返す。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190328_25_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div> 後半に入ると、「清水エスパルス U-12 清水」も反撃を見せたがこのまま終了。2016年大会優勝の「ヴァンフ ォーレ甲府 U-12」が、3大会ぶりとなる世界大会出場を決めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190328_25_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div> 一方の女子大会では、グループ予選から決勝戦まで無失点で勝ち上がった「千葉中央 FC U12 ガールズ」vs「バディフットボール クラブ」が対決。昨年の決勝戦と同カードとなった決勝戦は、互いにチャンスを作るも両者譲らずゴールレスで試合が終了。PK戦に突入した結果、「千葉中央 FC U12 ガールズ」が3-2で勝利を収め、連覇を果たした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190328_25_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div> 決勝戦を解説した大会アンバサダーの前園真聖氏は、日本代表となった両チームに対し「女子の決勝は昨年と同じ組み合わせになりましたが、PK 戦までもつれ込んだ試合の中で、千葉中央 FC U12 ガールズは普段通り冷静に戦えたことが良かったと思います。世界大会でも普段通りの力を出して、後悔することなく戦ってきてほしいです。男子は、ヴァンフォーレ甲府 U-12 がチームとしてまとまりがあり、自分たちのやりたいサッカーができていたと思います。是非とも世界大会では自慢のチーム力を活かして、前回以上の成績を残してきてほしいと思います」とエール。また、今大会を振り返り「(ダノンネーションズカップは)世界を目指している大会なので、毎年、質の高い、プレーを見せてくれます。今回も決勝戦という緊張感の中で素晴らしプレーを見せてくれて感動しました」とコメントした。 2019.03.28 22:00 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング