ヴェローナ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 ヴェローナ 49 12 13 13 47 51 -4 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.08.02
27:45
セリエA
第38節
ジェノア 3 - 0 ヴェローナ
2020.07.29
26:30
セリエA
第37節
ヴェローナ 3 - 0 SPAL
2020.07.26
26:30
セリエA
第36節
ヴェローナ 1 - 5 ラツィオ
2020.07.22
28:45
セリエA
第35節
トリノ 1 - 1 ヴェローナ
2020.07.18
24:15
セリエA
第34節
ヴェローナ 1 - 1 アタランタ
基本データ

正式名称:エラス・ヴェローナ

原語表記:Hellas Verona

愛称:ジアロブル

ホームタウン:ヴェローナ

チームカラー:青と黄

関連ニュース
thumb

エラス・ヴェローナがGKシルベストリと2022年まで契約延長、今季は35試合でプレー

エラス・ヴェローナは3日、イタリア人GKマルコ・シルベストリ(29)との契約延長を発表した。新契約は2022年6月30日までとなる。 シルベストリは、モデナやキエーボ、カリアリなどでプレー。2014年7月にリーズ・ユナイテッドへ移籍すると、2017年7月にエラス・ヴェローナへと完全移籍で加入していた。 これまで公式戦81試合に出場。今シーズンもセリエAで35試合に出場し、チームは9位でシーズンを終えていた。今シーズンは9試合でクリーンシートを達成している。 2020.08.03 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ指揮官ユリッチ、残留懸かる最愛の古巣との最終節に「我々はプロとして臨む」

エラス・ヴェローナを率いるイバン・ユリッチ監督は、セリエA残留が懸かる古巣との最終節に向けてあくまでプロフェッショナルとして全力で戦うことを誓った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2006-07シーズンのセリエBを3位で終え、セリエA復帰を果たしたジェノアは以降、13シーズンに渡ってセリエAでのプレーを続けている。しかし、今シーズンはシーズンを通して不振に喘ぎ、残留争いを強いられている。 とりわけ、直近のインテル、サッスオーロ相手の連敗により、18位のレッチェ(勝ち点35)との勝ち点差はわずか1ポイントに縮まっている。レッチェとの当該成績で優位に立つジェノアは、レッチェが最終節で引き分け以下に終わった場合、敗戦でも残留が決定するが、自力での残留に向けては9位のヴェローナ相手の勝利が必須だ。 そして、奇しくも最終節で対峙するのが、ジェノアととりわけ縁が深いユリッチ監督だ。 現役時代にクロアチア代表MFとして活躍したユリッチ監督は、前述のジェノア昇格の功労者であり、2010年には同クラブで現役を引退。さらに、アカデミーやトップチームの監督経験もある、ジェノアのレジェンドだ。加えて、ヴェローナには同じくジェノア在籍経験があり、エンリコ・プレツィオージ会長を義理の父親に持つ元ポルトガル代表MFミゲル・ヴェローゾがプレーしている。 そのため、この最終節を前にしてユリッチ監督には愛する古巣を降格から救うため、メンバー選考などに手心を加えるのではないかとの懐疑的な目を向けられている。 だが、前日会見に出席した元ジェノア指揮官は、あくまでプロフェッショナルとして古巣を全力で叩きに行くことを誓っている。 「明日の試合ではプリマヴェーラのプレーヤーを起用するつもりは一切ない。あくまで真剣に、正々堂々と試合に臨みたいと考えている」 「この試合前に、(手を抜くなどの)不愉快な話を見聞きしたが、我々はあくまで自分たちの試合のためにそこに向かう。それだけにそれ以外に関する話題には本当にイライラさせられている」 「私が元ジェノアの人間であり、ミゲル・ヴェローゾがジェノアの会長の娘と結婚していることは間違いない事実だ。しかし、我々はプロフェッショナルだ」 今回の最終節で全力を尽くすことを強調したユリッチ監督だが、その目標を達成しつつ、同時刻開催でレッチェが敗戦することを強く願っているはずだ。 2020.08.02 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェローナがパッツィーニの退団を発表

ヴェローナは28日、元イタリア代表FWジャンパオロ・パッツィーニ(35)が今シーズン限りで退団することを発表した。 アタランタの下部組織出身のパッツィーニは、インテルやミランを経て2015年にヴェローナに加入。2度のセリエB降格を経験しながらも、キャプテンとしてチームを牽引してきた。今季は昇格組ながらも、ここまで9位と健闘するチームにおいて13試合に出場し4ゴールを記録。年齢による衰えはあったものの、精神的支えとなっていた。 しかし、26日に行われたセリエA第36節のラツィオ戦の後に開かれた会見で、パッツィーニの口から今季での退団が告げられた。イタリア『TG GIALLOBLU』が伝えている。 「今は色々と地に足付いていない状態だ。終わりが来たと感じたのはほんの2日前だった」 「たとえディレクターから2カ月前に伝えられていたとしても、この決定は変わらなかっただろう」 「ラツィオ戦を観た後に終わりを悟ったよ。ヴェローナは単なるチームとか、キャリアの中のとある経験にとどまらない。美しい旅路だったよ」 「いつもそばにいてくれたファンのみんなに感謝している。ヴェローナはいつまでも私の心に残り続けるだろう」 「将来について? 頭の中にはすでに明確な考えがある。これから数週間で家族と一緒に『大人になったらどうするか』を考えるよ」 また、スポーツ・ディレクターのトミー・ダミコ氏も別れの言葉を述べている。 「素晴らしい5年を経て、ジャンパオロ・パッツィーニとの関係は終わりを迎える。本当はスタッフ全員がこの場に出席し、彼に挨拶が出来ればよかったんだが、コロナのおかげでそれが叶わなかった」 2020.07.29 17:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、セリエA残留を決めたユリッチ監督との契約を2023年まで延長

ヴェローナは22日、クロアチア人指揮官イバン・ユリッチ監督(44)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 ユリッチ監督は昨夏、クラブをセリエA昇格に導いたアルフレッド・アリエッティ前監督の後任としてヴェローナの指揮官に就任。1年ぶりのセリエAとなった今シーズンはスタートダッシュに失敗したものの、昨年12月からリーグ戦9試合無敗(4勝5分け)を飾ると、第23節ではリーグ8連覇中の王者ユベントスから逆転勝利を収めた。 なお、リーグ再開後は9試合で2勝4分け3敗と成績はやや下降気味にとなっているが、中位を維持。すでにセリエA残留も決めている。 2020.07.23 08:33 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタ、ヴェローナに痛いドローでユーベにプレッシャーかけられず《セリエA》

アタランタは18日、セリエA第34節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節ブレシア戦をパシャリッチのハットトリックなど6発圧勝した3位アタランタ(勝ち点70)は、首位ユベントスを7ポイント差で追走する中、アレハンドロ・ゴメスが先発に復帰。D・サパタ、マリノフスキーと共に3トップを形成した。 9位ヴェローナ(勝ち点44)に対し、互角の攻防で立ち上がった中、アタランタは13分に最初の決定機。しかし、D・サパタのダイレクトパスに抜け出してボックス中央に侵入したパシャリッチのシュートは、GKシルベストリの好守に阻まれた。 22分にはピンチを迎えるも、ファラオーニの枠内シュートはGKゴッリーニがセーブ。直後にはCKからサルセドに決定的なヘディングシュートを許すも、わずかに枠の上に外れて助かった。 前半半ば以降はアタランタが押し込む時間を増やし、42分にはボックス左からD・サパタがGK強襲のシュートを浴びせたものの、前半をゴールレスで終えた。 後半からボリーニを投入してきたヴェローナに対し、アタランタは後半開始5分に先制する。D・サパタが敵陣でギュンターからボールを奪い、ボックス内に侵入。そのままシュートを流し込んだ。 しかし58分に追いつかれる。CKの流れからラフマニのシュートはGKゴッリーニがセーブしたものの、ルーズボールをペッシーナに押し込まれた。 同点とされて以降、サルセドにゴールを脅かされるなど、流れを引き寄せられないアタランタは79分にムリエルを投入するも、終盤にかけてはチャンスを作れずに1-1で終了。 痛い引き分けに終わり、首位ユベントスとの勝ち点差を暫定6に縮めるにとどまった。 2020.07.19 02:24 Sun
twitterfacebook

順位表




得点ランキング