パルマ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 パルマ 9 2 3 4 10 17 -7 9
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-12-06
23:00
セリエA
第10節
パルマ vs ベネヴェント
2020-12-13
28:45
セリエA
第11節
ミラン vs パルマ
2020-12-16
28:45
セリエA
第12節
パルマ vs カリアリ
2020-12-19
28:45
セリエA
第13節
パルマ vs ユベントス
2020-12-22
26:30
セリエA
第14節
クロトーネ vs パルマ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.11.30
28:45
セリエA
第9節
ジェノア 1 - 2 パルマ
2020.11.22
23:00
セリエA
第8節
ローマ 3 - 0 パルマ
2020.11.07
28:45
セリエA
第7節
パルマ 0 - 0 フィオレンティーナ
2020.10.31
26:00
セリエA
第6節
インテル 2 - 2 パルマ
2020.10.25
23:00
セリエA
第5節
パルマ 2 - 2 スペツィア
基本データ

正式名称:パルマFC

原語表記:Parma Football Club s.p.a.

愛称:ジャッロブルー(黄と青)、クロチャーティ(十字軍兵士)

創立:1913年

ホームタウン:パルマ

チームカラー:黄、青

関連ニュース
thumb

パルマ撃破のローマが3連勝! ムヒタリアンのドッピエッタにマジョラルがセリエA初弾《セリエA》

セリエA第8節、ローマvsパルマが22日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-0で快勝した。   直近4勝2分けの6戦無敗で4位に位置する好調のローマは、直近3戦連続ドロー中の16位パルマを相手に今季初の3連勝を狙った。インターナショナルマッチウィーク付近にエースのジェコを含め新型コロナウイルスの陽性反応者を出していたホームチームは直近のジェノア戦から先発3人を変更。GKをミランテに戻したほか、ペッレグリーニに代わってビジャール、食中毒のスモーリングに代えてクリスタンテを3バックの中央で起用した。   キックオフ直後こそ相手に押し込まれる入りとなったローマだが、すぐさま試合の主導権を奪い返す。開始8分にはマジョラルのラストパスに反応したヴェレトゥがボックス内でシュートを放つが、これはうまくミートし切れず、相手GKセペのセーブに遭う。   その後はペドロ、ムヒタリアン、マジョラルの3トップが良い距離感、関係性で起点を作り、スピナッツォーラとカルスドルプの両ウイングバックも常に高い位置取りで攻撃に絡んでパルマを完全に押し込む。すると、28分には左サイドのボックス付近でボールを持ったスピナッツォーラのグラウンダーのパスに対して、マジョラルが中央から斜めの動きでニアゾーンへ抜け出し、冷静に左足のシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   マジョラルのセリエA初ゴールで先手を奪ったローマはすぐさま突き放す。32分、左サイドのスピナッツォーラからのパスをペナルティアーク付近のマジョラルがマイナスに落とすと、ムヒタリアンが右足の見事なドライブシュートをゴール右隅に突き刺した。   さらに、攻撃の手を緩めないローマは40分にもロングカウンターから右サイドのカルスドルプからの絶妙なクロスをファーに走り込んだムヒタリアンが冷静に右足インサイドで流し込み、前節のトリプレッタの勢いそのままにこの試合でもドッピエッタを達成した。   前半のうちに試合を決めたローマは後半に入ってゲームコントロール優先の戦い方にシフト。60分過ぎにカラモー、クルティッチらを投入する3枚替えを敢行したパルマに対してやや押し込まれる時間が続くも、安定した守備で失点を許さず。逆に、鋭いカウンターからペドロや2戦連続トリプレッタを狙うムヒタリアンが決定機に絡んでいく。   その後、80分にスピナッツォーラ、ペドロ、ビジャールを下げてコロナウイルス感染から回復したペッレグリーニやディアワラに試運転の場を与える余裕の采配を見せたホームチームは、最後までパルマに主導権を与えず、ホームで3-0の快勝。ジェコら一部主力の不在を感じさせない力強いパフォーマンスで今季初の3連勝を飾った。 2020.11.23 01:14 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル移籍の噂が立つジェルビーニョ「将来に関しては今季が終わってから」

パルマのコートジボワール代表FWジェルビーニョ(33)がインテル移籍の噂も立つ将来について語った。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 アーセナルやローマ、河北華夏などでのプレーを経て、2018年夏からパルマでプレーするジェルビーニョ。チームにとってもセリエA初年度の2018-19シーズンから健在ぶりをアピールし続け、先月に約3年ぶりの代表戦出場を果たした。 そんなジェルビーニョは今季もここまでセリエA6試合2得点の数字を収め、パルマにとって欠かせない戦力のひとりだが、今夏にインテルの関心が取り沙汰され、本人も先日にその移籍に迫った舞台裏を告白している。 今もインテルの視線が注がれ続けているといわれるジェルビーニョだが、17日にマダガスカル代表とのアフリカネーションズカップ予選グループK第4節に先駆けた会見でパルマでの充実感を示しつつ、今季終了後の去就決定を口にした。 「パルマの目標はできるだけ早くセリエA残留を決めること。ヨーロッパの出場権に届くかどうかはそれからだ。僕の将来に関しては今季が終わってから決断する。今はパルマと一緒に楽しめているよ」 2020.11.17 11:35 Tue
twitterfacebook
thumb

パルマ戦なんとかドローのインテル、コンテ「得点できなければ代償を払うことになる」

パルマ戦で引き分けに終わったインテルのアントニオ・コンテ監督が、チームにゴール前での冷静さを求めた。クラブ公式サイトが伝えている。 10月31日に行われたセリエA第6節でパルマと対戦したインテルは、完全に引いて守るパルマに予想以上に苦戦。ハーフコートゲームを展開していた中で、後半開始早々に一瞬の隙を突かれて失点を喫すると、62分にFWジェルビーニョに2点目を許し引き離されてしまう。 しかし、途中出場のMFマルセロ・ブロゾビッチのゴールで早々に1点を返すと、後半アディショナルタイムにFWイバン・ペリシッチが劇的同点弾を挙げて、辛くも2-2の引き分けで終えた。 またも試合内容と伴わない結果となってしまったコンテ監督は、得点できなければ代償を支払うことになると、再びチームに反省を促した。 「結果的に苦しんだ試合だった。だが、ゲームを支配しながら負けそうになったのは初めてじゃない。サッカーとはそういうもので、得点を決めなければ代償を払う。作り出した多くのチャンスをもっと活かさなければならなかった。正確性に欠けていたね。改善に努める必要がある。よりゴールを奪うにはもっと覚悟と冷静さを持たないとダメだ」 また、負傷中のFWロメル・ルカクの不在には、得点不足は全員の責任との見解を示した。 「強調する点が一つある。我々は多くのチャンスを作った。それは組み立てが良かったということだ。問題はフィニッシュだった。全員に責任がある。一方でパルマは100%の成果を上げた」 2020.11.01 21:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカク不在のインテル、ドローに持ち込むもジェルビーニョの2発でパルマに勝ちきれず《セリエA》

インテルは10月31日、セリエA第6節でパルマをホームに迎え、2-2で引き分けた。 前節ジェノアを退けてリーグ戦3試合ぶりの勝利を飾ったインテルは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦では優勢に試合を進めながらもゴールレスドローに終わった。そのインテルはシャフタール戦のスタメンから6選手を変更。ルカクが負傷欠場となり、ブロゾビッチやビダル、ダンブロージオら主力がベンチスタートとなった。 1勝1分け3敗のパルマに対し、L・マルティネスとペリシッチの2トップ、エリクセンをトップ下に据える布陣で臨んだインテルは開始2分にペリシッチが決定機を迎えると、続く4分にはL・マルティネスがミドルシュートでGKを強襲した。 その後も自陣に引くパルマに対し、ハーフコートゲームを展開するインテルは、28分にコラロフがミドルシュートで牽制。 前半半ば以降も押し込む展開としたインテルは43分に先制のチャンスを迎えるも、コラロフのアーリークロスにハキミがヘッドで合わせたシュートはわずかに枠の上へ外れてゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、インテルは開始20秒にまさかの失点を喫する。エルナニのロングフィードで裏に抜け出したジェルビーニョに左足ボレーで蹴り込まれた。 ワンチャンスをゴールに結びつけられたインテルは、58分にエリクセンとガリアルディーニに代えてブロゾビッチとビダルを投入。 しかし62分、再びジェルビーニョにゴールを許してしまう。イングレーゼのスルーパスで裏を取ったジェルビーニョにGKとの一対一を制された。 それでも64分、インテルがすかさず1点を返す。バレッラの縦パスをバイタルエリアで受けたブロゾビッチがペナルティアーク中央から左足でゴール左へ蹴り込んだ。 その後も攻勢に出るインテルは72分、右CKからラノッキアのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの守備範囲に飛ぶ。さらに76分、ペリシッチの左クロスにハキミがヘディングで合わせたシュートはGKの正面を突いた。 それでも追加タイム1分、左サイドからのコラロフのFKをペリシッチがヘッドで合わせて同点に持ち込むと、ラストプレーではビダルがダイビングヘッドで逆転ゴールに迫ったが、わずかに枠を外れてタイムアップ。 2点のビハインドを追いついたインテルだったが、勝ち点1獲得にとどまった。 2020.11.01 04:05 Sun
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル、最新検査でもコロナ陽性…パルマ戦の欠場が確定

インテルに所属するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが新型コロナウイルスの最新検査でも陽性反応を示したようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 今月初旬の代表ウィーク中にコロナ陽性反応が出たシュクリニアルは、スロバキアの検疫所で2週間を過ごし、28日にイタリアへ帰国。その後、ミラノで新型コロナウイルスの再検査を受診したが、その検査でも陰性が出なかったとのことだ。 なお、シュクリニアルはウイルス量が少ない無症状とのことだが、陰性が確認されるまでは試合に出場することができず、31日のセリエA第6節パルマ戦の欠場が確定。今後は陰性が確認できるまで個別でのトレーニングを行う予定だという。 セリエAでは試合の48時間前、チャンピオンズリーグ(CL)では試合の24時間前までに陰性と診断された場合、試合に出場することができるとのことだ。 2020.10.30 23:15 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング