パルマ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 パルマ 20 3 11 15 28 56 -28 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-10
25:00
セリエA
第30節
パルマ vs ミラン
2021-04-17
27:45
セリエA
第31節
カリアリ vs パルマ

セリエA
第33節
パルマ vs クロトーネ

セリエA
第34節
トリノ vs パルマ

セリエA
第35節
パルマ vs アタランタ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.03
22:00
セリエA
第29節
ベネヴェント 2 - 2 パルマ
2021.03.19
28:45
セリエA
第28節
パルマ 1 - 2 ジェノア
2021.03.14
23:00
セリエA
第27節
パルマ 2 - 0 ローマ
2021.03.07
23:00
セリエA
第26節
フィオレンティーナ 3 - 3 パルマ
2021.03.04
28:45
セリエA
第25節
パルマ 1 - 2 インテル
基本データ

正式名称:パルマFC

原語表記:Parma Football Club s.p.a.

愛称:ジャッロブルー(黄と青)、クロチャーティ(十字軍兵士)

創立:1913年

ホームタウン:パルマ

チームカラー:黄、青

関連ニュース
thumb

低調ローマが降格圏パルマに18戦ぶりの白星献上…痛恨のトップ4陥落《セリエA》

セリエA第27節、パルマvsローマが14日にスタディオ・エンニオ・タルディーニで行われ、ホームのパルマが2-0で勝利した。   セリエA2連勝で4位に返り咲いたローマ(勝ち点50)は、降格圏の19位に沈むパルマ(勝ち点16)を相手に今季3度目の3連勝を狙った。ミッドウィークに行われたシャフタールとのヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の初戦に3-0で快勝したチームは、その試合から先発4人を変更。   負傷のムヒタリアンに代えて負傷明けのジェコがリーグ戦9戦ぶりのスタメンを飾ったほか、クリスタンテ、カルスドルプ、ディアワラに代えてイバニェス、ブルーノ・ペレス、エル・シャーラウィを起用した。   立ち上がりから主導権を握って相手を押し込むローマは2分、ブルーノ・ペレスのフィードに反応したジェコが後方からのボールを右足ボレーで合わすが、これはGK正面。続く5分には流れるようなパスワークからボックス左に抜け出したスピナッツォーラの折り返しをゴール前のペッレグリーニがダイレクトで狙うが、相手DFと交錯気味に放ったシュートは枠を捉え切れない。   集中した入りを見せたローマだったが、9分には右サイドでロングフィードに抜け出したマンにクンブラが振り切られてグラウンダーの折り返しを許すと、ファーから内に絞ってきたミハイラに左足ワンタッチで流し込まれ、一瞬の隙を突かれて先制点を奪われた。   すぐさま反撃に転じるローマはジェコにクサビを打って中央で起点を作りながらスピナッツォーラの左サイド、エル・シャーラウィ、ペドロの積極的な仕掛けを軸に相手ゴールを目指す。幾度かミドルシュートやペッレグリーニの直接FKでゴールに迫る。その一方でハイラインの背後、3バックとウイングバックの間のギャップを狙うパルマのカウンターに手を焼く。   前半終盤にかけては焦れて一発を狙うプレーや強引なシュートが目立ち攻撃が停滞し始め、フラストレーションを溜める形でハーフタイムを迎えることになった。   後半も同じメンバーで臨んだローマは開始早々の48分に左サイドを突破したペッゼッラにボックス左から決定的な折り返しを許すが、ゴール至近距離からのマンのシュートはGKパウ・ロペスのビッグセーブで凌ぐ。その直後の51分にはボックス内でのジェコのキープからエル・シャーラウィにボックス左45度の得意の角度からシュートチャンスも、このシュートはDFに触られてわずかに枠の右へ外れる。   すると、絶好の同点機を逸したローマは再び最終ラインの拙守から2点目を奪われる。55分、GKセペからのロングボールを繋がれてペッレにハイラインの背後を完璧に取られると、ボックス内でDFイバニェスがペッレを押し倒してしまいPK献上。これをキッカーのエルナニに決められた。   勝ち点3はおろか勝ち点1も厳しくなったローマは60分に3枚替えを敢行。クンブラとペドロに代えてクリスタンテとカルレス・ペレス、さらにブルーノ・ペレスに代えてこれがセリエAデビューとなる今冬加入のレイノルズをピッチへ送り出す。   しかし、この交代も攻撃を活性化させるまでには至らず、2点リードで専守防衛の構えを見せるホームチームを前に自慢の攻撃が沈黙。77分にはカルレス・ペレスがようやく決定的なシュートを放つが、これはGKセペのビッグセーブに遭う。   その後、ペッレグリーニ、ビジャールを下げてマジョラル、ディアワラの投入で最後までゴールを目指したローマだが。ジェコらが決定力を欠いて一矢報いることも叶わず。   パルマに第9節のジェノア戦以来となる18戦ぶりの白星を献上したローマは、アタランタに抜かれてトップ4圏外の5位に転落。ELシャフタールとの第2戦を挟んで次節は前回対戦で大敗したナポリとのデルビー・デル・ソーレに臨むことになった。 2021.03.15 01:11 Mon
twitterfacebook
thumb

サンチェスのドッピエッタで逃げ切ったインテルが首位を快走!《セリエA》

インテルは4日、セリエA第25節でパルマとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。 リーグ戦5連勝中の首位インテル(勝ち点56)は、直近のジェノア戦から先発を2人変更。ラウタロ・マルティネスとダルミアンに代えてサンチェスとハキミが先発に名を連ねた。 19位に沈むパルマ(勝ち点15)に対し、インテルは15分にピンチ。右サイドを持ち上がったエルナニのクロスをクルティッチが頭で合わせたが、これはGKハンダノビッチの好セーブで難を逃れた。 ルカクとサンチェスを起点に攻め込むインテルは、ボールを保持するもソリッドな守備を見せるパルマを崩せず、決定機のない時間が続く。それでも30分、ボックス右深くまで切り込んだハキミから際どい折り返しがゴール前に出ると、エリクセンが飛び込むがわずかに合わない。 さらにインテルは、33分にセットプレーのこぼれ球からシュクリニアルが、39分にはドリブルで切り込んだルカクがシュートを放ったが、パルマの牙城を崩すことはできず。前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、立ち上がりから攻勢に出たインテルは54分にボックス手前でルカクのロストしたボールがゴール前にこぼれると、これに反応したサンチェスが左足でシュート。GKセペの弾いたボールをカバーに戻ったガリオーロがクリアしたが、ボールはゴールラインを越えており、インテルのゴールが認められた。 待望の先制点を奪ったインテルは、62分にもドリブルで持ち上がったルカクのラストパスをボックス内で受けたサンチェスが冷静にゴール右隅に流し込み、追加点を奪った。 立て続けのゴールで主導権を握ったかに思われたインテルだったが、71分に失点する。クルティッチのパスでボックス左に侵入したペッゼッラのクロスをファーサイドから走り込んだエルナニがボレーシュートで流し込んだ。 1点を返されたインテルは、76分にサンチェスを下げてL・マルティネスをを投入。さらに84分には、ペリシッチを下げてダルミアンをピッチに送り出した。 試合終盤にかけてパルマの猛攻を受けたインテルだったが、粘り強い守りでこれをシャットアウト。サンチェスの決勝点を守り抜いたインテルが6連勝で首位を快走している。 2021.03.05 06:51 Fri
twitterfacebook
thumb

同僚に暴言を吐いたブッフォンに罰金処分…

レガ・セリエAは18日、ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンに対し、罰金処分を科したことを発表した。 ブッフォンは、昨年12月19日にアウェイで行われたセリエA第13節のパルマ戦(4-0で勝利)で、チームメイトのMFマノーロ・ポルタノーバに対し冒涜するような暴言を浴びせており、イタリアサッカー委員会が調査を行っていた。 そして今回、国家連邦裁判所の判決によりポルタノーバへの暴言が認められたため、レガ・セリエAはブッフォンに対し5000ユーロ(約64万円)の罰金処分を言い渡した。 11年前にイタリアスポーツ界で「冒涜法」を導入されて以来セリエAでは複数選手が処罰の対象になっており、昨年12月にはローマに所属するDFブライアン・クリスタンテが神への冒涜的なフレーズを吐き、1試合の出場停止処分にを受けていた。 2021.02.19 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

冨安が右SBでフル出場のボローニャ、残留争うパルマに快勝《セリエA》

ボローニャは7日、セリエA第21節でパルマとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節ミラン戦を1-2で落とした15位ボローニャ(勝ち点20)は右サイドバックでフル出場し、好プレーを見せた冨安が右サイドバックでスタートとなった。 19位パルマ(勝ち点13)に対し、慎重な入りとなった両チームの一戦は15分に動く。左サイドからのサンソーネのFKにファーサイドのバロウが頭で押し込んだ。 失点を受けて前がかるパルマに29分、ブルグマンのミドルシュートでゴールを脅かされるも、守護神のスコルプスキが好守で凌いだ。 すると33分、ボローニャに追加点が生まれる。サンソーネのパスを受けたバロウがボックス左に侵入して左足を振り抜くと、シュートがゴール右に決まった。 ボローニャの2点リードで迎えた後半、DFのバニを削って新戦力のアタッカーであるマンを投入してきたパルマに対し、ボローニャは自陣に引いて対応する。 さらに55分、バイエルンから加入のザークツィーを投入してきたパルマに59分、ガリオーロのボレーシュートでゴールに迫られるも枠を外れて助かった。 64分にサンソーネが決定的なシュートを放って牽制したボローニャは、終盤にかけては危なげなく時間を消化。 そして追加タイムにはオルソリーニにもゴールが生まれて3-0としたボローニャが快勝とし、降格圏の18位カリアリに暫定8ポイント差としている。 2021.02.08 03:54 Mon
twitterfacebook
thumb

山東退団の元イタリア代表FWペッレがパルマ復帰

パルマは5日、元イタリア代表FWグラッツィアーノ・ペッレ(35)の獲得を発表した。 ペッレはレッチェの下部組織出身で2003年7月にファーストチーム昇格。その後はカターニャやクロトーネ、チェゼーナへとレンタル移籍。2007年7月にAZへと完全移籍する。 2011年7月にはパルマへと完全移籍。その後、サンプドリア、フェイエノールトへのレンタル移籍を経て、2013年7月に完全移籍。サウサンプトンでのプレーを経て、2016年7月に中国スーパーリーグの山東魯能(現・山東泰山)へと完全移籍していた。中国スーパーリーグでは101試合に出場し51ゴール21アシストを記録。 イタリア代表としても20試合に出場し9ゴールを記録したペッレは、ユーロ2016に出場。主軸としてプレーした他、美人すぎる彼女が大きな注目を集めていた。 ペッレは2020シーズン限りで山東泰山を退団し、現在はフリーに。このオフは、話題の彼女との婚約が注目されていた。 パルマでは過去在籍時に14試合で2ゴール1アシストとあまりプレー機会はなかったが、降格圏の19位に位置しているチームを今回は救えるだろうか。 2021.02.06 02:45 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング