ナポリ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 ナポリ 63 20 3 9 71 37 34 32
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-26
25:30
セリエA
第33節
トリノ vs ナポリ
2021-05-02
22:00
セリエA
第34節
ナポリ vs カリアリ

セリエA
第38節
ナポリ vs ヴェローナ

セリエA
第35節
スペツィア vs ナポリ

セリエA
第36節
ナポリ vs ウディネーゼ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.22
27:45
セリエA
第32節
ナポリ 5 - 2 ラツィオ
2021.04.18
27:45
セリエA
第31節
ナポリ 1 - 1 インテル
2021.04.11
22:00
セリエA
第30節
サンプドリア 0 - 2 ナポリ
2021.04.07
25:45
セリエA
第3節
ユベントス 2 - 1 ナポリ
2021.04.03
22:00
セリエA
第29節
ナポリ 4 - 3 クロトーネ
基本データ

正式名称:SSCナポリ

原語表記:Societa Sportiva Calcio Napoli S.p.A.

愛称:アッズーリ(青)

創立:1926年

ホームタウン:ナポリ

チームカラー:青、白

関連ニュース
thumb

ベルギー代表FWメルテンスがナポリのセリエA最多得点記録に並ぶ

ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンスがまた偉業を成し遂げた。 ナポリは22日、セリエA第32節でラツィオをホームに迎えた。ともに来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う中、試合は意外にも点の取り合いとなる。 開始7分にロレンツォ・インシーニェがPKを決めてナポリが先制すると、12分にはマッテオ・ポリターノが追加点を奪う。さらに、後半に入り53分にインシーニェが3点目を奪うと、65分にはメルテンスがチーム4点目を奪う。 このままナポリが圧倒するかと思われたが、ラツィオは70分にチーロ・インモービレが1点を返すと、74分にはセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチも得点し、4-2に。しかし、ナポリは80分にビクター・オシムヘンがダメ押して、5-2で勝利を収めた。 この勝利でトップ4入りまで勝ち点差「3」をキープしたナポリだが、メルテンスが偉業を達成。ナポリにおけるセリエA最多ゴール記録に並んだ。 この試合で1ゴールを決めたメルテンスは、セリエA通算ゴール数を「102」に伸ばし、アントニオ・ボジャクが持つ記録に並ぶことに成功した。 また、自身のナポリでの通算ゴールも「135」とし、依然として歴代トップを守っている。 メルテンスは2013年夏にPSVから加入。セリエA初ゴールは2013年10月30日のフィオレンティーナ戦。そこから8シーズンで偉大な記録に並んだ。 なお、今シーズンはここまで公式戦32試合に出場し10ゴール9アシストを記録している。 ◆ナポリ セリエA通算得点ランキング 102:ドリエス・メルテンス 102:アントニオ・ボジャク 100:マレク・ハムシク 83:ロレンツォ・インシーニェ 81:ディエゴ・マラドーナ ◆ドリエス・メルテンス ゴール内訳 セリエA:102ゴール チャンピオンズリーグ:16ゴール ヨーロッパリーグ:10ゴール コッパ・イタリア:6ゴール チャンピオンズリーグ予選:1ゴール 2021.04.23 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

攻撃陣躍動のナポリがCL出場権争うラツィオに5発圧勝《セリエA》

セリエA第32節、ナポリvsラツィオが22日に行われ、5-2でナポリが圧勝した。 前節インテルに引き分けた5位ナポリ(勝ち点60)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ユベントスを2ポイント差で追う中、メルテンスを最前線に、2列目に右からポリターノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べた。 一方、前節ベネヴェントにインモービレのトリプレッタなどで5-3と打ち勝った6位ラツィオ(勝ち点58)は勝利すればナポリを上回って5位に浮上できる中、インモービレとコレアの2トップで臨んだ。 試合は開始4分に動く。CKの流れでマノラスに対し、ミリンコビッチ=サビッチが足を高く上げてクリアにかかるとスパイクが顔面に入り、VARの末にナポリにPKが与えられた。これをキッカーのインシーニェが決めてナポリが先制した。 さらに12分、ナポリが一気に突き放す。ボックス右でメルテンスのパスを受けたポリターノがカットインからゴール右隅にシュートを蹴り込んだ。 早々に2点をリードしたナポリは前がかるラツィオに対し、いなしつつ試合をコントロール。ラツィオに何もさせず前半を2点リードしたまま終えた。 迎えた後半、53分にナポリが決定的な3点目を奪う。インシーニェがボックス手前左、得意の45度の位置からゴール右へコントロールシュートを決めた。 そして65分にはジエリンスキの右クロスをペナルティアーク中央のメルテンスがダイレクトで蹴り込んで4-0としたナポリはその後、インモービレとミリンコビッチ=サビッチにゴールを許すも、途中出場のオシムヘンがダメ押しの5点目を決めて圧勝。 CL出場権を争うラツィオを粉砕し、上位陣を追走している。 2021.04.23 05:46 Fri
twitterfacebook
thumb

今季限りでの退任が報じられるナポリ指揮官ガットゥーゾ後任にスパレッティか

新シーズンのナポリの新指揮官候補にルチアーノ・スパレッティ氏(62)が挙がっているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 現在、ナポリを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督はチャンピオンズリーグ出場権獲得の有無に関わらず退任が基本路線となっているようだ。 ガットゥーゾ監督の後任としてはミランとユベントスでスクデットを獲得したマッシミリアーノ・アッレグリ氏(52)、ヴェローナの現指揮官であるイバン・ユリッチ監督(45)の名前も挙がっているが、『コリエレ・デッロ・スポルト』によればスパレッティ氏が最有力候補とのことだ。 ウディネーゼやローマ、ゼニトで実績を残したスパレッティ氏は、2019年5月にインテルの指揮官を退いた後はフリーの状態が続いている。 2021.04.22 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: ナポリ 1-1 インテル《セリエA》

セリエA第31節、ナポリvsインテルが18日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ナポリ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210419_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 メレト 5.5 セーブシーンはほぼなかった DF 22 ディ・ロレンツォ 6.0 攻守に存在感を発揮。惜しいヘディングシュートがあった 44 マノラス 6.5 要所での身体を張った守備が効いていた 26 クリバリ 6.5 ルカクとの重量級マッチアップは見応え十分。ルカクを抑え込めるのはセリエAではクリバリ位か 6 マリオ・ルイ 5.5 高い位置を取って攻撃に厚みを加えにかかった MF 21 ポリターノ 6.0 ボックス内での仕掛けでアクセントを付けた。バー直撃のシュートも (→ヒサイ -) 4 デンメ 6.0 エリクセンを監視。球際に強く行っていた 20 ジエリンスキ 6.0 ブロゾビッチを監視しながら攻撃にも絡む (→エルマス -) 8 ファビアン・ルイス 6.0 ゲームを作った。主導権を握れた要因に (→バカヨコ -) 24 インシーニェ 6.0 攻撃の起点に。オウンゴール誘発 FW 9 オシムヘン 5.0 前線でほぼ起点になれず (→メルテンス 6.0) オシムヘンとは違い起点になった 監督 ガットゥーゾ 6.0 首位相手に互角以上の戦いぶり ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210419_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 4.5 珍しい凡ミスで先制点を献上 DF 37 シュクリニアル 6.0 対人の局面でやられることはなかった 6 デ・フライ 6.5 さすがの読みで守備を締めた 95 バストーニ 5.5 さほど難しい対応を迫られることはなかった MF 2 ハキミ 6.0 終盤までスピードに乗ったプレーで脅威に 23 バレッラ 5.5 いつもの躍動感溢れるプレーは影を潜めた 77 ブロゾビッチ 5.5 ジエリンスキの監視に苦しみ、思うようにゲームは作れず 24 エリクセン 6.5 素晴らしいシュートで今季セリエA初ゴール 36 ダルミアン 5.5 攻守に及第点の出来 (→ペリシッチ 5.5) もっと仕掛けたいところだった FW 9 ルカク 6.0 バーとポストに嫌われる場面があった。クリバリに監視された中、できる限りのプレーはした 10 L・マルティネス 5.5 いつもよりはルカクとの関係で崩す場面が少なかった (→サンチェス 5.0) 見せ場を作れず 監督 コンテ 6.0 持ち前のカウンターを武器に戦ったが、守護神のミスもあってドローに ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クリバリ(ナポリ) 改めて能力の高さを示す。ルカクに密着マークを敢行し、仕事を制限した。 ナポリ 1-1 インテル 【ナポリ】 OG(前36) 【インテル】 エリクセン(後10) 2021.04.19 05:41 Mon
twitterfacebook
thumb

守護神ハンダノビッチ凡ミスのインテル、ナポリにドローで連勝が11でストップ《セリエA》

セリエA第31節、ナポリvsインテルが18日に行われ、1-1で引き分けた。 前節サンプドリアに辛勝とした5位ナポリ(勝ち点59)は、勝利すればユベントスに勝ち点で並び4位に浮上する中、最前線にオシムヘンを起用。2列目に右からポリターノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べた。 一方、後半終盤のダルミアン弾でカリアリを押し切り、11連勝とした首位インテル(勝ち点74)は、2位ミランとの11ポイント差を維持。残り8試合で4勝すれば11年ぶりのスクデット獲得が決まる状況となった中、ルカクとラウタロの2トップで臨んだ。 立ち上がりからボールを握ったのはナポリ。2トップのインテル相手にディ・ロレンツォ、クリバリ、マノラスのディフェンス3枚でビルドアップを図った。 それでも自陣に引きながらカウンターを狙うインテル相手にシュートに持ち込むことはできず、時間が経過していく。 すると29分、インテルに決定機。CKの流れからブロゾビッチのシュートをゴール前のルカクがコースを変えると、バーに直撃した。 助かったナポリは36分に先制する。ボックス左からインシーニェがクロスを上げると、GKハンダノビッチがデ・フライと接触してファンブル。ボールがゴールラインを割った。 失点後、インテルは38分に同点のチャンス。左サイドからのエリクセンのFKがルカクに当たってボールが左ポストに直撃した。 迎えた後半、インテルが前がかる中、55分に追いつく。サイド攻撃で揺さぶり、ルーズボールをボックス手前左のエリクセンが左足で一閃。強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 追い付かれたナポリは64分に勝ち越しのチャンス。右サイドからのポリターノのFKにディ・ロレンツォが頭で合わせたが、シュートはわずかに枠の左に外れた。 勝ち越しを目指す両チームは75分に動き、ナポリはオシムヘンに代えてメルテンスを、インテルはラウタロに代えてサンチェスを投入した。 すると80分、ナポリに勝ち越しのチャンス。ポリターノがボックス内で仕掛け、右足でのシュートがバーに直撃した。さらに81分、ジエリンスキがボックス内でデ・フライに倒されてPK判定が下ったが、VARの末にノーファウルに覆った。 終盤にかけては互いにゴールに迫れず1-1のままタイムアップ。勝ち点1を分け合い、インテルの連勝が止まっている。 2021.04.19 05:40 Mon
twitterfacebook

順位表

得点ランキング