クロアチア

結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.09.08
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ3
第2節
フランス 4 - 2 クロアチア
2020.09.05
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ3
第1節
ポルトガル 4 - 1 クロアチア
基本データ

正式名称:クロアチア代表

原語表記:Croatia

ホームタウン:ザクレブ

チームカラー:白・赤

関連ニュース
thumb

セビージャ復帰のラキティッチがクロアチア代表引退を発表…「最も難しい決断だった」

クロアチアサッカー連盟(HNS)は21日、セビージャに所属するMFイバン・ラキティッチ(32)がクロアチア代表からの引退を申し入れたことを発表した。 HNSによれば、ラキティッチは今回の代表引退についてHNSのダヴォール・シューケル会長やズラトコ・ダリッチ監督、クロアチア代表で主将を務めるMFルカ・モドリッチとの話し合いを行い決断したとのことだ。 世代別代表ではスイス代表としてプレーしたが、2007年に自らのルーツを持つクロアチア代表を選択することを発表したラキティッチ。同年9月のエストニア代表戦でクロアチア代表デビューを飾ると、ユーロは2008年、2012年、2016年の3大会、ワールドカップは2014年、2018年と2大会に出場していた。 2018年行われたロシア・ワールドカップでは、全試合に出場しチームの準優勝に大きく貢献。ユーロでも通算10試合に出場。クロアチア代表としては歴代4位となる通算106試合に出場していた。 代表引退を決断したラキティッチは、クロアチアサッカー連盟の公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「クロアチア代表に別れを告げることは、僕のキャリアの中で最も難しい決断だった。だけど、僕は今がその瞬間だと思ったんだ。僕は母国のために多くの試合でプレーしてきたけど、ワールドカップのことは忘れられないね。あの時のことは僕のお気に入りとして残り続けているよ」 バーゼルの下部組織で育ったラキティッチは、2005年にプロデビュー。その後、シャルケやセビージャでのプレーを経て、2014年にバルセロナへ加入。バルセロナでは公式戦310試合に出場し35ゴール42アシストを記録。ラ・リーガ4回、コパ・デル・レイ4回、チャンピオンズリーグ1回など、合計13個のタイトルを獲得。 しかし、ロナルド・クーマン監督の新体制では構想外となっていたため、契約を1年残しながらも退団を決意。1日に古巣セビージャへの6年ぶりの復帰が発表されていた。 2020.09.22 01:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯決勝再現カードはフランスが制して連勝発進!クロアチアに4発《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3の第2節、フランス代表vsクロアチア代表が8日に行われ、4-2でフランスが勝利した。 3日前に行われた初戦のスウェーデン代表戦を1-0と制したフランスは、スウェーデン戦のスタメンから6選手を変更。ムバッペが新型コロナウイルスの検査で陽性となり欠場となった中、[3-4-1-2]を継続し2トップはマルシャルとベン・イェデルが形成、トップ下にグリーズマンが入った。 一方、モドリッチ招集外のクロアチアはポルトガルに1-4と完敗した中、5選手を変更。ブロゾビッチやペリシッチがスタメンに名を連ねた。 ロシア・ワールドカップ決勝再現カードとなった一戦は、締まった攻防で立ち上がった中、16分にクロアチアが先制する。CKの流れからボックス左のロブレンが見事なトラップで浮き球を処理し、左足でゴール右サイドネットに突き刺した。 2トップにボールが入らず苦戦していたフランスだったが、33分に同点のチャンス。ショートカウンターに転じ、マルシャルのラストパスを受けたボックス左のグリーズマンがGK強襲のシュートを浴びせた。 すると43分に前線3枚のコンビネーションで追いつく。ベン・イェデルのダイレクトパスをボックス左で受けたマルシャルが中に折り返し、最後はゴール前に飛び込んだグリーズマンが押し込んだ。 さらに追加タイム1分、右サイドをベン・イェデルが持ち上がってクロスを上げると、ファーサイドのマルシャルがプッシュ。左ポストに直撃したシュートがGKに当たってゴールに吸い込まれ、フランスが逆転して前半を終えた。 後半からレビッチに代えてブレカロを投入したクロアチアが前がかる中、55分に追いついた。コバチッチのスルーパスに抜け出したブレカロがDF3人に対応されながらもドリブルでかわしてシュートを決めきった。 それでも65分、フランスが勝ち越す。グリーズマンの左CKからウパメカノが打点の高いヘッドでゴールに押し込んだ。 そして76分、ボックス内でのハンドがあったとしてPKを獲得したフランスは、これをジルーが決めて勝負を決定付けた。 結局、89分のコバチッチのミドルシュートは左ポストに直撃し、フランスが4-2で勝利。ロシアW杯決勝再現カードを制し、2連勝としている。 2020.09.09 05:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ムバッペがコロナ陽性で代表離脱、クロアチア戦を欠場

パリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペが新型コロナウイルスの検査で陽性だったため、7日にフランス代表を離脱したようだ。フランス『レキップ』が報じている。ムバッペは既に代表を離れ、自己隔離に入っているとのことだ。 ムバッペは5日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAのグループ3初戦スウェーデン代表戦で先発。決勝点を挙げる活躍を見せていた。 ムバッペを欠くこととなったフランスは8日にUNL2戦目のクロアチア代表戦を戦う。 2020.09.08 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

前回王者ポルトガルが貫禄の4発でクロアチアに快勝!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3の第1節、ポルトガル代表vsクロアチア代表が5日に行われ、4-1でポルトガルが勝利した。 フランス代表とスウェーデン代表が同居しているグループ3。前回王者のポルトガルは、3トップにベルナルド・シウバ、フェリックス、ジョタを並べた[4-3-3]の布陣を採用。中盤はアンカーにダニーロ、インサイドにモウティーニョとブルーノ・フェルナンデスを起用した。なお、エースのクリスティアーノ・ロナウドはつま先の感染症により欠場となった。 一方、前回大会をリーグA・グループ4の最下位で終えるも新フォーマットの採用でリーグB降格を免除されたクロアチアは、キャプテンのモドリッチと副キャプテンのラキティッチが招集外に。それでも、クラマリッチやレビッチ、コバチッチ、ロブレンら主力が起用された。 クロアチアは開始早々の2分にドリブルで持ち上がったヴラシッチがボックス左手前からミドルシュート。これはわずかにGKアントニー・ロペスが触り、ゴール右に逸れた。 対するポルトガルは15分、ラファエウ・ゲレイロのロングパスで相手DFの裏に抜け出したブルーノ・フェルナンデスの落としをペナルティアーク内に走り込んだフェリックスがダイレクトシュートで合わせたが、これは相手DFがブロック。さらに19分には、ボックス右から切り込んだカンセロがアウトサイドでゴールを狙ったが、シュートはGKリヴァコビッチが右手一本で弾き出した。 時間の経過と共にボールの主導権を掌握するポルトガルは、27分にブルーノ・フェルナンデスの右クロスをジョタがヘディングシュート。34分にはラファエウ・ゲレイロがミドルシュートでクロアチアゴールを脅かしたが、共にシュートはポストを叩いた。 攻勢を続けるポルトガルは41分、右サイドからカットインしたカンセロがペナルティアーク手前から左足一閃。このシュートがゴール左上に突き刺さった。 迎えた後半、先に決定機を作ったのはリードするポルトガル。58分、ラファエウ・ゲレイロのループパスで抜け出したジョタがボックス左から中に切り込み冷静にシュートを流し込んだ。 2点を追うクロアチアは、61分にブレカロとパシャリッチを下げてペリシッチとブロゾビッチを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはポルトガルだった。 70分、ベルナルド・シウバの横パスをペナルティアーク手前で受けたフェリックスがワントラップから右足を振り抜くと、強烈なシュートが相手GKの手を弾きゴールネットに突き刺さった。 その後、ペトコビッチのゴールで1点を返されたポルトガルだったが、試合終了間際の95分に右CKからペペのフリックしたボールを途中出場のアンドレ・シウバが押し込み、4点目。直後にタイムアップを迎え、前回王者として貫禄の戦いぶりを披露し続けたポルトガルが、ホームでクロアチアに快勝した。 2020.09.06 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

モドリッチ&ラキティッチが代表不参加、9月にUNL王者ポルトガル&W杯王者フランスと対戦

クロアチアサッカー連盟(HNS)は27日、UEFAネーションズリーグに臨むクロアチア代表から、レアル・マドリーのMFルカ・モドリッチとMFイバン・ラキティッチが外れることを発表した。 クロアチア代表は、9月5日に前年王者のポルトガル代表と、同8日にワールドカップ王者のフランス代表とUEFAネーションズリーグで対戦する。 17日に発表されていたメンバーから、キャプテンのモドリッチと副キャプテンのラキティッチが外れることに。両選手は、ズラトコ・ダリッチ監督と合意し、今回の代表活動を免除されたようだ。 また、ヴォルフスブルクのDFマリン・ポングラチッチは病気のため辞退となった。 なお、代役としてFWアントニオ=ミルコ・チョラク(リエカ)、FWアンテ・ブディミル(マジョルカ)、DFミレ・シュコリッチ(オシエク)が招集されることとなった。 さらに、チャンピオンズリーグ(CL)決勝に出場したバイエルンのMFイバン・ペリシッチとヨーロッパリーグ(EL)決勝に進出したインテルのMFマルセル・ブロゾビッチに関しては、2日間の休養を追加で与えることが決定。31日に集合するチームには合流せず、9月2日に合流することが許可された。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">シモン・スルガ</span>(ルートン・タウン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">イヴォ・グルビッチ</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ミレ・シュコリッチ</span>(オシエク) <span style="font-weight:700;">ダリオ・メルニャク</span>(チャイクル・リゼスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チャレタ=ツァル</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(ゼニト/ロシア) <span style="font-weight:700;">ボルナ・バリシッチ</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span>(アウグスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">シメ・ヴルサリコ</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリオ・パシャリッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ニコラ・ヴラシッチ</span>(CSKAモスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(バイエルン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨシップ・ブレカロ</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">アンテ・ブディミル</span>(マジョルカ/スペイン) <span style="font-weight:700;">アントニオ=ミルコ・チョラク</span>(リエカ) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・ペトコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) 2020.08.27 22:25 Thu
twitterfacebook

順位表




得点ランキング