カリアリ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 カリアリ 35 8 11 19 42 59 -17 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.22
27:45
セリエA
第38節
カリアリ 0 - 1 ジェノア
2021.05.16
27:45
セリエA
第37節
ミラン 0 - 0 カリアリ
2021.05.12
25:30
セリエA
第36節
カリアリ 0 - 0 フィオレンティーナ
2021.05.09
22:00
セリエA
第35節
ベネヴェント 1 - 3 カリアリ
2021.05.02
22:00
セリエA
第34節
ナポリ 1 - 1 カリアリ
基本データ

正式名称:カリアリ・カルチョ

原語表記:Cagliari Calcio s.p.a.

愛称:カステッドゥ、イソラーニ(冬眠)、ロッソブル(赤と青)

創立:1920年

ホームタウン:カリアリ

チームカラー:青、赤

関連ニュース
thumb

自身の去就について語るゴディン「ロシアやトルコからオファーはあったが…」

カリアリのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(35)が、自身の去就について語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ゴディンはアトレティコ・マドリーで公式戦389試合の出場数を誇り、2度のヨーロッパリーグ(EL)制覇やラ・リーガ優勝などに貢献。その後、2019年夏にインテルへフリーで加入したが、アントニオ・コンテ監督の戦術に適応し切れず、わずか1年でカリアリに移籍することになった。 カリアリでは昨シーズン、新型コロナウイルス(COVID-19)感染などに苦しみながらも主軸選手として公式戦28試合に出場。チームのセリエA残留に貢献した。一方で、財政難に苦しむカリアリは複数の選手を放出候補としており、ゴディンもその1人となっている。 現在コパ・アメリカ2021を終え休暇をとっているゴディンは、ウルグアイ『Otra Cabeza』のインタビューに応じた際、複数クラブからオファーが来ていたと明言。しかし、自身はカリアリへの残留を望んでいると語った。 「僕とクラブの契約はあと1年残っている、さらにその後には、1年の契約延長ができるオプションもあるんだ」 「来週、プレシーズンのトレーニングを始めるために(カリアリの本拠地である)サルデーニャに戻るよ。会長によるとクラブは経済的に困難な状況であり、適切なオファーを受けた選手は市場に出ているそうだ」 「僕にも2、3週間前にロシアからオファーがあったし、トルコからも話が来たみたいだね。でも、誰も僕に詳細を直接連絡してはこなかったよ。今の僕の頭の中にはカリアリがある。それが真実だ」 また、ゴディンはカリアリに所属する同胞のウルグアイ代表MFナイタン・ナンデス(25)に、インテル移籍の噂があることにも言及。クラブの財政を考えれば仕方がないという考えを示した。 「彼も僕と同様にクラブからすれば売却対象だ。今はオファーが届き、フロントがそれを評価しているだろう。カリアリだって誰も売りたくはないと思うが、残念ながら(新型コロナウイルスによる)パンデミックは、小さなクラブに金銭的な面で大きな打撃を与えたんだ」 2021.07.22 17:44 Thu
twitterfacebook
thumb

カリアリ、インテルからDFダウベルトを買取OP付きのレンタルで獲得!

カリアリは21日、インテルに所属するブラジル人DFダウベルト・エンリケ(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 『フットボール・イタリア』によれば、今季終了後に買い取りオプションを行使する際には700万ユーロ(約9億1000万円)の移籍金を支払うことになるとのことだ。 2016年夏にヴィトーリア・ギマランエスからニースへ加入し、リーグ・アン屈指の攻撃的ラテラルとして評価を高めたダウベルト。しかし、2017年に推定2100万ユーロ(約24億7000万円)の移籍金で加入したインテルでは、細かいケガに加えて戦術理解度や守備力の問題で思うように出場機会を得られず。2019-20シーズンはフィオレンティーナへレンタル移籍。 昨夏にインテルに復帰するもアントニオ・コンテ前監督の信頼が得られず、今冬にスタッド・レンヌへレンタル移籍で加入。スタッド・レンヌでは、公式戦18試合に出場していた。 2021.07.22 00:50 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、ナンデス獲得近し?

インテルがカリアリから狙うウルグアイ代表MFナイタン・ナンデス(25)の獲得に近づいているようだ。 イタリア『Sportitalia』によると、インテルはナンデスと個人条件で合意。リーズ・ユナイテッドを含むプレミアリーグからのあらゆるオファーを蹴って、インテル入を決心しており、クラブ間による移籍金額の交渉決着を待っているという。 既報によると、カリアリが求める移籍金額は契約解除金額の3600万ユーロ(約46億5000万円)。インテルは昨季もカリアリに貸し出した元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランの譲渡条件を含み、買取オプション付きのレンタルで狙っている模様だ。 ナンデスは2019年夏にボカ・ジュニアーズからカリアリに加わり、昨季は中盤中央だけでなく、サイドをプレーエリアに公式戦32試合に出場。先のコパ・アメリカ2021にも参戦して、準々決勝までの5試合でプレーした。 2021.07.20 18:55 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルがナンデス獲得に動く! カリアリはナインゴラン&ダウベルト望む

インテルがカリアリに所属するウルグアイ代表MFナイタン・ナンデス(25)の獲得に動き出しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 新シーズンに向けて中盤の選手層の拡充を目指すインテルは、豊富な運動量、球際の強さ、リーダーシップ、推進力を併せ持つカリアリの主力MFへの関心を強めている。 そして、インテルはサルデーニャのクラブに対して、レンタル移籍での獲得オファーを掲示しているようだ。 これに対して、カリアリは昨シーズンにレンタルしていた元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(33)の譲渡と共に、ブラジル人DFダウベルト・エンリケ(27)の買い取りオプション付きのレンタルを要求しているようだ。 現時点で両クラブは交渉をスタートしたばかりで移籍が実現するかは不明だが、フル稼働が続くイタリア代表MFニコロ・バレッラのバックアッパーとしては最適の人材となるはずだ。 なお、ナンデスに関してはリーズ・ユナイテッドが完全移籍で獲得を目指しているとの報道もある。 2021.07.17 15:47 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコへの憧れを強めるジョバンニ・シメオネ「今ならどの監督の下でも上手くやれる」

カリアリのアルゼンチン人FWジョバンニ・シメオネが、アトレティコ・マドリーへの憧れを改めて口にしている。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 これまでジェノアやフィオレンティーナ、そして現在のカリアリと、ヨーロッパではイタリアのみでのキャリアとなっているジョバンニ・シメオネ。だが、以前から幼少期の頃よりアトレティコでプレーすることが夢と公言しており、将来的な移籍が期待されている。 カリアリではレンタルで加入した2019-20シーズンにセリエAで37試合12ゴール4アシストの成績を残したこともあり、昨年末に退団したFWジエゴ・コスタの後釜としてアトレティコサポーターが獲得を望んでいるとスペイン『マルカ』が伝えていた。 しかしながら、父のディエゴが同クラブを率いていることも影響してか、ジョバンニの夢は叶わないでいる。 そんな中、出演したあるラジオでジョバンニ・シメオネは、今でもアトレティコでプレーする夢を持っていることを強調。また、そのための力もつけたと、ステップアップの自信も見せた。 「アトレティコに行きたいと強く思っているよ。ヨーロッパ中の自分の名前を広めることはできたし、どの監督の下でも上手くやれるはずだ」 「僕ももうキャリアの半ばにいる。しばらくはヨーロッパで続けるつもりだけど、もしアルゼンチンに戻るのなら、リバープレートに行くことになるだとうね」 「そこにいた時の僕はまだ経験が浅く、自分のすべてを示すことができなかったからだ」 はたしてジョバンニ・シメオネはアトレティコ移籍の夢を叶えることができるのだろうか。なお、ディエゴ・シメオネ監督は先日に2024年まで契約を延長している。 2021.07.10 19:49 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング