カリアリ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 カリアリ 40 10 10 13 32 44 -12 33
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-27
25:00
セリエA
第34節
ローマ vs カリアリ
2019-05-05
27:30
セリエA
第35節
ナポリ vs カリアリ
2019-05-11
25:00
セリエA
第36節
カリアリ vs ラツィオ
2019-05-18
25:00
セリエA
第37節
ジェノア vs カリアリ
2019-05-26
セリエA
第38節
カリアリ vs ウディネーゼ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.20
22:00
セリエA
第33節
カリアリ 1 - 0 フロジノーネ
2019.04.14
19:30
セリエA
第32節
トリノ 1 - 1 カリアリ
2019.04.07
22:00
セリエA
第31節
カリアリ 2 - 1 SPAL
2019.04.02
28:00
セリエA
第30節
カリアリ 0 - 2 ユベントス
2019.03.29
28:30
セリエA
第29節
キエーボ 0 - 3 カリアリ
基本データ

正式名称:カリアリ・カルチョ

原語表記:Cagliari Calcio s.p.a.

愛称:カステッドゥ、イソラーニ(冬眠)、ロッソブル(赤と青)

創立:1920年

ホームタウン:カリアリ

チームカラー:青、赤

関連ニュース
thumb

ケアンの2戦連発弾などでユベントスが勝利! 8連覇へ着々《セリエA》

ユベントスは2日、セリエA第30節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 3日前に行われた前節エンポリ戦をケアン弾で辛勝して勝利を取り戻し、2位ナポリとの15ポイント差を維持した首位ユベントス(勝ち点78)は、エンポリ戦のスタメンから3選手を変更。マンジュキッチ、ベンタンクール、ルガーニに代えてケアン、ボヌッチ、カセレスを起用した。 12位カリアリ(勝ち点33)に対し、[3-5-2]で臨んだユベントスは2トップにケアンとベルナルデスキを据えた。そのユベントスが立ち上がりからボールを保持すると、11分にFKからカセレスが身体でボールを押し込みにかかるも、GKにセーブされた。 それでも22分、ユベントスが順当に先制する。ベルナルデスキの左CKからボヌッチが打点の高いヘッドでゴールに流し込んだ。 続く28分にもデ・シリオの右クロスからマテュイディが決定的なヘディングシュートを浴びせたユベントスはポゼッションを明け渡して試合をコントロールしていく。 しかし39分にピンチ。だが、ジョアン・ペドロのシュートは枠を外れ、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半もユベントスが主導権を握る中、61分に左足ハムストリングを負傷したカセレスに代わってベンタンクールが投入される。 そのユベントスが引き続き押し込む展開に持ち込むも、77分にピンチ。FKからパヴォレッティのヘディングシュートを許し、あわや失点となりかけた。 ひやりとしたユベントスは81分に追加点のチャンス。ロングボールにケアンが抜け出してループシュートを狙ったが、ボックス外に飛び出したGKにブロックされた。 それでも85分、ケアンにリーグ戦2試合連続ゴールが生まれて勝負を決定付ける。ジャンのスルーパスで右サイドのスペースを突いたベンタンクールが折り返し、最後はケアンが難なく押し込んだ。 このまま2-0で試合を締めたユベントスが勝利。8連覇へ着々と歩を進めている。 2019.04.03 05:57 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、今夏ムヒタリアン売却へ?

アーセナルが、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(30)の売却を目指しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 昨年1月に、チリ代表FWアレクシス・サンチェスとの等価トレードで、マンチェスター・ユナイテッドからアーセナルに加入したムヒタリアン。しかし、今シーズンはここまで公式戦28試合6ゴール6アシストと限定的な活躍に留まっている。 また、『ミラー』によれば、ムヒタリアンの週給は18万ポンド(約2600万円)と高額。元ドイツ代表MFメスト・エジルの35万ポンド(約5100万円)ほどの金額ではないものの、同選手同様に財政面を鑑みて放出候補となっているとのことだ。 なお、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得出来なかった場合、アーセナルの今夏の補強資金は4500万ポンド(約66億円)に限られるという。ウナイ・エメリ監督はセルティックDFキーラン・ティアニーやカリアリMFニコロ・バレッラらの獲得を目指しており、スター選手の高額給与は死活問題となっているようだ。 2019.03.27 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルがイタリアの逸材バレッラに関心? 23日のユーロ予選にスカウト派遣か

アーセナルがカリアリに所属するイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の獲得に動き出す可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』がイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』を引用して伝えている。 カリアリの下部組織で育ち、2014年にトップチーム昇格を果たしたバレッラは、豊富な運動量とボール奪取能力、テクニックを兼ね備えた期待の逸材だ。今シーズンもここまで公式戦29試合1ゴール2アシストを記録している。今冬の移籍市場ではインテルやナポリ、チェルシーなどからの関心が伝えられていた。 今回伝えられるところによると、そんなバレッラに対して新たにアーセナルが関心。同クラブを率いるウナイ・エメリ監督も今夏の強化に向けた一手として考えており、クラブもバレッラが先制点を奪った23日のユーロ2020予選・グループJ第1節、イタリア代表vsフィンランド代表にもスカウトを送り込んでいたようだ。 同メディアは現在、バレッラの移籍金が3900万ポンド(約56億円)から4300万ポンド(約62億円)と予測しているが、ここ最近の好パフォーマンスから高騰する可能性は十分にあると見解を示している。 2019.03.25 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー、やはりバレッラ獲得を逃していた…カリアリ会長が暴露

チェルシーは、やはりカリアリに所属するイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)獲得に動いていたようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 カリアリの下部組織で育ち、2014年にトップチーム昇格を果たしたバレッラは、豊富な運動量とボール奪取能力、テクニックを兼ね備えた期待の逸材だ。今シーズンもここまでのセリエA26試合に出場し、存在感を発揮している。 結局は残留したものの、今冬には評価を上げているバレッラに対するインテルやナポリ、そしてチェルシーなどからの関心が報じられた。特に、チェルシーからは今冬にMFセスク・ファブレガスがモナコへ移籍しており、後釜として必要性が議論されていた。 そして、カリアリのトマッソ・ジュリーニ会長は、実際にバレッラへの問い合わせがあったことを暴露。特に、ナポリとチェルシーは具体的に興味を示していたようだ。 「バレッラが1月に退団に近づくことはなかった」 「とはいえ、1月にナポリから具体的な関心が寄せられていたことは否定できないし、マウリツィオ・サッリもチェルシーに彼を欲しがった」 「インテルに関しては、ただの会話でそれ以上のものではなかった」 「比較するのは馬鹿げているが、彼はラジャ・ナインゴランを思い起こさせる。もしニコロが技術的にラジャより才能があるとしてもね」 2019.03.24 13:10 Sun
twitterfacebook
thumb

低調インテルがカリアリ相手に敗戦…今節ミラン勝利で4位に転落か…《セリエA》

セリエA第26節、カリアリvsインテルが3月1日に行われ、ホームのカリアリが2-1で勝利した。 イカルディ不在が続く3位のインテル(勝ち点47)は前節フィオレンティーナ戦では疑惑の判定で与えたラストプレーのPK被弾によって痛恨の3-3のドローに終わった。来週ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)のザルツブルク戦を控える中、今節は14位のカリアリ(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨んだ。なお、前節からはダウベルト・エンリケに代わってアサモアを起用した以外、同じメンバー構成となった。 ホームで勇敢な入りを見せたカリアリの圧力に手を焼くインテルは11分にボックス左でフリーとなったペリシッチが左足のボレーシュートを枠に飛ばすが、これは相手GK正面を突く。 すると、その後は前線からのハイプレスと2トップを狙ったサイドからのシンプルなクロスを主体に攻めるカリアリを前に防戦一方の守勢を強いられる。DFシュクリニアル、GKハンダノビッチを中心に最後の場面でやらせないインテル守備陣だったが、31分にはボックス手前中央右で与えたFKの場面でチガリーニの絶妙なクロスをチェッピテッリに頭で合わせられて先制を許した。 それでも、慌てないインテルは38分、右サイドのスペースに抜け出した古巣対戦のナインゴランが絶妙なクロスを入れると、ニアに走り込んだラウタロ・マルティネスが頭で流し込み、早々にスコアをタイに戻す。 これで一気にインテルペースに傾くかに思われたが、前半終了間際にゴールをこじ開けたのはまたしてもホームチーム。43分、右サイドからクロスの名手スルナが低弾道のクロスを入れると、これをニアに走り込んだパヴォレッティが見事な右足ダイレクトボレーで合わせ、これにはGKハンダノビッチも全く反応できなかった。 格下相手によもやの苦戦を強いられたインテルは後半に入って攻勢を強める。ラウタロ、ポリターノとミドルシュートを浴びせると、55分には後半最大の決定機。波状攻撃からボックス内で粘ったラウタロからボールを引き取ったポリターノがゴール前至近距離からシュートも、これはGKクラーニョのビッグセーブに阻まれた。 その後、ヴェシーノ、アサモアを下げてボルハ・バレロ、カンドレーバとベテランの経験に懸けたインテルは右サイドバックにカンドレーバを配する攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。77分と78分にはデ・フライ、ラウタロとヘディングシュートで決定機に迫る。さらに、85分にはゴール右でナインゴランのパスを受けたラウタロに絶好機も今度はGKクラーニョに触られてボールはポストを叩く。 その後、長身DFラノッキアを投入してパワープレー気味にゴールをこじ開けにかかるインテルだったが、90分にはシュクリニアルがボックス内でデスポドフを倒してしまいPK献上。このPKはキッカーのバレッラが大きくふかして失敗に終わるも、試合はこのままタイムアップ。格下カリアリに敗れて2戦未勝利となったインテルは、勝ち点2差の4位ミランが今節勝利した場合、4位に転落することになる。 2019.03.02 06:45 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング