クリスタル・パレス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 クリスタル・パレス 42 12 6 17 43 48 -5 35
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-27
23:00
プレミアリーグ
第36節
クリスタル・パレス vs エバートン
2019-05-04
23:00
プレミアリーグ
第37節
カーディフ vs クリスタル・パレス
2019-05-12
23:00
プレミアリーグ
第38節
クリスタル・パレス vs ボーンマス
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.21
24:00
プレミアリーグ
第35節
アーセナル 2 - 3 クリスタル・パレス
2019.04.14
22:05
プレミアリーグ
第34節
クリスタル・パレス 1 - 3 マンチェスター・シティ
2019.04.06
23:00
プレミアリーグ
第33節
ニューカッスル 0 - 1 クリスタル・パレス
2019.04.03
27:45
プレミアリーグ
第31節
トッテナム 2 - 0 クリスタル・パレス
2019.03.30
24:00
プレミアリーグ
第32節
クリスタル・パレス 2 - 0 ハダースフィールド
基本データ

正式名称:クリスタル・パレス FC

原語表記:Crystal Palace FC

愛称:クリスタル・パレス

創立:1905年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:赤、青

関連ニュース
thumb

C・パレスに足元を掬われたアーセナル、ホームで勝ち点得られずトップ4争いは混沌《プレミアリーグ》

アーセナルは21日、プレミアリーグ第35節でクリスタル・パレスと対戦し、2-3で敗れた。 現在勝ち点66で4位に付けているアーセナル。勝てば3位浮上となる今節は、スタメンにジェンキンソンやマヴロパノスといった選手を起用。ラカゼットとオーバメヤンは2トップを組んだ。 ファーストシュートはクリスタル・パレス。5分、プレースキックの名手ミリボイェビッチのFKから、マイアーがボックス左からシュート。さらに12分には左CKからダンがヘディングシュート。序盤にアウェイチームがセットプレーからチャンスを迎えた。 そしてそのクリスタル・パレスが17分に先制に成功する。これもセットプレーからだった。敵陣右サイドでFKを得たイーグルス。ミリボイェビッチが上げたクロスにベンテケが頭で合わせてゴールを奪った。 先制を許したアーセナルはその後、マヴロパノスやラカゼットが何度かトライするも、いずれもゴールには繋がらない。38分に左から上げたクロスがボックス内でワン=ビサカの手に当たったがハンドは取ってもらえず。 逆に43分にはクヤテにボックス左を攻め込まれる大ピンチに。しかし、クヤテの2度のシュートをGKレノが好セーブ連発で凌ぎ切った。 1点ビハインドのアーセナルは、マヴロパノスとジェンキンソンを下げてイウォビとナイルズを投入し後半をスタート。するとこの交代が早速功を奏す。47分、左サイドのイウォビから中でパスを受けたラカゼットがボックス左のスペースにスルーパス。そこに走り込んだエジルがGKのニアにシュートを突き刺し、同点に追いついた。 それから息を吹き返したかに思われたアーセナルだったが、61分に再び失点する。クリスタル・パレスは自陣でのFKでロングボールを送ると、ベンテケが後ろにフリックしたボールに対し、対応が甘くなったムスタフィからザハがボールをかっさらいそのままゴールに流し込んだ。 再び勝ち越したクリスタル・パレスはさらに69分、ミリボイェビッチの右CKをダンが逸らすと、マッカーサーが頭でコースを変えてゴールイン。連続ゴールでリードを2点に広げた。 だがアーセナルも諦めない。77分、右サイドからオーバメヤンがドリブルを開始。数人躱したのちに味方に出したボールが相手に当たってもう一度オーバメヤンが拾う。幸運にもワンツーの様な形で密集地帯を抜け出したオーバメヤンがそのままゴールを決めて、1点差に縮めた。 その後は互いに好機を迎えながらも決め切れず、7分もあった後半アディショナルタイムも過ぎ試合終了。ロンドン・ダービーに敗れたアーセナルは勝ち点を伸ばすことが出来ず、4位停滞となった。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1w8p2x467jt71twzg2d3svlv9" async></script> </div> 2019.04.22 02:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ウィルフリード・ザハ、ステップアップを望む! 今夏争奪戦へ

クリスタル・パレスに所属するコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(26)が今夏の移籍希望を公言した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 マンチェスター・ユナイテッドでの挑戦が失敗に終わり、2014年夏にアカデミーから慣れ親しむクリスタル・パレスに戻ったザハ。そのクリスタル・パレスで切れ味抜群のドリブルスターとしてより完成度を高めており、今シーズンもここまで公式戦32試合8得点8アシストと圧倒的な存在感を放っている。 そうした活躍ぶりから過去にトッテナムやチェルシーの関心報道が飛び交ったザハだが、最近はカーディフ時代の恩師であるオーレ・グンナー・スールシャール監督率いる古巣ユナイテッドやアーセナルのほか、インテルやドルトムントといった海外勢の名前も…。そのザハはインタビューで去就について次のように話した。 「野心旺盛さ。それは単にトップクラブでのプレーに向けたものというわけじゃない。クラブと代表で勝つためのものさ」 「自分の能力はわかっているよ。タイトル争いができるより高いレベルでのプレーを目指さないといけない」 「これまでのキャリアに満足しているけど、もっと求めるべきことがあるようにも感じている。それがCLでの経験だ。必要なのは機会。それだけで良い。あとは自分次第さ」 なお、ザハは昨年8月にクリスタル・パレスとの新契約にサイン。2022-2023シーズンまで契約が残っている。 2019.04.20 11:40 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、スターリングの2ゴールでパレスを下してリバプールにプレッシャー CLトッテナム戦にも弾み《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは14日、プレミアリーグ第34節でクリスタル・パレスと対戦し、3-1で勝利した。 リバプールと激しい優勝争いを繰り広げるシティ(勝ち点80)。リーグ戦では8連勝中だが、直近のチャンピオンズリーグではトッテナムに0-1で敗戦。今後の日程を考えるときっちり勝っておきたい今節。スタメンはそのトッテナム戦から4人変更。メンディは第12節以来の出場となった。 まず決定機を作ったのはシティ。10分、敵陣で奪いボールはボックス左のシルバへ。深い位置からの折り返しにゴール前でスターリングがフリーで待っていたが、シュートはゴール右外へ。らしくないミスでビッグチャンスを逃した。 だがその5分後、すぐにミスを帳消しにする。相手のロングボールを跳ね返したシティは自陣でボールを持ったデ・ブライネから前線のスターリングに見事なスルーパスが通る。これでディフェンスラインの裏を取ったスターリングはボックス右からGKの頭上を上手く打ち抜いてネットを揺らした。 幸先良く先制したシティはその後も相手にチャンスを与えない試合展開で進めていく。アグエロやザネもゴールに迫るが、前半に追加点は生まれなかった。 後半も主導権を握るシティが追加点を記録したのは63分だった。左サイドから攻撃を仕掛けたシティは、1点目のようにボックスの深い位置でシルバがボールをキープ。一旦後ろに下げると、ザネが素早くゴール前に折り返す。これをダイレクトで合わせたスターリングがGKの逆を突いてゴールに流し込んだ。 これで勝利を大きく手繰り寄せたシティは65分にシルバを下げてベルナルド・シウバを投入。75分にはアグエロを下げてジェズスをピッチへ。 このままシティペースが続くかに思われたが81分、C・パレスは突破を仕掛けたマッカーサーがコンパニに倒されゴール正面でFKを獲得。これをミリボイェビッチがグラウンダーのシュートで打ち抜き、1点差に詰め寄った。 しかし90分に、シティはカウンターからジェズスが決定的な3点目を奪取。結局試合は3-1でシティが勝利し、首位に浮上した。 2019.04.15 00:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがバチュアイ再獲得を画策か 昨季同クラブにレンタルで14試合9ゴール

ドルトムントが、チェルシーからクリスタル・パレスにレンタルで加入しているベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(25)の獲得を目指しているようだ。イギリス『エキスプレス』が伝えている。 2016年にマルセイユからチェルシーに完全移籍したバチュアイは、2018年1月にドルトムントへレンタル加入。すると、公式戦14試合で9ゴール1アシストと大爆発。この活躍にドルトムントは、昨シーズン終了後に完全移籍を望んだが、高額な移籍金に断念したとされる。 その後、バチュアイは今シーズン、バレンシアにレンタル移籍するが、リーガエスパニョーラで15試合1ゴールと不発に。現在は今冬の移籍市場最終日にクリスタル・パレスでプレーし、ここまで公式戦11試合3ゴールを記録している。 今回伝えられるところによると、在籍時に目覚ましい活躍を残したバチュアイに対して、ドルトムントが再獲得を画策。チェルシー復帰後も、同選手の動向を注視していたようだ。 なお、チェルシーとクリスタル・パレス間での契約には買い取りオプションは付随されていない。獲得にはおよそ移籍金4000万ポンド(約58億円)が必要であると見られているが、チェルシーが今後2回の移籍市場(2019年夏、2020年冬)で補強禁止処分が命じられていることから、留める可能性もあると同メディアは見解を示している。 バチュアイにはドルトムントの他、エバートンが完全移籍での獲得を熱望。トリノとフィオレンティーナは、レンタルでの獲得を希望しているとされるが、ドルトムントは昨シーズン終盤に輝きを放ったストライカーを獲得することはできるのだろうか。 2019.04.14 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

C・パレスのミリボイェビッチがあるプレミア記録に挑戦「狙ってないと言ったら嘘になる」

クリスタル・パレスのセルビア代表MFルカ・ミリボイェビッチが、1シーズンにおけるPKゴール数でプレミア記録にあとひとつと迫っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ミリボイェビッチは6日に行われたプレミアリーグ第33節のニューカッスル戦で、81分にPKを決めて1-0の勝利に貢献した。ミリボイェビッチにとってこれが今季プレミアリーグで10度目のPK成功。クリスタル・パレスやエバートンなどで活躍した元イングランド代表FWアンドリュー・ジョンソンの持つ11点にあとひとつに迫った。 「(記録を)狙ってないとは言えないね」と語るミリボイェビッチは「でも本当は僕だけの力じゃない。みんなでPKを取って、点を決めるのが僕の仕事だ」とし、チーム全員の記録であることを強調した。 「今シーズン、僕たちは多くの多くのPKを奪ってきた。それは偶然じゃなく、僕たちにクオリティのある選手が揃っているからなんだ。彼らはボックスに侵入し、相手にとってとても危険な状況に持ち込むんだ」 残り試合はあと5試合。ミリボイェビッチは果たして記録に並び、はたまた塗り替えることはできるだろうか。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=ltwd5hqnyw441q6m8urcni1t9" async></script> </div> 2019.04.08 18:41 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング