クリスタル・パレス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 クリスタル・パレス 43 11 10 17 31 50 -19 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.07.26
24:00
プレミアリーグ
第38節
クリスタル・パレス 1 - 1 トッテナム
2020.07.20
28:15
プレミアリーグ
第37節
ウォルバーハンプトン 2 - 0 クリスタル・パレス
2020.07.16
28:15
プレミアリーグ
第36節
クリスタル・パレス 0 - 2 マンチェスター・ユナイテッド
2020.07.12
22:15
プレミアリーグ
第35節
アストン・ビラ 2 - 0 クリスタル・パレス
2020.07.07
26:00
プレミアリーグ
第34節
クリスタル・パレス 2 - 3 チェルシー
基本データ

正式名称:クリスタル・パレス FC

原語表記:Crystal Palace FC

愛称:クリスタル・パレス

創立:1905年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:赤、青

関連ニュース
thumb

誰もが騙されたシュートフェイント!パレスの大型FWベンテケの大胆さに注目【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はクリスタル・パレスのベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆誰もが騙されたシュートフェイント<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzV3VTbzF6SSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2016年の夏にリバプールからクリスタル・パレスへ加入したベンテケは、在籍4シーズンで公式戦115試合に出場し23ゴール10アシストを記録。身体能力を活かした活躍を見せている。 190cmと大柄ながら2017年4月1日行われたプレミアリーグ第30節のチェルシー戦では、観衆の誰をも騙す見事なシュートフェイントからゴールを奪っている。 開始早々の5分に先制を許したパレスだったが、9分にはFWウィルフリード・ザハのゴールで同点に追いつくと、その直後の11分にカウンターのチャンスを迎える。 ベンテケが持ち上がり、2対2の状況を作ると、一度はDFダビド・ルイスに止められるも、こぼれ球がザハの元へ。ボックス内まで攻めあがっていたザハはこれを何とかダイレクトでベンテケにパスした。 GKティボー・クルトワとの1対1の場面、ピッチの誰もがベンテケがダイレクトでシュートを撃つと思った中、ベンテケは大胆なシュートフェイント。完全にGKのタイミングをずらすと最後はふわりと浮かせてゴールネットを揺らした。 パレスはこの1点を死守。そのままタイムアップまで守り切り、当時スタンフォード・ブリッジで10連勝中だったチェルシー相手に金星を飾った。 2020.08.08 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

その間わずか11分…勢いに乗ったボラシエが止まらない【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、エバートンに所属するDRコンゴ代表MFヤニク・ボラシエがクリスタル・パレス時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ボラシエがわずか11分でハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2MjAxQmVZeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2016年にエバートンに加入して以降は、ケガもあり絶対的な地位を確立できていないボラシエだが、2012から2016年まで在籍したクリスタル・パレスで、そのスピードとテクニックを武器にブレイクを遂げた。 2015年4月11日に行われたプレミアリーグ第32節のサンダーランド戦では、持ち前のスピードを活かし、ハットトリックを達成している。 前半をスコアレスで折り返したこの試合だが、48分にボラシエのアシストからグレン・マレーのゴールでパレスが先制すると、これでボラシエが波に乗る。 51分、味方のロングボールをマレーが頭で落とすと、反応したボラシエがスピードを生かし、相手GKよりわずかに先にボールに触り、ゴールへと流し込む。 さらに53分、MFミル・ジェディナクのロングボールに対し、圧巻のスピードで相手DFの前に体を入れると、最後は飛び出してきたGKの頭上を抜く技ありのループシュートでゴールネットを揺らした。 そして62分、カウンターから2対1の状況を作り出すと、マレーが走り込んできたボラシエへとパス。一度はGKと混戦になるも、何とかマイボールにすると無人のゴールに蹴り込んだ。 わずか11分でハットトリックを達成してしまったボラシエ。サンダーランド守備陣はボラシエを波に乗せてはいけないことを身をもって感じたはずだ。 2020.08.03 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ミスじゃなくてセーブです!パレスのベテランGKスペローニが昇格プレーオフで見せた驚愕の片手セーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆パレスの守護神スペローニが見せたミラクルセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJdEdCd3hQdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、アルゼンチン人GKジュリアン・スペロニ氏が長年過ごしたクリスタル・パレスで見せたスーパーセーブだ。 1999年に地元アルゼンチンのプラテンセでデビュー後、2001年にスコットランドのダンディー・ユナイテッドへ加入し、ヨーロッパデビューを果たしたスペロニ。安定感のあるセービングで評価を高め、2004年にクリスタル・パレスへ加入し、プレミアリーグでデビュー。2007年からは正GKを務め、公式戦402試合に出場した。 クラブをチャンピオンシップ(2部)時代から支えた功労者のスペロニだが、2013年5月13日に行われた、昇格プレーオフ準決勝2ndレグ、ブライトン戦では昇格を手繰り寄せる素晴らしいセーブを見せている。 1stレグはホームで0-0に終わっていたパレス。ライバルチームのホームに乗り込む2ndでは劣勢に立たされることが予想されたが、パレスがチャンスを多く作る展開となる。 しかしお互いに決め手を欠き、0-0で迎えた65分、ブライトンに決定機。ハーフウェイラインからの味方のロングボールをFWレオナルド・ウジョアが頭でフリック。これを直前に交代で入ったFWアシュリー・バーンズがボックス内で受ける。バーンズはコースを塞ぎに飛び出してきたスペローニの頭上を越そうと、浮き球のシュート。しかしこれは惜しくもポストに弾かれてしまう。惜しいシュートミスかと思われたが、よく見てみるとスペロニが至近距離から片手でボールに触っており、バーンズのミスではなく、スペロニがスーパーセーブを記録していたことが分かる。 このミラクルなセーブで勢いに乗ったパレスは、直後に先制。終了間際には追加点を奪い、2-0で勝利し、プレーオフ決勝に進出。聖地ウェンブリーで行われた決勝でも見事に勝利し、昇格を掴み取っている。 2020.07.31 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

EL圏内滑り込みのモウリーニョ、来季はさらなる高みを目指す! 補強プランにもコメント

トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が来シーズンのプレミアリーグに向け、今シーズン以上の成績を目標に掲げた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で準優勝を果たしたトッテナムは今シーズンのプレミアリーグでさらなる躍進が期待されが、マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下で不振に陥り、昨年11月末に監督交代を決行。そこで招へいされたのがかつてチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドの指揮を執ったモウリーニョ監督だった。 多数主力のケガによる離脱で苦戦したが、新型コロナウイルスによる中断が負傷者の復帰に繋がり、再開後のリーグ戦9試合は5勝3分け1敗。26日に行われた最終節のクリスタル・パレス戦こそ引き分けに終わったが、チェルシーに屈した勝ち点同数のウォルバーハンプトンを抜き、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位フィニッシュに成功した。 最後の最後にEL出場権を掴み取り、今季のプレミアリーグを締めくくったモウリーニョ監督。目立った負傷者がおらず、再開後わずか1敗で切り抜けたチーム状態を誇り、来季に向けたチーム作りにもコメントした。 「我々にできるのは改善することだ。全ての選手が揃っていれば、我々の居場所がどこなのかをこの終盤戦で示せた。ロックダウン後の成績だけを見れば、3位か、4位でフィニッシュできただろう。そここそがいるべき場所だ。私が求めるのはチームと選手であり、負傷者でいっぱいの医務室じゃない。選手で溢れるピッチだ」 「もちろん、スカッドとしては優れたプレーヤーを維持して、その後に補強するのがメインだ。10人の選手を買うか? ノー。1億ポンドを投じての補強? ノー。我々は改善していくのだ」 「このチームでスティーブ・ヒッチェン(トッテナムのチーフスカウト)と一緒に仕事をするのは楽しいよ。我々はダニエル・レヴィ会長や役員会と密に繋がっている。可能な限りのことをしていくつもりだし、うまくいけば来シーズンは非常に良いシーズンをファンに見せることができるだろう」 2020.07.27 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ザハがC・パレス退団へ…指揮官が示唆

クリスタル・パレスに所属するコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(27)の退団が近いようだ。 同クラブ出身のザハは、2013年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍し一躍有名に。しかし、ほとんど出場機会を得られないまま、クリスタル・パレスにとんぼ返り。2015年2月に完全移籍で古巣に復帰した。 大したチーム規模ではないながらも、身体能力や嗅覚を頼りに一定の活躍を披露。昨季は10ゴール10アシストで自己ベストの数字を残した。 そのためビッグクラブからの関心は後を絶たないが、クラブがオファーを固辞し続けたため、なかなかステップアップできない状況のまま数年が経過。ロイ・ホジソン監督はいよいよ慰留は難しいと感じているようだ。イギリス『BBC』がコメントを伝えている。 「(移籍の噂が)彼に影響を与えているのは明らかだ。ここ数週間の彼のパフォーマンスは心ここにあらずな感じだった」 「それはクラブにとってもジレンマだが、彼が退団を決意しているのであれば彼にとってもジレンマだ。もし、我々とこれ以上プレーできないと思っているのであれば、とても悲しいことだ」 「彼に残ってほしいと思っているが、我々ではどうしようもない。これは彼とクラブ間の問題なのだ。私は答えを持っていない」 2020.07.27 06:40 Mon
twitterfacebook

順位表




得点ランキング