クリスタル・パレス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 クリスタル・パレス 39 10 9 10 26 32 -6 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

プレミアリーグ
第30節
ボーンマス vs クリスタル・パレス

プレミアリーグ
第31節
リバプール vs クリスタル・パレス

プレミアリーグ
第32節
クリスタル・パレス vs バーンリー

プレミアリーグ
第33節
レスター・シティ vs クリスタル・パレス

プレミアリーグ
第34節
クリスタル・パレス vs チェルシー
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.07
24:00
プレミアリーグ
第29節
クリスタル・パレス 1 - 0 ワトフォード
2020.02.29
21:30
プレミアリーグ
第28節
ブライトン 0 - 1 クリスタル・パレス
2020.02.22
24:00
プレミアリーグ
第27節
クリスタル・パレス 1 - 0 ニューカッスル
2020.02.08
21:30
プレミアリーグ
第26節
エバートン 3 - 1 クリスタル・パレス
2020.02.01
24:00
プレミアリーグ
第25節
クリスタル・パレス 0 - 1 シェフィールド・ユナイテッド
基本データ

正式名称:クリスタル・パレス FC

原語表記:Crystal Palace FC

愛称:クリスタル・パレス

創立:1905年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:赤、青

関連ニュース
thumb

CB補強目指すリヨン、元仏代表DFサコー獲得に動く?

リヨンがクリスタル・パレスに所属する元フランス代表DFママドゥ・サコー(30)の獲得に動いているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 今シーズンのリーグ・アンを7位で終えたリヨンは、クープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝、チャンピオンリーグ(CL)の戦いを残しているものの、捲土重来を目指す新シーズンに向けて動き出している。 今夏の移籍市場においてはビッグクラブがこぞって狙う前線の若手タレントの慰留、後釜探しが重要なポイントになる一方、センターバックの補強が優先事項となっている。 ここまではヴェローナのアルバニア代表DFマラシュ・クンブラ(20)、スパルタク・モスクワのフランス人DFサミュエル・ジゴ(26)への関心が伝えられていたが、新たな候補としてサコーの名前が浮上しているようだ。 パリ・サンジェルマン、リバプールと国内外の名門でプレーしてきたサコーは、2017年冬からパレスに在籍。負傷による離脱期間を除いてはほぼ主力として起用されている。 ただ、2021年夏までとなっている現行契約の延長交渉は進んでおらず、今夏のタイミングで売りに出される可能性は十分にあるという。 パレスはリバプールから完全移籍で買い取る際、2800万ユーロ(約33億4000万円)を支払っているが、リヨンは現時点での移籍金は1000万ユーロ(約11億9000万円)以下と見積もっているようだ。 そのため、サコー獲得に移籍金のハードルは低いようだが、ネックは同選手の高額なサラリーだという。『レキップ』は具体的な金額について言及していないが、リヨン移籍に向けては選手サイドがサラリーダウンを受け入れる必要があると主張している。 2020.05.29 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新オーナー誕生迫るニューカッスルがザハに関心か 高額な移籍金も問題なし?

ニューカッスルが、クリスタル・パレス所属のコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(27)に関心があるという。 近々、サウジアラビアのファンドに推定3億ポンド(約398億4000万円)で買収される予定のニューカッスル。総資産はチェルシーやマンチェスター・シティのオーナーを遥かに凌ぐとされており、大物選手獲得の噂は後を絶たない。 イギリス『サン』は、ザハをその1人と見込んでいる。クリスタル・パレスの下部組織出身のザハは、一度マンチェスター・ユナイテッドに移籍するも才能を伸ばせず2014年夏に復帰。主砲として、今季もリーグ戦29試合に出場し3ゴール5アシストを記録している。 同選手に関してはこれまでにもアーセナルやチェルシーが獲得に動いたが、高額な移籍金が障害となり実現には至っていない。クリスタル・パレスは移籍金に6000万ポンド(約78億円)を要求しているようだが、ニューカッスルの新オーナーにとっては安い買い物かもしれない。 また『サン』は、ニューカッスルが招へいに動いているとされるマウリシオ・ポチェッティーノ氏がトッテナム時代にザハに興味を示していたことを指摘し、同氏の存在が交渉に影響する可能性があると予想している。 2020.05.17 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

老将ホジソン、活動再開に緑信号! 70才以上は自粛の恐れも…

政府の方針により再開後も活動の制限が設けられる可能性のあったクリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督に朗報が届いた。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 プレミアリーグでは、リーグ戦が中断期間に入る前からある問題が指摘されていた。WHO(世界保健機構)の「新型コロナウイルスは60歳以上の男女に感染しやすく、若年層よりも致死率が上がる」という調査結果から、70歳以上の活動を禁止または制限するという案を提起していた。 それに該当するのが御年72歳のホジソン監督だったのだが、この度練習参加は認められたようだ。また、6月12日のリーグ再開をに向けて規制も徐々に緩まる見込みで、10日にもボリス・ジョンソン首相からソーシャル・ディスタンスの緩和が発表される予定とのこと。 プレミアリーグでは18日にトレーニングが解禁される見通しとなっているが、再開後もコロナ検査は定期的に行われる模様だ。 2020.05.07 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス、NHSや地元高齢者らに週900食を無償提供

クリスタル・パレスは27日、国民保健サービス(NHS)や地域の高齢者などに対するサポートを発表した。 世界的に流行する新型コロナウイルス(COVID-19)。その影響が様々な分野に出ており、イングランドも例外でなく、いまだ終息が見通せていない。 そうしたなか、クリスタル・パレスは、クラブが運営する財団「Palace for Life Foundation」と、パートナーシップを結ぶ食糧余剰再配布慈善団体「City Harvest London」の協力を得て、毎週900食の食事を提供する支援を開始したようだ。 クラブによれば、セルハースト・パークのキッチンで作られた食事は、City HarvestによってNHSで働く医療関係者や外に出ることのできない高齢者、食料貧困に直面している一般家庭、ホームレスの人々に提供されるという。 また、この支援による食材費などはクラブと個人株主による資金提供でカバーされており、流通費をCity Harvestがカバーしている。なお、サポートの期間などは設定されておらず、クリスタル・パレスは可能な限り行っていくと発表している。 2020.04.28 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

サコーがリバプール移籍時の決断を回顧「バルサ、バイエルン、アーセナルからもオファーが」

クリスタル・パレスの元フランス代表DFママドゥ・サコーがリバプール入団にあたっての決断を回顧しつつ、自らの選択に後悔はないと語った。イギリス『スポーツ・ウィットネス』が伝えた。 パリ生まれパリ育ちのサコーはパリ・サンジェルマン(PSG)でプロキャリアをスタート。しかし、リーグアンで勝ち取れる全てのトロフィーを勝ち取ったと感じ、2013年 当時ブレンダン・ロジャーズ監督に率いられていたリバプールに移籍した。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2ck8wMWtHZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> その後、2016年にユルゲン・クロップ監督がクラブの指揮官に就任。当初はCBとして安定してプレーしていたものの、トレーニングへの遅刻などが原因となり、チームから外されることに。2017年にレンタル移籍を経て現在のクリスタル・パレスに移籍いた。 そんなサコーがリバプールでのキャリアについてインタビューを通して回顧。加入時に複数のビッグクラブからオファーがあったが「夢のチーム」であったリバプールへの移籍を決断したと明かした。 「PSGを退団した時、多くのオファーがあった、バルセロナ、バイエルン、アーセナルとリバプールだ。僕がリバプールを選んだのは彼らが素晴らしい歴史を持った僕にとって夢のクラブだったからだ。彼らのシャツを着てアンフィールドの素晴らしい観衆の前で4シーズンを過ごすことができた」 「クラブとの関係も良く、スアレスや、コウチーニョ、スタリッジ、ジェラードといった素晴らしい選手と一緒にプレーすることができた。かけがえない瞬間をこれらの素晴らしい選手たちと体験することができたんだ」 2020.04.17 19:20 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング