クリスタル・パレス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 クリスタル・パレス 23 6 5 9 24 36 -12 20
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-30
24:00
プレミアリーグ
第21節
クリスタル・パレス vs ウォルバーハンプトン
2021-02-02
29:15
プレミアリーグ
第22節
ニューカッスル vs クリスタル・パレス
2021-02-06
24:00
プレミアリーグ
第23節
リーズ vs クリスタル・パレス
2021-02-13
24:00
プレミアリーグ
第24節
クリスタル・パレス vs バーンリー
2021-02-21
29:00
プレミアリーグ
第25節
ブライトン&ホーヴ・アルビオン vs クリスタル・パレス
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.26
27:00
プレミアリーグ
第20節
クリスタル・パレス 2 - 3 ウェストハム
2021.01.17
28:15
プレミアリーグ
第19節
マンチェスター・シティ 4 - 0 クリスタル・パレス
2021.01.14
29:00
プレミアリーグ
第18節
アーセナル 0 - 0 クリスタル・パレス
2021.01.02
24:00
プレミアリーグ
第17節
クリスタル・パレス 2 - 0 シェフィールド・ユナイテッド
2020.12.28
24:00
プレミアリーグ
第16節
クリスタル・パレス 1 - 1 レスター・シティ
基本データ

正式名称:クリスタル・パレス FC

原語表記:Crystal Palace FC

愛称:クリスタル・パレス

創立:1905年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:赤、青

関連ニュース
thumb

C・パレス復帰のクラインが新たにサイン! 短期契約を今季終了まで延長

クリスタル・パレスは25日、元イングランド代表DFナサニエル・クライン(29)との契約延長を発表した。 C・パレス下部組織育ちのクラインは2008年にプロデビュー後、2015年夏にサウサンプトンからリバプールにステップアップ。加入初年度から2シーズンにわたり、主力として活躍したが、故障やイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドの台頭で序列を落とすと、2019年途中から再起を期してボーンマスにレンタル移籍した。 そして、昨季限りでリバプールと契約満了後の昨年10月、C・パレスと今年1月末までの短期契約を結び、8年ぶりに古巣復帰。今季のここまでプレミアリーグで13位につけるチームのなかで9試合に出場するなど、公式戦11試合でプレーしている。 今回の契約延長を受け、今季終了までC・パレスの一員としてプレーすることが決まったクラインはクラブ公式サイトを通じて「契約を延長できて嬉しいし、自分のフットボールを楽しめている。選手たちはトップクラスだし、監督やスタッフとの仕事も楽しい。残るシーズンも楽しみだ」と喜びの心境を語っている。 2021.01.26 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

マインツFWマテタがクリスタル・パレスに1年半の買取OP付きレンタル移籍、今季はブンデス7ゴール

クリスタル・パレスは21日、マインツの元U-21フランス代表FWジャン=フィリップ・マテタ(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 マテタは、18カ月のレンタル移籍となり、買い取りオプションが付帯しているとのことだ。 DRコンゴにもルーツがあるマテタは、シャトールーの下部組織出身。2016年9月にリヨンへと完全移籍すると、ル・アブールへのレンタル移籍を経て、2018年7月にマインツへ完全移籍していた。 マインツでは2年半で公式戦71試合に出場し27ゴール5アシストを記録。今シーズンはブンデスリーガで15試合に出場し7ゴール1アシストを記録していた。 「クリスタル・パレスに来られてとても嬉しく思う。トレーニングを楽しみにしているよ」 「子供の頃、プレミアリーグでプレーすることが僕の夢だった。これで、プレーすることができる。クリスタル・パレスのファンに、僕ができることを見せたい」 クリスタル・パレスは、プレミアリーグで現在13位に位置。残留争いはしていないが、チームが浮上する上で貴重な得点源となるだろう。 2021.01.21 20:58 Thu
twitterfacebook
thumb

マインツで躍動の元U-21フランス代表FWのプレミア上陸迫る! クリスタル・パレスがレンタルで獲得へ

マインツに所属する元U-21フランス代表FWジャン=フィリップ・マテタ(23)のクリスタル・パレスへのレンタル移籍が迫っているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 クリスタル・パレスを率いるロイ・ホジソン監督は今季、攻撃陣の成績が振るわないことから、新しい攻撃のオプションとなる選手の獲得を熱望。そこで関心を寄せているのが、今季のブンデスリーガでは15試合に出場し7ゴール1アシスト、DFBポカールで2試合3ゴールを記録しているマテタだった。 シャトールーの下部組織で育ったマテタは、2016年9月にリヨンへ完全移籍。ル・アーブル(フランス2部)へのレンタル移籍を経験すると、2018年夏にマインツへ加入。マインツでは、公式戦71試合に出場し、27ゴール1アシストを記録している。 なお、クリスタル・パレスは18カ月間のレンタル移籍を希望しており、買い取りオプションも付いているとのこと。20日にメディカルチェックを受ける模様だ。 192㎝の巨体を生かしたポストプレーや、豪快なフィニッシュが光るマテタ。初のプレミアリーグ上陸が近づいている。 2021.01.20 14:54 Wed
twitterfacebook
thumb

4発圧勝シティが5連勝で2位浮上! 伏兵ストーンズ2発にデ・ブライネが芸術クロスでシティ通算100アシスト!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第19節、マンチェスター・シティvsクリスタル・パレスが17日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが4-0で圧勝した。   前節、ブライトンに競り勝った今季初のリーグ4連勝で3位に浮上したシティ。今節はマンチェスター・ユナイテッドとリバプールの上位2チームが潰し合った中、勝ち点差を縮めるために更なる連勝を目指した。ブライトン戦からは先発4人を変更し、カンセロ、ロドリ、フォーデン、マフレズに代えてウォーカー、フェルナンジーニョ、スターリング、ガブリエウ・ジェズスを起用した。   立ち上がりからボールを保持するシティは相手のコンパクトな守備ブロックに対して内と外を織り交ぜた質の高いボール回しで揺さぶりをかけ続ける。   序盤はパレスの集中力、スライドの速さによってなかなかフィニッシュまで持ち込めないが、徐々にギュンドアン、デ・ブライネとフィニッシュの形を作り出す。   すると、27分には右CKの二次攻撃からこぼれ球を拾ったスターリングが再び右サイドのデ・ブライネに振り戻すと、ベルギー代表MFが右足アウトにかけた絶妙なクロスをゴール前に供給。これをストーンズが豪快に頭で合わせ、今季リーグ戦初ゴールを記録。また、今季リーグ戦10アシスト目を挙げたデ・ブライネはシティでの公式戦通算100アシストという偉業を成し遂げた。   前半のうちに先制に成功したシティは引き続きボールを保持してゲームをコントロールしつつ、ギュンドアンの直接FKやボックス付近で積極的にボールを呼び込むジェズスのシュートで2点目を狙う。また、守備ではザハ不在でやや迫力を欠くホームチームの守備を危なげなく凌いだ。   ブライトン戦同様に1-0のスコアで試合を折り返したシティは、相手が前半同様の戦い方を継続したことで、後半も試合の主導権を掌握。すると、立ち上がりの56分にファインゴールが生まれる。左CKの場面でボックス手前でルーズボールに反応したタウンゼントからボールを奪い返したギュンドアンがそのまま右に持ち出してシュートコースを作ると、コース、速さ申し分ない完璧な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺した。   ギュンドアンのスーパーミドルで2点のリードを手にしたシティは直後にも相手GKに猛烈なプレスを仕掛けたジェズスが3点目に迫るなど、畳みかける攻めを見せる。さらに、ベルナルド・シウバに代えて絶好調のフォーデンをピッチに送り出すと、62分にもボックス手前で仕掛けたデ・ブライネが強烈なミドルシュートを放っていく。   そして、68分にはセットプレーの流れから決定的な3点目が決まる。右CKの場面でデ・ブライネの正確なアウトスウィングのクロスをルベン・ジアスがヘディングシュート。これはGKの好守に阻まれたが、こぼれ球をストーンズが蹴り込んだ。   これで勝利を確信したグアルディオラ監督は殊勲のデ・ブライネ、ギュンドアンを下げてカンセロ、フェラン・トーレスを同時投入。中盤の構成をフェルナンジーニョのアンカー、カンセロとフォーデンのインサイドハーフ2枚の形に変えて試合を締めにかかる。   試合終盤に入っても気の緩みを見せないホームチームは88分にもボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのスターリングがゴール右上隅の完璧なコースに突き刺し、4点目まで奪取。   このままクリーンシートで試合をクローズしたシティはリーグ戦5連勝を飾り、首位のユナイテッドと勝ち点2差の2位に浮上した。 2021.01.18 06:07 Mon
twitterfacebook
thumb

かつてシャルケで注目された元ドイツ代表MFマイヤーがクリスタル・パレスと契約解除

クリスタル・パレスは15日、元ドイツ代表MFマックス・マイヤー(25)との契約解除を発表した。 クラブの発表によると、双方合意の下での契約解除とのことだ。 2013年にシャルケでトップチームデビューを果たしたマイヤーは、デビュー2年目となった2013-14シーズンから主力に定着。卓越した攻撃センスと高精度の両足のキックを武器に左右のウイングや攻撃的MFとして4シーズンにわたって活躍した。 また、ドメニコ・テデスコ新監督の就任に伴い、2017-18シーズンにはアンカーやインサイドハーフにコンバートを果たし新境地も開いていた。 ステップアップを目指したマイヤーはシャルケからの退団を望み、2018年8月にフリートランスファーでクリスタル・パレスへと加入。プレミアリーグに活躍の場を移すとここまで46試合で1ゴール3アシストを記録していた。 しかし、今シーズンはプレミアリーグでは第7節以降メンバー外となり、出場機会なし。EFLカップ1試合の出場にとどまっていた。 2021.01.16 09:21 Sat
twitterfacebook

順位表



得点ランキング