ノリッジ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 ノリッジ 21 5 6 27 26 75 -49 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.07.26
24:00
プレミアリーグ
第38節
マンチェスター・シティ 5 - 0 ノリッジ
2020.07.18
25:30
プレミアリーグ
第37節
ノリッジ 0 - 2 バーンリー
2020.07.14
28:15
プレミアリーグ
第36節
チェルシー 1 - 0 ノリッジ
2020.07.11
20:30
プレミアリーグ
第35節
ノリッジ 0 - 4 ウェストハム
2020.07.07
26:00
プレミアリーグ
第34節
ワトフォード 2 - 1 ノリッジ
基本データ

正式名称:ノリッジ・シティFC

原語表記:Norwich City Football Club

愛称:カナリーズ

創立:1902年

ホームタウン:ノリッチ

チームカラー:緑、黄

関連ニュース
thumb

左SB補強を目指すリバプール、オファー額が低過ぎてノリッジに拒否される

リバプールのオファーは受け入れてもらえなかったようだ。 リバプールはノリッジの北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)に対して1000万ポンド(約13億9000万円)のオファーを出していたようだが、ノリッジ側が拒否したとイギリス『BBC』が報じた。 ルイスは、北アイルランド出身でノリッジの下部組織で育った左サイドバック。2018年1月にファーストチームに昇格すると、2018-19シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で42試合に出場し4アシスト。チームのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 2019-20シーズンはプレミアリーグで28試合に出場し高いパフォーマンスを披露。リバプールは、勤続疲労が懸念されるスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアッパーとして、ルイスの獲得を望んでいた。 ノリッジが1年でチャンピオンシップへ降格したことで、移籍の可能性が高まったとみられたが、ノリッジ側がオファーが安すぎるとして拒否。ルイスは2023年まで契約があり、ノリッジは金額が見合っていないと考えているようだ。 ノリッジは、2018年にはMFジェームズ・マディソンをレスター・シティへ2000万ポンド(約27億7500万円)+ボーナス400万ポンド(約5億5500万円)で売却した過去があり、獲得には同等以上のオファーが必要となりそうだ。 2020.08.07 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、英2部降格ノリッジからロバートソンのバックアッパーを狙う?

リバプールがノリッジ・シティに所属する北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)の獲得を検討しているようだ。 今シーズのプレミアリーグで28試合に出場して1得点の数字を残し、頭角を現したルイス。一方で、クラブはリーグ最下位に沈み、1年での降格が決まった。 イギリス『BBC』によると、そのルイスを巡り、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアップを探すリバプールの関心があるようだ。 リバプールは移籍金1000万ポンド(約13億8000万円)での獲得に向けて準備を進めているという。 一方、ノリッジはリバプールU-23に所属するU-19フランス代表DFヤセル・ラローチ(19)に関心を示しており、ルイスの移籍交渉に絡んでくる可能性もある模様だ。 2020.08.05 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

英2部降格ノリッジ、ゴッドフリーにも欧州複数クラブの視線

ノリッジ・シティのイングランド人DFベン・ゴッドフリー(22)に対して、国外から視線が注がれているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ゴッドフリーは2016年にヨーク・シティからノリッジ入りした183cmのセンターバック。昨季のチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で最終ラインの主軸としてチームを優勝に導き、プレミアリーグ昇格の今季も公式戦33試合に出場した。 しかし、ノリッジはプレミアリーグ最下位に終わり、1年でのチャンピオンシップ降格が決定。U-21イングランド代表DFマックス・アーロンズを巡り、バイエルンの関心が取り沙汰されるなど、有望株に相次いで今夏移籍の憶測が浮上している。 そのなか、ゴッドフリーにも国外複数クラブの関心がああり、ドルトムントやRBライプツィヒに続いて、レバークーゼンとミランも加わっての争奪戦に発展する可能性。ミランは先週末のセリエA最終節前に先んじて選手代理人と会談した模様だ。 一方で、ノリッジはゴッドフリーに関して、評価額を3000万ポンド(約41億6000万円)程度に設定。将来的にイングランド代表のレギュラーを射止めるだけのポテンシャルを秘めた選手だと確信しており、その額の要求を譲らない姿勢だという。 昨夏にマンチェスター・ユナイテッドOBの元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が古巣に獲得を進言したことでも知られるゴッドフリー。ノリッジとは2023年まで契約を残しているが、果たして…。 2020.08.04 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンが英2部降格ノリッジの逸材SBアーロンズに関心か

バイエルンがノリッジのU-21イングランド代表DFマックス・アーロンズ(20)に関心を示しているようだ。ドイツ『スカイ』が伝えている。 バイエルンは今冬の移籍市場においてフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(24)のバックアップとして、レアル・マドリーからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(24)をレンタル移籍で獲得。 しかし、思うようにフィットせず、完全移籍での獲得に動く可能性は限りなく低い模様。そのため、今夏の移籍市場では再び右サイドバックの補強に動く構えだ。 今冬のタイミングからアヤックスのアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)への強い関心が伝えられているが、新たな候補としてイングランド期待の右サイドバックの一人であるアーロンズの動向も注視しているようだ。 2018年8月にノリッジでトップチームデビューを飾ったアーロンズは、優れたテクニック、パスセンス、アジリティを武器に、昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝に大きく貢献。 自身初参戦となった今シーズンのプレミアリーグではチームが最下位での降格となった中、個人としては36試合2アシストの数字を残すなど奮闘を見せていた。 コロナ禍での市場価値の下落に加え、ノリッジの降格に伴い、現時点での移籍金は1830万ポンド(約24億8000万円)程度となっており、バイエルンにとって問題なく支払える金額となっている。 ただ、過去にトッテナムやエバートン、アーセナル、RBライプツィヒといったクラブが関心を示した逸材に関しては、同じく右サイドバックの補強を必要とするレバークーゼンも獲得に動いている模様だ。 2020.07.28 13:38 Tue
twitterfacebook
thumb

PLアシスト記録更新のデ・ブライネ「仲間の決定力にとても感謝」

マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがプレミアリーグのアシスト最多記録タイに喜びの心境を明かした。 今シーズンもプレミアリーグ開幕から4試合連続アシストを記録するなど、演出家ぶりを発揮したデ・ブライネは26日に行われた最終節のノリッジ戦(5-0で勝利)でも得点を演出。元フランス代表FWのティエリ・アンリが2002-03シーズンのアーセナル時代に打ち立てたリーグ記録の20アシストに伸ばして、2017-18シーズン以来のアシスト王に輝いた。 そのデ・ブライネはクラブ公式サイトで今シーズンのアシスト王獲得の喜びとともに、偉大なレジェンドに並ぶ記録の樹立をこう振り返っている。 「とても誇りに思うよ。間違いなく素晴らしい結果だけど、僕は仕事の半分しかしていない。チームメイトのゴール前での決定力にとても感謝しているよ。彼らがいなければ、これほど多くのアシストはできなかったからね」 かつてベルギー代表のアシスタントコーチを務めたアンリ氏と親交があり、昨年9月に行われた元ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニの功労試合で再会を果たした際、「今年こそ更新するから」と冗談めかして宣戦布告したデ・ブライネ。塗り替えとまでならなかったものの、偉大なレジェンドに良い報告ができそうだ。 2020.07.27 10:10 Mon
twitterfacebook

順位表




得点ランキング