アーセナル

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 アーセナル 30 9 3 8 26 20 6 20
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-30
26:30
プレミアリーグ
第21節
アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド
2021-02-02
27:00
プレミアリーグ
第22節
ウォルバーハンプトン vs アーセナル
2021-02-06
21:30
プレミアリーグ
第23節
アストン・ビラ vs アーセナル
2021-02-14
25:30
プレミアリーグ
第24節
アーセナル vs リーズ
2021-02-21
25:30
プレミアリーグ
第25節
アーセナル vs マンチェスター・シティ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.26
29:15
プレミアリーグ
第20節
サウサンプトン 1 - 3 アーセナル
2021.01.23
21:15
FAカップ
4回戦
サウサンプトン 1 - 0 アーセナル
2021.01.18
29:00
プレミアリーグ
第19節
アーセナル 3 - 0 ニューカッスル
2021.01.14
29:00
プレミアリーグ
第18節
アーセナル 0 - 0 クリスタル・パレス
2021.01.09
26:30
FAカップ
3回戦
アーセナル 2 - 0 ニューカッスル
基本データ

正式名称:アーセナルFC

原語表記:Arsenal Football Club

愛称:ガナーズ

創立:1886年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:赤・白

関連ニュース
thumb

ウーデゴールがアーセナルを選んだ理由は?「決定的だった」アルテタ監督との会話

レアル・マドリーからアーセナルへと加入したノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(22)がアーセナルへの移籍について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 若くしてビッグクラブの注目を集め、レアル・マドリーに加入したウーデゴール。ファーストチームに昇格した後は、ヘーレンフェーンやフィテッセ、レアル・ソシエダで武者修行を繰り返した。 2019-20シーズンに在籍したソシエダでは公式戦36試合に出場し7ゴール9アシストを記録。満を持してマドリーに復帰したものの、公式戦9試合、367分間のプレーに終わっており、アーセナルへと活躍の場を移した。 加入が決まったウーデゴールは、クラブのインタビューで移籍の経緯などについて言及した。 アーセナルへの移籍を決めた理由の1つとして、「もちろん、ここに来る前に彼と話をした」と、ミケル・アルテタ監督との会話があったとしたウーデゴール。その中でアルテタ監督に感銘を受けたようだ。 「僕にとって非常に重要だったんだ。彼はトップの監督に感じたし、彼のアイデアやサッカーの考え方、そして彼のあり方が気に入ったんだ」 「彼は僕を素晴らしい感情にしてくれた。そして、それがここに来る上で僕にとっては重要だった。決定的だったね」 「新しいチームに行くたびに、良い気分で、計画があることを確認したいと思っている。ただ、ここは全てが丁度良いと感じるよ」 「僕はクラブが好きだし、このクラブのプレーがいつだって好きだった。クラブの全て、そして今では監督のやり方が僕にぴったりだと思う」 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFSHR0ZjhaWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アーセナルには、同じくレアル・マドリーからのレンタル移籍で昨シーズンから続けてMFダニ・セバージョスが在籍している。ウーデゴールはセバージョスからの後押しもあったことを明かした。 「ダニ(・セバージョス)はこの前僕にテキストメッセージをくれた。彼はクラブや監督、そして全てについて良いことしか言わなかったんだ」 「僕にとってはとても重要だったし、彼は僕がここに来ることを喜んでくれた。ここに居る人を知っていて、クラブの中の人から話を聞けることは良いことだね」 「忙しい日々は続いていたけど、僕はクラブや監督と話をしていた。素晴らしいプロジェクトだったし、素晴らしいクラブだと感じた」 「とてもワクワクしているし、ここに来る機会があった時は、本当にチャンスだと感じた。だから本当に嬉しいんだ」 2021.01.28 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ハーランド、同胞ウーデゴールのアーセナル移籍に「アルテタ監督との相性は良いと思う」

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、同胞のMFマルティン・ウーデゴールのアーセナル移籍について言及した。ノルウェー『V・G』が伝えた。 昨シーズンにレンタル加入したレアル・ソシエダで活躍し、満を持して今シーズンからマドリーに復帰したウーデゴール。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督からの信頼は勝ち取れず、公式戦9試合で367分のプレー時間にとどまり、出場機会を求めて27日にレンタルでアーセナルへ活躍の場を移した。 この移籍について、ノルウェー代表で共闘するハーランドが言及。アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督の戦術にもマッチすると太鼓判を押した。 「イングランドのビッグクラブであるアーセナルでマルティンを見るのは興味深いね。少し違うフットボールだけど、10番のポジションでプレーすれば、アルテタ監督との相性は良いと思うよ。彼はそこで楽しめるさ」 また、ウーデゴールにはプレー時間が必要だと語り、能力の高さは間違いないと語った。 「彼はチームに入り、単純に試合でプレーしなければいけない。それが彼が必要としているものだ。僕たちは彼がどれほど優れているのかわかっている。彼が自信を持ってボールに関われば、信じられないようなことが起こることを知っている。だから、彼はただそこで“継続する“必要があるね」 2021.01.28 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

メンバー外続いたオーバメヤンがその理由を明かす「母のそばにいる必要があった」

直近の試合を欠場していたアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンだったが、その理由は家族の健康状態にあったようだ。 アーセナルのエースとして今シーズンも戦っているオーバメヤン。なかなかゴールが奪えない時期が続き苦しいシーズンとなっていたが、18日のニューカッスル戦ではシーズン初の複数得点をマーク。復調に大きな期待が寄せられていた。 しかし、23日に行われたFAカップ4回戦と26日に行われたプレミアリーグ第20節のサウサンプトンとの連戦はどちらもメンバー外に。ケガなどの情報もなく、欠場理由が分からない状態だった。 そんな中、オーバメヤンが自身のインスタグラムを更新。母親の体調が良くなかったことを告白。現在は回復したことを報告した。 「ここ数日の全てのメッセージと電話に感謝したい」 「僕の母は、いくつか健康状態に問題があり、彼女のために僕はそばにいる必要があった。もうすっかり元気になり、僕は今夜家に帰る」 「彼女がこれを乗り越えるのをサポートしてくれた医師や看護師のみんなに感謝している」 「もちろん、昨日示してくれたアーセナルファミリーの愛情にも感謝する。勢いを継続することを今まで以上に決意している」 「本当にありがとう。みんなからこのレベルのサポートと愛を得ることができたことは、本当に幸せだ。また戻ることが待ちきれないよ」 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CKjgghIHape/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CKjgghIHape/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CKjgghIHape/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Aubameyang Pierre-Emerick(@auba)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 今シーズンはプレミアリーグで17試合に出場し5ゴールに終わっているオーバメヤン。チームは直近のプレミアリーグ6試合で5勝1分けと勢いに乗り、順位も上げている状況。心配事が払拭されたエースの復調に期待したい。 次節は30日、プレミアリーグ第21節で首位を陥落したマンチェスター・ユナイテッドとの大一番を迎える。 2021.01.28 09:58 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルがレアルの“神童”MFウーデゴールをレンタルで獲得

アーセナルは27日、レアル・マドリーのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(22)のレンタル移籍での加入を発表した。 契約期間はシーズン終了までとなる。なお、背番号は「11」を着用する。 ウーデゴールは、15歳でノルウェー代表としてデビューを果たし、“神童”として多くの注目を集めた中、2015年1月にレアル・マドリー・カスティージャへと加入した。 ジネディーヌ・ジダン監督の下で2017年1月に正式にファーストチームに昇格すると、その後はヘーレンフェーンやフィテッセ、レアル・ソシエダへのレンタル移籍を経験する。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmTWtOeFRtRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ソシエダでは、2019-20シーズンは公式戦36試合に出場し7ゴール9アシストと飛躍。その活躍もあり今シーズンはマドリーでのプレーとなったが、ここまでラ・リーガで7試合、チャンピオンズリーグで2試合の出場に終わっており、出場機会を求めてレンタル移籍を希望していた。 アーセナルは、長らくゲームメーカーとしてプレーした元ドイツ代表MFメスト・エジルが構想外となり、1月にフェネルバフチェへと移籍。攻撃の新たなカードとしてウーデゴールの獲得に動いていた。 2021.01.27 20:44 Wed
twitterfacebook
thumb

セインツ戦1G1Aと活躍続くアーセナルのサカ、「今の成績には本当に満足」と自賛

アーセナルのイングランド代表MFブカヨ・サカが、自身のパフォーマンスを誇っている。クラブ公式サイトが伝えた。 昨シーズン、左サイドバックで起用されていたサカは、今シーズンは攻撃的なポジションでミケル・アルテタ監督にとって欠かせない戦力として公式戦25試合に出場。ここまで5ゴール4アシストをマークしており、10月にはイングランド代表デビューを飾るなど、順風満帆なキャリアを送っている。 26日に行われたプレミアリーグ第20節のサウサンプトンでも、FWアレクサンドル・ラカゼットとのコンビネーションにより1ゴール1アシストを記録。3-1のスコアでの勝利に、多大な貢献を果たした。 この結果、サカは今シーズンのプレミアリーグでその他の10代の選手が挙げたすべてのゴールを足した数よりも、多くの得点を記録する選手になった。サウサンプトン戦後のインタビューに応じた本人も、この日の活躍を誇っている。 「アーセナルでプレーできて幸せだよ。夢だったし、ピッチに出るときは情熱を持っている。監督は僕のためすべてを明確にしてくれるだけでなく、自由も与えてくれるんだ。今の成績には本当に満足している。これからも、毎試合改善していきたいね」 「今夜はずっと良かった。土曜日のFAカップでノックアウトされたのは残念だったからね。僕らはFAカップ王者だったから、敗退を受け止めるのは辛かったよ。でも、僕たちはここに来たとき、相手の弱点を把握していたし、それを利用して必然の勝利を手にできた」 「試合前、ラカ(アレクサンドル・ラカゼット)とゴールチャンスについて話していたんだ。彼がボールを持ったら僕はすぐに背後へ走り込んだ。彼がそれを見てくれたおかげで、ゴールを決められたよ」 また、サカはチームが一時期の大不振から抜け出し、現在リーグ6試合負けなしと好調を維持していることに言及。目まぐるしく状況が変わる今シーズンのプレミアリーグでは、目の前の試合に集中することが重要だと語った。 「皆が言っているけど、今季のプレミアリーグは急速に変化しているから、僕らはそれに適応しないといけない。2、3カ月前まではボトムハーフだったけど、今はトップハーフにいる。本当にあっという間に変化するんだ。だから僕らは1試合1試合に集中して、常に勝利を目指さないといけない」 2021.01.27 11:45 Wed
twitterfacebook

順位表



得点ランキング