アーセナル

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 アーセナル 40 9 13 6 40 36 4 28
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

プレミアリーグ
第37節
アストン・ビラ vs アーセナル

プレミアリーグ
第38節
アーセナル vs ワトフォード

プレミアリーグ
第31節
サウサンプトン vs アーセナル

プレミアリーグ
第28節
マンチェスター・シティ vs アーセナル

プレミアリーグ
第30節
ブライトン vs アーセナル
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.07
24:00
プレミアリーグ
第29節
アーセナル 1 - 0 ウェストハム
2020.02.27
29:00
EL決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
アーセナル 1 - 2 オリンピアコス
2020.02.23
25:30
プレミアリーグ
第27節
アーセナル 3 - 2 エバートン
2020.02.20
29:00
EL決勝トーナメント
ラウンド32・1stレグ
オリンピアコス 0 - 1 アーセナル
2020.02.16
25:30
プレミアリーグ
第26節
アーセナル 4 - 0 ニューカッスル
基本データ

正式名称:アーセナルFC

原語表記:Arsenal Football Club

愛称:ガナーズ

創立:1886年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:赤・白

関連ニュース
thumb

「いつだって唯一の存在でありたい」…ヴェンゲルがリバプールのPL無敗優勝ならずに抱いた心境とは?

アーセナル元指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏がリバプールの今季プレミアリーグにおける初黒星を振り返り、その瞬間に抱いた“満足感”を明かした。イギリス『talkSPORT』が報じている。 今季のプレミアリーグで30年ぶりのリーグタイトルにまい進するリバプールは開幕から無敗街道を継続。今年に入っても無傷でポイントを積み上げる状況が続いたが、2月29日に行われた第28節のワトフォード戦で今季初の黒星を喫して、ヴェンゲル氏が監督を務めた2003-04シーズンのアーセナル以来となる無敗優勝の可能性が消滅した。 プレミアリーグ史上唯一の無敗優勝を成し遂げた“インビンシブルズ”の監督だったフランス人名将は『beIN Sports』で、リバプールがワトフォードに屈して偉業達成のチャンスを逃した当時の心境を訊かれると、こう返したという。 「もちろん、(リバプールの敗北に)満足した。何かを成し遂げた際はいつだって唯一の存在でありたいものさ。リバプールは本当にやっのけてしまいそうだった」 「しかし、この偉業を繰り返すのは簡単じゃない。それを示すものだった。とにかく、その日はアーセナルのサポーターからかなりのメッセージをもらったよ」 また、2018年にアーセナルの監督を勇退して以降、国際サッカー連盟(FIFA)の役職に就いたヴェンゲル氏は今後、観客としての訪問を含めて古巣エミレーツ・スタジアムに戻る可能性についても問われたが、それを否定した。 「私はいつも完全にアーセナルを去ったのだと自身に言い聞かせている。それこそが私の下した決断だ」 2020.05.25 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

J・ボアテングがバイエルン残留意思! フリックの存在で心境に変化

元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(31)がバイエルン残留を希望している。イギリス『メトロ』が伝えた。 昨年11月まで指揮を執ったニコ・コバチ氏の下で立ち位置が揺らぎ、昨夏や今冬に移籍の憶測が浮上したが、最終的にバイエルン残留を決めたJ・ボアテング。ドイツ代表DFニクラス・ジューレやフランス代表DFリュカ・エルナンデスの負傷離脱というエクスキューズもあったが、ハンジ・フリック監督に重宝され、再びレギュラーに返り咲いている。 現在も2021年6月に満了する契約の延長に至っておらず、チェルシーやアーセナルからの関心がまことしやかに報じられるJ・ボアテングだが、フリック監督の存在により、残留の想いが強まっているようだ。ドイツ『Welt Am Sonntag』でこう述べている。 「ハンジ・フリック監督が就任する前は将来についてを考えていた。だけど、今は居心地が良くて、残留した姿も想像できる。今シーズンとバイエルンに集中しているよ」 「監督やコーチ陣からの信頼が必要だが、僕は再びそれを築けている。フリック監督が就任する前は懸命にトレーニングしても、出場機会をもらえず、自分のリズムを作るチャンスさえなかった。どんな選手にとっても、それだと難しい」 「でも、ハンジ・フリックは最初から計画の一部に含み、僕のクオリティも高く評価していると話してくれた。今は本当にフットボールが楽しめしているよ」 2020.05.25 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマがムヒタリアン買い取りに向け秘策を用意?

ローマがアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(31)の完全移籍での買い取りに向け、秘策を用意しているようだ。 昨夏、アーセナルから300万ユーロ(約3億5000万円)の有償レンタルで加入したムヒタリアン。ここまでは負傷の影響もあり、セリエAでは13試合の出場に留まっているものの、6ゴール3アシストと上々の数字を残している。 加えて、ベテランらしい視野の広さや周囲の長所を引き出す、玄人好みのプレーで前線と中盤を繋ぐオーガナイザーとしても存在感を放っている。 その能力を高く評価するパウロ・フォンセカ監督のリクエストもあり、ローマは以前からムヒタリアンの完全移籍での買い取りに向けてアーセナルと交渉している。だが、マンチェスター・ユナイテッドからレンタル移籍中の元イングランド代表DFクリス・スモーリング(30)の買い取り交渉と同様に、深刻な財政難の影響で難しい交渉を強いられている。 そのため、現状ではミケル・アルテタ監督が「構想に入っている」と過去に語ったアーセナルへの復帰が既定路線だが、ローマは買い取りに向けてアーセナルサイドへある提案を行っているようだ。 イタリア『Il Tempo』が伝えるところによれば、今夏の買い取りが難しいと判断したローマは、来年夏の買い取り義務を盛り込んだ1年間のレンタル延長を提案しているという。 ただ、アーセナルとムヒタリアンの現行契約は2021年6月末までとなっており、前述のプランでは来夏にアーセナルが移籍金を得ることができない。そのため、ローマは双方に対して、年数は不明も契約延長を行うことを提案しているようだ。 アーセナルにとっては今夏受け取る移籍金を来夏に繰り越す形になるだけで、あまり旨味がない話だが、ムヒタリアンを余剰人員とみなし、ローマ以外に買い手が見つからない場合は有効な選択肢になるかもしれない。 2020.05.25 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、ユナイテッド、アーセナルなどでプレーした元フランス代表DFが選ぶ最高のチームメイトとは?

元フランス代表DFミカエル・シルベストルが、自身のキャリアを通して最高だと思ったチームメイトを明かした。イギリス『ミラー』が伝えている。 1995年にレンヌでプロキャリアをスタートさせたシルベストルは、1998年インテルへ移籍。1シーズンを過ごした後にマンチェスター・ユナイテッドへ加入した。 ユナイテッドではセンターバックやサイドバックとして公式戦361試合に出場し10ゴール18アシストを記録。2008年にアーセナルに加入すると、2010年までプレーしていた。<div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6aEV5UXlWUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アーセナル退団後はブレーメン、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やインドリーグでプレーし、2014年に現役を退いていた。 多くのビッグクラブでプレーし、クリスティアーノ・ロナウドやウェイン・ルーニーなど数多くのトッププレイヤーと共にプレーしたシルベストルだが、イギリス『FourFourTwo』のインタビューを通して、最高のチームメイトを選出。インテル時代の1シーズンをチームメイトとして過ごした、ブラジルのレジェンドであるロナウドの能力が抜きんでていたと語った。 「ロナウドは一緒にプレーした選手の中で最高の選手だった。テクニックとフィジカル両方に優れていたが、フェイントやトリックのレパートリーは尋常じゃなかった」 「だいたいのストライカーは2、3個の得意技があって、ディフェンダーは、彼らが次に何をしてくるか何となく予想できる。でもロナウドはそれが不可能な選手だった」 「彼は本当に多くのフェイントをこなせたし、新しい動きも発明することができたんだ。だからどっちの方向に行こうとしていて、何を仕掛けてくるか予測が立たなかった。彼は天才だったよ」 シルベストルはユナイテッド時代の2003年、レアル・マドリーに移籍していたロナウドと、チャンピオンズリーグ(CL)で対戦することになったが、オールド・トラッフォードで行われたその試合でロナウドはハットトリックを決め、ホームファンからもスタンディングオベーションを受ける圧巻のパフォーマンスを見せている。 2020.05.25 15:53 Mon
twitterfacebook
thumb

A・コールが禁断の移籍を振り返る「給料のことは最後まで考えなかった」

元イングランド代表DFアシュリー・コール氏がチェルシー移籍時を回想した。イギリス『メトロ』が伝えている。 アーセナル下部組織出身のA・コール氏は、1999年にプロデビューを飾り、2003-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝にも貢献した。 レギュラーとしてアーセナルの左サイドバックに定着していたA・コールだったが、2006年にチェルシーへ禁断の移籍。この移籍にアーセナル・サポーターからは多くの批判が生まれたものの、チェルシーではプレミアリーグやFAカップ、さらに2011-12シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げるなど、10個の主要タイトルを手にしている。 A・コール氏は、高給目当てとも揶揄された禁断の移籍当時のことをイギリス『BBC』に語った。 「私がアーセナルでプレーし始めたとき、私たちにはキーオン、シーマン、ヴィエラ、アンリ、アダムスという核があり、異なるグループ、環境、選手がいるという点で変化することは簡単だった」 「彼らが去り始めたとき、私はそれが成功をもたらした文化に穴ができていると感じた。チームが少しバラバラになっているのを感じた。または、ギャップが生まれ、それらは埋められなかった」 「それから、異なる文化に身を置くという観点と、勝ちたいという意欲を持ってチェルシーに行き、それを手に入れた」 また、当時の移籍に際し、移籍前の2005年にA・コール氏と当時のチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督や幹部が密会している様子が報じられていた。 契約中に別のプレミアリーグのクラブと交渉したことで、A・コール氏は10万ポンド(約1310万円の罰金処分を受け、チェルシーとモウリーニョ監督も罰せられていた。 「100%、私のせいではないし、彼らのせいでもない。当時の私は少し頑固すぎて、辛かった。正直に言って赤ん坊のようだったが、後悔はないし、その状況で決断を変えることはないだろう」 「起こったことが事実だ。恐らくそれは意図されたものだった。だが、お金について、人々が考えるようなことはなかったので、不当だと感じていた。お金は私の心の中では最後に考えていた」 昨シーズン限りで現役を引退したA・コール氏は、今シーズンからチェルシーのU-15チームのコーチを務めている。 2020.05.25 12:05 Mon
twitterfacebook

順位表




得点ランキング