サウサンプトン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 サウサンプトン 29 8 5 6 27 24 3 19
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-30
24:00
プレミアリーグ
第21節
サウサンプトン vs アストン・ビラ
2021-02-02
29:15
プレミアリーグ
第22節
マンチェスター・ユナイテッド vs サウサンプトン
2021-02-06
24:00
プレミアリーグ
第23節
ニューカッスル vs サウサンプトン
2021-02-10
28:45
FAカップ
5回戦
ウォルバーハンプトン vs サウサンプトン
2021-02-13
24:00
プレミアリーグ
第24節
サウサンプトン vs ウォルバーハンプトン
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.26
29:15
プレミアリーグ
第20節
サウサンプトン 1 - 3 アーセナル
2021.01.23
21:15
FAカップ
4回戦
サウサンプトン 1 - 0 アーセナル
2021.01.16
29:00
プレミアリーグ
第19節
レスター・シティ 2 - 0 サウサンプトン
2021.01.04
29:00
プレミアリーグ
第17節
サウサンプトン 1 - 0 リバプール
2020.12.29
27:00
プレミアリーグ
第16節
サウサンプトン 0 - 0 ウェストハム
基本データ

正式名称:サウサンプトンFC

原語表記:Southampton Football Club

愛称:セインツ (The Saints)

創立:1885年

ホームタウン:サウサンプトン

チームカラー:赤・白

関連ニュース
thumb

アーセナルがセインツにFAカップのリベンジ、ここ6戦で5勝と好調を維持《プレミアリーグ》

アーセナルは26日、プレミアリーグ第20節でサウサンプトンとのアウェイ戦に臨み、3-1で逆転勝利した。 前節ニューカッスル戦を勝利してここ5試合で4勝を挙げた好調の11位アーセナル(勝ち点27)は、3日前に行われたFAカップのサウサンプトン戦を0-1と敗れた。そのサウサンプトン戦のスタメンから5選手を変更。スミス・ロウやサカらがスタメンに戻った。 10位サウサンプトン(勝ち点29/1試合未消化)との連戦となった中、アーセナルは最前線にラカゼット、2列目に右からサカ、スミス・ロウ、ペペと並べた。 そのアーセナルは開始1分に決定機。敵陣でボールを奪った流れからジャカのスルーパスに反応したラカゼットがGKと一対一に。しかし、シュートはマッカーシーに止められてしまう。 すると3分、右CKのサインプレーからアームストロングのボレーシュートが決まって先制されてしまう。 それでも8分にすかさず同点とする。ジャカのスルーパスをボックス左で受けたペペがDFを背負いながらシュートをゴール右に蹴り込んだ。追い付いたアーセナルが勢い付く中、14分にはセドリックが際どいボレーを放っていく。 その後、24分にアダムスのヘディングシュートでゴールに迫られたものの、GKレノが好守で凌いだアーセナルは、サウサンプトンの攻勢を凌ぐと、39分に逆転する。ラカゼットのスルーパスに反応したサカが飛び出したGKをかわして無人のゴールに流し込んだ。 迎えた後半、開始5分にウォルコットにGKレノを強襲するシュートを打たれたアーセナルは劣勢が続くも集中した守備で凌いでいく。 72分にはスミス・ロウが負傷交代するアクシデントがあったものの、直後にダメ押しゴールを挙げる。セドリックのサイドチェンジを受けたボックス右のサカのアシストからラカゼットが押し込んだ。 このまま3-1で試合を終わらせたアーセナルがFAカップのリベンジを果たし、リーグ戦ここ6試合で5勝を挙げ、好調を維持して次節マンチェスター・ユナイテッド戦に臨むことになった。 2021.01.27 07:29 Wed
twitterfacebook
thumb

あと数センチで直接ゴール ウォード=プラウズのトリッキーなCKにアーセナル守護神も苦笑い

サウサンプトンは23日に行われたFAカップ4回戦で、アーセナルと対戦。前回覇者との一戦だったが、24分のオウンゴールで先制すると、この得点が決勝点となり、1-0で勝ち切った。 この試合ではオウンゴールが唯一の得点となったが、試合開始早々の5分にサウサンプトンのイングランド代表MFジェームズ・ウォード=プラウズが見せたゴール未遂の場面が凄まじいと話題になっている。 右からのコーナーキックを獲得したサウサンプトンは、右利きのウォード=プラウズがキッカーを務める。誰もがゴール前へのクロスを供給すると予想した場面で、ウォード=プラウズはアウトサイドにかけてボールを蹴り、意表を突いて直接ゴールを狙う。 アーセナルGKのベルント・レノは完全に逆を突かれ、あわや直接ゴールネットを揺らすかと思われたが、少しだけ高かったボールはクロスバーに直撃。惜しくもゴールとはならなかった。ギリギリで難を逃れたレノは苦笑いを浮かべていた。 左利きの選手が右CKから巻いて直接ゴールを狙う、もしくはその逆のパターンはたまにみられるが、アウトにかけて狙うCKはかなり珍しい。精度の高い右足のキックが売りのウォード=プラウズならではのシーンだった。 チームの5回戦進出に貢献したウォード=プラウズは、FAカップでの目標を語っている。 「参加するには素晴らしい大会だ。たくさんのいい思い出があり、記憶に残る試合もいくつかプレーした。僕たちは皆、優勝し、キャリアを振り返った時に勝ち取ったものを見たいと思っている。そして、今はその絶好の機会だ」 <div id="cws_ad">◆ウォード=プラウズがアウトにかけるコーナーキックで直接ゴールを狙う!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Tired of scoring free kicks, Ward-Prowse is attempting to score corners <a href="https://twitter.com/hashtag/EmiratesFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EmiratesFACup</a> <a href="https://twitter.com/SouthamptonFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@SouthamptonFC</a> <a href="https://t.co/7Etrkwdyox">pic.twitter.com/7Etrkwdyox</a></p>&mdash; Emirates FA Cup (@EmiratesFACup) <a href="https://twitter.com/EmiratesFACup/status/1352955458349387777?ref_src=twsrc%5Etfw">January 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.25 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

イングス争奪戦にレスターとエバートンも参戦か セインツは財政リスク考慮で今夏売却も?

レスター・シティとエバートンがサウサンプトンに所属するイングランド代表FWダニー・イングス(28)の獲得レースに参戦したようだ。イギリス『90min』が報じている。 リバプールを退団して以降、セインツで再び輝きを取り戻しているイングス。昨シーズンはプレミアリーグで22ゴールを記録し、得点王のレスターFWジェイミー・ヴァーディに1得点差まで迫った。さらに、昨年9月には約5年ぶりに代表にも招集され、再ブレイクを果たしている。 今季もここまでリーグ戦7ゴールを挙げてチームの得点源となっているだけに、クラブとしても手放したくないところだが、新型コロナウイルスの財政的ダメージによって、現行契約が2022年夏までとなっているイングスが首を縦に振るような好条件のオファーは厳しい状況にあるという。 また『90min』によると、イングスは2018年以来のチャンピオンズリーグ出場への熱意を持っているようで、よりビッグクラブへの移籍を前向きに考えているようだ。今季のセインツが好調とはいえ、レスターやエバートン、トッテナムと比較すると、どちらがチャンピオンズリーグに近いかは火を見るより明らか。 今冬での移籍はないと見込まれているが、今夏の放出の可能性は大いにあると予想されている。 2021.01.24 21:03 Sun
twitterfacebook
thumb

FA杯前回覇者下して16強入りのセインツ、指揮官ハッセンヒュッテル「良いチームパフォーマンス」

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督がFAカップ5回戦進出に満足感を示した。 サウサンプトンは23日に行われた4回戦で、26日に予定するプレミアリーグでも相対するアーセナルと対戦。前回覇者との一戦だったが、24分のオウンゴールで先制すると、この得点が決勝点となり、1-0で勝ち切った。 ウォルバーハンプトンが待つ16強にチームを導いたハッセンヒュッテル監督は試合後、選手たちの頑張りを労った。 「前半の我々はよりパンチを利かせ、よりパワーを持ってプレーができたと思う。後半に入り、相手が巻き返そうとしてくるのは当たり前のことだ」 「そうしたなかで、我々は1つ、2つのチャンスを作り出しただけに、追加点を掴み取らないと。シェーン・ロングはPKのチャンスをもらうべきだったしね」 「早い段階でボールの主導権争いで優位に立ったが、最後の部分において必ずしもベストじゃなかった。ボールがないときの働きは総じて良かったがね」 「良いチームパフォーマンスだったよ」 2021.01.24 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

前回大会王者のアーセナルが早くも敗退…セインツがウルブス待つ5回戦へ《FAカップ》

FAカップ4回戦、サウサンプトンvsアーセナルが23日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、1-0で勝利したサウサンプトンが5回戦進出を決めた。 前回大会王者のアーセナルは3回戦で同じプレミアリーグ勢のニューカッスルを破って順当に4回戦へ駒を進めた。現在、公式戦5勝1分けと好調を維持するチームは直近のリーグ戦から先発7人を変更。GKレノ、ホールディング、セドリック、ジャカが継続起用も、前線はウィリアン、マルティネッリ、ペペ、エンケティアとフレッシュなメンバーが起用された。 3日後にリーグ戦での対戦を控えるリーグ中位同士の対戦。立ち上がりは前から圧力をかけたホームチームが押し込む入りをみせ、続けてセットプレーから相手守備をけん制。さらに、14分にはウォルコットのパスに抜け出したチェ・アダムスがボックス右からシュートを放つが、これはGKレノの好守に阻まれた。 その後はアーセナルがやや盛り返して拮抗した展開となるが、サウサンプトンが一瞬の隙を突いて先制に成功する。24分、相手陣内中央でウォード=プラウズがキープして右サイドを駆け上がるウォーカー=ピータースにボールを繋ぐと、元スパーズDFの鋭いグラウンダーのクロスがDFガブリエウのオウンゴールを誘った。 幸先よく先制に成功したサウサンプトンはこの勢いのままアーセナルを押し込んで再三のシュートチャンスに繋げていくが、イングスやウォード=プラウズのシュートは枠を捉え切れない。 一方、ホームチームの強度の高い守備に手を焼くアーセナルはなかなか相手の深い位置までボールを運ぶことができず、シュートチャンスはセットプレーの流れに限られた。 結局、サウサンプトンの1点リードで折り返した試合は後半もホームチームが優勢に試合を運んでいく。 なかなか流れの中で決定機まで持ち込めないアウェイチームは58分、マルティネッリとエルネニーを下げてトーマスとサカの主力を同時投入。この交代で攻撃にリズムが出始めると、68分にはペペのスルーパスに抜け出したエンケティアにボックス内で絶好の同点機も、ここはGKフォースターの好守に遭う。 その後、ベジェリンに代えてラカゼットを投入し、サカを左サイドバックでプレーさせる攻撃的な布陣に変更したアーセナルは、過密日程で足が止まり始めたホームチームを完全に押し込む。 だが、スミス=ロウら一部主力の不在で最後のアイデア、精度を欠くアーセナルの攻撃は専守防衛の構えを見せるサウサンプトンの堅守をこじ開けることができず。試合終了間際にはボックス内で再びエンケティアにシュートチャンスが訪れたものの、ここでもシュートを枠に飛ばせず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、公式戦7戦ぶりの敗戦を喫した前大会王者のアーセナルが早くも4回戦で姿を消すことに。一方、リーグ戦前哨戦を勝利で飾ったサウサンプトンは、ウォルバーハンプトンが待つ5回戦進出を決めた。 2021.01.23 23:19 Sat
twitterfacebook

順位表



得点ランキング