サウサンプトン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 サウサンプトン 34 10 4 15 35 52 -17 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

プレミアリーグ
第30節
ノリッジ vs サウサンプトン

プレミアリーグ
第31節
サウサンプトン vs アーセナル

プレミアリーグ
第32節
ワトフォード vs サウサンプトン

プレミアリーグ
第33節
サウサンプトン vs マンチェスター・シティ

プレミアリーグ
第34節
エバートン vs サウサンプトン
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.07
24:00
プレミアリーグ
第29節
サウサンプトン 0 - 1 ニューカッスル
2020.02.29
24:00
プレミアリーグ
第28節
ウェストハム 3 - 1 サウサンプトン
2020.02.22
24:00
プレミアリーグ
第27節
サウサンプトン 2 - 0 アストン・ビラ
2020.02.15
21:30
プレミアリーグ
第26節
サウサンプトン 1 - 2 バーンリー
2020.02.01
24:00
プレミアリーグ
第25節
リバプール 4 - 0 サウサンプトン
基本データ

正式名称:サウサンプトンFC

原語表記:Southampton Football Club

愛称:セインツ (The Saints)

創立:1885年

ホームタウン:サウサンプトン

チームカラー:赤・白

関連ニュース
thumb

ユナイテッド、過去にベイル獲得に迫っていた? セインツ指揮官がファギーとの交渉明かす

マンチェスター・ユナイテッドは、過去にウェールズ代表FWガレス・ベイル(30)の獲得に迫っていたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ユナイテッドとベイルと言えば、今夏を含めマーケットが開くたびに移籍の噂が出る腐れ縁のような関係。そして、その始まりは同選手がサウサンプトンに在籍していたキャリア初期まで遡るようだ。 当時、サウサンプトンを率いていたジョージ・バーリー氏は、イギリス『アスレティック』で若かりし頃のベイルについて言及。その際、左サイドバックの有望株として知られていた教え子に、サー・アレックス・ファーガソン氏が興味を示し、2006年頃にクラブ間での交渉を行ったことを明かした。 「私たちはすでにセオ・ウォルコット(現エバートン)を、1200万ポンド(約16億円)でアーセナルへ売却していた」 「そして、彼らが(ベイルに対して)掲示した300万~400万ポンド(約4億~5億3000万円)のオファーに対して、“あり得ない”と返答したよ」 また、バーリー氏はホテルで会談した際、ファーガソン氏がベイルの左サイドバックとしての守備力を懸念していたことも明かしている。 「彼らは彼の守備面が少し気になっていたと思う。私たちもその改善のために働いていた。ただ、彼はそれにうまく対処していたよ」 その後、2007年に500万ポンド(約6億6000万円)でトッテナムへ移籍したベイルは、ユナイテッドの見立て通り、左サイドバックとして大成することはなかったが、左サイドハーフ、左ウイングとポジションを上げるに連れてその攻撃能力が開花。 2013年にはプレミアリーグ屈指のアタッカーとして8600万ポンド(約113億円)といわれる巨額の移籍金で、レアル・マドリーへのステップアップを果たしている。 現在、マドリーで苦境が続くベイルに関してユナイテッドの関心度合いは不明だが、今夏10数年越しの移籍を実現することになるのか…。 2020.05.28 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

売却噂されるサウサンプトン、主力大量流出の危機?

サウサンプトンは今夏、多くの主力の売却に迫られるかもしれない。イギリス『デイリー・スター』がセインツの危機を報じている。 サウサンプトンは2017年、中国『ランダー・ホールディングス』の会長を務めるガオ・チーシェン氏が、80パーセントの株式を取得し新オーナーに就任。以降は大型補強こそ行っていないものの、プレミアリーグ水準の資金を市場に投下してきた。 しかし、中国が発生源といわれる新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行を受けて、中国人オーナーは本業などで深刻な経済的ダメージを受けている模様。さらに、他クラブと同様にプレミアリーグが中断したことによるクラブ自体のダメージも深刻だ。 そういった背景によってガオ・チーシェン氏は、サウサンプトンの売却に動いており、80パーセントの株式すべてを1億5000万ポンド(約196億5000万円)ほどの大幅な値引き価格で売りに出しているようだ。 ただ、今夏の移籍市場が開く前に売却交渉が進まない場合、クラブは主力選手の売却によって債務をカバーする以外の選択肢がなくなるという。 そして、1億ポンド(約131億円)の調達に向けて売却候補となりそうなのが、リーグ戦15ゴールでチーム得点王となっているFWダニー・イングス、MFネイサン・レドモンド、MFジェームズ・ウォード=プラウズのイングランド代表経験者3名だという。 さらに、アレックス・マッカーシー、アンガス・ガン、フレイザー・フォースターとイングランド代表経験者3名が並ぶゴールキーパーのポジションでは、少なくとも1人を売却することになるかもしれない。 とりわけ、今シーズン古巣セルティックへレンタル移籍していたフォスターに関しては、セルティックが完全移籍を望んでいると言われており、今夏クラブを離れる可能性が高いようだ。 また、前述の選手以外ではトッテナムからの関心が伝えられるキャプテンのデンマーク代表MFピエール・ホイビュルク、ポーランド代表DFヤン・ベドナレク、モロッコ代表MFソフィアン・ブファルらは国内のライバルの関心を集めており、オファー次第で売却に動く可能性がありそうだ。 ニューカッスルにサウジアラビア共同事業体による買収報道があるものの、世界恐慌とも言えるコロナ禍でのクラブ売却は決して簡単ではない。そのため、『デイリー・スター』の報道がすべて事実であれば、セインツの今夏の主力流出は避けられないかもしれない。 2020.05.24 21:22 Sun
twitterfacebook
thumb

マネはチームメイトに嫌われていた? 元同僚が明かす「わざとパスを出さないと言ってきた」

モントリオール・インパクトのケニア代表MFビクター・ワニャマが、サウサンプトン時代の同僚であるリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネとのやりとりを明かした。イギリス『ミラー』が伝えている。 現在リバプールで大活躍中のマネだが、2014年から2016年まで所属したサウサンプトンでは、調子の波にムラのある選手として見られていた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4RDFsbmNIaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> マネはサウサンプトンでの2シーズンで公式戦75試合に出場し25ゴールを記録していたものの、2016年夏にリバプール移籍で支払われた移籍金3400万ポンド(約44億円)は、能力に見合わないのではとの声も挙がっていた。 ワニャマは、マネがサウサンプトンでプレーしていた2シーズンの間、チームメイトであり、ピッチ内外で良き友として行動を共にしていたが、ケニア『Madgoat TV』のインタビューでマネとのやり取りを振り返り、マネはチームメイトから自分が嫌われていると思っていたことを明かした。 「僕たちは(マウリシオ・)ポチェッティーノ監督の下で1つの家族のようだった。でも、僕とマネはそれよりも強い兄弟のような絆を築くことができていた。(モーガン・)シュナイデルランとも良い友人関係だったね」 「ある時、マネが近寄ってきて僕に『彼らは僕にパスを出したがらないんだ。僕たち2人は近くでプレーできないか?みんな僕に点を取って欲しくないと思っているんだ』と言ってきたんだ」 「僕は気が進まなかったが、それに同意したよ。それからはボールを持った時はいつでも彼にパスするようにしていた」 「彼は良いやつだったから、ちゃんと接してやりたかったんだ」 マネが感じていたことは真実かどうかはわからないが、当の本人はそうかじていた様子。ワニャマのアシストもあったおかげで、今のマネがあるのかもしれない。 2020.05.22 11:11 Fri
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、吉田麻也の完全移籍に動く!

サンプドリアが日本代表DF吉田麻也(31)の完全移籍を目指しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 2012年夏から過ごしたサウサンプトンを離れ、今冬からサンプドリアにレンタル加入した吉田。しかし、新型コロナウイルスの影響による中断で、新天地デビューを果たしたセリエA第26節のヴェローナ戦にしか出場できていない。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTU2hhbHNncyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> それでも、クラウディオ・ラニエリ監督はこれまで何度か吉田を称賛。すでに次のシーズンに向けた強化に動いているというサンプドリアは解決すべき問題として、サウサンプトンと完全移籍に向けた話し合いに入っているようだ。 以前に「プレーしてみたかった。サンプドリアがチャンスをくれた」とセリエAでプレーしたかった思いを明かしている吉田。来季もイタリアでプレーを続けるのだろうか。 2020.05.18 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、セインツの新主将MFに関心! 玄人好みの実力者

トッテナムがサウサンプトンのデンマーク代表MFピエール・ホイビュルク(24)の獲得に関心を示しているようだ。 バイエルンでトップチームデビューを飾ったホイビュルクは、アウグスブルクやシャルケへのレンタル移籍を経て2016年にサウサンプトンへ完全移籍。在籍4年間で公式戦130試合近くに出場するなど、中盤の主軸に定着している。 また、ラルフ・ハッセンヒュッテル現体制では新キャプテンに任命されており、対人プレーの強さ、読みを利かせたインターセプトといった守備面に加え、シンプルなボール捌きやオーガナイザーとしての側面が識者の間で評価されている。 そして、イギリス『テレグラフ』が伝えるところによれば、セインツとの現行契約が2021年6月までとなっているデンマーク代表に関しては、現時点でトッテナムとエバートンの2クラブが関心を示しているという。 とりわけ、トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督はホイビュルクのパフォーマンスを高く評価しており、より強い関心を示しているようだ。 ただ、以前から財政難が指摘されるトッテナムは今夏の移籍市場に投下できる資金が乏しく、現時点ではフリートランスファーやレンタル移籍、トレードを主な補強プランとして構想しているという。そのため、仮にホイビュルク獲得に動くにしても、新型コロナウイルスの終息によって今後の見通しが立つのを待つ必要があるようだ。 なお、ホイビュルクは『Viaplay』でトッテナムについて、「ビッグクラブだね。(同胞の)クリスティアン・エリクセンがポジティブな思い出を作っていたね」と言及。ただ、同インタビューでは、あくまでサウサンプトンでのプレーに集中していることを強調していた。 2020.05.09 17:57 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング