サウサンプトン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 サウサンプトン 7 2 1 2 8 9 -1 5
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-10-25
23:00
プレミアリーグ
第6節
サウサンプトン vs エバートン
2020-11-01
21:00
プレミアリーグ
第7節
アストン・ビラ vs サウサンプトン
2020-11-07
24:00
プレミアリーグ
第8節
サウサンプトン vs ニューカッスル
2020-11-21
24:00
プレミアリーグ
第9節
ウォルバーハンプトン vs サウサンプトン
2020-11-28
24:00
プレミアリーグ
第10節
サウサンプトン vs マンチェスター・ユナイテッド
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.10.17
23:00
プレミアリーグ
第5節
チェルシー 3 - 3 サウサンプトン
2020.10.04
20:00
プレミアリーグ
第4節
サウサンプトン 2 - 0 ウェスト・ブロムウィッチ
2020.09.26
28:00
プレミアリーグ
第3節
バーンリー 0 - 1 サウサンプトン
2020.09.20
20:00
プレミアリーグ
第2節
サウサンプトン 2 - 5 トッテナム
2020.09.12
23:00
プレミアリーグ
第1節
クリスタル・パレス 1 - 0 サウサンプトン
基本データ

正式名称:サウサンプトンFC

原語表記:Southampton Football Club

愛称:セインツ (The Saints)

創立:1885年

ホームタウン:サウサンプトン

チームカラー:赤・白

関連ニュース
thumb

絶好調エバートンに暗雲、次節セインツ戦はハメスが欠場に…リシャルリソンも出場停止

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督は22日、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがサウサンプトン戦を欠場することを報告した。クラブ公式サイトで伝えられている。 アンチェロッティ体制2年目を迎え、ここまでプレミアリーグで4勝1分けで首位を走るエバートン。第5節の王者リバプールとのマージーサイド・ダービーでは、互角以上に戦い、2-2の価値あるドローという結果を得た。 一気に今季の優勝候補に名乗り出たトフィーズだが、25日に行われる第6節のサウサンプトン戦では、好調を支えるキーマンのハメス・ロドリゲスがケガで欠場するようだ。アンチェロッティ監督によると、リバプール戦で相手DFヴィルヒル・ファン・ダイクのタックルを受けて軽度の負傷を負っていたようだ。 指揮官はまた、キャプテンのDFシーマス・コールマンの欠場も明言。リバプール戦で一発退場したFWリシャルリソンの出場停止を含めて、主力を一部欠いて、セント・メリーズ・スタジアムに乗り込むことになった。 2020.10.22 20:43 Thu
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン主砲イングス、長期の契約延長でほぼ合意か

サウサンプトンがイングランド代表FWダニー・イングス(28)と契約延長に至る見通しだという。 2018年夏にリバプールからのレンタルでサウサンプトンに加入したイングス。昨夏にサウサンプトンと2022年までの契約を結び、完全移籍を果たした昨季はプレミアリーグ全試合に出場して、キャリアハイの22得点を挙げ、リバプール時代に燻った点取り屋としての才能を輝かせ、イングランド代表にも返り咲いた。 今夏の移籍市場でトッテナムの関心も取り沙汰されたイングスだが、イギリス『Athletic』によれば、水面下でサウサンプトンとの新契約締結に迫っており、長らく続いた移籍の憶測に終止符が打たれようとしているようだ。両者は新たな契約期間とリリース条項を協議しており、ほぼ合意のところまで来ているという。 予想される新たな契約期間は2025年まで。その通りなら、現行契約から新たに3年延長される格好だ。サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督は以前、「ダニーはどこに行くことに全く興味がない」コメント。そうした両者の信頼関係により、新たな契約締結に近づいているようだ。 2020.10.20 17:05 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ヴェルナー&ハヴァーツ初弾も再び守備崩壊で痛恨ドロー…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、チェルシーvsサウサンプトンが17日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-3のドローに終わった。   インターナショナルマッチウィーク前に行われたクリスタル・パレス戦を4-0で快勝したチェルシーは、2戦未勝利の状況から立て直して中断期間に入った。そして、来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のセビージャ戦、次節にマンチェスター・ユナイテッド戦と重要な連戦を控える中、サウサンプトンを相手に連勝を狙った。   代表戦の影響を考慮してパレス戦から先発4人を変更。負傷のGKメンディに代えてGKケパ、チアゴ・シウバ、エイブラハム、ハドソン=オドイに代えてクリステンセン、ハヴァーツ、そしてプリシッチが今季初先発を飾った。   最前線にヴェルナー、2列目に右からプリシッチ、ハヴァーツ、マウントを配する[4-2-3-1]の布陣で臨んだホームチームは、立ち上がりから相手を圧倒していく。開始3分にボックス左に抜け出したチルウェルがいきなり決定的なシュートを放つと、その後も相手のハイプレスを質の高い繋ぎと、個人技でかいくぐって相手ゴールに迫っていく。   すると、攻勢を続けた15分には最終ラインでのステーションパスから左サイドバックのチルウェルが縦に入れたボールに対して絶妙なボディフェイントでDFベドナレクと完璧に入れ替わったヴェルナーがボックス内に侵入。深いカットインから複数のDFを振り切って右足のシュートを流し込み、待望のプレミアリーグ初ゴールを記録した。   このゴールで完全にノッたヴェルナーは28分、ハーフウェイライン付近で横パスを受けたジョルジーニョからの浮き球のダイレクトパスに反応。持ち味のスピードで再びDFベドナレクと入れ替わると、やや遅れて飛び出したGKを浮き球でかわして無人のゴールへヘディングシュートを流し込む。   ヴェルナーの2ゴールで余裕の試合運びを見せるチェルシーは、その後も危なげなく時計を進めていく。しかし、2点リードでの折り返し目前の前半終了間際にミスから相手にチャンスを与えてしまう。43分、自陣ボックス手前でボールを受けたハヴァーツが無理にボールキープを試みると、相手のプレスの網にかかって痛恨のボールロスト。チェ・アダムスのスルーパスに抜け出したイングスにゴールを決められ、嫌な形で試合を折り返した。   すると、この1点で息を吹き返したサウサンプトンに立ち上がりから押し込まれるチェルシーは、再びミスから2点目を献上。57分、最終ライン裏へ蹴り込まれたボールに対してDFズマのバックパスが短くなる。アダムスにボールをかっさらわれそうになった中、飛び出したGKケパが先に追いついたが、交錯を恐れたのかボールを確保できず。その後、DFクリステンセンが決死のゴールカバーを見せるも、こぼれ球をアダムスに蹴り込まれた。   2つのミスでヴェルナーの2ゴールを台無しにしたチェルシーだが、1失点目に絡んだハヴァーツが意地を見せる。失点直後の59分、右サイドのスペースでボールを受けたヴェルナーがプリシッチとのパス交換でボックス右へ抜け出し、マイナスの折り返しを送る。これをハヴァーツが冷静に流し込み、ヴェルナーに続きプレミアリーグ初ゴールを挙げた。   この勝ち越しゴールで流れを引き寄せたホームチームは、ようやく試合を落ち着けることに成功する。そして、マウントに代えてツィエクをデビューさせ、試合終盤にかけてはプリシッチ、ヴェルナーを下げてリース・ジェームズ、エイブラハムの投入で試合を締めにかかった。   しかし、逃げ切り目前の92分に自陣右サイドの嫌な位置でFKを与えると、DFズマのクリアボールに反応したウォルコットのシュートをゴール前の密集でヴェステルゴーアに頭でコースを変えられて土壇場での3失点目となった。さらに、残り時間でウォルコットにあわや逆転というシーンを作られるなど、最後までバタついたチェルシーは、ホームで痛恨のドローとなった。 2020.10.18 01:20 Sun
twitterfacebook
thumb

セインツ指揮官が語るチェルシーの元教え子ヴェルナー 「まだベストな姿じゃない」

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督がプレミアリーグに舞台を移しての再会となる教え子に言及した。イギリス『メトロ』が報じている。 教え子とは今夏にRBライプツィヒからチェルシーに加わり、イングランド挑戦を果たしたドイツ代表FWティモ・ヴェルナーだ。ハッセンヒュッテル監督とはライプツィヒ時代に共闘。期間はヴェルナーがライプツィヒ入りした2016年から2年間にわたった。 そんな教え子を擁するチェルシーを代表ウィーク明けの17日に行われるプレミアリーグ第5節でホームに迎え撃つハッセンヒュッテル監督。試合に先駆けた会見で、チェルシー自体に敬意を払いつつ、能力を知るものとしてヴェルナーを警戒した。 「多くの選手と仕事をしてきたが、彼は最もスピードのある選手のひとりだ。そんな彼を相手にするのはすごく難しい。今や多くのことを学びながら、完成されたストライカーになりつつある。チェルシーにとって、素晴らしい契約だ」 「彼が幸せになるのはゴールを決めたときだけ。今回の試合が終わったとき、彼が不幸せであるのを願う。これまでのところ、彼はまだベストな姿を披露できていない。ゴールもカップ戦(EFLカップのトッテナム戦)での1得点だけだ」 「とはいえ、チェルシーでティモだけを警戒するのは間違いだ。ほかにも良い選手がたくさんいる」 2020.10.16 13:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーロ予選POを控えるスコットランド代表MFアームストロングが新型コロナ陽性…同部屋のティアニーとクリスティも隔離措置

スコットランドサッカー協会(SFA)は7日、サウサンプトンに所属するMFスチュアート・アームストロングが新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したことを発表した。 SFAによれば、アームストロングは5日にPCR検査を実施した際は陰性だったものの、7日に行われた再検査で陽性反応が確認されたとのことだ。 アームストロングは今後、10日間自主隔離を行うことになり、来年開催のユーロ予選プレーオフのイスラエル代表戦、UEFAネーションズリーグ2020-21の2試合に出場することができなくなった。 なお、他の選手は全員陰性だったものの、ホテルで同部屋だったアーセナルのDFキーラン・ティアニーとセルティックのDFライアン・クリスティ、フィジオセラピスト1名、マッサージ師1名が濃厚接触者に認定されたとのこと。今後、2週間の自主隔離を行うという。 この一大事を受けて、スコットランド代表のスティーブ・クラーク監督がコメント。選手だけでなくチーム、そして周囲への影響を心配した。 「これは残念なニュースだが、一番大事なのは関わった個人と、より大きなグループの健康と安全だ」 「陽性反応が通知されると、すぐにチームのメディカルスタッフがスコットランド政府のアドバイザーに連絡をした。そして、地元の健康保健所に報告した」 「選手とバックルームスタッフを保有するそれぞれのクラブに連絡した。明日の大きな試合に備える必要がある」 2020.10.08 09:50 Thu
twitterfacebook

順位表




得点ランキング