サウサンプトン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 サウサンプトン 52 15 7 16 51 60 -9 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.07.26
24:00
プレミアリーグ
第38節
サウサンプトン 3 - 1 シェフィールド・ユナイテッド
2020.07.19
22:00
プレミアリーグ
第37節
ボーンマス 0 - 2 サウサンプトン
2020.07.16
28:15
プレミアリーグ
第36節
サウサンプトン 1 - 1 ブライトン
2020.07.13
28:00
プレミアリーグ
第35節
マンチェスター・ユナイテッド 2 - 2 サウサンプトン
2020.07.09
26:00
プレミアリーグ
第34節
エバートン 1 - 1 サウサンプトン
基本データ

正式名称:サウサンプトンFC

原語表記:Southampton Football Club

愛称:セインツ (The Saints)

創立:1885年

ホームタウン:サウサンプトン

チームカラー:赤・白

関連ニュース
thumb

トッテナム、ホイビュルク獲得で基本合意! ウォーカー=ピータースは完全移籍へ

トッテナムがサウサンプトンのデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュルク(25)の移籍金でクラブ間合意したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2016年夏にバイエルンからサウサンプトンに加入したホイビュルクは、在籍4年間で公式戦通算134試合5ゴール6アシストを記録。現行契約は2021年6月30日までとなっているが、ステップアップを望んでおり、今夏の移籍が取り沙汰されている。 エバートンも関心を示していたホイビュルクに関して、ジョゼ・モウリーニョ監督が今冬から獲得を熱望。そして、トッテナムは基本移籍金1500万ポンド(約20億7000万円)でサウサンプトンと合意に至ったようだ。 一方で、今年1月にトッテナムからサウサンプトンにレンタル移籍したイングランド人DFカイル・ウォーカー=ピータース(23)は移籍金1200万ポンド(約16億5000万円)で完全移籍に切り替わるとのことだ。 ただ、ボーナスや支払い方法についてクラブ間の話し合いは続いている模様。また、個人合意とメディカルチェック通過後に正式契約となるが、両選手が新クラブへの移籍を望んでいることもあり、成立すると同メディアは伝えている。 2020.08.05 09:42 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンも名乗りのホイビュルク争奪戦、トッテナムは選手譲渡に活路?

サウサンプトンのデンマーク代表MFピエール・ホイビュルク(24)を巡り、トッテナムとエバートンのイングランド勢が凌ぎを削り合っているようだ。 2016年にバイエルンからサウサンプトンに加わり、現行契約が2021年6月までのホイビュルク。今季も主力として公式戦37試合に出場しているが、今夏のステップアップ移籍を望み、トッテナムとエバートンの獲得に向けた動きが指摘されている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、今夏の中盤強化を睨むジョゼ・モウリーニョ監督がホイビュルクをトップターゲットに定めるトッテナムとエバートンはそれぞれサウサンプトンと交渉中。エバートンはすでにオファーを提示済みだという。 トッテナムは評価額2500万ポンド(約33億5000万円)を満たせていないが、今冬からサウサンプトンに貸し出しているイングランド人DFカイル・ウォーカー=ピータースの譲渡を含めたオファーでホイビュルク獲りの活路を探っているようだ。 ただ、サウサンプトンは残る今季でウォーカー=ピータースのパフォーマンスを評価したく、完全移籍で獲得するかどうか決めかねている様子。なお、ホイビュルク自身はエバートンからの関心もあるが、トッテナム行きを希望しているとみられる。 2020.07.17 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

マグワイアがセインツ戦失点場面で謎対応…味方DFの動きを封じる?

マンチェスター・ユナイテッドのDFハリー・マグワイアが、サウサンプトン戦の失点場面で味方をマークするという珍プレーを披露した。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 ユナイテッドは13日に本拠地で行われたプレミアリーグ第35節のサウサンプトンを2-2のドローで終えた。 一時逆転したものの、認められている3度の選手交代を行った後に途中出場のDFブランドン・ウィリアムズが相手との交錯でプレーに戻れず、10人の戦いを強いられると、後半アディショナルに左CKの場面でFWマイケル・オバフェミに同点ゴールを許し、痛恨の勝ち点逸となった。 失点場面ではMFジェームズ・ウォード=プラウズの正確なキック、ニアでわずかにすらしたDFヤン・ベドナレクの好反応、DFビクトル・リンデロフのマークを振り切ったオバフェミの機転が光ったが、ゴール前で防波堤の役割が期待されたマグワイアの不思議な対応が脚光を浴びることに。 当該シーンでゴール前にポジションを取っていたマグワイアは、ウォード=プラウズがボールを入れた際、相手DFジャック・スティーブンスのニアへの動きに対応しようとしたが、なぜか同選手のマークに当たっていた味方DFアーロン・ワン=ビサカを後ろから抱え込む、謎の動きを見せた。そして、自身の頭上を越えたボールをオバフェミに押し込まれることになった。 仮に、マグワイアが謎対応を行わず、当初の持ち場でジャンプしてボールに触れたかは微妙なところだが、前述のように数的不利を背負った中での味方を抱え込む謎の対応は批判を浴びてもしょうがないかもしれない…。 <div id="cws_ad">◆ワン=ビサカの動きを封じる…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Maguire marking his own player <a href="https://t.co/D3cvfmR3Bq">pic.twitter.com/D3cvfmR3Bq</a></p>&mdash; caleb (@caleb23lufc) <a href="https://twitter.com/caleb23lufc/status/1282781283047931906?ref_src=twsrc%5Etfw">July 13, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script><div id="cws_ad"></div> 2020.07.14 19:28 Tue
twitterfacebook
thumb

一時逆転のユナイテッド、3位浮上のチャンス逃す 終了間際被弾でドロー《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは13日、プレミアリーグ第35節でサウサンプトンをホームに迎え、2-2で引き分けた。 前節アストン・ビラ戦を3-0と快勝して4連勝とし、勝利すればチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位浮上となるユナイテッド(勝ち点58)は、リーグ戦ここ4試合同様のスタメンで臨んだ。 ここ3試合2勝1分けの12位サウサンプトン(勝ち点44)に対し、ユナイテッドは10分に決定機。ウォード=プラウズのボールロストを突いたマルシャルが独走。しかし、GKマッカーシーとの一対一をセーブされた。 すると2分後、失点する。ポグバの自陣でのボールロストから、ボックス左に侵入したレドモンドのクロスをファーサイドで受けたアームストロングにネットを揺らされた。 それでも20分に追いつく。ポグバの右サイドからのアーリークロスをゴール前のマルシャルがキープして落とし、ボックス左のラッシュフォードが左足で蹴り込んだ。 さらに3分後、ブルーノ・フェルナンデスのパスを左サイドで受けたマルシャルがカットインからボックス左へ侵入。豪快にゴール左上へ蹴り込み、ユナイテッドが一気に逆転に成功した。 逆転後はユナイテッドがボールを保持し、試合をコントロール。前半を1点リードして終えた。 迎えた後半もユナイテッドが押し込む中、ラッシュフォードのミドルシュートなどで3点目に迫るも、75分にハムストリングを負傷したショーがプレー続行不可能となってピッチを後に。 86分にはボックス左からレドモンドに際どいシュートを打たれたが、ここはGKデ・ヘアがファインセーブで阻止。試合終了間際にはウィリアムズが負傷するアクシデントがあった中、このまま逃げ切るかと思われたが、追加タイム6分に落とし穴。 左CKからニアサイドのベドナレクにヘッドで逸らされ、ファーサイドのオバフェミに押し込まれた。勝ち点1獲得に留まったユナイテッドは3位浮上のチャンスを逸し、CL圏外の5位のままとなっている。 2020.07.14 06:04 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドは勝てば3位浮上、スールシャール監督がスタメンについて「変化はいらない」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、13日に行われるプレミアリーグ第35節のサウサンプトン戦に向けてコメントしている。クラブ公式サイトが伝えた。 リーグ10戦無敗と好調をキープしているユナイテッド。なかでも、攻撃陣は直近4試合で14ゴールを記録するなど絶好調だ。 そして、5連勝を目指す今節はサウサンプトンが相手だが、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う3位チェルシーや、4位レスター・シティが敗れたため、勝利すれば3位浮上となる。 前日会見に出席したスールシャール監督は、6試合連続で同じメンバーをスタメンに送り出すかと問われると、「変える理由はない」と述べ、継続を示唆した。 「チームを管理する時、考慮しなければいけないことがたくさんある。少し苦しんでいる選手もいれば、リズムに乗っている選手もいる」 「決めなければいけないことは山ほどあるが、良いプレーをすればより簡単になる。ケガ人が出ない限り、上手くやっている時に多くを変える理由はない」 2020.07.13 18:15 Mon
twitterfacebook

順位表




得点ランキング