レアル・ベティス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 レアル・ベティス 39 12 3 10 33 38 -5 25
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-03-08
29:00
ラ・リーガ
第26節
レアル・ベティス vs アラベス
2021-03-14
29:00
ラ・リーガ
第27節
セビージャ vs レアル・ベティス
2021-03-19
29:00
ラ・リーガ
第28節
レアル・ベティス vs レバンテ

ラ・リーガ
第30節
レアル・ベティス vs アトレティコ・マドリー

ラ・リーガ
第31節
レアル・ベティス vs アスレティック・ビルバオ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.02.28
24:15
ラ・リーガ
第25節
カディス 0 - 1 レアル・ベティス
2021.02.19
29:00
ラ・リーガ
第24節
レアル・ベティス 1 - 0 ヘタフェ
2021.02.14
29:00
ラ・リーガ
第23節
ビジャレアル 1 - 2 レアル・ベティス
2021.02.07
29:00
ラ・リーガ
第22節
レアル・ベティス 2 - 3 バルセロナ
2021.02.04
29:00
コパ・デル・レイ
準々決勝
レアル・ベティス 1 - 1 アスレティック・ビルバオ
基本データ

正式名称:レアル・ベティス

原語表記:Real Betis

愛称:ベティコス

創立:1907年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:緑、白

関連ニュース
thumb

バルサ、今季台頭の若手DFミンゲサと契約延長か…オプション行使で2年更新可能

バルセロナが、スペイン人DFオスカル・ミンゲサ(21)の契約延長を前向きに検討しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 バルセロナの下部組織出身で、今シーズンにロナルド・クーマン監督の下でトップチームデビューを果たしたミンゲサ。本職はセンターバックながら、両サイドバックもこなせる器用さも備えており、今季はケガによる離脱の多いDFセルジ・ロベルトの穴を埋めながら、ここまで公式戦25試合に出場している。 この活躍にバルセロナのテクニカル部門も2年の更新条項を行使することを前向きに考慮。3月に決定する新会長や監督次第で、実行に移すとのことだ。 一方で、ミンゲサにはベティスが注目しているとの噂もある。伝えられるところでは、ベティスはローコストの右利きのセンターバックを探しており、現状2021年夏で契約が切れるミンゲサはうってつけの補強候補なのだという。 バルセロナとしては、現状では欠かせないミンゲサだが、今後の方針次第ではトップチームから降格してしまう可能性も捨てきれないため、契約を延長しつつ、ベティスへのレンタル移籍させるオプションも持っておくことが理想的だという。『ムンド・デポルティボ』は、ベティスとミンゲサの代理人がすでに接触したことを確認している。 2021.03.03 17:22 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルハ・イグレシアスのPK弾に沈んだヘタフェが4連敗…久保は80分からプレーも見せ場なし《ラ・リーガ》

久保建英の所属するヘタフェは19日、ラ・リーガ第24節でベティスと対戦し0-1で敗戦した。久保は80分からプレーしている。 3連敗中の14位ヘタフェ(勝ち点24)が、7位ベティス(勝ち点33)のホームに乗り込んだ一戦。ヘタフェの久保は3試合連続のベンチスタートとなった。 ヘタフェは開始早々の6分にミスからピンチを迎える。カバコのバックパスをボックス内でカットしたロレンが、飛び出したGKをかわしシュート。しかし、これは右サイドネットに外れた。 ボールを持たれる展開の続くヘタフェは、22分にもグアルダードのミドルシュートでゴールを脅かされたが、これはGKソリアが左手一本で弾き出す好セーブで難を逃れた。 押し込まれながらも何とか失点を防ぐヘタフェだが、攻撃では決定機まで持ち込めず、枠内シュート0本で前半を終えた。 ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはベティス。58分、ルイバルの右クロスをボックス手前で受けたカナレスがトラップでゴール前まで抜け出しシュート。しかし、これはGKソリアのセーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、ヘタフェは72分にチャンス。中盤でボールを奪ったアランバリがカウンターを仕掛けると、クチョ・エルナンデスとのワンツーでボックス内まで持ち上がりシュート。これは好反応を見せたGKロブレスに防がれた。 千載一遇のチャンスを逃したヘタフェは75分、ロングスローをボックス右で奪い合ったチャクラの手がボルハ・イグレシアスの顔に当たり、PKを献上。しかし、カナレスPKはコースを完璧に読みきった守護神ソリアが弾く。こぼれ球を詰めたカナレスのシュートも枠の上に外れた。 ピンチを凌いだヘタフェは、81分にニョムを下げて久保を投入。しかし、再びチャンスを迎えたのはベティスだった。 83分、ミランダのスローインをボックス左で受けたボルハ・イグレシアスがチャクラに倒され、ベティスがこの試合2度目のPKを獲得。このPKがボルハ・イグレシアスがゴール左に決めた。 結局、これが決勝点となりベティスが勝利。敗れたヘタフェは4連敗となった。 2021.02.20 07:25 Sat
twitterfacebook
thumb

途中投入メッシがさすがの存在感! トリンコン待望の移籍後初弾でベティス撃破のバルセロナがリーグ6連勝!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第22節、ベティスvsバルセロナが7日にベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのバルセロナが2-3で勝利した。   ラ・リーガ5連勝で一気に2位に浮上してきた好調のバルセロナ(勝ち点40)は、直近5戦無敗と好調を維持する7位のベティス(勝ち点30)と対戦。   前節、アスレティック・ビルバオにスーペル・コパのリベンジを果たしたバルセロナは、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準々決勝でもグラナダに2点のリードを許す厳しい展開の中、後半終了間際の連続ゴールで追いつき、延長戦の末に5-3で勝利する劇的な勝ち上がりを見せた。   ただ、その120分間の激闘の代償としてメッシ、デ・ヨング、ペドリという主力3選手がベンチスタートとなり、ブラースヴァイト、ピャニッチ、リキ・プッチが代役を務めた。   比較的静かな立ち上がりを見せたものの、バルセロナにいきなりアクシデントが発生。左足首を痛めたアラウホがプレー続行不可能となり、11分に温存していたデ・ヨングをセンターバックで投入するはめに。   このアクシデントで流れを失ったアウェイチームは、厳しい形でのコパ敗退からの巻き返しを図るホームチームの勢いに呑まれ始める。25分、カウンターから右サイドに流れたボルハ・イグレシアスのクロスをファーに飛び込んだフアンミに頭で合わせられるが、これは枠の左に外れる。   その直後の28分には左CKからバルセロナにようやく決定機が訪れる。ショートコーナーからジョルディ・アルバが入れた左足のクロスをゴール前に完璧なタイミングで入り込んだラングレが頭で合わすが、これを枠の左に外してしまう。   その後は五分五分の状況がしばらく続いたが、ベティスが見事なロングカウンターで先にリードを奪う。38分、自陣左サイドを持ち上がったフアンミから中央のフェキルを経由したボールが右サイドのスペースを狙うエメルソンに繋がる。ここで一気にスピードアップして対面のアルバを振り切ったエメルソンの完璧なグラウンダーのクロスをゴール前に走り込んだイグレシアスがワンタッチで流し込んだ。   振るわないパフォーマンスに加えて、ビハインドまで背負って試合を折り返したバルセロナはブラースヴァイトを下げてペドリをハーフタイム明けに投入。さらに、57分にはリキ・プッチとピャニッチを諦めて切り札のメッシをトリンコンと共にピッチへ送り出す。   すると、バルセロナの絶対的なエースで個の力で試合を引っくり返す。まずは59分、右サイドの深い位置を取ったデンベレからマイナスのパスを受けたメッシはボックス右角からニア下を射抜く強烈な左足のグラウンダーシュートを突き刺してすぐさま同点ゴールを奪う。   さらに、よくボールに触って攻撃のリズムを作り出すと、68分には絶妙な斜めのスルーパスでアルバとのホットラインを開通させる。ボックス左でアルバがマイナスに折り返したボールはグリーズマンがうまく合わせられないが、この当たり損ねのボールがDFビクトル・ルイスに当たってゴールネットを揺らした。   エースの投入で見事に試合を引っくり返したバルセロナだったが、このまま試合を終わらすことができない。73分、左サイドでのフェキルの単騎突破をブスケッツがファウルで止めてボックス左手前の危険な位置でFKを与える。すると、フェキルの正確なボールをゴール前で競り勝ったビクトル・ルイスに豪快にヘディングで合わせられ、先ほどのオウンゴールを帳消しにする値千金の同点ゴールとされた。   この失点でバタつくバルセロナは83分にもセットプレーから再びビクトル・ルイスに決定的なヘディングシュートを許すが、ここはGKテア・シュテーゲンの好守で凌ぐ。さらに、投入されたばかりのカナレスやロレンという実力者に手を焼く。   しかし、引き分け濃厚と思われた試合終盤にチームを救ったのは、メッシと同じタイミングで投入されていた21歳のポルトガル代表FW。87分、ボックス手前のメッシがゴール前に飛び出したデ・ヨングを狙った浮き球のパスを入れる。これはDFに撥ね返されるも、こぼれ球にいち早く反応したトリンコンがすかさず得意の左足を振り抜くと、強烈なシュートがクロスバーの内側を叩いてそのままネットを揺らした。   そして、ここまで苦しんでいたトリンコンの移籍後初ゴールで再び勝ち越したバルセロナは、今度こそリードを守り抜いた。   メッシのさすがの存在感にトリンコンに嬉しい初ゴールが生まれた勝負強い戦いぶりで好調ベティスを撃破し、ラ・リーガ6連勝を飾った。 2021.02.08 07:06 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季ファイナリストのアスレティックがPKの末にベティス撃破で4強入り! 後半ラストプレーで追いつく劇的勝ち上がりに《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準々決勝、ベティスvsアスレティック・ビルバオが4日にベニート・ビジャマリンで行われ、1-1のスコアで120分間の戦いが終了。その後、PK戦を2-4で制したアスレティックが準決勝進出を決めた。   4回戦で昨季ファイナリストのレアル・ソシエダを破ったベティスと、3部のアルコヤーノを退けたアスレティックによるプリメーラ勢同士の一戦。試合はアウェイのアスレティックがラウール・ガルシアとビジャリブレという屈強なターゲットマンを使ったシンプルな攻めを見せ、押し込む入りを見せる。その流れから制空権を握ったセットプレーでベスガらがフィニッシュに絡んでいくが、なかなか枠を捉え切れない。   一方、時間の経過と共にボールの主導権を握ってカナレス、フェキルを起点に相手守備を揺さぶる攻撃を仕掛けるベティス。30分付近にはいずれも右サイドを破ってのフェキル、ルイバルの絶妙な折り返しからカナレス、ミランダに決定機が訪れるが、こちらもシュートを枠に飛ばせず。   互いに決定機をモノにできず、0-0で折り返した試合は後半も球際でのぶつかり合いが強調される展開が続き、決定機の数よりもカードが目立つ。それでも、徐々に流れを掴んだアスレティックは71分、ユーリの左クロスに大外から飛び込んだデ・マルコスにビッグチャンスが訪れる。だが、これを枠に飛ばせない。   その後、互いに交代カードを切って試合の流れに変化を加えていく中、ベティスの交代策が先に実を結ぶ。84分、ボックス手前左でドリブル突破を仕掛けたフェキルが相手DFに引っかけられて浮き球のルーズボールがボックス中央のフアンミに向かうと、途中出場のフアンミが抑えの利いた左足のボレーシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   試合終盤のゴールで準決勝に近づいたホームチームはボルハ・イグレシアス、フェキルを下げてグアルダード、シジネイと守備的な選手を投入して逃げ切り態勢に入る。   そして、冷静な試合運びで時計を進めていくが、昨季ファイナリストが最後の最後に勝負強さを発揮した。94分、左サイドで高い位置を取ったイニゴ・マルティネスが絶妙なアーリークロスを供給すると、DF2枚の間でうまく浮いたラウール・ガルシアが見事なヘディングシュートをゴール右隅の完璧なコースに流し込んだ。   そして、昨季ファイナリストの驚異的な粘りによって延長戦に入ると、立ち上がりにはモルシージョの強烈なミドルシュートでアスレティックが勝ち越しに迫るが、これはGKロブレスの守備範囲。一方、主力アタッカーをすでにベンチに下げてより難しい立場に立たされたベティスも、延長から投入されたホアキンが延長前半終了間際にボックス内で決定的なシュートを放つなど、防戦一方の展開にはさせなかった。   結局、延長戦では決着がつかず、ベスト4進出の行方はPK戦に委ねられることになった。そのPK戦では先行のアスレティックが4人全員成功したのに対して、後攻のベティスは2人目のカナレス、3人目のフアンミがGKウナイ・シモンの連続セーブに遭い、昨季ファイナリストが4-2でPK戦を制した。   そして、後半ラストプレーで追いつきPK戦の末にベティスを退けたアスレティックが劇的な形でベスト4進出を決めた。 2021.02.05 07:48 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティスの新星ロドリが圧巻のドリブル突破から決めたソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・ベティスのスペイン人MFロドリ(20)が決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベティスの若手ロドリのソロゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIyR1p4V0JnYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 2000年生まれのロドリは16歳でベティスの下部組織に入団。順調にユースカテゴリーを進み、徐々にファーストチームへの招集も増えてきているベティス期待の新星だ。 そんなロドリは、2021年1月17日に行われたコパ・デル・レイ3回戦のスポルティング・ヒホン戦で先発出場を果たすと、素晴らしいゴールを決め、アピールに成功している。 1-0とベティスリードの31分、センターサークルの左でロドリがボールを受ける。前方にスペースがあることを確認したロドリは、ドリブルで仕掛けていくと、急加速でマークに来たDFを置き去りにして一気にボックス内に侵入。プレスに来た別のDF、キレのある切り返しで容易くかわすと、GKの脇を抜く鋭いシュートを沈め、見事なゴールを決めてみせた。 試合はそのまま2-0でベティスが勝利したが、期待の若手の素晴らしいパフォーマンスは、チームにとって単なる勝利以上の思わぬ収穫になったに違いないだろう。 2021.01.24 08:00 Sun
twitterfacebook

順位表

得点ランキング