レアル・ベティス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 レアル・ベティス 51 14 9 11 43 46 -3 34
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-05-10
28:00
ラ・リーガ
第35節
レアル・ベティス vs グラナダ
2021-05-13
27:00
ラ・リーガ
第36節
エイバル vs レアル・ベティス

ラ・リーガ
第37節
レアル・ベティス vs ウエスカ

ラ・リーガ
第38節
セルタ vs レアル・ベティス
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.02
21:00
ラ・リーガ
第34節
レアル・バジャドリー 1 - 1 レアル・ベティス
2021.04.24
28:00
ラ・リーガ
第32節
レアル・マドリー 0 - 0 レアル・ベティス
2021.04.21
27:00
ラ・リーガ
第31節
レアル・ベティス 0 - 0 アスレティック・ビルバオ
2021.04.18
25:30
ラ・リーガ
第33節
レアル・ベティス 2 - 2 バレンシア
2021.04.11
28:00
ラ・リーガ
第30節
レアル・ベティス 1 - 1 アトレティコ・マドリー
基本データ

正式名称:レアル・ベティス

原語表記:Real Betis

愛称:ベティコス

創立:1907年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:緑、白

関連ニュース
thumb

レアル足踏みも…ジダン「今日でリーガの戦いが終わってしまったわけじゃない」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が遠ざかったラ・リーガの覇権争いについて、「今日で終わってしまったわけじゃない」と主張した。スペイン『マルカ』が報じている。 2位のレアル・マドリーは24日に本拠地で行われた第32節で7位のベティスと対戦。優勝争いを演じるライバル勢に先んじてのゲームだけにしっかりと勝利で飾りたいところだったが、攻撃陣が不発に終わり、0-0のドローに終わった。 レアル・マドリーは2試合ぶりの引き分けにより、翌日に今節を残す首位アトレティコ・マドリーに5ポイント差まで引き離される可能性があるほか、1試合の未消化分も残す3位バルセロナにも勝ち点で並ぶ隙を許してしまっている。 しかし、痛恨の足踏みを強いられたジダン監督は試合後、攻撃陣の鈍さを感想として述べつつ、残り5試合での逆転優勝を諦めない姿勢を打ち出した。 「2ポイントを落とした。明白にね。ディフェンス面は非常に良かったが、オフェンス面は多くのものが足りなかった。今日は前線に鋭さがなく、何かが足りなかったのだ」 「2ポイントを失ってしまったが、もう火曜日のゲームに集中している。リーガの道のりはまだ長く、最後まで戦う。今日でリーガの戦いが終わってしまったわけじゃない」 また、27日にホームで予定するチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのチェルシー戦に向けても弾みをつけられなかったジダン監督だが、問題なしを強調している。 「勝ち点2を取りこぼせば、ひどいみなされ方をするもの。今季最も難しい試合に向けて、準備できている。今日、勝つために何かを欠いたのは確かだが、我々は良い感じだ」 2021.04.25 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

アザール復帰も攻撃停滞のマドリー、ベティスの堅守に苦しみ痛恨のゴールレスドロー…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第32節、レアル・マドリーvsベティスが24日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、0-0のドローに終わった。 首位アトレティコ・マドリーを3ポイント差で追う2位のマドリー(勝ち点70)は、前節カディス相手にエースFWベンゼマのドブレーテを含む全ゴールを演出する見事な活躍によって3-0で快勝。2戦ぶりの白星を手にした。 27日にチェルシーとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグを控える中、リーグ連勝を目指す今節は6位のベティス(勝ち点49)をホームで迎え撃った。ジダン監督は前節から先発4人を変更。オドリオソラ、マルセロ、ブランコ、ヴィニシウスに代えてモドリッチとカルバハルが復帰したほか、アセンシオとイスコが起用された。並びも[3-4-3]から本来の[4-3-3]に戻している。 強い雨が降りしきる中でスタートした上位対決は互いに慎重な入りを見せる。試合序盤はベティスが押し込む場面を作るが、マドリーの堅い守備を前になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。 一方、攻守両面で強度の窺えるものの、攻撃のギアが上がり切らないマドリーは、前半半ばを過ぎてようやく決定機を創出。25分、左サイドに流れたベンゼマを起点にボックス内の密集の中でロドリゴがシュート。これは相手DFのブロックに遭うも、こぼれ球を繋いで二次攻撃を仕掛けると、ボックス左でカットインしたベンゼマがニア下に鋭いシュートを飛ばすが、これはGKブラーボの守備範囲。 その後、ベティスはカナレスのミドルシュート、マドリーはイスコのスルーパスに抜け出したベンゼマと互いに惜しい場面を作り出すが、中盤での潰し合いが目立った前半は0-0で終了した。 共に選手交代なしで迎えた後半も守備のソリッドさが強調されるクローズな展開が続く。55分には右サイド深くに侵攻したロドリゴのシュート性のクロスがゴールに向かうが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 膠着状態を打破したい両ベンチは60分付近にいずれも動く。ホームのマドリーはロドリゴに代えてヴィニシウスを、ベティスはホアキンに代えてルイバルとより個での打開が期待できるアタッカーをピッチへ送り出した。 この選手交代によって若干試合に動きが出始めると、65分にはベティスに絶好機。自陣右サイドからエメルソンとライネスの連携でプレッシャーを掻い潜り、最終ラインの背後を狙うカナレスに縦パスが通る。ここでカナレスはすかさず中央でフリーのボルハ・イグレシアスに折り返しを送ると、GKと一対一のビッグチャンスもファーストタッチが決まらず。GKクルトワの果敢な飛び出しに阻まれた。 守護神の好守で失点を凌いだ直後に相手陣内右サイド深くでのスローインの流れからモドリッチが強烈なミドルシュートで相手GKを急襲するも、前半同様にゴールが遠いマドリー。68分にはカルバハルとイスコを下げてオドリオソラとマルセロを同時投入し、[3-4-3]に布陣を変更。さらに、77分にはアセンシオとモドリッチに代えて切り札のアザールをブランコと共に最後の交代カードとして切った。 その後、アザールとマルセロの左サイドを起点にチャンスクリエイトを試みるマドリーは、試合終了間際にはヴァランとカゼミロを最前線に上げる力業まで見せたが、最後までベティスのゴールをこじ開けることはできなかった。 この結果、ベティスとの上位対決を0-0のドローで終えたマドリーは、今節の結果次第で首位とのポイント差が「5」に広がることに。また、週明けのチェルシー戦に向けても不安を残す結果となった。 2021.04.25 05:55 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコがベティスと痛恨ドロー…首位キープもフェリックス&トリッピアーが負傷交代…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第30節、ベティスvsアトレティコ・マドリーが11日にベニート・ビジャマリンで行われ、1-1のドローに終わった。   前日に行われたエル・クラシコがレアル・マドリー(勝ち点66)の勝利に終わり、暫定ながら首位を明け渡すことになったアトレティコ(勝ち点66)。首位死守を目指す一戦では熾烈なヨーロッパリーグ(CL)出場権争いに身を置く6位のベティス(勝ち点46)とのアウェイゲームに臨んだ。   0-1で落とした前節のセビージャ戦からは先発5人を変更。サスペンションのスアレス、マルコス・ジョレンテ、負傷のレマルに代わってコレアと負傷明けのフェリックス、エクトル・エレーラが起用されたほか、ロージとフェリペに代わってサビッチとカラスコが復帰した。   スアレスとジョレンテ不在の中で総合力が試されるアトレティコだったが力強い入りを見せる。開始5分、相手陣内左サイドの深い位置で仕掛けたカラスコがフェリックスとのワンツーでゴール前に飛び出すと、このパスに対してコレアの動きが重なるもうまくDFとGKを引き付けて潰れる形となり、ゴール前ドフリーでルーズボールに反応したカラスコが難なく無人のゴールへ蹴り込んだ。   開始早々に先制点を挙げる最高の入りとなったアトレティコは勢いづいて積極的に追加点を奪いに行く。15分にはエルモソからの精度の高いクロスに大外で反応したサウールがドンピシャのヘディングシュートを放つが、これはGKブラーボのビッグセーブに阻まれる。   その後も自分たちのリズムで試合を運んでいたアトレティコだが、相手の見事な崩しを前にあっさりと試合を振り出しに戻される。20分、左サイドに流れて内向きのドリブルを仕掛けたホアキンがDFを引き付けて左サイドのアレックス・モレノに繋ぐと、モレノからの鋭いクロスに反応したテージョがボックス中央で見事な右足のダイレクトシュートをゴール右隅へ突き刺した。   これで再びゴールが必要な展開となったアトレティコは左サイドのカラスコの個人技を攻め手に相手ゴールに迫っていくが、中をうまく締められてボックス内に割って入るまでに至らず。前半のフィニッシュシーンはミドルレンジからのシュートに留まった。   後半も早い時間帯にゴールをこじ開けたいアトレティコだったが、いきなりアクシデントに見舞われる。前半ラストプレーで古傷の右足首を痛めたフェリックスが後半のピッチに立ったが、自らピッチに座り込んでしまい、トレイラの緊急投入を余儀なくされた。   このアクシデントも影響してか、後半は立ち上がりから攻撃にリズムが出ないアトレティコは、60分を過ぎてエレーラとエルモソを下げてロージ、ビトロとサイドで局面を打開できる攻撃的な選手を同時に投入する。   しかし、前がかりになって攻めるものの効果的な仕掛けが少ないアウェイチームは、制空権を握れるセットプレー以外になかなか可能性を感じさせる攻めを仕掛けることができない。   逆に、割り切ってアトレティコを自陣に引き込んでカウンターを狙うベティスの形に持ち込まれると、74分にはロングカウンターからルイバル、76分には途中出場のライネスとボックス付近で続けて決定的なシュートに持ち込まれる。それでも、DFヒメネスの決死のブロック、守護神オブラクのファインセーブによって辛くも2失点目を免れる。   その後、腰を痛めてプレー続行不可能となったトリッピアーに代えてヴルサリコを最後の交代カードとして切ったアトレティコは、敵地から勝ち点3を持ち帰るために最後まで懸命な戦いを見せる。   土壇場の91分にはDFと入れ替わったヴルサリコを起点に右サイドを崩し、ビトロからのグラウンダーの折り返しをボックス中央のコレアが右足で枠に飛ばすが、これはGKブラーボがファインセーブ。さらに、94分にはカラスコのスルーパスに抜け出したコレアに再びビッグチャンスも、これもブラーボの勇敢な飛び出しに阻まれた。   そして、試合はこのまま1-1のスコアでタイムアップを迎え、首位キープに必要な最低限の勝ち点1を持ち帰ったアトレティコだが、2位のマドリーに1ポイント差、3位のバルセロナに2ポイント差という極限状態でのタイトルレースを強いられることになった。 2021.04.12 05:57 Mon
twitterfacebook
thumb

長期離脱からの復帰を果たしたバルトラ「最高のコンディションとなるよう集中している」

レアル・ベティスのスペイン代表DFマルク・バルトラが、ケガからの復帰について語っている。スペイン『アス』が伝えた。 バルトラは2018年1月にドルトムントからベティスに加入して以来、公式戦108試合に出場。チームの守備を支え続けてきたが、今シーズンは踵の負傷や胆嚢の問題に苦しめられ、ラ・リーガ第15節から試合出場がない状態だ。 ラ・リーガ第28節レバンテ戦でようやくベンチ入りを果たしたバルトラは、スペイン『Radio Sevilla』に出演した際、負傷に苦しんだものの現在はプレー出来るコンディションが整ったと語っている。 「何週間もチームと一緒に練習していて、今はいい感じだ。監督は誰かに肩入れせず、トレーニングでの姿で判断してくれる。だから僕は可能な限り最高のコンディションとなるよう集中しているんだ。そして監督やチームが頼ってくれた時は、すぐ助けられるようになりたい」 「かなり以前から踵のケガは気になっていたが、うまくコントロールできていた。僕は一生懸命仕事をして、自分の体を大切にしたいと思っているからね。だが、突然コントロールできなくなり、試合に出たことでさらに悪化して、チームに貢献できなくなってしまった」 「(胆嚢の問題による)疝痛がなければ、ケガからもう少し早く復帰できたかもしれない。疝痛がある分、回復に時間がかかってしまった。ただ、今最も重要なのは、両方の症状をコントロールできていることだ。助けてくれている医師やスタッフには感謝しているよ」 また、バルトラは復帰後の目標として、チームをなるべく高い順位に押し上げたいとコメント。同時に、スペイン代表に再び招集されることも望んでいる。 「チームが目指しているポジションに到達できるよう願っている。僕たちは皆お互いに顔を見合わせて、次のエルチェ戦のことだけを考えているんだ」 「(スペイン代表監督の)ルイス・エンリケは誰かに肩入れすることなく、パフォーマンスに応じて選手を呼んでくれる監督だ。それが僕たち全員にとって、モチベーションの維持につながっているのは事実だね」 2021.03.31 17:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ウーデゴール退団濃厚のアーセナル、フェキルへの関心再燃か

アーセナルがベティスに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(27)への関心を再燃させているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 アーセナルでは今冬にレアル・マドリーからレンタル加入したノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(22)がトップ下のポジションで存在感を示している。しかし、マドリーは完全移籍での売却を望んでおらず、今シーズン終了後に復帰させることが既定路線となっている。 また、選手自身も先日のインタビューで、「何度も言っているけど、レアル・マドリーと契約すれば、常にそこでプレーすることが目標になるものさ。もちろん、僕にとって大きな夢だ」と、マドリー復帰願望を明言していた。 そのため、アーセナルが来シーズン以降も若き司令塔をチームに残せる可能性は低く、クラブは新たな代役候補をリストアップしている模様だ。 『ムンド・デポルティボ』が伝えるところによれば、その候補に挙がっているのが、過去にも関心が噂されたフェキルだという。 ウーデゴールと同じ左利きのアタッカーであるフェキルは、より個での打開やフィニッシュに特長があり、ゲームメイカー寄りのノルウェー代表MFとはキャラクターが異なる。それでも、アイデア不足が指摘されるアーセナルの攻撃に変化を加えられるクオリティの持ち主だ。 今季のラ・リーガ25試合で3ゴール6アシストの数字を残すフランス代表FWに対して、アーセナルは昨夏の移籍市場において関心を示していたが、最終的にスペイン代表MFダニ・セバージョスのレンタル期間延長が決定したこともあり、交渉を進めることはなかった。 だが、今夏の移籍市場においてはウーデゴールの代役として再び獲得に動く可能性は十分にあるようだ。 2021.03.28 00:04 Sun
twitterfacebook

順位表

得点ランキング