ベルギー

結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.11.18
28:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ2
第6節
ベルギー 4 - 2 デンマーク
2020.11.15
28:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ2
第5節
ベルギー 2 - 0 イングランド
2020.11.11
28:45
国際親善試合
ベルギー 2 - 1 スイス
2020.10.14
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ2
第4節
アイスランド 1 - 2 ベルギー
2020.10.11
25:00
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ2
第3節
イングランド 2 - 1 ベルギー
基本データ

正式名称:ベルギー代表

原語表記:Belgium

ホームタウン:ブリュッセル

チームカラー:赤

関連ニュース
thumb

ベルギー代表DFヴァン・ダンメが37歳で現役引退…

元ベルギー代表DFイェーレ・ヴァン・ダンメ(37)が12日に自身の公式『インスタグラム』を通じて現役引退を発表した。 ヴァン・ダンメは昨年夏にロケレンとの契約が終了して以降、半年以上に渡ってフリーの状況が続いていた。 そして、今月12日のタイミングで自身のキャリアに終止符を打つことを明かした。 「僕は正式にプロフットボールから引退することになった」 「子供たちが自分の選択の中で常に優先されていたけど、決断するのは簡単なことではなく、難しい決断だった。でも、もう遠くには行かないと約束していたので、より近くのクラブからの関心を期待していたけど、ここまで何も動きはなかったからしょうがないね」 「だから、僕は引退する。ただ、正直なところ、人生にはこの美しいゲームよりももっと多くのことがあるとも思っているよ」 「まずは、これまでプレーしてきたすべてのクラブとこの国を代表してプレーするチャンスを与えてくれた代表チームに感謝したいと思うよ。率直に言って、自分の中にある全てのものを全て出し切ったと言えると思う」 Kベールスホットでプロキャリアをスタートしたヴァン・ダンメは、アヤックスやサウサンプトン、ブレーメン、LAギャラクシーという国外クラブ、アンデルレヒト、スタンダール・リエージュ、ロイヤル・アントワープと国内の名門でプレー。 190cmの長身を生かした対人プレーを最大の特長としていた左利きのセンターバックは、ベルギー代表でも通算31試合に出場していた。 2021.02.14 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

2020年FIFAランキング、ベルギー代表が3年連続でチーム・オブ・ザ・イヤー受賞

FIFA(国際サッカー連盟)は10日、ベルギー代表が2020年のチーム・オブ・ザ・イヤーに選出されたことを発表した。 毎年12月に発表されるFIFAランキングに基づくチーム・オブ・ザ・イヤーに3年連続でベルギー代表が輝いた。昨年はトータルで1082試合の国際試合が行われ、1993年のFIFAランキング導入以降、最多の試合数となったが、今年は新型コロナウイルスの影響で最少の352試合にとどまった。 その中で8試合のうち6勝を挙げたベルギー代表は常にトップをキープし、今回の受賞につながった。ベルギー代表の他にも2位のフランス代表や3位のブラジル代表、4位のイングランド代表も順位不動。トップ5で昨年から変更があったのは5位のポルトガル代表のみとなった。 6位のスペイン代表や7位のアルゼンチン代表は昨年から2つ順位を上げた一方、ウルグアイ代表は8位に後退。9位と10位はメキシコ代表とイタリア代表となっている。 2020年に最もポイントを稼いだチームはハンガリー代表(+44pt)で、順位も52位から40位へジャンプアップ。また、ブルンジ代表(+29pt)は138位と下位ではあるものの、13位アップと最も大きく順位を上げたチームとなった。 なお、日本代表は27位となっている。 ◆2020年FIFAランキングTOP10 1.ベルギー 2.フランス 3.ブラジル 4.イングランド 5.ポルトガル 6.スペイン 7.アルゼンチン 8.ウルグアイ 9.メキシコ 10.イタリア 2020.12.10 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「世界で5人の中の1人」インテルFWルカクが自身の立ち位置を語る

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクが、自身の立ち位置について語った。 2019年夏にマンチェスター・ユナイテッドからインテルへ加入したルカク。セリエA初挑戦となった昨シーズンは、36試合に出場し23ゴール2アシストを記録するなど結果を残した。 <div id="cws_ad">◆絶好調・ルカクのシーズン序盤で決めたゴール集!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCRUFrMjZvTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> また、ヨーロッパリーグでは6試合で7ゴール2アシストを記録。チームを決勝まで導いたが、自身のオウンゴールが決勝点となりセビージャにタイトルを譲る悔しい思いをしていた。 『フランス・フットボール』でのインタビューに応えたルカクは、世界における自身の立ち位置についてコメント。トップクラスのゴールスコアラーになれると自信を示した。 「過去5カ月を見れば、僕は上位5人のスコアラーの1人だよ。より多くのゴールを決めた選手はいるかもしれないけど…トップ5は問題ないだろう。ランキングはつけたくないけど、僕もその1人だ」 「クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、ロベルト・レヴァンドフスキが限界を超えたというのであれば、なんで僕がそれをできないのだろうか?」 また、インテル加入時には、元ブラジル代表のエースでインテルでプレーしたロナウド氏と比較されたとコメント。1年目のゴール数を常に聞かされていたと明かした。 「彼は代表チームで100ゴール以上を決めている。比較するのは少し早いよ。ミラノでは、誰もがロナウドが最初のシーズンで34ゴールを決めたと僕に話してきたんだ」 「並べてよかったよ。でも、彼はUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)で優勝し、僕は決勝で敗れた。今、僕はトロフィーを獲得するために働いている」 ルカクは51試合で34ゴール6アシストを記録し、ロナウド氏のインテル1年目であった1997-98シーズンの34ゴールと同じ結果を残していた。 2020.12.09 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

クルトワが痛恨のトラップミス…ファイナルズ進出決めたデンマーク戦で唯一ほろ苦さ味わう

レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワがデンマーク代表戦で痛恨のミスを犯した。 ベルギーは18日、UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2最終節でデンマークと対戦し、4-2で勝利した。 ベルギーにとっては、エースFWロメル・ルカクの2ゴールなど攻撃陣が爆発し、目標のファイナルズ進出を決めた最高の試合となった。ただ、同試合で唯一ほろ苦い思いをしているのが、絶対的守護神のクルトワだ。 同選手はチームが3-1のリードで試合終盤を迎えた86分、自陣左サイドでボールを持ったMFナセル・シャドリからグラウンダーのバックパスを受けた際、相手FWのプレッシャーが気になったか、一度ボールから目を切ってしまう。すると、ここで痛恨のトラップミスが起きてシャドリのパスがそのままゴールネットを揺らすことになった。 その後、MFケビン・デ・ブライネの追加点によりデンマークの追走を振り切ったベルギーだったが、世界屈指のGKによるチョンボは国内外のフットボールファンの間で嘲笑の種になってしまった。 <div id="cws_ad">◆痛恨のトラップミスに…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Thibault Courtois magic. <a href="https://t.co/BkIR36xUZu">pic.twitter.com/BkIR36xUZu</a></p>&mdash; DeShaun (@DeshaunTalks) <a href="https://twitter.com/DeshaunTalks/status/1329174766280970244?ref_src=twsrc%5Etfw">November 18, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.19 14:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルギーがUNL4強入り! 指揮官&主砲がコメント 「勝つために少し乱暴さが必要なときもある」

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督がUEFAネーションズリーグ(UNL)準決勝進出 2位デンマーク(勝ち点10)首位のベルギー(勝ち点12)は18日にUNL2020-21リーグA・グループ2最終節で2位のデンマーク代表(勝ち点10)と対戦して、4-2の勝利。上位対決を制して、4強入りを果たした。 1-1で試合を折り返したものの、後半に突き放して、イタリア代表やフランス代表、スペイン代表も勝ち上がりのファイナルズ進出を決めたベルギー。マルティネス監督は後半の戦いぶりを評価した。 「前半に先制したとき、何かしらがルーズになる感じがあった。その時点で準決勝進出が頭にあり、少し臆病になってしまったんだ。いつものような冷静さがなかった」 「後半に入り、大きなリアクションを感じた。その後半も失点したが、後ろがプレーしようとしたときに起こり得る類のミス(オウンゴール)によるものだ」 「しかし、チームはリスクを冒したり、試合を楽しむ準備もあった。それは前半にできなかったことだ」 また、2ゴールのインテルのFWロメル・ルカクも試合後、「僕はストライカーとして、ただゴールマウスにボールを蹴り込みたいだけだ」と自身のゴールを自賛すると、チームのベスト4入りに満足感を示した。 「勝つために少し乱暴さが必要なときもあるが、今夜はそれができたよ。前回大会はあと一歩のところまで迫ったが、スイスにかなり厳しい敗北を喫した」 「(ベスト4進出に向けて、今回のデンマーク戦で)引き分けで十分なのは承知済みだったが、リスクを冒したりしたくなかったから、勝てて本当に良かった」 2020.11.19 12:05 Thu
twitterfacebook

順位表

得点ランキング