ベルギー

結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.09.08
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ2
第2節
ベルギー 5 - 1 アイスランド
2020.09.05
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ2
第1節
デンマーク 0 - 2 ベルギー
基本データ

正式名称:ベルギー代表

原語表記:Belgium

ホームタウン:ブリュッセル

チームカラー:赤

関連ニュース
thumb

ベルギー代表監督がアザールのコンディション不良に言及、ソシエダ戦欠場へ

レアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールが、ラ・リーガ第2節のレアル・ソシエダ戦を欠場する可能性があるようだ。 昨夏にチェルシーからレアル・マドリーに加わり、クラブのシンボルナンバーである背番号「7」を背負い期待を集めたアザールだったが、度重なる故障に苦しみ、公式戦22試合に出場し1ゴール7アシストという結果に。3シーズンぶりのラ・リーガ制覇を成し遂げたクラブに貢献できたとは言えない働きだった。 真価を問われる2年目を迎えるアザールは、9月に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21にベルギー代表として招集。しかし、デンマーク代表戦、アイスランド代表戦では起用されなかった。 ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、スペイン『カデナ・コペ』でアザールの状態についてコメント。準備が必要だったために起用しなかったと理由を語った。 「彼に忍耐を与える必要がある。選手は試合に追いつけていない。彼には個人的な調整が必要だ」 「エデンは、リスクなしでプレシーズンを開始するために個別の調整が必要だった。彼は90分間プレーする準備ができていない。それが理由だった」 「もし親善試合が2つあれば、45分、次に60分プレーする機会を彼に与えただろう。でも大会の試合ではそれはできない。彼は大きなケガを負った。彼はピッチ上で100%プレーしなければいけない選手だ」 2度骨折した右足首の負傷からの回復に努めているアザールだが、まだまだコンディションが整っていない状況。14日のチームトレーニングにも姿はなかった。そのため、20日に開催される新シーズン初戦のレアル・ソシエダ戦を欠場する可能性が高いという。 2020.09.15 14:05 Tue
twitterfacebook
thumb

アルデルヴァイレルトがベルギー代表通算100試合到達! 4人目の快挙に

トッテナムに所属するDFトビー・アルデルヴァイレルトが、アイスランド代表戦でベルギー代表通算100試合出場を達成した。 2009年5月に日本で開催されたキリンカップサッカー2009のチリ代表戦でベルギー代表デビューを飾ったアルデルヴァイレルトは、代表キャリアの初期は右サイドバックを主戦場にプレー。 その後、ユーロ2016付近から本職のセンターバックにポジションを移し、現在は同ポジションのファーストチョイスとしてディフェンスラインを支えている。ここまでは2度のワールドカップ、前述のユーロと3つのメジャー大会を経験している。 そして、8日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2第2節のアイスランド戦では待望の代表通算100キャップ目を刻んだ。 ロベルト・マルティネス監督の計らいにより、このメモリアルゲームにキャプテンマークを巻いて臨んだアルデルヴァイレルトは、クリーンシートこそ逃したものの、チームは5-1の大勝を飾った。 アルデルヴァイレルトは自身の公式『ツイッター』を通じて、「100試合到達! レッドデビルズのユニフォームを着る時はいつでも誇りに感じているよ。この節目を迎えられたのは、これまでに助けてくれた全ての人たちのおかげだよ」と、喜びの思いを綴っている。 また、大勝した試合後には、「このチームは最高だ。キャプテンを務めた試合で素晴らしい勝利を飾れて最高の気分だよ。ジェレミー・ドクの初ゴールを祝福するよ」と、コメントしている。 なお、ベルギー代表での100試合出場はDFヤン・ヴェルトンゲン(120試合)、MFアクセル・ヴィツェル(107試合)、MFエデン・アザール(106試合)に続く4人目の快挙となる。 2020.09.09 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ドクの代表初弾を含む5発でアイスランドを粉砕したベルギーが連勝!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2の第2節、ベルギー代表vsアイスランド代表が8日に行われ、5-1でホームのベルギーが圧勝した。 5日に行われた初戦のデンマーク代表戦を完勝したベルギーは、その試合から先発メンバーを5人変更。ルカクやカラスコ、ティーレマンス、GKミニョレらに代えてバチュアイやデ・ブライネ、ドク、代表デビューとなるGKカスティールスが先発で起用された。 一方、後半アディショナルタイムのPK失敗で初戦のイングランド代表戦を惜敗したアイスランドは、その試合から先発メンバーを大幅7人変更。A・グズムンドソンやB・ビャルナソン、パルションらがイングランド戦に続き先発に並んだ。 立ち上がりからボールを保持するベルギーだったが、先にスコアを動かしたのはアイスランド。10分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、バイタルエリア左まで持ち上がったビャルナソンの横パスを中央のH・フリズヨンソンがダイレクトシュート。相手DFにディフレクトしふわりと浮いたシュートは相手GKの頭上を越え、そのままゴールに吸い込まれた。 先制を許したベルギーだったが、すぐに反撃に転じると13分に決定機。ボックス左手前で獲得したFKをメルテンスが直接狙うと、左ポストの跳ね返りをヴィツェルが押し込んだ。 同点弾で勢いづくベルギーは、17分にもメルテンスの落としからヴィツェルがミドルシュートを放つと、相手GKの弾いたボールに反応したバチュアイがゴールに流し込み、失点からわずか6分間で逆転に成功した。 ハーフタイムにかけても主導権を握るベルギーは、前半終了間際の44分、ムニエとのパス交換で右サイドを抜け出したアルデルヴァイレルトの折り返しをニアに飛び込んだメルテンスが合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 後半に入っても攻勢を続けるベルギーは、50分にデ・ブライネの縦パスをゴールエリア左付近で受けたメルテンスがトラップで浮いたボールをハーフボレーで流し込み、3点目。 幸先良く追加点を奪ったベルギーだったが、55分にアクシデント。ボックス内で競り合ったGKカスティールスの口元に相手選手の肘が当たり倒れると、そのままGKミニョレと交代した。 攻撃の手を緩めないベルギーは69分、デ・ブライネとのパス交換でボックス左深くまで侵入したヴェルスハーレンの折り返しをニアのバチュアイがヒールシュートで流し込んだ。さらに79分にも、デ・ブライネのスルーパスでボックス左から侵入したドクがカットインから右足を振り抜くと、豪快にゴール右にシュートを突き刺した。 結局、試合はそのまま5-1で終了。ドクの代表初ゴールなどでアイスランドに格の違いを見せたベルギーが連勝でグループ2の首位に浮上した。 2020.09.09 05:47 Wed
twitterfacebook
thumb

メルテンス1G1Aのベルギーがデンマーク撃破で白星発進!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグのリーグA・グループ2第1節、デンマーク代表vsベルギー代表が5日に行われ、アウェイのベルギーが2-0で勝利した。 今大会の優勝候補であるベルギーは、エリクセンやホイビュルク、ユスフ・ポウルセンらタレントを擁するデンマークと初戦で対戦。 招集外の守護神クルトワ、妻の出産立ち合いにより合流が遅れるデ・ブライネと一部主力を欠く中、マルティネス監督はエースのアザールをベンチスタートにした以外、主力を起用。ヴェルトンゲンやヴィツェル、ルカク、メルテンスらがスタメンを飾った。 ホームのデンマークがボールの主導権を握り、ベルギーがカウンターで応戦する形となった試合は早い時間帯に動く。9分、メルテンスの右CKをニアに飛び込んだデナイヤーがストライカー顔負けの左足のダイレクトシュートで合わせた。 セットプレーから幸先良く先制したアウェイチームだが、以降はエリクセン、デラネイ、ホイビュルクの中盤3人を中心に丁寧にボールを動かすデンマークに押し込まれる。25分にはボックス手前のエリクセンに強烈なシュートを浴びるが、これはGKミニョレの好守で凌ぐ。だが、その後もブラースヴァイトに幾度かゴールを脅かされるなど、相手の流れが続く。 前半半ばから終盤にかけては相手サイドバックの上がった裏のスペースや、相手セットプレーからのロングカウンターで追加点に迫るが、カスターニュがボックス内での決定機でシュートを大きくふかすなど、効率の良い試合運びとはならず。 迎えた後半も前から積極的に圧力をかけるデンマークが主導権を握るが、ヴェルトンゲン、デナイヤー、アルデルヴァイレルトの3バックを中心にベルギーの守備陣が最後のところでやらせない。逆に、61分には右サイド深くでのスローインの流れからティーレマンスがボックス右で見事な個人技をみせ、投入されたばかりのレスターの同僚MFプラートに決定機をお膳立てするが、右足のシュートは同じくレスターの守護神シュマイケルの守備範囲。 それでも、後半半ばを過ぎてカウンターの精度が高まるベルギーは75分にトルガン・アザールのスルーパスに抜け出したルカクが相手GKにファインセーブを強いる決定機を作り出すと、直後の76分に決定的な2点目を奪う。 ボックス左でボールを収めたルカクが潰れたところに飛び出したティーレマンスのシュートは相手に阻まれるが、これを後方から走り込んできたメルテンスが冷静にゴール右隅に流し込んだ。 その後、トロサール、ドクの2選手を代表デビューさせるなど、余裕の采配を見せたベルギーが試合終盤のデンマークのパワープレーをきっちり凌ぎ切って2-0の勝利。デ・ブライネやクルトワ、アザールと主力不在の中で今大会を白星でスタートした。 2020.09.06 05:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘルタ・ベルリンのボヤタがベルギー代表をケガで辞退

ヘルタ・ベルリンに所属するDFデドリック・ボヤタが、ベルギー代表を辞退したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 元々、1週間以上アキレス腱に痛みを抱えていたというボヤタは、28日のトレーニングに復帰するも、30分程度で痛みが再発し断念。翌日に医療班から5日間の休養を勧められたようだ。 これを受けて、来月のUEFAネーションズリーグに向けたベルギー代表に招集されていたボヤタは辞退することを決断。9月5日のデンマーク代表戦と同8日のアイスランド代表戦は出場しないこととなった。 なお、同選手はベルギー代表でここまで17試合に出場している。 2020.08.30 18:59 Sun
twitterfacebook

順位表




得点ランキング