オランダ

結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.03.24
28:45
ユーロ2020予選
グループC第2節
オランダ 2 - 3 ドイツ
2019.03.21
28:45
ユーロ2020予選
グループC第1節
オランダ 4 - 0 ベラルーシ
2018.11.19
28:45
UEFAネイションズリーグ リーグA グループ1
第6節
ドイツ 2 - 2 オランダ
2018.11.16
28:45
UEFAネイションズリーグ リーグA グループ1
第5節
オランダ 2 - 0 フランス
2018.10.13
27:45
UEFAネイションズリーグ リーグA グループ1
第3節
オランダ 3 - 0 ドイツ
基本データ

正式名称:オランダ代表

原語表記:Nederlands voetbalelftal

愛称:オランイェ、オレンジ軍団

ホームタウン:アムステルダム

チームカラー:オレンジ

関連ニュース
thumb

ドイツ代表が公式戦7戦ぶり勝利! レーブ監督が歓喜「ここ一年のことは考えない」

ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督が、オランダ戦での勝利の喜びに浸っている。スペイン『アス』が伝えた。 ドイツ代表は24日、ユーロ2020予選・グループC第2節でオランダ代表とのアウェイマッチに臨み、3-2で勝利。世代交代を推し進めている最中、ようやく公式戦7試合ぶりの白星を手にした。 ブラジル・ワールドカップ(W杯)を圧倒的な戦いぶりで制したドイツは、世界王者として臨んだロシアW杯でまさかのグループステージ敗退。その後、UEFAネーションズリーグ(UNL)でも未勝利でグループB降格の屈辱を味わっていた。 また、UNLでは第3節でオランダ代表に0-3と完敗。第6節のリターンマッチでもホームで2-2の引き分けと苦汁をなめており、先日の一戦はリベンジマッチとなっていた。試合後、久々の勝利を手にしたレーブ監督は、喜びを噛み締めている。 「非常に満足している。個人的にとても気分が良い。ここ一年の間に起ったことはこれ以上考えない。それは過ぎ去ったんだ」 「最近の試合では良いプレーをしていて、私はこの試合の前から既に好感触を感じていた。報われはしなかったが、(UNL最終節の)ホームでのオランダ代表戦でも上手くプレーしていた」 2019.03.26 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

世代交代のドイツが終了間際弾で復活オランダに劇的勝利! 白熱の打ち合いを制す!《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選・グループC第2節、オランダ代表vsドイツ代表が24日に行われ、2-3でドイツが勝利した。 昨年行われたUEFAネーションズリーグでも対戦したグループC突破候補筆頭の両国の一戦。ドイツに1勝1分けと勝ち越して復活を予感させているオランダは、3日前に行われた予選初戦のベラルーシ代表戦を4-0と快勝した。そのベラルーシ戦のスタメンからベルフワインに代えてプロメスのみを変更した。 一方、4日前に行われた親善試合のセルビア代表戦を1-1と引き分けた世代交代中のドイツは、初戦のオランダ戦に向けてセルビア戦のスタメンから7選手を変更。ザネ、キミッヒ、ジューレ、GKノイアーが引き続き先発となって、クロースやニャブリ、リュディガーらがスタメンとなった。 オランダは3トップに右からバベル、デパイ、プロメス、中盤アンカーにF・デ・ヨングを配す[4-3-3]で臨んだ。 一方のドイツは2トップにザネとニャブリ、トップ下にゴレツカ、3バックの中央にジューレを配す[3-5-2]で臨んだ。 開始2分にニャブリがGKを強襲するシュートを浴びせる良い入りを見せたドイツに対し、ディフェンスラインに下りてくるF・デ・ヨングを軸に徐々にポゼッションを高めるオランダが応戦する序盤となった。 そんな中15分、ドイツが先制する。N・シュルツの左クロスを受けたザネがボックス左からゴール右サイドネットにシュートを突き刺した。 先制後、5バック気味に守るドイツ相手に、オランダは25分にバベルが決定的なシュートを浴びせるも、GKノイアーのファインセーブに阻まれる。続く27分にもバベルのゴール至近距離からのボレーシュートが枠を捉えたが、ここもGKノイアーのビッグセーブに阻まれた。 すると34分にドイツが加点する。左サイドから中に切れ込んだニャブリがボックス左からゴール右上に豪快なシュートを叩き込んだ。 攻守に充実のドイツは39分にケーラーがヘディングシュートで、直後の40分にもザネがディフェンスライン裏を取って決定的なシュートを浴びせるも、いずれもGKシレッセンの好守に阻止され、3点目は奪えずに前半を終えた。 迎えた後半、開始3分にオランダが1点を返す。左CKの流れからデパイの鋭いクロスをデ・リフトが打点の高いヘッドでゴール右に流し込んだ。 その後も攻勢をかけるオランダは63分に追いついた。プロメスの左クロスを受けたボックス中央のデパイが密集の中からゴール左にねじ込んだ。 2点のビハインドを追いついたオランダが引き続き押し込む展開が続いたが、3点目に迫るには至らない。すると終盤にかけてはドイツも盛り返し、互角の展開に。 そして90分、ドイツが劇的な勝ち越しゴールを挙げる。スルーパスに抜け出した途中出場のロイスがボックス左からクロスを入れると、N・シュルツが右足ダイレクトでゴール右に流し込んだ。 これが決勝点となってドイツが勝利。オランダとのグループ本命対決を制し、白星発進としている。 2019.03.25 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ヨハン・クライフ逝去から3年 息子ジョルディや古巣が追悼メッセージ

オランダ代表やアヤックス、バルセロナで活躍したサッカー界のレジェンドであるヨハン・クライフ氏(享年68)の逝去からちょうど3年が経った24日、同氏の息子であるジョルディ・クライフ氏や古巣クラブが追悼のメッセージをSNS上に投稿した。 クライフ氏の実子で現在は中国の重慶斯威を率いるジョルディ・クライフ氏は、自身の公式ツイッターで偉大なる父の栄光を表したスライドショーと共に冥福を祈った。 「あなたが私たちの元から離れてから3年が経ちました。ただ、あなたの存在はいつでも私たちの心の中に残っています」 「あなたはプレーヤーとして、監督として、先見の明を持った人、そして他人を思いやれる人として多くの人たちにとって憧れの存在でした」 「同時に私にとってはいつでも偉大なる父親でありヒーローです。あなたが与えてくれた愛、残した価値観に感謝しています。ヨハン・クライフへ」 また、選手と監督として多くの遺産を残したバルセロナとアヤックスの両クラブもクラブ史上最高のレジェンドへの敬意を示している。 ◆バルセロナ 「ヨハン・クライフはいつでも私たちの心の中に。あなたが旅立って3年が経ちましたが、あなたの残した遺産はこれからも続いていきます」 ◆アヤックス 「3年前…私たちのインスピレーションは永遠に。ヨハン・クライフよ永遠に」 1947年4月25日にオランダのアムステルダムで誕生したクライフ氏は、16歳でアヤックスのトップチームデビュー。卓越したテクニックと戦術眼、創造性を兼ね備えたプレーですぐに頭角を現した同氏は、アヤックスの数々のタイトル獲得に貢献。その後、バルセロナでキャリア全盛期を過ごした同氏は、アメリカの北米サッカーリーグ(NASL)などでプレーした後、母国のフェイエノールトで現役を退いた。 また、オランダ代表ではリヌス・ミケルス監督の下、『トータルフットボール』の体現者として、1974年の西ドイツ・ワールドカップ準優勝に貢献。個人としては3度のバロンドール(現FIFAバロンドール)を獲得するなど、獲得可能な個人タイトルを総なめにした。 指導者としては、古巣のアヤックスやバルセロナ、カタルーニャ選抜を指揮し、バルセロナ時代には国内リーグ4連覇を達成した“ドリームチーム”を率い、選手時代も含めこんにちのバルセロナの礎を築いた。ここ数年は古巣アヤックスのテクニカル・アドバイザーを務めていた。 その後もサッカー界のご意見番として歯に衣着せぬ発言で多くの話題を振りまいたクライフ氏だったが、現役時代からの喫煙の影響で2015年10月に肺がんを患っていることを公表。そして、2016年3月24日に惜しまれながらこの世を去ることになった。 なお、オランダ代表は24日、アムステルダムにあるヨハン・クライフ・アレナでユーロ2020予選グループC第2節のドイツ代表戦を戦う。レジェンドの命日に勝利を捧げることはできるか。 2019.03.24 19:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ドイツを侮るなかれ! ビッグマッチに臨むファン・ダイクが警戒

リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、ドイツ代表との一戦に気を引き締めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 オランダは24日、ユーロ2020予選グループC第2節でドイツと対戦する。オランダは先日の第1節ベラルーシ代表戦を4-0と快勝しており、勢いそのままに臨むビッグマッチだ。 一方のドイツは、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)ではグループステージで敗退しており、UEFAネーションズリーグでもまさかのグループB降格と不振が続いている。しかし、ファン・ダイクは元世界王者との一戦を前に気を引き締め直した。以下のように語っている。 「現時点で彼らが最高の時期にあるわけではないが、素晴らしい選手を擁していることを忘れてはいけない」 「彼らは個の力のあるハイクオリティーなチームだ。それを捨ておくことは出来ない」 2019.03.24 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

元オランダ代表DFファン・デル・ヴィールがトロントFCを退団

メジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCは22日、元オランダ代表DFグレゴリー・ファン・デル・ヴィール(31)の退団を発表した。 ファン・デル・ヴィールは、2018年2月にカリアリからトロントFCへと加入。MLSでは27試合に出場し4アシストを記録していた。 トロントFCの発表によると、双方合意の下で契約解除に至ったとのこと。アリ・カーティスGM(ゼネラルマネジャー)は「我々はトロントFCに対して貢献してくれたグレゴリーに感謝し、彼と彼の家族の将来が最高のものになることを願っている」とコメントした。 ファン・デル・ヴィールは、アヤックスの下部組織出身で、2006年7月にトップチームへと昇格。その後は、パリ・サンジェルマン、フェネルバフチェ、カリアリでプレーしていた。 エールディビジでは129試合に出場し12ゴール15アシスト、リーグ・アンでは89試合に出場し4ゴール13アシストを記録。スュペル・リグでは11試合、セリエAでは5試合の出場にとどまっていた。また、チャンピオンズリーグでは39試合に出場し1ゴール9アシストを記録している。 また、オランダ代表としても46キャップを記録しており、2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場し、日本代表戦でもフル出場を果たしていた。 2019.03.23 23:21 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング