オランダ

結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.11.18
28:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ1
第6節
ポーランド 1 - 2 オランダ
2020.11.15
26:00
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ1
第5節
オランダ 3 - 1 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2020.11.11
28:45
国際親善試合
オランダ 1 - 1 スペイン
2020.10.14
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ1
第4節
イタリア 1 - 1 オランダ
2020.10.11
25:00
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ1
第3節
ボスニア・ヘルツェゴビナ 0 - 0 オランダ
基本データ

正式名称:オランダ代表

原語表記:Nederlands voetbalelftal

愛称:オランイェ、オレンジ軍団

ホームタウン:アムステルダム

チームカラー:オレンジ

関連ニュース
thumb

セードルフ氏が重傷のファン・ダイクに遭遇し感銘を受ける「決意が見られて幸せ」

オランダ代表としても活躍したレジェンドであるクラレンス・セードルフ氏が、重傷を負ったリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクとトレーニングを行ったようだ。 ファン・ダイクは10月17日に敵地で行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦で右ヒザを負傷して、その後の検査で前十字じん帯の損傷を確認。ロンドンで修復手術を受け、無事に成功していた。 11月にはリカバリートレーニングを始めたと報じられていたが、全治は不明だったが、セードルフ氏がファン・ダイクとトレーニングをしたと報告した。 ファン・ダイクとの2ショット写真をインスタグラムに投稿したセードルフ氏は、オランダ代表キャプテンの姿勢に感銘を受けたとしている。 「今日、私はキャプテンのヴィルヒル・ファン・ダイクと一緒にトレーニングをした。彼の決意が見られて幸せだよ。以前よりも強くなってピッチに戻るのは大変なことだ」 「このタイプの旅は、忍耐と集中力が成功のカギとなる」 ファン・ダイクの復帰時期は不明だが、表情を見る限り、順調にリハビリが進んでいるようだ。 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CJa3nmkprMB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CJa3nmkprMB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CJa3nmkprMB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Clarence Seedorf(@clarenceseedorf)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.01.02 19:22 Sat
twitterfacebook
thumb

ピッチ上では大人びたプレーを見せるフレンキー・デ・ヨングもキッチンでは役立たず?まさかの大失敗で美人彼女に呆れられる

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの意外な苦手分野が判明した。 オランダの名門アヤックス出身のデ・ヨングは、若くして頭角を現すと、2018-19シーズンにアヤックスが見せたチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出の原動力となるなど、ビッグクラブ注目のタレントに。 <div id="cws_ad">◆バルセロナの未来を背負う逸材、デ・ヨング<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJqeHdrMTNYMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2019年夏に、バルセロナに加入した後も、20代前半の選手とは思えない、落ち着き払った質の高いプレーをピッチ上で見せ、早くも主力として活躍を続けている。 しかし、そんなデ・ヨングも、ピッチの外ではまだまだ未熟な部分もあるようだ。 デ・ヨングとオランダ時代から交際している、ミッキー・キーメニーさんが、自身のインスタグラム(mikkykiemeney)のストーリーに投稿した動画を、SNS専門サッカーメディア「433」が共有。動画では「今のところフレンキーがやった家事への唯一の“貢献”」という皮肉交じりのコメントと共に、泡だらけになってしまった食器洗い機を開けながら、途方に暮れた様子のデ・ヨングが映されている。 どうやらデ・ヨングは、食器洗い機での洗剤の入れ方を間違えてしまったようで、機械の中はもちろん、溢れ出した泡が床にもこぼれてしまっていた。近くには一応モップがあるものの、後処理はなかなか難しそうな様子で、これにはキーメニーさんも呆れ顔を見せていた。 「天は二物を与えず」とよく言うが、サッカーの才能には恵まれているデ・ヨングも、家事の事になると意外に抜けている一面があるようだ。 <div id="cws_ad">◆食洗器を泡だらけにして途方に暮れるデ・ヨング<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Maybe <a href="https://twitter.com/DeJongFrenkie21?ref_src=twsrc%5Etfw">@DeJongFrenkie21</a> should stick to playing football? <br><br> IG/mikkykiemeney <a href="https://t.co/7lVrzTFrbC">pic.twitter.com/7lVrzTFrbC</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1336253876023025664?ref_src=twsrc%5Etfw">December 8, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.09 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

終盤のデパイ&ワイナルドゥム弾のオランダがポーランドに逆転勝利で2位フィニッシュ《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1最終節、ポーランド代表vsオランダ代表が18日に行われ、1-2でオランダが逆転勝利した。 首位イタリア代表を2ポイント差で追う3位ポーランドと、1ポイント差で追う2位オランダの一戦。 レヴァンドフスキやジエリンスキ、GKファビアンスキらが先発となったポーランドと、F・デ・ヨングやデパイ、ワイナルドゥムらが先発となったオランダの試合は、開始6分にポーランドが先制する。 左サイドを持ち上がったジョジアクがドリブルでボックス左まで侵入。ブリントをかわしてシュートをねじ込んだ。 まずい立ち上がりとなったオランダがボールを持つ中、11分にはワイナルドゥムがディフェンスライン裏を取ってシュートに持ち込むも、威力を欠いてGKファビアンスキにセーブされる。 さらに14分、マレンが際どいヘディングシュートを浴びせたオランダが押し込む展開が続く中、前半終盤の40分に決定機。マレンのスルーパスでボックス左に侵入したF・デ・ヨングがシュートに持ち込んだが、GKファビアンスキにセーブされた。 後半からレヴァンドフスキに代えてピョンテクを投入したポーランドは開始2分に決定機。だが、カウンターからボックス右のプラチェタがフリーで放ったシュートは枠の右に外してしまった。 助かったオランダが前半同様にポゼッションを高めていく中、64分にはデパイがカットインシュートで枠の右を捉えるも、GKファビアンスキの好守に阻まれた。 ゴールが遠いオランダは70分に3枚替えを敢行。ファン・デ・ベークやベルフハイスを投入した。すると76分、デパイがボックス内でベドナレクに倒されたとしてPKを獲得。このPKをデパイ自ら決めてオランダが同点とした。 追いついたオランダが攻勢を強める中、84分に逆転する。ベルフハイスの右CKからワイナルドゥムがヘディングで押し込んだ。 これが決勝点となってオランダが逆転勝利。ただ、イタリアもボスニア・Hに勝利したため、オランダは2位でのフィニッシュとなった。 2020.11.19 06:42 Thu
twitterfacebook
thumb

ワイナルドゥム、ファンダイクにエールを送るゴールパフォ

リバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが、チームメイトのDFヴィルヒル・ファン・ダイクへエールを送っている。 15日に行われたUEFAネーションズリーグのボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦に出場したワイナルドゥムは、6分に味方のクロスに合わせて先制点をマーク。さらに13分には、クロスの折り返しを押し込み2点目をあげた。 この2つのゴールの際、ワイナルドゥムはゴールセレブレーションとして右手を顎の下に置き、指を小刻みに動かすジェスチャーを行った。これはファン・ダイクがゴールを決めた時にするセレブレーションで、ワイナルドゥムは真似をすることで、右ヒザの手術で長期離脱を強いられているクラブと代表のチームメイトにエールを送ったのだ。 これにはツイッターで「なんて思いやりなんだ」、「素晴らしい友情」と、ワイナルドゥムを称賛する声が多数挙がった。 リバプールはファン・ダイクの他にも、DFジョー・ゴメスやDFトレント・アレクサンダー=アーノルド、DFアンドリュー・ロバートソンらが重軽傷を負っており、守備ラインを中心に試練が訪れている。 2020.11.16 17:13 Mon
twitterfacebook
thumb

ワイナルドゥム2発のオランダがF・デ・ブール体制初勝利で暫定首位に、ボスニア・HはリーグB降格《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1第5節、オランダ代表vsボスニア・ヘルツェゴビナ代表が15日に行われ、3-1でオランダが快勝した。 首位ポーランドを2ポイント差で追う3位オランダ(勝ち点5)と、最下位ボスニア・H(勝ち点2)の一戦。 4日前に行われたスペイン代表との親善試合を1-1で引き分けたオランダは、先月に就任したF・デ・ブール体制未勝利が続く中、[4-2-1-3]を継続し、3トップに右からベルフハイス、L・デ・ヨング、デパイ、トップ下にワイナルドゥム、2センターにF・デ・ヨングとクラーセンが構えた。 ピャニッチやコラシナツ、クルニッチらが先発となったものの、ジェコがコロナ陽性で招集外となったボスニア・Hに対し、オランダがポゼッションする流れとなると、6分に先制する。 ボックス右でパスを受けたダンフリースがグラウンダーのクロスを送り、ゴール前でフリーのワイナルドゥムが難なく押し込んだ。 さらに13分、ワイナルドゥムが追加点を挙げる。左サイドのデパイがファーサイドにクロスを上げ、ベルフハイスが頭で折り返すと、最後はワイナルドゥムが押し込んだ。 あっさり2点をリードしたオランダがその後も試合をコントロール。ボスニア・Hに付け入る隙を見せず後半へ折り返した。 迎えた後半、開始2分にデパイの絶妙なお膳立てからベルフハイスに決定機が訪れたオランダは、55分に決定的な3点目を挙げる。ボックス右からダンフリースの上げたグラウンダークロスをデパイが押し込んだ。 その後、63分にプレブリャクにゴールを許したオランダだったが、終盤にかけては危なげなく3-1で快勝。暫定首位に立ち、この後試合を行うポーランドとイタリアにプレッシャーをかけている。一方、ボスニア・Hは最終戦を前に最下位が決定し、リーグB降格が決まった。オランダは3日後、最終戦でポーランドと対戦する。 2020.11.16 03:52 Mon
twitterfacebook

順位表

得点ランキング