オランダ

日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-09-01
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループG
第4節
ノルウェー vs オランダ
2021-09-04
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループG
第5節
オランダ vs モンテネグロ
2021-09-07
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループG
第6節
オランダ vs トルコ
2021-10-08
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループG
第7節
ラトビア vs オランダ
2021-10-11
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループG
第8節
オランダ vs ジブラルタル
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.03.30
27:45
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループG
第3節
ジブラルタル 0 - 7 オランダ
2021.03.27
26:00
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループG
第2節
オランダ 2 - 0 ラトビア
2021.03.24
26:00
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループG
第1節
トルコ 4 - 2 オランダ
2020.11.18
28:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ1
第6節
ポーランド 1 - 2 オランダ
2020.11.15
26:00
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ1
第5節
オランダ 3 - 1 ボスニア・ヘルツェゴビナ
基本データ

正式名称:オランダ代表

原語表記:Nederlands voetbalelftal

愛称:オランイェ、オレンジ軍団

ホームタウン:アムステルダム

チームカラー:オレンジ

関連ニュース
thumb

オランダ代表、ルーク・デ・ヨングがヒザの負傷でユーロ離脱

オランダサッカー協会(KNVB)は23日、FWルーク・デ・ヨングがヒザの負傷でチームから離脱したことを発表した。 伝えられるところによると、ルーク・デ・ヨングは22日のトレーニングで負傷。今回のユーロ2020が同大会デビューとなったが、初戦のウクライナ戦と2試合目のオーストリア戦の合計10分の出場時間に留まることになった。 所属先のセビージャも同様にオランダ代表FWの負傷を報告しており、「感情的に難しい状況ではありますが、ルークへのすべての愛情を示し、彼が迅速に回復することを祈っています」とエールを送っている。 なお、オランダ代表は上述の2チームおよび北マケドニア代表が同居したグループCを3戦全勝で首位通過。決勝トーナメント1回戦では27日にチェコ代表と対戦する。 2021.06.24 17:06 Thu
twitterfacebook
thumb

オランダ代表がハンガリーで行われるユーロで特別なキャプテンマークを着用へ

オランダサッカー連盟(KNVB)は22日、ユーロ2020の決勝トーナメントにおいて、特別なキャプテンマークを着用することを発表した。 このキャプテンマークには「OneLove」という文字が刻まれており、オランダ代表は過去にもこのロゴを練習着などに取り入れてきた。 オランダ代表のキャプテンを務めるMFジョルジニオ・ワイナルドゥムは差別反対の意思を明白にしている。 「このバンドを着用することで、僕たちオランダが協調性とつながりを表すことを強調したいと思う。僕たちはいかなる形の排除や差別にも反対する。これにより、世界中の差別されていると感じているすべての人を支援したいと思っている」 オランダ代表はグループステージ3戦全勝。首位通過を決めており、28日にラウンド16を迎える。 試合会場となるハンガリーでは18歳未満に対し、同性愛や性転換を広める議論を制限する法案が可決され、人権団体などからは批判の声があがっていたこともあり、この腕章は大きな意味を持ちそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】オランダ代表が着用する「OneLove」マーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Georginio Wijnaldum draagt tijdens de achtste finale van <a href="https://twitter.com/hashtag/EURO2020?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EURO2020</a> een speciale OneLove-aanvoerdersband: <a href="https://t.co/ZjlDrXDxu6">https://t.co/ZjlDrXDxu6</a>.</p>&mdash; OnsOranje (@OnsOranje) <a href="https://twitter.com/OnsOranje/status/1407395148020031489?ref_src=twsrc%5Etfw">June 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.24 08:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ブスケッツとコケがファン・デル・ファールト氏の発言に反応 「理解できない」

スペイン代表のMFセルヒオ・ブスケッツとMFコケが、元オランダ代表MFのラファエル・ファン・デル・ファールト氏の発言に反応した。スペイン『マルカ』が伝えている。 現在開催されているユーロ2020にて、グループEの第1節スウェーデン戦と第2節ポーランド戦でどちらも引き分けており、いまだ調子が上がらないスペイン代表。この状況に、オランダ放送協会『NOS』で今大会の解説者を務めるファン・デル・ファールト氏は同代表のパフォーマンスを揶揄した。 「スペインはひどいね。できれば、オランダ代表と対戦することを願うよ」 「あのチームには何もない。サイドから逆サイドにボールを回すだけだ。決定的なパスを出せる選手がいない」 この発言に、スペイン代表の主将であるブスケッツは理解ができないと落胆しながらも、同氏の人格までもは傷つけるつもりはないとコメント。 「あんな形容詞を使うと、理性を失ってしまう。元選手である彼が、一瞬の栄光や有名番組のためにあのような言い方をするなんて理解ができない。残念なことだよ」 「彼との(ピッチ上での)衝突は誰もが覚えていることだから、彼を人間としてさらに失墜させられる。でも、そんなことはしないよ」 一方、コケはスペインのラジオ『El Partidazo de COPE』にて、同氏の発言に対してやや挑発的なコメントを残した。 「(2010年の)ワールドカップの決勝戦で彼を見たし、ここラス・ロサス(スペインサッカー連盟の施設がある場所)にはイニエスタがオランダ戦でゴールを決めた横で彼が立っている写真があるんだ。彼をリスペクトしないとね」 「彼の発言は、モチベーションを少しでも上げるために覚えておくよ。ドレッシングルームに飾るつもりはないけど、もし(オランダ代表と)対戦することになっても記憶にとどめておくつもりだ」 スペインは23日、グループステージ突破をかけて第3節でスロバキア代表と対戦する。仮に3位で決勝トーナメントに進んだ場合、オランダ代表と対戦する可能性がある。 2021.06.23 14:55 Wed
twitterfacebook
thumb

GS全勝も課題を口にするワイナルドゥム「少しイージー過ぎるときがあった」

オランダ代表のキャプテンを務めるMFジョルジニオ・ワイナルドゥムがユーロ2020のグループステージ最終節を振り返った。オランダサッカー連盟(KNVB)が伝えている。 ワイナルドゥムは21日に行われたグループC最終節の北マケドニア代表戦に先発。すでにグループステージ首位通過を決めているチームは前半に先制すると、後半にワイナルドゥムが2ゴールを決め、3-0で勝利した。 この結果、オランダはグループステージ全勝を達成。ワイナルドゥム自身も3試合3ゴールを記録する活躍を見せ、チームの決勝トーナメント進出に大きく貢献している。 ワイナルドゥムは試合後、結果ほど簡単な試合ではなかったとコメント。一方で、3得点という結果には満足感を語った。 「グループステージでは3勝を挙げ、良い結果を残すことができた。これからは他の国に対しても、同じものを見せていかなければならない」 「非常に難しい試合になった。僕たちは自分自身を犠牲にする必要があったと思う。試合の中で少しイージー過ぎる時があったからね。今日は相手が北マケドニアだったが、他の相手との対戦では違う結果が出る可能性もある。とはいえ、別の試合では状況も違うだろうし、今日も結局3得点できたのは良かった」 また、ワイナルドゥムはこの試合に先発したFWドニエル・マレンのパフォーマンスに言及。チームにクオリティをもたらしてくれていると称えた。 「彼の深みのあるプレーは相手ディフェンダーにとって大きな脅威になるだろう。そうすることで、僕にスペースを与えてくれる。ドニエルは間違いなく、こうした特別なクオリティをチームにもたらしてくれる選手だ」 2021.06.22 11:14 Tue
twitterfacebook
thumb

GS全勝のオランダ、指揮官は「すべての面で前進している」チームに満足

オランダ代表のフランク・デ・ブール監督がユーロ2020のグループステージ全勝を喜んだ。オランダサッカー連盟(KNVB)が伝えている。 オランダは21日に行われたグループC最終節で北マケドニア代表と対戦。グループステージ連勝を飾り、すでに首位での決勝トーナメント進出を決めているチームはこの日も前半こそ攻めあぐねたものの、FWメンフィス・デパイのゴールで先制に成功すると、後半にも追加点を重ねて、3-0で勝利した。 この結果、グループステージ全勝の成績を収めたオランダは27日に行われるラウンド16でグループD、E、Fのいずれかの組で3位になったチームと対戦する。 デ・ブール監督は試合後、完勝こそしたものの、やや低調だった前半のパフォーマンスに言及。一方で、選手の意識が決勝トーナメントに向いていたことについては理解を示した。 「全員が体調を崩さなかったことが最も重要だ。彼らが100%集中していることを望む一方で、不必要にカードをもらいたくないという気持ちがあったことも理解している。無意識ではあっても、彼らの頭の中にあったのだろう」 「後半はボールを失う回数が格段に減ったと思う。ハーフタイムには、より効率的になる必要があると指摘したんだ。そして、その通りになった」 また、デ・ブール監督はデパイとFWドニエル・マレンの2トップが機能していたことに触れつつ、決勝トーナメントでも同じ組み合わせを試すかはわからないとコメント。同時に、チームが機能していることも強調している。 「(2トップは)時折、良い感じになっていたが、次についてはまだ分からない。相手にもよるし、その試合で何が必要かにもよる。私は最高のチームを編成するが、そこに入る選手が必ずしも最高である必要はない」 「我々は良い位置にいると思う。すべての面で前進しているね。今夜は時折ではあるが、素晴らしい攻撃を見せてくれた。次の試合に向け、我々の試合はとてもポジティブなものだったと思う」 2021.06.22 10:47 Tue
twitterfacebook

順位表

得点ランキング