フランス

日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-09-01
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループD
第4節
フランス vs ボスニア・ヘルツェゴビナ
2021-09-04
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループD
第5節
ウクライナ vs フランス
2021-09-07
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループD
第6節
フランス vs フィンランド
2021-11-13
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループD
第9節
フランス vs カザフスタン
2021-11-16
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループD
第10節
フィンランド vs フランス
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.03.31
27:45
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループD
第3節
ボスニア・ヘルツェゴビナ 0 - 1 フランス
2021.03.28
22:00
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループD
第2節
カザフスタン 0 - 2 フランス
2021.03.24
28:45
カタール・ワールドカップ欧州予選 グループD
第1節
フランス 1 - 1 ウクライナ
2020.11.17
28:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ3
第6節
フランス 4 - 2 スウェーデン
2020.11.14
28:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ3
第5節
ポルトガル 0 - 1 フランス
基本データ

正式名称:フランス代表

原語表記:FRANCE

ホームタウン:パリ

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

投入後7分で負傷交代のフランス代表リュカ・ディーニュ、指揮官も復帰不可能を危惧

フランス代表DFリュカ・ディーニュがユーロ2020を早期終了する可能性があるようだ。 ディーニュ擁するフランスは23日、グループF最終節でポルトガル代表と対戦。1点ビハインドで迎えた後半からディーニュはDFリュカ・エルナンデスに代わって出場したのだが、わずか7分後の52分に足を痛めて交代を余儀なくされていた。 試合は2-2で終わり、フランスは死の組を首位通過した中、ディディエ・デシャン監督がディーニュの状態について言及。あまり良い状態ではないようだ。 「大きな心配事はリュカ・ディーニュだ。太もも裏の筋肉を負傷した。このトーナメントで再びプレーするのは難しいかもしれない」 また、リュカ・エルナンデスについては「ヒザに多少の問題があった。リスクを冒したくなかった」と交代の理由を説明している。 仮にリュカ・ディーニュの復帰が絶望となれば大きな打撃となるフランス。決勝トーナメント1回戦のスイス代表戦は28日に予定されている。 2021.06.24 14:34 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーロ2020決勝T進出16チームが決定! 死の組はフランス、ドイツ、ポルトガルが突破

ユーロ2020のグループステージが23日に全日程を終了した。この結果、決勝トーナメントに進出する16チームが決定した。 グループAでは3戦全勝のイタリア代表(勝ち点9)と、2位のウェールズ代表(勝ち点4)がグループリーグ突破。グループBとグループCでは共に3戦全勝のベルギー代表(勝ち点9)とオランダ代表(勝ち点9)が首位通過を果たし、デンマーク代表(勝ち点3)と、オーストリア代表(勝ち点4)が2位通過を決めた。 さらに、グループDでは3試合連続完封でイングランド代表(勝ち点7)が首位、最終節で大会初勝利を飾ったクロアチア(勝ち点4)が2位通過。グループEでは、劇的勝利で首位通過を決めたスウェーデン代表(勝ち点7)と、最終節で大会初勝利を飾ったスペイン代表(勝ち点4)が2位通過。死の組となったグループFでは、フランス(勝ち点5)が首位、ドイツ(勝ち点4)が2位通過を決めた。 また、各グループ3位の中で上位4カ国となった1位ポルトガル代表(グループF)、2位チェコ代表(グループD)、3位スイス代表(グループA)、4位ウクライナ代表(グループC)も決勝トーナメント進出を決めている。 なお、ラウンド16は26日から行われ、組み合わせは以下の通りとなる。 ◆ユーロ決勝トーナメント組み合わせ ▽6/26(土) 《25:00》 ウェールズ(グループA 2位)vsデンマーク(グループB 2位) 《28:00》 イタリア(グループA 1位)vsオーストリア(グループC 2位) ▽6/27(日) 《25:00》 オランダ(グループC 1位)vsチェコ(グループD 3位) 《28:00》 ベルギー(グループB 1位)vsポルトガル(グループF 3位) ▽6/28(月) 《25:00》 クロアチア(グループD 2位)vsスペイン(グループE 2位) 《28:00》 フランス(グループF 1位)vsスイス(グループA 3位) ▽6/29(火) 《25:00》 イングランド(グループD 1位)vsドイツ(グループF 2位) 《28:00》 スウェーデン(グループE 1位)vsウクライナ(グループC 3位) 2021.06.24 06:20 Thu
twitterfacebook
thumb

両エースが2ゴールでドロー、フランスが首位通過で3位通過のポルトガルはベルギーと対戦《ユーロ2020》

ユーロ2020グループF最終節、ポルトガル代表vsフランス代表が23日にハンガリーで行われ、2-2の引き分けに終わった。 4日前に行われたドイツ代表戦を2-4と完敗したポルトガルは3位に後退。引き分けでも突破となる中、ブルーノ・フェルナンデスがベンチスタートとなってレナト・サンチェスがスタメンとなった。 一方、ハンガリー代表に引き分けた首位フランスは、ラビオとパヴァールがベンチスタートとなってトリソとクンデが今大会初スタメンとなった。 ポルトガルがボールを持つ立ち上がりとなった中6分、C・ロナウドがヘディングシュートでオンターゲットを記録。 一方、徐々にポゼッションを上げていったフランスは16分に決定機。ポグバのスルーパスでディフェンスライン裏を取ったムバッペがGKと一対一になるも、シュートはGKルイ・パトリシオのセーブに阻まれた。 すると27分、ポルトガルがPKを獲得する。モウティーニョのFKをGKロリスがパンチングでクリアにかかったところ、ダニーロの頭にパンチが入ってしまった。このPKをC・ロナウドが決めてポルトガルが先制した。 ハーフタイムにかけては先制したポルトガルが試合をコントロールしていたが、前半終了間際の45分、フランスにもPKが与えられる。ポグバの浮き球パスに反応したムバッペがボックス内に進入したところでN・セメドに倒された。このPKをベンゼマが決めてフランスが追いつき、1-1でハーフタイムに入った。 迎えた後半開始2分、フランスが逆転する。ポグバのロングスルーパスに抜け出したベンゼマがボックス右に侵入。左ポスト内側に直撃するシュートでネットを揺らした。ゴール直後はオフサイドを取られたもののVARでゴールが認められ、フランスが勝ち越した。 それでも58分、ポルトガルが二つ目のPKを獲得する。ボックス左ゴールライン際からC・ロナウドがクロスを上げると、クンデの手に当たった。このPKをC・ロナウドが決め、ポルトガルが追いついた。 元イラン代表FWダエイ氏の持つ代表通算ゴール記録の109点に並ぶC・ロナウドのゴールで試合を振り出しに戻したポルトガルに対し、フランスは67分に3点目に迫る。ボックス手前中央からポグバの放ったミドルシュートが枠の右上を捉えたが、GKルイ・パトリシオのファインセーブに阻まれた。 後半半ば以降、フランスが押し込む流れとなった中、他会場の結果も考慮して互いに攻め込まずに2-2のままタイムアップ。フランスが首位通過となり、ポルトガルが3位通過となった。 ラウンド16でフランスはスイスと、ポルトガルはベルギーと対戦する。 2021.06.24 06:01 Thu
twitterfacebook
thumb

U-24フランス代表のオーバーエイジ決定か? 酒井盟友に百戦錬磨FW、国内屈指の司令塔

東京オリンピックに臨むU-24フランス代表のオーバーエイジ3枠が固まったようだ。フランス『le10sport』が報じている。 7月22日に開幕する東京オリンピックの男子サッカー競技。フランスはグループAに入り、開催国の日本、南アフリカ、メキシコと同居している。 今大会の優勝候補の一角に挙がるフランスは、世代最高のプレーヤーと目されるパリ・サンジェルマン(PSG)のFWキリアン・ムバッペを始め、出場チーム最高クラスのタレントを擁しているが、ヨーロッパにおけるオリンピックの重要度の低さやユーロ2020との連戦という事情もあり、多くのクラブが選手の派遣を拒否している。 それでも、フランスサッカー連盟(FFF)のノエル・ル・グラエ会長の懸命な働きかけもあり、ベストメンバーとは呼べないものの、何とか18名の登録メンバーを組むことが可能となりつつある。 そういった中、ル・グラエ会長は3名のオーバーエイジに関して、メキシコのティグレスUNALで活躍するFWアンドレ=ピエール・ジニャック(35)の招集を明言。 A代表で36キャップを誇り、トゥールーズとマルセイユの国内クラブでゴールを量産してきた生粋のストライカーは、2015年から在籍するティグレスでもエースストライカーとして活躍。昨年にはCONCACAFチャンピオンズリーグ初制覇に貢献し、北中米カリブ海王者として臨んだFIFAクラブ・ワールドカップでも準優勝の立役者となった百戦錬磨の点取り屋だ。 また、ル・グラエ会長はジニャックの招集を明かした会見の場で、新シーズンから同選手とティグレスで同僚となるFWフロリアン・トヴァン(28)の招集の可能性も示唆していた。 マルセイユに通算9シーズン在籍し、2016–17シーズン以降は絶対的なエースに君臨していたトヴァンは、A代表で10キャップを誇る実力者。優れたアジリティ、足元のテクニック、得点感覚に優れたレフティーは、U-24日本代表にオーバーエイジとして参戦するDF酒井宏樹と長年右サイドでコンビを組んだ盟友だ。 さらに、今回3人目の候補として新たに名前が挙がったのは、モンペリエに所属するMFテジ・サヴァニエ(29)だ。 『le10sport』によると、モンペリエのローラン・ニコラン会長は、この度FFFからの招集要請に応じたようだ。 モンペリエ下部組織出身のサヴァニエは、A代表招集歴はなく前述の2選手に比べて知名度は格段に低いが、ニーム時代の2018-19シーズンのリーグ・アンでアシスト王に輝いた国内屈指のゲームメイカーだ。 171cmと体格に恵まれていないものの、背筋がピンと伸びた美しい持ち上がりから視野の広さと戦術眼を生かした絶妙なパスでチャンスを演出すれば、高精度の右足のプレースキックやミドルシュートで自らゴールも奪える玄人好みのセントラルMFだ。 ロマの血を受け継ぎ故郷のモンペリエを安住の地と定めているため、今後の移籍の可能性は低いが、国内のビッグクラブや国外のクラブでも十分に活躍できる能力を有している。 ジニャック以外の2選手は50名の予備登録メンバーに含まれていなかったが、前述の派遣拒否の影響によって国際サッカー連盟(FIFA)、国際オリンピック委員会(IOC)から許可を得て新たな登録が認められているという。 そして、仮に登録メンバー入りした場合は、日本にとって脅威となるはずだ。 2021.06.23 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、デンベレの右ヒザ手術を発表…実施日未定も数カ月の離脱へ

バルセロナは22日、フランス代表FWウスマーヌ・デンベレが右ヒザを手術することを明かした。 デンベレは、19日に行われたユーロ2020グループF第2節のハンガリー代表戦に後半から途中出場。しかし、右足を痛めた同選手は87分にMFトマ・レマルと交代していた。 このケガによって、代表離脱が決定したデンベレは、今回更なる検査を受けた結果、右ヒザの大腿二頭筋腱の脱臼と診断され、外科手術が必要なことが判明した。 なお、現時点で手術の日程などに関する詳細は明かされていないが、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、これまで2017年9月と2020年2月に手術を受けたフィンランドの病院にて3度目の手術を受けることになる模様だ。 また、離脱期間に関しては最低でも4カ月以上になるとのことだ。 今シーズンのバルセロナでは公式戦44試合に出場するなど、加入後初めてフルシーズンを戦ったデンベレだったが、新シーズンに向けてはいきなりケガと向き合うことになった。 2021.06.23 06:30 Wed
twitterfacebook

順位表

得点ランキング