フランス

結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.09.08
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ3
第2節
フランス 4 - 2 クロアチア
2020.09.05
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ3
第1節
スウェーデン 0 - 1 フランス
2019.06.02
28:00
国際親善試合
フランス 2 - 0 ボリビア
基本データ

正式名称:フランス代表

原語表記:FRANCE

ホームタウン:パリ

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

カマヴィンガが仏代表デビュー! ここ100年では史上最年少記録に

スタッド・レンヌのMFエドゥアルド・カマヴィンガがフランス代表デビューを果たした。 フランス代表は8日、UEFAネーションズリーグのリーグA・グループ3第2節のクロアチア代表戦を戦った。試合は先制を許したものの、前半のうちに逆転に成功。後半の立ち上がりに再び同点にされると迎えた63分、MFエンゴロ・カンテとの交代でカマヴィンガが登場。今回が初招集だった17歳の若武者がレ・ブルーのユニフォームを初めて身に纏った。 フランス『レキップ』によると、出場時間32分の中でボールタッチは26回。試合の3分の1の時間ながら、カンテの33回に迫るタッチ数に。また、71分には枠内シュートを記録。2度のデュエルにも勝利するなど、まずまずのデビュー戦となったようだ。ディディエ・デシャン監督も試合後に「あの年齢にもかかわらず、彼は冷静さと優れた平常心を持っている」と称賛している。 そして、カマヴィンガの17歳303日という記録は、ここ100年以上の歴史において同国史上最年少。それ以前には、1906年にジュリアン・フェルブリュッヘ氏が16歳10カ月、1914年にはモーリス・ガスタイガー氏が17歳4カ月というデビュー記録を持っていたようだ。 デシャン監督はまた、「彼には彼らしさを保ってもらいたい。自然体のままでいてもらいたい。今回は観客はいなくてもプレッシャーや責任感のある試合だった。その中で彼は非常に快適にプレーしていた。運動神経もよく、ボールを上手く扱える能力もある。久々の最年少記録になったし、再び代表で試合するチャンスはある」と、カマヴィンガにエールを送った。 なお、試合はカマヴィンガ投入後に2得点したフランス代表が4-2で勝利している。 2020.09.09 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯決勝再現カードはフランスが制して連勝発進!クロアチアに4発《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3の第2節、フランス代表vsクロアチア代表が8日に行われ、4-2でフランスが勝利した。 3日前に行われた初戦のスウェーデン代表戦を1-0と制したフランスは、スウェーデン戦のスタメンから6選手を変更。ムバッペが新型コロナウイルスの検査で陽性となり欠場となった中、[3-4-1-2]を継続し2トップはマルシャルとベン・イェデルが形成、トップ下にグリーズマンが入った。 一方、モドリッチ招集外のクロアチアはポルトガルに1-4と完敗した中、5選手を変更。ブロゾビッチやペリシッチがスタメンに名を連ねた。 ロシア・ワールドカップ決勝再現カードとなった一戦は、締まった攻防で立ち上がった中、16分にクロアチアが先制する。CKの流れからボックス左のロブレンが見事なトラップで浮き球を処理し、左足でゴール右サイドネットに突き刺した。 2トップにボールが入らず苦戦していたフランスだったが、33分に同点のチャンス。ショートカウンターに転じ、マルシャルのラストパスを受けたボックス左のグリーズマンがGK強襲のシュートを浴びせた。 すると43分に前線3枚のコンビネーションで追いつく。ベン・イェデルのダイレクトパスをボックス左で受けたマルシャルが中に折り返し、最後はゴール前に飛び込んだグリーズマンが押し込んだ。 さらに追加タイム1分、右サイドをベン・イェデルが持ち上がってクロスを上げると、ファーサイドのマルシャルがプッシュ。左ポストに直撃したシュートがGKに当たってゴールに吸い込まれ、フランスが逆転して前半を終えた。 後半からレビッチに代えてブレカロを投入したクロアチアが前がかる中、55分に追いついた。コバチッチのスルーパスに抜け出したブレカロがDF3人に対応されながらもドリブルでかわしてシュートを決めきった。 それでも65分、フランスが勝ち越す。グリーズマンの左CKからウパメカノが打点の高いヘッドでゴールに押し込んだ。 そして76分、ボックス内でのハンドがあったとしてPKを獲得したフランスは、これをジルーが決めて勝負を決定付けた。 結局、89分のコバチッチのミドルシュートは左ポストに直撃し、フランスが4-2で勝利。ロシアW杯決勝再現カードを制し、2連勝としている。 2020.09.09 05:42 Wed
twitterfacebook
thumb

コロナ感染のムバッペ、FFFからPSGに通知なし レオナルドSDが「敬意の欠如」と苦言

パリ・サンジェルマンのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるレオナルド氏がフランスサッカー連盟(FFF)の対応に苦言を呈した。フランス『レキップ』が報じている。 今月の代表ウィークでフランス代表にFWキリアン・ムバッペとDFプレスネル・キンペンベを派遣したPSG。先のスウェーデン代表とのUEFAネーションズリーグで決勝弾を決めるなど活躍したムバッペだが、7日に受けた検査で新型コロナウイルスの陽性反応が検出され、代表から途中離脱した。 これにより、8日に行われるUEFAネーションズリーグのクロアチア代表戦のみならず、PSGにとってリーグ・アン開幕戦の10日に予定する第2節のRCランス戦も出場が危ぶまれるムバッペ。すでにブラジル代表FWネイマールら6選手の陽性者を確認しているといわれるPSGにとって、悩ましい一報だ。 しかし、レオナルドSDによると、ムバッペの陽性反応はメディアを介して知ったようだ。フランス『RMC』のインタビューで何の通知もしてきていないというFFFを批判した。 「マスコミを介して、我々の選手のひとりに陽性者が確認されたのを知るのはまったくもって受け入れられない。彼らは声明を出して、選手を家に帰した。しかし、連盟から我々のところに何も伝えてきていない。誰も連絡をしてきていないんだ」 また、「選手が帰宅したというのに、クラブとコミュニケーションを図らないなんて敬意を欠いている。話をしたのはムバッペだけ」と語ったレオナルドSDは複数選手の陽性反応を受けて、指摘されるPSGの管理不足にも言及。こう反論した。 「周囲の人々は我々の管理不足だと言い張る。しかし、こういう事態になっても、PSGは管理していかなければならない。PSGは歴史のなかでいつも悪者扱いされる」 2020.09.08 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ムバッペがコロナ陽性で代表離脱、クロアチア戦を欠場

パリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペが新型コロナウイルスの検査で陽性だったため、7日にフランス代表を離脱したようだ。フランス『レキップ』が報じている。ムバッペは既に代表を離れ、自己隔離に入っているとのことだ。 ムバッペは5日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAのグループ3初戦スウェーデン代表戦で先発。決勝点を挙げる活躍を見せていた。 ムバッペを欠くこととなったフランスは8日にUNL2戦目のクロアチア代表戦を戦う。 2020.09.08 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

グリーズマンPK失敗も、ムバッペ弾守り抜いたフランスが白星発進!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグのリーグA・グループ3第1節、スウェーデン代表vsフランス代表が5日に行われ、アウェイのフランスが1-0で勝利した。 優勝候補筆頭のフランスは、スウェーデンとの初戦に向けてフレッシュなメンバー、布陣を採用。直近のアルバニア戦でも試したムバッペとジルーの2トップの下にグリーズマンを置く[3-5-2]のシステムを用い、代表デビューのウパメカノ、2年ぶり復帰のラビオを起用した。 直近の対戦で敗れるなど、やや苦手とするスウェーデンの堅守速攻スタイルに対して、この試合でも手を焼くフランス。立ち上がりからボールを保持するものの、中盤で潰される展開が目立ちなかなか決定機まで持ち込めない。 前半半ばを過ぎてもこう着状態が続く中、38分にはエクダルのフィードに抜け出したベリにボックス内で一対一の絶好機を許すが、ここはGKロリスが果敢な飛び出しでシュートコースを消してピンチを凌いだ。 すると、直後の41分にはボックス左でDF2枚を相手にドリブルを仕掛けたムバッペが一度相手に引っ掛けられるも、こぼれ球をうまく収めてゴール左に抜け出すと、ほとんどシュートコースがない中で左足のシュートでニアを抜き、見事な個人技で先制点をもたらした。 このゴールによって1点リードで試合を折り返したフランスは後半立ち上がりの54分にもディーニュからの左クロスをゴール前で競り勝ったジルーが頭で合わすが、これはわずかに枠の右に外れた。 その後は前半同様にホームチームにがっぷり四つで組まれ、思うように決定機を作れない状況が続く。だが、守護神ロリスを中心にややパンチに欠ける相手の攻撃をきっちり撥ね返していく。 すると、試合終了間際のラストプレーでは裏のスペースへ抜け出した途中出場のマルシャルがマンチェスター・ユナイテッドの同僚DFリンデロフのファウルを誘い、PKを奪取。しかし、キッカーのグリーズマンはこのPKを大きく枠外に外してしまい、試合はこのままタイムアップ。 新布陣の機能性やポグバらの不在を感じさせる内容となったものの、きっちり勝ち切ったフランスが今大会を白星でスタートした。 2020.09.06 06:07 Sun
twitterfacebook

順位表




得点ランキング