ブラジル

結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.06.09
28:00
国際親善試合
ブラジル 7 - 0 ホンジュラス
2019.06.06
09:30
国際親善試合
ブラジル 2 - 0 カタール
2019.03.26
28:45
国際親善試合
チェコ 1 - 3 ブラジル
2019.03.23
26:00
国際親善試合
ブラジル 1 - 1 パナマ
基本データ

正式名称:ブラジル代表

愛称:カナリア セレソン

ホームタウン:ブラジリア

チームカラー:黄、青

関連ニュース
thumb

ネイマールの独占インタビューが何者かに盗まれる! 地元ブラジルメディアの取材後に

ブラジルの放送局が収録したパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(27)の独占インタビューが、何者かに盗まれたとスペイン『マルカ』が伝えている。 母国ブラジルが優勝を飾ったコパ・アメリカは負傷により無念の辞退となったネイマール。最近ではバルセロナへの復帰希望を伝えたとされるなど、プレーせずとも何かと話題には事欠かない。 その同選手への貴重なインタビューはブラジルのインターネット放送局『UOL』が収録したもので「6月に報道された婦女暴行事件や、バルセロナへの移籍騒動については聞かない」という条件で行われたものであったという。 インタビュー後、取材を行ったジャーナリストが自分の車へ戻ったところ何者かの強盗に遭ってしまったようだ。 本来は14日に放送されるはずであったという同インタビューでネイマールは何を語っていたのか。世界中が気になるその内容が分からないのは残念ではあるが、これも同選手の注目度の高さゆえと言えるであろう。 2019.07.16 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

エースFW上田のハットトリックなどでブラジル撃破の日本が2大会連続7度目のユニバーシアード制覇!!

ユニバーシアード日本代表は14日、第30回ユニバーシアード夏季競技大会のブラジル戦を行い、4-1で快勝した。この結果、日本が2大会連続7度目のユニバーシアード優勝を飾った。 コパ・アメリカでフル代表デビューした上田綺世(法政大学)や川崎フロンターレへの入団が内定している旗手怜央(順天堂大学)、三笘薫(筑波大学)、北海道コンサドーレ札幌への入団が内定している田中駿汰(大阪体育大学)らが先発した日本は、試合の主導権を握りながらもフィニッシュの精度を欠き、前半をゴールレスで終了する。 後半も立ち上がりから主導権を握る日本は55分、ドリブルで仕掛けた三笘がボックス内でレゼンデに倒されてPKを獲得。このプレーで2枚目のイエローカードを受けたレゼンデが退場処分となった。 数的有利となった日本は、上田がPKをゴール右に決め、待望の先制点を奪う。さらに64分にも、山本悠樹からのスルーパスに抜け出した上田がゴール前まで侵攻し、左足のシュートをゴール右に突き刺した。 リードを広げた日本は70分、三笘の左クロスをニアに走り込んだ旗手がワントラップから素早く左足を振り抜くと、相手GKの股下を抜いたシュートがゴールネットを揺らした。 その後、ブラジルに1点を返された日本だが82分、山本のパスでボックス右に抜け出した上田がダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺し、ハットトリックを達成。 結局、試合はそのまま4-1で終了。上田のハットトリックなどでブラジルに快勝した日本が、2大会連続7度目のユニバーシアード優勝を決めた。 日本 4-1 ブラジル 【日本】 上田綺世(後11[PK]) 上田綺世(後19) 旗手怜央(後25) 上田綺世(後37) 【ブラジル】 E・ルイス(後33) ◆ブラジル戦出場メンバー GK:阿部航斗 DF:中村帆高、山川哲史(→84分 角田涼太朗)、田中駿汰、山原怜音 MF:紺野和也(→86分 金子拓郎)、山本悠樹、高嶺朋樹、三笘薫 FW:上田綺世、旗手怜央 2019.07.14 05:56 Sun
twitterfacebook
thumb

D・アウベス、ブラジル有利発言のメッシに反論「彼は敬意を欠いている」

ブラジル代表の優勝で幕を閉じた今回のコパ・アメリカ。日本代表の参戦、ペルーの躍進など様々なトピックがあった2019年大会だったが、その中で現在まで尾を引いているのはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの発言だ。 グループステージから敗退の危機にあったアルゼンチンは何とか決勝トーナメントに出場しベネズエラを撃破。しかし、ベスト4でブラジルに敗れ、またも日の目を見ることは叶わなかった。 大会後、メッシは開催国のブラジルが有利な判定を受けていることを揶揄する発言をし、大会運営側のCONMEBOL(南米サッカー連盟)にまで飛び火するコメントを残した。これを問題視したCONMEBOLが同選手に最大2年間の代表戦出場停止処分を科すことも検討していることが報じられ、小さな火種が大火になりつつある状況だ。 ここで、キャプテンとしてセレソンを12年ぶりのコパ・アメリカ優勝に導いたDFダニエウ・アウベスがメッシに反論。かつての仲間に厳しい意見を投じた。イギリス『ミラー』が伝えている。 「彼とは友達だけど、必ずしも友達に同調するわけではない。熱くなり過ぎて出たコメントだろうけど、僕は否定し続けるよ」 「まず第一に、セレソンのようなチームに対するリスペクトが不足していると思う。第二に、夢を叶えるために多くのものを背負って戦うプロフェッショナルたちに失礼だと思う」 「言うべき時は本当のことを言う、僕はそんな友人でありたい。彼はあんなことを言うべきじゃなかったね」 2019.07.10 17:47 Wed
twitterfacebook
thumb

コパ・アメリカ2019大会ベストイレブンが発表! 優勝国ブラジルからは5名!

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は9日、コパ・アメリカ2019の大会ベストイレブンを発表した。 6月14日から7月7日まで開催されたコパ・アメリカは、決勝戦でペルー代表を3-1で下した開催国ブラジル代表の4大会ぶり9度目の優勝で幕を閉じた。 同大会のベストイレブンには、優勝国のブラジルからMVPに輝いたDFダニエウ・アウベスら5名が選出。準優勝のペルーからは、2名が選ばれている。 ◆大会ベストイレブン GK アリソン・ベッカー(ブラジル代表/リバプール) DF ダニエウ・アウベス(ブラジル代表/無所属) ホセ・ヒメネス(ウルグアイ代表/アトレティコ・マドリー) チアゴ・シウバ(ブラジル代表/パリ・サンジェルマン) ミゲル・トラウコ(ペルー代表/フラメンゴ) MF レアンドロ・パレデス(アルゼンチン代表/パリ・サンジェルマン) アルトゥール(ブラジル代表/バルセロナ) アルトゥーロ・ビダル(チリ代表/バルセロナ) FW ハメス・ロドリゲス(コロンビア代表/レアル・マドリー) パオロ・ゲレーロ(ペルー代表/インテルナシオナウ) エヴェルトン(ブラジル代表/グレミオ) 2019.07.10 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

アルトゥールがオタメンディにタックル…疑惑のシーンでVARがなかった理由は? 担当主審が説明

コパ・アメリカ2019準決勝のブラジル代表vsアルゼンチン代表のレフェリングについて同試合を担当した主審が説明している。スペイン『マルカ』がエクアドルのラジオ番組を引用して伝えている。 現地時間2日に行われたコパ・アメリカ準決勝のブラジルvsアルゼンチン。試合は2-0でブラジルが勝利したのだが、同試合では通常ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によるリプレーが行われてもいい場面でプレーが流される場面が目立っていた。 同試合に関しては、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシも「今日は信じられないくらい明確な場面でVARを使わなかった」と不満を示していた。 その一つが84分のシーン。アルゼンチンが左CKを獲得し、クロスが上がると、ゴール前でDFニコラス・オタメンディが飛び込もうと試みる。すると、ブラジルのMFアルトゥールがボールと関係ないところでオタメンディに身体でタックル。オタメンディはアルトゥールの左腕が首元に入り、倒れて悶絶したが、ファウルはとられなかった。 この判定について同試合で主審を務めたロディ・ザンブラーノ氏が以下のように説明している。 「オタメンディからも申し出があったが、あれは(アルトゥールの)ヒジではない」 「VARがそのシーンを見て、50/50だと判断した。彼らは私にそれを確認しろとは言わなかった。明確なペナルティだと考えられなかったのだ」 2019.07.10 10:55 Wed
twitterfacebook




順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング