パルチザン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 パルチザン 8 2 2 2 10 10 0 6
基本データ

正式名称:パルチザン・ベオグラード

原語表記:Fudbalski Klub Partizan

創立:1945年

ホームタウン:ベオグラード

チームカラー:黒と白

関連ニュース
thumb

今季すでに8ゴール、前回はコロナの影響で不参加となったFW浅野拓磨「与えられた役割で全力でプレーするだけ」

9日、日本代表がオーストリアのグラーツへ集合。選手がオンラインでの取材に応じた。 11月はパナマ代表(13日)とメキシコ代表(17日)と、中米の2カ国と対戦する日本代表。FW浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード)は2019年11月以来の代表招集となった。 10月のオランダ遠征では、セルビアからオランダへの渡航制限があるためにメンバー外となった浅野だが、「僕自身は去年の11月が最後の代表で、その後はコロナの影響でなかなかできず、前回も合流できなかったので、常にチームでプレーする上で代表を意識していました」と、代表活動に合流する事を常日頃から考えていたとコメントした。 また、「活動がある限り、その活動に参加したいという思いがありました。前回は悔しい思いをしましたが、今回は呼ばれて光栄ですし、与えられた役割で全力でプレーするだけです」とコメント。強い意気込みを持って合流したようだ。 2019年8月に加入したパルチザンでは順調に試合に出場している浅野。今シーズンはここまでリーグ戦で13試合に出場し7ゴール3アシストと好調を維持している。 自身の今季のパフォーマンスについては「結果としても目に見える結果がこれまで以上に出せていると、自分自身でも自信になっていますが、チャンスの数と結果は満足いくものではないです」とまだまだ足りないとコメント。「もっともっと結果という部分は求めていかないといけないですし、ベオグラードに行ってからコンスタントに試合に出られていることは自分にとって今の成長につながっていると思います」と語り、試合に出場していることがプラスに働いていると語った。 また、「常に試合に出続けること、ケガなく常にプレーできていることが、サッカー選手である上で一番大事だと思うので、それが今はやれているというのが1つ成長したところかなと思うのと、自信に繋がっていると思います」とし、コンスタントにプレーできていることは、メンタル面にも影響を与えていると語った。 セルビアでは外出制限が早い段階で敷かれ、コロナの規制が厳しかった国の1つだが「今年は大変な時期が長くて、特に家から出られないとか、シーズンオフに日本に帰れなかった時は、メンタル的に今まで感じたことがないような大変さやキツさはありました」と精神的にダメージもあったとコメントした。 それでもサッカーが支えてくれたと浅野は語る。「シーズンが始まってしまえば、そこに集中できるものが僕にはあるので、サッカーをやれている幸せやそこへの感謝の気持ちというのは、こういう状況だからこそ持てています」と、試合が始まったことがプラスになったと語った。また、「試合が始まればそこに対して良い準備をすること、熱い気持ちを持って戦うだけなので、そこまで家にいる期間がすごく大変だなというのは、サッカーがあることによって紛れているかなと思います」と、苦しい状況を乗り越えられた理由を明かした。 それでも「ただ、今までに経験したことがなかったことなので、去年の冬から日本に帰れていないですし、メンタル的にも大変さは感じています」と精神的な影響は少なからずあるようだ。 そんな厳しいコロナ禍でも浅野はトレーニングを欠かさず、それが自信にも繋がっていると感じているようだ。 「全部僕は繋がっているかなと思います。コロナの期間でチームでも練習できない時、外に出られない時は、僕は自信を持って試合が始まった時の準備をしたと言えますし、シーズン再開時に繋がったと思いますし、そこでの結果が今にも繋がっていると思います」 「未来に向けて良い準備をすることをコロナの期間は今まで以上に学べたと思いますし、1カ月、2カ月だけじゃなく、1年、2年、3年先への準備が大事だと再確認できました。それが自信に繋がっていると思います」 コロナの影響はセルビアだけでなく、ヨーロッパ、そして日本を含めた世界中に及んでいる。浅野は日本代表として戦う意義、サッカー選手としての貢献についても語った。 「僕自身がどうやって社会に貢献できるかどうかは正直わからないですが、スポーツを職業としている僕たちだからこそ、世界が苦しい時こそ、何か感じさせることや与えられるんじゃないかなと、コロナの期間になってから感じるところはありました」 「日本代表の活動に携われているだけでも、僕ではここに来ているからこそ、皆さんに何かを与えたり、元気や勇気、希望を少なからず与えられるかなと思います」 「スポーツの偉大さを感じさせられた期間でもあるので、僕がこういう職業についているからこそ、みんなにそういったことを与えられるように全力で取り組むだけです」 パルチザンでは、右サイドが主戦場となっており、トップのポジションでもプレーする。日本代表でのポジションについては、「僕自身もどのポジションで出ても、今は与えられた役割を全力でできる自信はあります」とポジションにこだわりなはないとコメント。それでも「もちろん元々FWなのでFWでやりたいと思いますし、使われたら常にゴールを取るという気持ちもあります」と1トップ起用にも意気込みを見せた。 また「ベオグラードではサイドで基本的に使われているので、サイドで毎試合毎試合コンスタントに出られているからこそ、果たす役割ややるべきことを学べて、成長できているとすごく感じています」とサイドでのプレーにも自信を見せた。 さらに「どこで出ても攻撃だけじゃなく、チームとしてどういうプレーをすべきか、考えながらプレーできると成長していると感じています」と語り、「代表の活動でもどこで使ってもらっても構わないですし、与えられた場所で与えられた役割をやることで良さを出せると思います。日本代表のために全力でやるだけかなと思います」と、どのポジションでもチームのために全力を尽くすと意気込みを語った。 10月の2試合はチームのトレーニングと時間が重なったこともあり、少しずつしか見ていないと語った浅野。それでも、自分が入った時のイメージはしっかりと湧いているようだ。 「久しぶりの活動ということもありましたし、もっともっとチームとして合わせられる部分や、チームとして合わせられる部分はあるかなと思いますが、マイナスな印象なかったです」 「ゴールという部分ではもっともっと攻撃でやることはチームとしてあると思いますが、試合を通してゼロというのを見ればチームとして戦えていると思います」 「僕が入ったらどういうプレーをしようというイメージはできていました。スペースを生かす動きやゴール前に絡んでいく動きは出せるという印象は持っています」 2020.11.09 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

セルビアの18歳超新星ステバノビッチがシティに完全移籍! 浅野のパルチザン同僚が今冬ステップアップ

パルチザン・ベオグラードは10月31日、U-21セルビア代表MFフィリプ・ステバノビッチ(18)がマンチェスター・シティに完全移籍することを発表した。移籍のタイミングは2021年1月となる。 パルチザンのユースチーム出身のステバノビッチは176cmの右利きのアタッカー。2018年12月に16歳でトップチームデビューを飾った超新星は、その翌シーズンにヨーロッパリーグの予備予選のギャップ・コノーズ・キー・ノーマッズ戦で同コンペティションにおけるクラブ史上最年少ゴール(16歳311日)を記録。 昨シーズンは公式戦35試合9ゴール3アシストの見事なスタッツを記録すると、今シーズンもここまで公式戦15試合3ゴール2アシストの数字を残している。 左ウイングを主戦場に卓越した足元の技術、視野の広さを持つ18歳は巧みなボディフェイントから相手の逆を突くドリブル突破、フリーキックから直接ゴールを狙える右足の精度を最大の特長としている。 よりレベルの上がるプレミアリーグの舞台では球離れ、守備の献身性、ポジショニングなどの改善が必要となるが、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でワールドクラスに成長するポテンシャルを持った大器だ。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、シティはステバノビッチの移籍金として800万ユーロ(約9億7000万円)+ボーナスを支払うことになるようだ。 なお、パルチザンでは日本代表FW浅野拓磨と前線でコンビを組んでいた。 2020.10.31 22:37 Sat
twitterfacebook
thumb

森岡、浅野が共に先発の日本人対決はレザエイの芸術FKでシャルルロワに軍配!《EL予選》

ヨーロッパリーグ予選3回戦のシャルルロワvsパルチザンが24日に行われ、2-1でシャルルロワが勝利した。シャルルロワのMF森岡亮太はフル出場、パルチザンのFW浅野拓磨は111分までプレーした。 昨季のベルギーリーグで3位となり予選3回戦から登場したシャルルロワと、予選2回戦でスファンツル・ゲオル(モルドバ)を下したパルチザンにより一戦。 森岡と浅野が共にスタメンとなり日本人対決となった中、先手を取ったのはシャルルロワ。10分、森岡の右CKをボックス中のレザエイが右足で合わせると、相手GKの弾いたボールをデソレイルが流し込んだ。 先制を許したパルチザンだが、後半立ち上がりに試合を振り出しに戻す。53分、マルコビッチのパスをボックス右で受けた浅野が縦への仕掛けから折り返しを供給。これを中央でフリーのソウマーがワンタッチで流し込んだ 結局、互いに勝ち越しゴールを奪うまでには至らず、プレーオフ進出を懸けた一戦は延長戦に突入。迎えた延長戦、先にスコアを動かしたのはシャルルロワだった。 107分、スルーパスに反応したフォールの突破を阻もうとしたオストイッチがスライディングタックルの際にハンドを犯し、シャルルロワはボックス左手前でFKを獲得。レザエイの直接FKは左ポスト内側を叩きながらも、そのままゴールネットに吸い込まれた。 結局、これが決勝点となり2-1で勝利したシャルルロワがプレーオフ進出を決めた。なお、シャルルロワはプレーオフでポーランドのレフ・ポズナンと対戦する。 2020.09.25 06:50 Fri
twitterfacebook
thumb

浅野所属のパルチザン、ミロシェビッチ監督が判定巡り大暴れ…収音マイクを破壊

FW浅野拓磨が所属するパルチザン・ベオグラードのサヴォ・ミロシェビッチ監督が、8月30日に行われたヴォイヴォディナ戦で大暴れを見せた。イギリス『CAUGHT OFFSIDE』が伝えている。 現役時代に名ストライカーとして活躍したミロシェビッチ監督は、その一方で熱血漢としても知られている。そして、2-3で敗れたヴォイヴォディナ戦ではその熱血漢ぶりを発揮することに。 前半終盤に小競り合いが起きて自軍の選手が1人退場を強いられるなど、荒れ模様の試合展開の中で完全に頭に血が上っていたミロシェビッチ監督は、後半半ばに怒りが爆発。 FWウマル・サディクが突破しかけたところを相手DFにファウル気味に止められるも、主審がノーファウルで流すと、ピッチサイドにいた同監督はドリンクボトルをピッチに投げ込む暴挙に出る。その後、チームスタッフに宥められるも主審からは退席処分を言い渡された。 これで完全に我を忘れたミロシェビッチ監督は、ピッチサイドを離れる際にも中継用の収音マイクを豪快に蹴り上げて破壊。悪態を付きながらロッカールームへと引き上げていった。 現時点でリーグ機構側からの処分は明かされていないが、少なくとも数試合単位のベンチ入り禁止と高額な罰金処分が待っているはずだ。 <div id="cws_ad">◆豪快なキックで収音マイクを破壊<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Savo Milosevic completely loses it after a foul is not called and throws his water bottle at the referee and kicks a mic on his way out. <br><br>Partizan went on to lose 3-2 to Vojvodina in stoppage time. <br><br>Possibly his final match as Partizan manager. <a href="https://t.co/FxBbBtQLFA">pic.twitter.com/FxBbBtQLFA</a></p>&mdash; Serbian Football (@SerbianFooty) <a href="https://twitter.com/SerbianFooty/status/1300144402724257794?ref_src=twsrc%5Etfw">August 30, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.01 17:41 Tue
twitterfacebook
thumb

パルチザン浅野拓磨がハットトリック! 開幕5試合で6ゴールと絶好調《セルビア・スーペルリーガ》

パルチザン・ベオグラードの浅野拓磨が絶好調だ。 パルチザンは22日に行われたセルビア・スーペルリーガ第5節でインジャと対戦。開幕から4試合で3得点をマークする浅野は5試合連続で先発入りした。 目下3戦連発中の浅野はこの試合でも磨きがかかる得点力を遺憾なく発揮。1点リードの48分に味方とのワンツーで抜け出してボックス内に抜け出すと、左足の浮き球シュートでゴールネットを揺らして、チーム2得点目を記録した。 さらに3点リードの65分にも縦パス1本を起点にしたカウンターから味方の相手GKを交わすラストパスに左足シュートで合わせて、自身2点目。続く76分にはボックス左からの折り返しを左足で押し込み、ハットトリックを達成した。 結局、パルチザンは5-0の快勝。82分にピッチを退いた浅野はチームの3連勝に大きく貢献した。 パルチザン・ベオグラード 5-0 インジャ 【パルチザン】 ナトホ(前20[PK]) 浅野拓磨(後3、後20、後31) ズェラー(後15) 2020.08.23 09:35 Sun
twitterfacebook

順位表




得点ランキング