ブレシア

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 ブレシア 25 6 7 25 35 79 -44 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.08.01
25:00
セリエA
第38節
ブレシア 1 - 1 サンプドリア
2020.07.29
26:30
セリエA
第37節
ラツィオ 2 - 0 ブレシア
2020.07.25
24:15
セリエA
第36節
ブレシア 1 - 2 パルマ
2020.07.22
28:45
セリエA
第35節
レッチェ 3 - 1 ブレシア
2020.07.19
26:30
セリエA
第34節
ブレシア 2 - 1 SPAL
基本データ

正式名称:ブレシア・カルチョ

原語表記:Brescia Calcio s.p.a

愛称:ロンディネッレ(子ツバメ)

創立:1911年

ホームタウン:ブレシア

チームカラー:水色

関連ニュース
thumb

吉田フル出場のサンプ、最終戦は降格ブレシアにドロー《セリエA》

サンプドリアは1日、セリエA最終節でブレシアとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 降格の決まっている19位ブレシアと、残留の決まっている15位サンプドリアの最終節。 残留を決めて以降、3連敗となったサンプドリアは、吉田が4バックの右センターバックで10試合連続スタメンとなった中、静かな展開で推移していく。 そんな中19分、吉田とセンターバックでコンビを組んでいたトネッリが負傷し、19分にコリーとの交代を強いられた。 それでも25分、FKの流れからヴィエイラのシュートがガスタルデッロのハンドを誘い、サンプドリアがPKを獲得。しかし、このPKをクアリアレッラが外し、スコアを動かすことはできない。 それでも41分、サンプドリアが先制する。ボックス手前中央でパスを受けたレリスが右足を振り抜くと、DFにディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 サンプドリアが1点をリードして迎えた後半だったが、開始3分にPKで同点とされる。GKファルコーネがボックス内に抜け出してきたエイを倒してしまった。 このPKをトレグロッサに決められ、試合を振り出しに戻されたサンプドリアは、70分に逆転されかけるも、トレグロッサのヘディングシュートはわずかにオフサイドで助かった。 さらに77分、ズムルハルのヘディングシュートが右ポストに直撃してひやりとしたサンプドリアは、終盤にかけても反撃できず、1-1のままタイムアップ。最終節は引き分けに終わった。 1月にサウサンプトンから加入した吉田はセリエAで14試合に出場し、サンプドリアの残留に貢献している。 2020.08.02 03:06 Sun
twitterfacebook
thumb

サンプで活躍したブレシアDFガスタルデッロが37歳で現役引退

ブレシアの元イタリア代表DFダニエレ・ガスタルデッロ(38)が7月31日、現役引退を発表した。試合前日の記者会見で明かした。 ガスタルデッロは「明日のサンプドリア戦が私の最後の試合になる。クラブと共に引退の決断を下した。これまで自分が成し遂げてきたことに誇りを持っている。今は引退間近のこの時間を満喫しているところだ。サンプドリアは私が何年も過ごしたクラブで、そのクラブとの試合が最後の試合になるのは特別な気分だ。表現が難しいが、喜びに満ちているよ。今後に関しては監督になるため、コーチング業の勉強をしている。まだ公式ではないが、ブレシアの会長と話をし、ここに留まって勉強することになると思う」とコメントした。 イタリア代表として1試合の出場歴を持つセンターバックのガスタルデッロは、ユベントスやキエーボに在籍後、クロトーネやシエナでキャリアを積み、2007年からサンプドリアでプレー。在籍8年半で公式戦260試合に出場し14ゴールを挙げた。 その後はボローニャを経て、2017年夏からブレシアに在籍。今季はセリエAで7試合に出場していた。 2020.08.01 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インモービレが4戦連発弾で得点王に前進!ラツィオがホーム最終戦を白星で飾る《セリエA》

ラツィオは29日、セリエA第37節でブレシアとホームで対戦し2-0で勝利した。 前節のカリアリ戦で6試合ぶりの勝利を飾りトップ4フィニッシュを決めたラツィオは、その試合から先発を2人変更。マルシッチとD・アンデルソンに代えてジョニーとラッツァーリが先発。2トップはセリエA最多得点記録更新の期待がかかるインモービレとコレアが起用された。 試合が動いたのは17分、インモービレとのパス交換でボックス左から斜めに侵入したコレアが中央まで切り込み右足でゴールネットを揺らした。 その後も両サイドから攻撃を組み立てるラツィオは、ゴール前のインモービレにボールを集めると41分にジョニーの左クロスからヘディングシュートでゴールを脅かしたが、これはGKアンドレナッキが好セーブで弾き出した。 後半に入っても主導権を握るラツィオは74分、敵陣中盤でボールを奪ったミリンコビッチ=サビッチのスルーパスでボックス右に抜け出したインモービレがダイレクトシュートでゴールを狙うも、これは右サイドネットに外れた。さらに82分にも、L・アルベルトのスルーパスで抜け出したインモービレがボックス左からコントロールショットでゴール右隅を狙ったが、これもわずかに枠の右に逸れた。 追加点が遠いラツィオだったが、直後に追加点が生まれる。83分、自陣でのボール奪取からミリンコビッチ=サビッチがドリブルで持ち上がると、前線のコレアを経由して出されたスルーパスでボックス内に抜け出したインモービレが冷静にゴール右隅へシュートを流し込んだ。 追加点を奪ったラツィオは、89分にもL・アルベルトがクロスバー直撃のシュートを放つなど、最後まで攻め続けてタイムアップ。インモービレの4試合連続弾などで完勝のラツィオが、今季のホーム最終戦を白星で飾った。 2020.07.30 04:55 Thu
twitterfacebook
thumb

中断明けは構想外のバロテッリ、新天地に名乗り上げたのは億万長者が保有する3部クラブ?

元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(29)が、意外なチームと交渉した可能性があるようだ。 今シーズン、マルセイユから古巣のブレシアへと復帰したバロテッリ。セリエAに昇格したチームの貴重な戦力として迎えられたが、セリエAで19試合に出場し5ゴールの成績に留まっている。 <div id="cws_ad">◆バロテッリ、インテル時代に決めたカウンター<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2NW1UZHhpRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブレシアもあるイタリア北部を中心に感染が爆発した新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でセリエAは中断していたが、バロテッリはその際にクラブと衝突。トレーニング参加やチームの方針を巡り様々な憶測が飛んだ結果、中断明けは一度もメンバー入りしていない状況。そしてクラブは降格の憂き目に遭った。 かねてから、降格した場合には退団すると報じられてきたバロテッリ。その中で手を挙げたのが、セリエC・A(イタリア3部)のコモだった。 イタリア『ラ・プロビンチャ・ディ・コモ』によると、コモの最高経営責任者(CEO)を務めるマイケル・ガンドラー氏がバロテッリとの接触について「両者の間には何らかの接触があった」とコメント。「彼の代理人は我々の話を聞くために席に着いた。それ以上は言えない」と語り、接触を図ったことを明かした。 コモは、今シーズンのセリエC・Aで13位。バロテッリが2つもリーグを下げてプレーするとは考えにくい。 しかし、コモはインドネシアの実業家であるロバート・ブディ・ハルトノが保有するクラブ。ハルトノ氏はインドネシアで最も裕福な1人とされており、純資産額は182億ドル(約1兆9500億円)とされており、十分な資金を保有しているクラブだ。 それでも、現実的とは思えないこの移籍話。ただ、バロテッリであれば、何かを起こす可能性もありそうだ。 2020.07.23 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

レッチェとの残留争い直接対決に敗れたブレシアが1年で降格《セリエA》

セリエA第35節、レッチェvsブレシアが22日に行われ、3-1でレッチェが勝利した。 18位レッチェ(勝ち点29)と19位ブレシア(勝ち点24)の残留争い。 残留圏内の17位ジェノアに4ポイント差のレッチェと、勝利を逃せば降格となるブレシアの一戦は、22、32分とラパドゥーラが立て続けにゴールを割り、レッチェが2点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、63分にデッセーナのゴールで1点を返したブレシアだったが、レッチェは70分にサポナーラのゴールが決まり勝負あり。 レッチェが残留圏内の17位ジェノアを4ポイント差で追走している。 一方、敗れたブレシアは今季9シーズンぶりにセリエAへ復帰し、元イタリア代表FWバロテッリらを獲得して挑んだが、1年でのセリエB降格となってしまった。 2020.07.23 06:56 Thu
twitterfacebook

順位表




得点ランキング