ウェスト・ブロムウィッチ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 ウェスト・ブロムウィッチ 0 0 0 2 2 8 -6 2
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-09-26
25:30
プレミアリーグ
第3節
ウェスト・ブロムウィッチ vs チェルシー
2020-10-03
23:00
プレミアリーグ
第4節
サウサンプトン vs ウェスト・ブロムウィッチ
2020-10-17
23:00
プレミアリーグ
第5節
ウェスト・ブロムウィッチ vs バーンリー
2020-10-24
23:00
プレミアリーグ
第6節
ブライトン vs ウェスト・ブロムウィッチ
2020-10-31
24:00
プレミアリーグ
第7節
フルアム vs ウェスト・ブロムウィッチ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.09.19
20:30
プレミアリーグ
第2節
エバートン 5 - 2 ウェスト・ブロムウィッチ
2020.09.13
22:00
プレミアリーグ
第1節
ウェスト・ブロムウィッチ 0 - 3 レスター・シティ
基本データ

正式名称:ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC

原語表記:West Bromwich Albion Football Club

愛称:ツグミ、バギーズ

創立:1879年

ホームタウン:ウェスト・ブロムウィッチ

チームカラー:白、青

関連ニュース
thumb

ハーフタイムに退場したWBAのビリッチ監督、最悪2試合のベンチ入り停止に

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)のスラヴェン・ビリッチ監督に対し、イングランドサッカー協会(FA)が調査を行うようだ。 ビリッチ監督は、19日に行われたプレミアリーグ第2節のエバートン戦で、前半終了後に主審のマイク・ディーン氏に執拗に抗議。その際、レッドカードが提示され、退席処分となっていた。 FAはこの件に関し「9月19日のプレミアリーグのエバートン戦のハーフタイムにおけるWBAの監督の言動、フィールドでの行動は、不適切な行為である」と声明を発表した。 なお、この際に虐待的な言葉や侮辱的な言葉を使用していた場合は、最大で2試合のベンチ入り禁止措置がとられることになる。 前半アディショナルタイム。左サイドでキーラン・ギブスとハメス・ロドリゲスが接触。ハメスが体を当てに行ってボールを奪いに行った際、ギブスがハメスの顔面にパンチを見舞い一発退場となった。 しかし、ビリッチ監督はこの行為ではなく、エバートンの同点ゴールのシーンについて審判に訴えに言ったとのこと。「アナリストが彼らの最初のゴールの前にファウルがあったと私に言った」と主張し、その抗議をしにいったことが退場になったと語っていた。 「監督として、私はレフェリーに何が起きたのかを尋ねる状況にあった」 「試合が進行中というわけではなく、ハーフタイムであり、誰もいなかった。私は不満な態度で彼に尋ねたが、一線は越えなかった。それでも私はレッドカードをもらった」 「監督として、境界線を越えていなければ、その権利を持っている。我々を殺したいと思うなら、我々を殺せばいいと彼に言った。それだけだ」 結果として、ドミニク・キャルバート=ルーウィンにキャリア初のハットトリックを決められるなど、5-2で惨敗に終わったWBA。追加での処分が下されないことを願うばかりだ。 2020.09.22 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスがデビュー2戦目にして初ゴール! キャルバート=ルーウィンはキャリア初ハットトリック!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節、エバートンvsWBAが19日に行われ、5-2でエバートンが勝利した。 開幕節で強豪トッテナムを下して白星スタートを切ったエバートン。新加入のハメス・ロドリゲスが期待に違わぬ活躍を披露し、今季の躍進を予感させた。 連勝を狙う今節の相手は、開幕でレスター・シティに0-3で完敗を喫した昇格組のWBA。快勝といきたいところだったが開始10分、カウンターでディアンガナにボックス手前まで持ち込まれると、守備の隙を突かれ、左足のシュートを決められてしまった。 だが33分、ボックス右から上がったクロスにリシャルリソンが競り合ったことでこぼれてきたボールを、キャルバート=ルーウィンがヒールで流し込み同点に。一度はオフサイドで取り消されそうになったが、VARで確認した結果、リシャルリソンではなく相手に当たっていたため、オフサイドの判定にはならなかった。 昨季のチーム内得点王タイのキャルバート=ルーウィンの2試合連続ゴールで追いついたエバートン。ここから勢いを取り戻すと迎えた45分、リシャルリソンが粘って繋げたボールを、ハメス・ロドリゲスがボックス手前から得意の左足でゴール右下に決めて逆転に成功した。 その直後、元アーセナルのギブスがハメス・ロドリゲスとぶつかった際に、あろうことかパンチを見舞い一発退場に。さらに執拗に抗議したビリッチ監督も退席処分とされてしまった。 しかし後半立ち上がりの47分、ボックス手前右の好位置でFKを得たWBAは、昨季のチームMVPのマテウス・ペレイラが左足で完璧な直接FKを決めて、スコアは再びタイとなった。 それでも数的有利のエバートンは54分、敵陣左サイドのFKからディーニュがクロスを上げると、リシャルリソンのシュートのこぼれ球をマイケル・キーンが押し込んで勝ち越し。 さらに62分には、敵陣中央のハメス・ロドリゲスからボックス内へ浮き玉のパスが送られると、絶妙なタイミングでオフサイドラインを突破したリシャルリソンが折り返し、最後はキャルバート=ルーウィンがフィニッシュ。その4分後には、ハメス・ロドリゲスの左CKをキャルバート=ルーウィンが頭で合わせてハットトリック達成。これがキャリア初のハットトリックとなった。 その後、キャルバート=ルーウィンと1ゴール1アシストのハメス・ロドリゲスはお役御免。試合はエバートンが最後まで支配し、終わってみれば大勝で開幕連勝を収めた。 2020.09.19 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーアカデミー出身のU-21イングランド代表MFギャラガーが昇格組WBAに武者修行

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)は17日、チェルシーからU-21イングランド代表MFコナー・ギャラガー(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ギャラガーはチェルシーのアカデミー出身で、2019-20シーズンはチャールトン、スウォンジーへの武者修行を経験。チャンピオンシップ(イングランド2部)で45試合に出場し6ゴール11アシストを記録していた。 昨シーズンのチャンピオンシップでの活躍が目に止まり、WBAが獲得に動いたとのことだ。 ギャラガーは「今シーズンプレーしたかったプレミアリーグから多くの関心があったけど、ここが僕の来たい場所だった」とコメント。「WBAは昨シーズンのプレーの仕方が目立っていた。僕は2、3回対戦し、彼らの試合へのアプローチへの仕方が好きだった」と対戦した上で、プレーしたいと感じたと語った。 また「自分に合うと思うし、自分の成長には最適だと感じた。僕がなりたい選手になるために役立つと感じたし、この合意をまとめられて嬉しい」と語り、WBAが成長に向けた最も良い場所だと感じていると明かした。 ギャラガーは世代別のイングランド代表を経験しており、U-21イングランド代表としても4試合に出場していた。 2020.09.18 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

イバノビッチがプレミアリーグ復帰!昇格組のWBAに加入

WBAは15日、ゼニトを退団していた元セルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチ(36)の獲得を発表した。契約期間は2021年6月までの1年間となっている。 イバノビッチは2017年2月に退団するまでチェルシーで9年間プレー。その間、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグをそれぞれ1度制し、2度のプレミアリーグ優勝、2度のFAカップ優勝、1度のリーグカップ優勝と栄光を手にした。 そのイバノビッチはプレミアリーグ復帰について「世界最高のリーグで、自分にとって挑戦となる。準備はできているし、復帰できて本当に良かった」とコメントした。 主将を務めたゼニトでは在籍3年半で2度のロシア・プレミアリーグ制覇とカップ戦優勝に導いたイバノビッチは、3年半ぶりとなるプレミアリーグで昇格組であるWBAの最低限の目標である残留をまずは目指すことになる。 2020.09.16 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

新戦力カスターニュ弾とヴァーディのPK2つでレスターが昇格組WBAに快勝スタート《プレミアリーグ》

レスター・シティは13日、プレミアリーグ開幕節でWBAとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 昨季プレミアリーグ5位のレスターが、昨季チャンピオンシップ(イングランド2部)2位で3季ぶりにプレミアリーグ昇格を果たしたWBAのホームに乗り込んだ一戦。 ヴァーディを1トップに据え、新戦力のカスターニュを右サイドバックに配す[4-1-4-1]で臨んだレスターは序盤、押し込まれる入りとなった中、なかなか攻撃の形を作りだすことができない状況を強いられた。 それでも、徐々にボールを保持できるようになると、30分に最初の決定機。ボックス右のプラートの折り返しをバーンズがボレー。だが、GKジョンストンの守備範囲だった。 徐々にペースを掴んだ中、ゴールレスで迎えた後半、レスターが押し込む展開とすると、56分に先制した。スルーパスに抜け出したプラートが左サイドゴールライン際からクロスを上げると、ゴール前に飛び込んだカスターニュがヘッドで押し込んだ。 ベルギー代表コンビの連係で先制したレスターがその後もボールを保持する中、73分にPKを獲得する。ボックス内でクロスに合わせようとしていたヴァーディがバートリーに倒された。このPKをヴァーディが決めて突き放したレスターは、83分にもPKを獲得する。 ジャスティンがボックス内でダラ・オシェイに倒された。このPKを再びヴァーディが決めて勝負を決定付けたレスターは、終わってみれば3-0で快勝。白星スタートとしている。 2020.09.13 23:58 Sun
twitterfacebook

順位表




得点ランキング