ウェスト・ブロムウィッチ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 ウェスト・ブロムウィッチ 31 6 13 19 31 56 -25 38
基本データ

正式名称:ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC

原語表記:West Bromwich Albion Football Club

愛称:ツグミ、バギーズ

創立:1879年

ホームタウン:ウェスト・ブロムウィッチ

チームカラー:白、青

関連ニュース
thumb

ユナイテッドがWBAとの練習試合2連戦! ポグバとB・フェルナンデス共演の1本目は黒星

マンチェスター・ユナイテッドがチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のWBAとの対外試合を催した。 新型コロナウイルスの影響で3月中旬から中断が続くプレミアリーグだが、6月17日からの再開が正式に決定。公式戦11戦無敗を継続するなかで中断に入ったユナイテッドは19日に敵地で行われる第30節のトッテナム戦からリスタートする。 その再開初戦に向け、当初こそ9日にストーク・シティとの練習試合を予定したが、マイケル・オニール監督の新型コロナウイルス感染で急きょ中止に。その代わりとして、12日に本拠地オールド・トラフォードでWBAとの練習試合2連戦を実施した。 いずれも無観客開催となり、結果は1本目が1-2の敗北で、2本目を3-1の白星。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、負けこそしたが、1本目でMFポール・ポグバとMFブルーノ・フェルナンデスがついに共演を果たしたという。 そのほか、ケガ明けのFWマーカス・ラッシュフォードもFWアンソニー・マルシャルやMFダニエル・ジェームズ、DFエリック・バイリーらとともに出場。唯一の得点はB・フェルナンデスがPKのチャンスを生かしてのものだったようだ。 2本目は主将のDFハリー・マグワイアやGKダビド・デ・ヘア、DFアーロン・ワン=ビサカ、MFフレッジ、FWオディオン・イガロらがプレー。MFアンドレアス・ペレイラが2得点を挙げ、有望株の1人であるMFタヒス・チョンもゴールを記録した模様だ。 なお、今回の2連戦は2時間の間隔をあけて行われ、試合中のボール消毒やウォーターブレイクも実施。何人かの選手は2試合でプレーしたようだ。 2020.06.13 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミア自動昇格圏内のWBA、在籍13年のブラントが今季限りで退団

チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAに所属する元北アイルランド代表MFクリス・ブラント(35)が4日、今季限りで退団することを明かした。 2007年にシェフィールド・ウェンズデイからWBAに加入したレフティーのMFであるブラントは、在籍13年となったWBAで公式戦419試合に出場して49ゴール89アシストを記録。プレミアリーグでは269試合に出場した。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJQSjRSTjZHNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 今季はリーグ戦5試合の出場と控えの立場だが、チームは自動昇格圏の2位に位置。再開後の9試合をうまく乗り切れば、3年ぶりのプレミアリーグ昇格が見えてくる状況だ。 そんな中で今季限りの退団を発表したブラントは次のように語っている。 「この素晴らしいクラブで13年もプレーできたことは私のキャリアにとって名誉なことだ。だが、今日はさよならを言わなければならない。今後数週間、私が集中しているのはクラブとファンがプレミアリーグに戻れるように勢力を傾けること。それを明確にする必要があった。多くの人にとったら退団することは驚きではないと思うが、状況を明確にすることで目標から目を逸らさないように仕向けたかった」 2020.06.05 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

WBA、差別撲滅を訴える投稿を揶揄したシーチケホルダーに断固たる姿勢

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するWBAが、人種差別撲滅キャンペーン投稿を揶揄したシーズンチケットホルダーに断固たる姿勢を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現在、アメリカでは今月25日にミネアポリス近郊で起きたアフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさん(享年46)の暴行死事件を発端に、白人による黒人への差別行為に対する抗議活動が大きな広がりを見せている。 そして、ヨーロッパの多くのクラブでもSNSを通じて人種差別撲滅を訴える試みが行われている。 そういった中、WBAは『#BlackOutTuesday』というキャンペーンに参加し、公式『ツイッター』で黒い背景の画像とともに「Together Stronger(共に強くあろう)」とのメッセージを投稿していた。 しかし、WBAのシーズンチケットホルダーと思われるユーザーは、この投稿に対して、「哀れだ。シーズンチケットをキャンセルする。乾杯」と、揶揄する返信をしてきた。 すると、WBAはすぐさま「あなたは見逃されない」と、人種差別を容認するかのような態度を示した同ユーザーに対して断固たる姿勢を見せた。 その後、同ユーザーは「今回の抗議デモを通じて店が略奪され、店主や警察官が殺害されるかもしれない。とにかく、肌の色に関係なく無実の人が殺害される可能性がある。そういった懸念を含めての意見だった」と釈明している。 2020.06.03 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

レスター奇跡の優勝の立役者・ヴァーディの1番記憶に残るユニフォームはWBAのもの? その理由は…

レスター・シティの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディがイギリス『BT Sport』の番組を通して、自らのキャリアを振り返った。 2015-16シーズン、降格候補筆頭とされながら、奇跡のプレミアリーグ優勝を果たしたレスターでエースとしてチームの中核を担ったヴァーディ。『BT Sport』のYouTube番組『What I Wore』の中で、自らのキャリアを通して1番の記憶に残るユニフォームは何かという問いに、意外な選択をしている。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEVzd2Z1pqYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> プレミアリーグ優勝を果たした時に着ていた2015-16シーズンのレスターのユニフォームを選ぶと誰もが思う場面だが、ヴァーディが選んだのは、2014-15シーズンのWBAのユニフォームだった。 所属経験もないクラブだが、ヴァーディ本人は「特別な意味があるからさ」と語り、奇跡の優勝以上の特別な思い入れがあると明かした。 それは、レスターがリーグ優勝を果たす前の2014-15シーズン、アウェイでWBAに3-2で勝利した試合に起因しているようだ。この試合のロスタイムに勝ち越しとなるゴールを決めていたヴァーディ。リーグ戦最後の9試合で7勝を収め、最下位からの奇跡の残留劇の布石となる、2勝目を記録した試合だった。 この試合についてヴァーディは、この試合に勝てなければ、降格が決まっていたと選手同士で覚悟していたと、当時の心境を明かした。 「僕たちは心の奥で(残留のためには)絶対に3ポイントが必要だと分かっていた。そして3ポイントをとったんだ。そこから僕たちはひたすら前に進んだんだ。勢いをキープして、残留を果たした」 また、デザイン面での1番のお気に入りを聞かれると、やはり優勝を果たした2015-16シーズンのレスターのユニフォームを選択。当時を回想し、奇跡の立役者の1人となったクラウディオ・ラニエリ元監督との思い出を明かした。 「(プレミア優勝は)僕の孫たちに1000回言ったって信じてくれないようなストーリーだね」 「1試合1試合に集中していたよ。シーズンの初め、僕たちは『40ポイントとれれば大丈夫だ、リーグに残ろう』って話していたんだ」 「前半戦を終えて確か39ポイントをとっていた。(ラニエリ)監督が次の19試合でもう1点欲しいって言ったのを覚えているよ。だから僕は『やった、残り19試合で勝ち点1さえ取ればいいんだ』と思ってた。そしたら監督が『違う、(19試合で)40ポイントってことだ』と言ったんだ」 「試合をこなすごとに僕らは楽しんでいた。選手たちの笑顔が見えたと思うけど、全て上手くいっていたんだ。勝って、勝って、勝っていた。プレミアリーグのトロフィーを掲げられたのは信じられないくらい最高だったよ」 各選手ごとに思い出のユニフォームは異なるだろうが、2シーズン連続で奇跡を達成しているヴァーディにとっては、どちらも感慨深いものに違いない。 2020.04.07 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

現役選手がコロナ感染の恐怖を語る「若者も軽視してはダメだ!」

WBAのイングランド人FWチャーリー・オースティンが新型コロナウイルス(COVID-19)感染の恐怖を語った。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 日々拡大の一途を辿る新型コロナウイルス。サッカー界でも感染者は増え続けており、イングランドではアーセナルのミケル・アルテタ監督やチェルシーのFWカラム・ハドソン=オドイらの感染が確認されている。 チャンピオンシップでプレーするオースティンもその1人。39.7度の熱を出し、しばらくの間自主隔離を続けていた同選手がその恐怖を20代や30代の若者に向けて話した。 「誰かに水をかけられたのかと思うぐらい、汗でびしょびしょになった」 「症状が出始める前に僕は妻の母親に電話して、もし家族の誰かが感染するなら僕であってほしいと話したんだ」 「最初はいつもと同じで体も自由に動かすことが出来たんだけど、1週間後には周りの人たちに、20代や30代にも『コロナを甘く見るな、真剣に捉えろ』とそう言ってやりたいと思っていた」 「そうでない者たちはただ普通に生活をしているだけだろう。僕も先週まではそうだった。コロナウイルスを全く真剣に考えていないわけではなかった。だけど、これは本当に深刻な問題なんだ」 オースティンの感染経路は25000人もの人が集まるチェルトナムフェスティバルと言われている。同選手は初めて症状を覚えたとき、医者に電話し自主隔離するよう言われたという。しかし、みるみるうちに体温が上昇。次の日には39.7度の熱にうなされたようだ。 若い人には軽症程度で済むことが多いと言われる新型コロナウイルスだが、30歳のオースティンが主張するように誰しもが死の可能性がある病気であると、今一度心に留めておく必要がある。 2020.03.21 06:00 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング