ウォルバーハンプトン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 ウォルバーハンプトン 23 6 5 9 21 29 -8 20
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-30
24:00
プレミアリーグ
第21節
クリスタル・パレス vs ウォルバーハンプトン
2021-02-02
27:00
プレミアリーグ
第22節
ウォルバーハンプトン vs アーセナル
2021-02-07
23:00
プレミアリーグ
第23節
ウォルバーハンプトン vs レスター・シティ
2021-02-10
28:45
FAカップ
5回戦
ウォルバーハンプトン vs サウサンプトン
2021-02-13
24:00
プレミアリーグ
第24節
サウサンプトン vs ウォルバーハンプトン
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.27
27:00
プレミアリーグ
第20節
チェルシー 0 - 0 ウォルバーハンプトン
2021.01.16
21:30
プレミアリーグ
第19節
ウォルバーハンプトン 2 - 3 ウェスト・ブロムウィッチ
2021.01.12
29:15
プレミアリーグ
第18節
ウォルバーハンプトン 1 - 2 エバートン
2021.01.02
26:30
プレミアリーグ
第17節
ブライトン&ホーヴ・アルビオン 3 - 3 ウォルバーハンプトン
2020.12.29
29:00
プレミアリーグ
第16節
マンチェスター・ユナイテッド 1 - 0 ウォルバーハンプトン
基本データ

正式名称:ウォルバーハンプトン・ワンダラーズFC

原語表記:Wolverhampton Wanderers Football Club

愛称:ウルブズ

創立:1877年

ホームタウン:ウォルバーハンプトン

チームカラー:黄金、黒

関連ニュース
thumb

トゥヘル率いる新生ブルーズの初陣はウルブスとドロー…圧倒的にボール握るもゴールこじ開けられず《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第20節、チェルシーvsウォルバーハンプトンが27日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0のドローに終わった。 今季ここまで9位に甘んじているチェルシー(勝ち点29)は25日、就任2年目のランパード監督を電撃解任。そして、26日に前パリ・サンジェルマン指揮官のトゥヘル新監督を招へいした。 そして、監督交代に踏み切ったチームは今節、14位のウルブス(勝ち点22)を相手にトゥヘル新体制初勝利を狙った。注目の初陣のメンバーでは前節のレスター戦から先発4人を変更。リース・ジェームズ、マウント、エイブラハムと“ランパードチルドレン”とも言える生え抜き3選手に代わってアスピリクエタ、ジョルジーニョ、ジルーとベテランを起用。また、ドルトムント時代の教え子であるプリシッチをベンチに置きツィエクが起用された。 注目の新生ブルーズはこの試合で[4-2-3-1]を採用。最前線にジルー、2列目に右からハドソン=オドイ、ツィエク、ハヴァーツを配置し、攻撃時は左サイドバックのチルウェル、ハドソン=オドイで幅を取り、ジルーの周囲をハヴァーツとツィエクのレフティー2人がサポート。序盤は中央でワンクッション入れて両翼のクロスをジルーに集めるシンプルな攻めでゴールチャンスを窺った。 圧倒的にボールを握りながらも決定機まであと一歩という状況が続くチェルシーは、20分過ぎにミスからピンチを招く。高い位置でボールを奪われた流れからDFリュディガーがボックス手前でポデンセを倒しFKを献上。これをネヴェスに直接狙われるが、これはクロスバーを外れる。 その後はウルブスのポデンセ、コーディの治療のため試合が2度の中断を挟んだこともあり、互いに流れを掴み切れない。それでも、前半終了間際の40分にはチェルシーがツィエクの右CKからリュディガー、直後にはペドロ・ネトの左クロスからデンドンケルと互いにボックス内で際どいヘディングシュートがあったもののの、0-0のスコアでハーフタイムを迎えた。 迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。ホームのチェルシーが圧倒的にボールを握り、前半同様にピッチの幅を使った攻めでゴールを目指す。2シャドーに近い役割を担うツィエクとハヴァーツに良い形でボールが入ると、ゴールの可能性を感じさせる崩しも見られたが、後方に重心を置く相手の守備を崩し切れず。61分には左への大きな展開からボックス左のハヴァーツが丁寧にマイナスに落としたボールをチルウェルが左足で合わせるが、これは大きく枠を外れる。 一方、粘り強い守備で無失点を続けるが、セットプレー以外にゴールへ迫る場面を作れないウルブス。71分にはポデンセとのコンビでボックス内に侵入したネトがGKと一対一の絶好機も、体勢を崩しながら放ったループシュートはクロスバーを叩く。そして、決定機を逸した直後の72分にはポデンセを下げてレアル・ソシエダから獲得したばかりのウィリアン・ジョゼを早速デビューさせた。 何とかゴールをこじ開けたいトゥヘル監督は77分に2枚替えを敢行。チルウェルとジルーを下げてプリシッチとエイブラハムを同時投入。この交代でシステムを完全に[3-4-2-1]の形に変え、プリシッチが右ウイングバック、ハドソン=オドイが左ウイングバックに入った。さらに、82分にはツィエクを下げてマウントを3枚目のカードとして送り込んだ。 勝ち点3を取りに行くという指揮官からの明確なメッセージを受け取ったチームは82分にコバチッチのミドルシュート、86分にはハドソン=オドイのボックス左でのカットインからのシュートでゴールに迫るが、GKルイ・パトリシオのファインセーブなどに阻まれる。 その後も攻め続けるホームチームはラストプレーで得た右CKの場面でゴール前で競り勝ったハヴァーツがヘディングシュートを枠に飛ばすが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 ほぼぶっつけ本番での初陣で選手選考、戦い方に少なからず自身の色を出したトゥヘル監督だったが、ブルーズでの初陣は0-0のドローとなった。 2021.01.28 05:00 Thu
twitterfacebook
thumb

頭蓋骨骨折ヒメネスのシーズン中の復帰は? ウルブス監督が慎重な姿勢も期待「前向きに考えている」

ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督が、メキシコ代表FWラウール・ヒメネスの今シーズン中の復帰について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ヒメネスは昨年11月29日に行われたプレミアリーグ第10節アーセナル戦で、DFダビド・ルイスと競り合いの際に接触。ピッチ上で一時意識不明となり、病院に緊急搬送。頭蓋骨を骨折しており、手術を受ける重傷を負っていた。 その後12月前半には退院しており、現在はリハビリに励んでいる状況。チームの練習場を訪問したり、試合観戦をする姿もたびたび目撃されている。 そんなヒメネスの今シーズン中の復帰について、記者会見で尋ねられたヌーノ監督は、「そうなることを前向きに考えている」と回答。ヒメネスが順調な回復を見せていることを報告した。 「彼が日に日に良くなっているのは素晴らしいニュースだ。彼は脳震とうの検査を受け、負傷前のような結果を出した。これには私だけではなく、医療スタッフ全員も驚いている。彼は非常によく頑張っている」 「彼が走ったり、ウェイトを持ち上げたり、強度の高いトレーニングをしているのを見ただけで、みんなのテンションが上がる。なぜならチーム全員が彼を第一に考えているからだ。ラウールが健康でいてくれることを望んでいるし、そうすればチームにとって重要な選手であるラウールを取り戻すことができるだろう。我々にとって最大の喜びは、彼がそばにいることだよ」 ここまで希望の持てる経過を話していたヌーノ監督だったが、一方でヒメネス復帰のためには慎重にならなくてはいけないということを強調。正しい状況判断とプロセスが重要だと語った。 「本当に忍耐強く、正しい判断をしなければならない。そのためには外科医の判断や、頭蓋骨のスキャンが必要になってくるだろう。我々は急いだり、リスクを取ることはない」 「彼の顔は常に笑顔で、経験したプロセスを認識している。そしてより強くなって復帰したいと確信している」 「ヘディングにどう対処するか。加速や減速、ジャンプ、衝撃に脳がどう反応するかは、また別の問題だ。それは時間が経てばわかることだろう」 2021.01.27 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ウルブスがブラジル人FWウィリアン・ジョゼの獲得を発表! 買取OP付きのレンタル

ウォルバーハンプトンは23日、レアル・ソシエダからブラジル人FWウィリアン・ジョゼ(29)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ウィリアン・ジョゼは2011年1月にウルグアイのデポルティーボ・マルドナドに加入して以降、サンパウロやグレミオ、サントスなど母国クラブをレンタルで転々としていた中、2014年1月にレアル・マドリーの下部組織にレンタル移籍したことで欧州上陸を果たす。その後、サラゴサやラス・パルマスへのレンタル移籍を経て、2016年夏に完全移籍でソシエダに加わった。 ソシエダ加入後、ラ・リーガでは4シーズン連続で二桁得点を記録してきたウィリアン・ジョゼ。昨冬の移籍市場で、負傷離脱していたFWハリー・ケインの代役を探すトッテナムへの移籍が迫っていたが、ソシエダがオファーを却下したことで破断に。その時、クラブの公式SNSを通じてプレミアリーグ挑戦の夢を明かしていた同選手は、今季はやや序列を落とし、ここまでリーグ戦では13試合で3ゴールという数字だった。 そしてこの度、頭蓋骨骨折で長期離脱中のFWラウール・ヒメネスの代役を探していたウルブスからのオファーを受け、念願のプレミアリーグ移籍が実現。クラブによると買い取りオプションが付随しており、スペイン『Cadena SER』は2000万ユーロ(約25億2000万円)と推測している。 2021.01.23 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ソシエダFWウィリアン・ジョゼのウルブス移籍が近づく…プレミアリーグ移籍の夢が実現か

ウォルバーハンプトンが、レアル・ソシエダのブラジル人FWウィリアン・ジョゼ(29)の獲得に迫っているようだ。スペイン『Cadena SER』など複数メディアが報じている。 頭蓋骨骨折で長期離脱中のFWラウール・ヒメネスに代わるセンターFWを探すウルブス。上海上港を退団した元ブラジル代表FWフッキや、バレンシアのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス、リバプールのベルギー代表FWディヴォク・オリジなどの名前が挙がっていた中、ウィリアン・ジョゼ獲得で収束に向かっているようだ。 情報によると、ウルブスは今季終了までのレンタル移籍で189㎝のセンターFWの獲得に近づいており、2000万ユーロ(約25億2000万円)の買い取りオプションも付随する模様だ。 2016年夏にソシエダに加入し、ラ・リーガでは4シーズン連続で二桁得点を記録してきたウィリアン・ジョゼ。昨冬の移籍市場ではFWハリー・ケインの代役を探すトッテナムが獲得に動いたが、1000万ユーロのオファーはソシエダに却下され、同選手は明らかに肩を落としていたという。 その後、クラブの公式SNSを通じて、ファンに自身の気持ちを明らかにしたうえで名誉挽回を誓ったウィリアン・ジョゼだが、今季はやや序列を落とし、ここまで13試合で3ゴールという成績となっている。 2021.01.22 15:04 Fri
twitterfacebook
thumb

フリーのジエゴ・コスタ、マルセイユ移籍の可能性がなくなる

元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(32)の移籍先候補からマルセイユが消えた。イギリス『サン』が報じている。 D・コスタは昨年12月末、「個人的事情」を理由に今季いっぱいまで残すアトレティコ・マドリーとの契約の早期解消を望み、双方合意の下で退団。フリーの身となり、今後の動向に注目が集まっているところだ。 戦線離脱が続くメキシコ代表FWラウール・ヒメネスの代役探しに奔走するウォルバーハンプトンが行き先候補に挙がるなか、マルセイユも興味を示すクラブの1つに。しかし、マルセイユ入りは非現実的な模様だ。 今冬に課題の得点力向上を狙い、ストライカーポジションの強化が取り沙汰されるマルセイユだが、アンドレ・ビラス=ボアス監督は売り込みを認めつつ、高額なサラリーを理由に獲得の可能性を否定した。 「まずジエゴ・コスタが年俸1600万ユーロ(約20億1000万円)の受給者だというのを認識すべきだ」 「知らない番号からのWhatsAppを介してジエゴ・コスタがオリンピック・マルセイユに来たがっているというメッセージを受け取った。冗談かと思ったよ」 「彼はベストストライカーの1人だが、(我々は)他を探すつもりだ。あんなにもサラリーを支払えない」 2021.01.19 17:15 Tue
twitterfacebook

順位表



得点ランキング