ウォルバーハンプトン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 ウォルバーハンプトン 57 16 9 13 47 46 1 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.12
23:00
プレミアリーグ
第38節
リバプール 2 - 0 ウォルバーハンプトン
2019.05.04
23:00
プレミアリーグ
第37節
ウォルバーハンプトン 1 - 0 フルアム
2019.04.27
23:00
プレミアリーグ
第36節
ワトフォード 1 - 2 ウォルバーハンプトン
2019.04.24
27:45
プレミアリーグ
第31節
ウォルバーハンプトン 3 - 1 アーセナル
2019.04.20
23:00
プレミアリーグ
第35節
ウォルバーハンプトン 0 - 0 ブライトン
基本データ

正式名称:ウォルバーハンプトン・ワンダラーズFC

原語表記:Wolverhampton Wanderers Football Club

愛称:ウルブズ

創立:1877年

ホームタウン:ウォルバーハンプトン

チームカラー:黄金、黒

関連ニュース
thumb

ウルブズ、GKルイ・パトリシオの活躍でシティとのPK戦制し初優勝! マグパイズは武藤が決勝点《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

中国で開催されているプレミアリーグ・アジアトロフィー2019の決勝戦、ウォルバーハンプトンvsマンチェスター・シティが20日に行われ、0-0で迎えたPK戦の末、ウルブズが優勝を果たした。 上記2チームに、ニューカッスルとウェストハムを加えた4チームで行われている今大会。準決勝でニューカッスルを4-0で屠ったウルブズと、ウェストハムに4-1で勝利したシティが激突した。 ウルブズの先発にはジョッタやトラオレ、ルベン・ネヴェス、モウティーニョなど昨季のプレミアで猛威を振るった選手たちが名を連ねた。王者シティは新加入のロドリのほか、先番号を11に変更したジンチェンコ、18歳のスペイン人MFベルナベ、U-19イングランド代表FWイアン・ポベダらがスタメンに起用された。 大方の予想通りシティがボールを保持する展開に。まずは6分、左サイドバックのジンチェンコを起点に、ザネとのワンツーでゴール前に抜け出したベルナベがボックス左からシュートを放つ。11分の右CKの場面では、デ・ブライネのクロスの落ち際をラポルテがシュート。至近距離からのシュートだったが、ウルブズのポルトガル代表GKルイ・パトリシオがビッグセーブを見せる。 シティが押し込む展開の中、21分に前半最大の見どころを迎える。後方からの浮き球パスを受けたザネが左からボックスへ侵入。ここで後ろからトラオレが倒してしまい、主審はペナルティエリアを指さした。このPKのキッカーをスターリングが務めたのだが、コンディション調整がうまくいってないのか、シュートは枠の上を越えてしまった。 シティは先制とはならなかったものの、以降も次々と相手ゴールを脅かす。35分には、デ・ブライネからスターリングと繋ぎ、最後はザネ。38分にはダニーロの突破からスターリングがシュートに持ち込んだが、上手くミートさせることはできなかった。 後半から、シティはウォーカーやベルナルド・シウバ、ギュンドアン、ダビド・シルバがピッチへ。53分にそのウォーカーが右サイドを突破しクロスを上げると相手に当たるもギュンドアンがシュート。これはベネットに頭で弾かれてしまう。一方、59分にウルブズはジョッタがドリブルシュートに持ち込むも、こちらはダニーロが見事なショットブロックを見せた。 後半も20分が経過したころ、シティはジンチェンコを下げて、今夏にPSVから買い戻したアンヘリーノを投入。このあたりから両チームとも大半の選手がアカデミーの若手となり、なかなかゴールチャンスを作ることが出来ない。結局、試合は90分をノーゴールで終えPK戦へ突入する。 それぞれ一本目は互いのGKが見事なショットストップを見せる。二本目はウルブズの守護神ルイ・パトリシオがシルバのキックを止めて連続セーブ。三本目はウルブズの選手が失敗したものの、シティはダニーロが決めてスコアは1-1に。 四人目はどちらも成功。五人目はルイ・パトリシオが三度読み切って試合終了。PK戦は3-2でウルブズが制し、大会初優勝を果たした。 一方、3位決定戦のニューカッスルvsウェストハムは1-0でニューカッスルが勝利した。 決勝点を挙げた武藤は34分、右サイドバックのステリーのクロスにオフサイドギリギリで飛び出し、左足でゴール左に流し込んだ。78分までプレーした武藤のこのゴールが決勝点となり、ニューカッスルが3位となった。 2019.07.20 22:59 Sat
twitterfacebook
thumb

武藤先発のニューカッスル、ウルブズに完敗…《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

プレミアリーグ・アジアトロフィー2019準決勝、ニューカッスルvsウォルバーハンプトンが17日に中国で行われ、0-4でウルブズが快勝した。ニューカッスルのFW武藤嘉紀は63分までプレーしている。 武藤が1トップで先発したニューカッスルだったが、徐々に押し込まれる展開を強いられると、15分に先制を許す。ジョニーのパスを受けたジョッタがボックス手前左で仕掛けてゴール左隅に蹴り込んだ。 その後も攻勢に出るウルブズは33分に突き放した。ジョニーのパスを受けたギブス=ホワイトがペナルティアーク左からゴール右にシュートを突き刺した。 さらに40分、ジョッタがボックス内で相手DFのボールを奪ってこの試合2点目を叩き込み、ウルブズが3-0として前半を終えた。 後半も攻め手のないニューカッスルは63分に見せ場を作れなかった武藤が交代となってしまう。そして85分、CKの流れからオウンゴールを献上し、0-4で惨敗。 勝利したウルブズはマンチェスター・シティvsウェストハムの勝者と20日に決勝を戦う。 ニューカッスル 0-4 ウォルバーハンプトン 【ウォルバーハンプトン】 ジョッタ(前15、前40) ギブス=ホワイト(前32) OG(後40) 2019.07.17 22:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ウルブスが元ポルトガル代表FWカバレイロをフルアムへレンタルで放出

ウォルバーハンプトンは13日、元ポルトガル代表FWイバン・カバレイロ(25)をフルアムへ1年間のレンタル移籍で放出したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションが付随している。 ベンフィカでプロデビューしたカバレイロは、モナコをプレーを経て2016年の夏にウォルバーハンプトンへ加入。ウォルバーハンプトンでは、在籍3シーズンで公式戦106試合で19ゴール20アシストをマーク。2018-19シーズンはプレミアリーグで23試合を含む公式戦29試合に出場し5ゴール2アシストを記録していた。 フルアムへのレンタル移籍が決まったカバレイロは、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語った。 「フルアムと契約出来て本当に嬉しいよ。ここはイングランドで、そして世界的にも偉大な歴史があるクラブだね。フルアムへの加入は僕が成長する良い機会になるだろう。フルアムのみんなに会えることが楽しみだね」 2019.07.14 02:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルブスFWエウデル・コスタ、リーズへ買い取り義務付きのレンタル移籍

ウォルバーハンプトンは3日、ポルトガル人FWエウデル・コスタ(25)がチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のリーズ・ユナイテッドへ買い取り義務付きのレンタル移籍したことを発表した。 ベンフィカユース出身のエウデル・コスタは、2014年1月にトップチームデビュー。以降デポルティボやモナコに武者修行に出されていたが、2016年夏にレンタルで加入したウォルバーハンプトンでチーム最多の10ゴールを記録すると、2017年夏に当時のチーム額となる1300万ポンドの移籍金で完全移籍。 ウォルバーハンプトンでは、レンタル期間も合わせ在籍3シーズンで公式戦109試合で19ゴール19アシストをマーク。今シーズンはプレミアリーグ25試合に出場したが、シーズン後半戦では出場機会が激減していた。 2019.07.04 01:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ウォルバーハンプトンがベルギー代表MFデンドンケルを完全移籍で買取!

ウォルバーハンプトンは1日、アンデルレヒトからベルギー代表MFレアンデル・デンドンケル(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 なお、今回の完全移籍での買い取りに関しては昨夏に1年間のレンタル契約をかわした際に買い取り義務の条項が盛り込まれていた。 アンデルレヒトの下部組織出身で、同クラブでプロデビューを飾ったデンドンケルは、守備的MFとセンターバックを主戦場とする守備センスと対人守備に優れた若手MF。 アンデルレヒトでベルギー代表に選出されるまでに成長を遂げたデンドンケルは、昨夏にウルブスに1年間のレンタル移籍で加入。2018-19シーズンの序盤はヌーノ・エスピリト・サント監督の信頼を得るのに苦労し、リーグ戦のデビューは昨年12月半ばのチェルシー戦に。それでも、2019年に入って出場機会を増やすと、最終的には公式戦26試合に出場し2ゴールの記録を残していた。 2019.07.01 17:20 Mon
twitterfacebook




順位表

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

得点ランキング