ベンフィカ

結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.02.25
26:55
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
アーセナル 3 - 2 ベンフィカ
2021.02.18
29:00
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド32・1stレグ
ベンフィカ 1 - 1 アーセナル
2020.12.10
26:55
UEFAヨーロッパリーグ グループD
第6節
スタンダール・リエージュ 2 - 2 ベンフィカ
2020.12.03
29:00
UEFAヨーロッパリーグ グループD
第5節
ベンフィカ 4 - 0 レフ・ポズナン
2020.11.26
29:00
UEFAヨーロッパリーグ グループD
第4節
レンジャーズ 2 - 2 ベンフィカ
基本データ

正式名称:SLベンフィカ

原語表記:Sport Lisboa e Benfica

ホームタウン:リスボン

チームカラー:赤

関連ニュース
thumb

リールがベンフィカGKヴラチョディモス獲得に動く! ミランに旅立ったメニャンの後釜候補

リールがベンフィカに所属するギリシャ代表GKオディセアス・ヴラチョディモス(27)の獲得に向けて交渉を進めているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 昨シーズンのリーグ・アン王者のリールは、今夏の移籍市場で守護神を務めていたフランス代表GKマイク・メニャン(26)がミランに引き抜かれた。 その後釜探しに奔走するクラブは先日にパリ・サンジェルマン(PSG)の元スペイン代表GKセルヒオ・リコ(27)の獲得に動いていたものの、交渉は破談に終わっていた。 そのため、現在はベンフィカの守護神の獲得に動いているようだ。 ドイツ生まれのヴラチョディモスはシュツットガルトでプロデビュー。その後、自身のルーツがあるギリシャの名門クラブであるパナシナイコスに完全移籍。同クラブで台頭を見せると、2018年にベンフィカに加入した。 以降、アトレティコ・マドリーGKヤン・オブラク、マンチェスター・シティGKエデルソンと、ここ数年多くの名手を輩出しているポルトガルの名門の新守護神として高い評価を集めていた。 ただ、昨シーズンの後半戦はブラジル人GKエウトン・レイチとのポジション争いに敗れ、2番手に序列を下げている。 2021.07.28 14:53 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季ミランにレンタルのメイテ、ベンフィカに完全移籍

ベンフィカは23日、トリノのフランス人MFスアリオ・メイテ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの5年間となっている。移籍金は700万ユーロ(約9億1000万円)とのことだ。 オセールやリール、モナコにボルドーといったフランスのクラブでプレーした後、2018年にトリノに移籍したセントラルMFのメイテ。 トリノで主力として活躍後、今年1月にはミランにレンタルで移籍し、セリエA16試合に出場してチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献していた。 2021.07.24 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル退団のジョアン・マリオ、古巣のライバル・ベンフィカに加入!

ベンフィカは13日、元ポルトガル代表MFジョアン・マリオ(28)の加入を発表した。詳しい契約内容は明らかにされていない。 ジョアン・マリオはスポルティング・リスボンでプロデビュー後、2016年夏にインテルへ移籍。移籍金最大4500万ユーロのビッグディールだったが主力に定着できず、ウェストハムやロコモティフ・モスクワ、昨季は古巣のスポルティングにレンタル移籍した。 今夏にインテルに帰還したジョアン・マリオだが、新体制の構想には入っておらず、12日に2022年までの契約を解消。既報通り、フリーでのベンフィカ加入が決定した。 ただ、ベンフィカと古巣のスポルティングは同じリスボンを拠点とするライバル同士で、両クラブの対戦はオ・デルビー・デ・リジュボア(リスボン・ダービー)と称され、ポルトガル国内では屈指の盛り上がりを見せる。 ジョアン・マリオはスポルティングで公式戦127試合に出場した主力でもあったため、サポーターの反感を買わなければいいが…。 2021.07.13 18:14 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャ退団のアレイシ・ビダル、新天地はポルトガルか

元スペイン代表DFアレイシ・ビダル(31)の新天地としてベンフィカが浮上している。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 これまでアルメリアやセビージャ、バルセロナなどスペインのクラブを渡り歩いてきたA・ビダル。2014年夏に加入したセビージャでラ・リーガ31試合、ヨーロッパリーグでは11試合に出場し優勝に貢献するなど際立った活躍を披露し、翌年にバルセロナへステップアップを果たした。 だが、当時のバルセロナは補強禁止処分で同選手の登録が認められず半シーズンを棒に振ると、以降も主力に定着できないまま2018年夏にセビージャに復帰。しかしながら、そのセビージャでもレギュラー獲得は難しく、2019-20シーズンはアラベスへレンタル。昨季は公式戦19試合の出場に留まり、今夏に双方合意の下で契約解除に至っていた。 そのため現在はフリーとなっている元スペイン代表DFにベンフィカが接触しているようだ。『O Jogo』によるとジョルジェ・ジェズス監督が獲得を望んでいるとのこと。 同クラブでは右サイドバックの主力でキャプテンも務めていたDFアンドレ・アウメイダ前十字靭帯損傷で長期離脱中。その穴を埋めているDFジウベルトやDFジオゴ・ゴンサルベスは絶対的な存在とは言えず、新たな戦力を呼び込んでもいい状況だ。 しかし、給与面が障害になると同メディアは主張。元バルセロナDFがどこまで譲歩できるかが交渉の鍵となりそうだ。 2021.07.13 14:26 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ベンフィカから左SBタヴァレスを獲得!

アーセナルは10日、ベンフィカからU-21ポルトガル代表DFヌーノ・タヴァレス(21)を獲得したことを発表した。背番号は「20」を着用する。 契約期間に関しては「長期契約」とだけ伝えられているが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると5年契約で、移籍金は800万ユーロ(約10億5000万円)+各種インセンティブという条件のようだ。 ベンフィカの下部組織出身のタヴァレスは2019年にトップチームデビュー。両親がカーボベルデ出身ということもあり、ブラックアフリカンらしいしなやかなバネとスピードを持つアスリート能力が高い184cmの左サイドバックで、推進力と攻撃センスを併せ持つ攻撃寄りのプレースタイルの持ち主だ。 昨季は公式戦25試合3アシストを記録したタヴァレスは、加入後最初のインタビューで「とても興奮しているよ。僕のような年齢でこんなビッグクラブに来られるなんてとても嬉しいね」と挨拶。また、アーセナルではMFエミール・スミス・ロウがお気に入りの選手であることを明かした。 「僕はエミール・スミス・ロウが好きなんだ。僕らは同世代だからね。ユースの頃に同じサイドで対戦したことがあるよ。とても良い選手だ。それと(ブカヨ・)サカもそうだね。若くて素晴らしい選手が揃っている」 「過去には(ティエリ・)アンリもいたね。彼の物語を思い出すのが僕は好きなんだ」 また、ミケル・アルテタ監督も「ここ数シーズンで非常によく成長した選手」と大きな期待を寄せている。 「高いクオリティを持ち、大きな期待が寄せられている選手だ。特にピッチの左サイドにエネルギーを与え、チームに強さと防御のオプションを提供してくれる」 「ヌーノがアーセナルファミリーに加わり、素晴らしいサポーターの前でプレーすることを楽しみにしているよ」 2021.07.10 19:18 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング