リーズ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 リーズ 46 14 4 14 50 50 0 32
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-25
22:00
プレミアリーグ
第33節
リーズ vs マンチェスター・ユナイテッド
2021-05-01
23:00
プレミアリーグ
第34節
ブライトン&ホーヴ・アルビオン vs リーズ
2021-05-08
23:00
プレミアリーグ
第35節
リーズ vs トッテナム
2021-05-11
27:45
プレミアリーグ
第36節
バーンリー vs リーズ
2021-05-15
23:00
プレミアリーグ
第37節
サウサンプトン vs リーズ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.19
28:00
プレミアリーグ
第32節
リーズ 1 - 1 リバプール
2021.04.10
20:30
プレミアリーグ
第31節
マンチェスター・シティ 1 - 2 リーズ
2021.04.03
23:00
プレミアリーグ
第30節
リーズ 2 - 1 シェフィールド・ユナイテッド
2021.03.19
29:00
プレミアリーグ
第29節
フルアム 1 - 2 リーズ
2021.03.13
21:30
プレミアリーグ
第28節
リーズ 0 - 0 チェルシー
基本データ

正式名称:リーズ・ユナイテッドAFC

原語表記:Leeds United Association Football Club

愛称:ホワイツ、ユナイテッド、ピーコックス

創立:1919年

ホームタウン:リーズ

チームカラー:白

関連ニュース
thumb

「フットボールはビジネスだけではない」リーズのビエルサ監督が欧州スーパーリーグ構想に「未来を危うくするものだ」

リーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督が、ヨーロッパ・スーパーリーグ構想について言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 18日、プレミアリーグ6クラブを含む12クラブが、ヨーロッパ・スーパーリーグ構想を発表。3クラブを合わせた15クラブが中心となり、ビッグクラブのみが集まる新たなリーグ設立に向けて動き出すこととなった。 しかし、この発表に対しては、様々な方面から意見が寄せられ、多くは反対意見のもの。国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)を始め、OBやファン・サポーターらも判定している意見が多い。 リーズ自体は参加しないものの、ビエルサ監督はヨーロッパ・スーパーリーグ構想に言及。リーズの会長が反対を表明していることに賛同しつつ、その危険性を語っている。 「我々の会長はビッグクラブの力を制限するため、一歩踏み出した。これは祝福すべきことだ。もちろん、重要なチームは存在するだろうが、我々はお互いを必要としていることについてより意識すべきだろう」 「しかし、現在のフットボールはより商業的だという見解もある。そう考えれば、ビジネスの世界で最も多くを生産するビックラブが、より多くを要求するのは当然のことかもしれない」 「ただ、ビジネスの世界では当たり前であっても、フットボールはビジネスだけではない。それはスーパーリーグが起こる前でも後でもそうだ。フットボールは皆のものであり、フットボールの真のオーナーとはファンたちだ。彼らがいなければ、フットボールは消えてしまう」 「フットボールのファンであるすべての人々を攻撃して、一部のみを優遇するような決定は、未来を危うくするものだ」 2021.04.20 11:51 Tue
twitterfacebook
thumb

5戦負けなしのリーズ、ビエルサはリバプールとのドローに「美しい試合だった」

リーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督が、チームのパフォーマンスを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 リーズは19日に行われたプレミアリーグ第32節でリバプールと対戦。前節1人少ない状況で首位マンチェスター・シティに勝利を収め、勢いに乗るチームはこの日も先制点こそ許したものの、試合終了間際にDFディエゴ・ジョレンテの同点ゴールで追いつき1-1のドローで終えた。この結果、リーグ5試合負けなしとなったリーズは、10位をキープしている。 試合後のインタビューに臨んだビエルサ監督は、チームのパフォーマンスに満足しつつ同点ゴールのジョレンテを称えた。 「美しい試合だったと思う。前半は互角の戦いを繰り広げ、後半は試合を支配できた。我々はゴールチャンスを作っており、敵陣でプレーができたと思う。多くのボールを回収して、しっかり攻撃に繋げられた」 「ジョレンテは非常に良い試合をした。ゴールを決めたことで、彼のパフォーマンスは輝きを増したと思う。得点シーンはあんなにも力強く走ってきたからこそ、ポジション取りで有利になったのだ」 2021.04.20 11:29 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズ相手に4連勝を逃したリバプール、終盤被弾で4位浮上ならず…《プレミアリーグ》

リバプールは19日、プレミアリーグ第32節でリーズ・ユナイテッドと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 リーグ戦3連勝中の6位リバプール(勝ち点52)が、直近のリーグ戦で首位マンチェスター・シティを撃破した10位のリーズ(勝ち点45)のホームに乗り込んだ一戦。 ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでレアル・マドリーと対戦したリバプールは、その試合のスタメンからサラーとフィリップスに代えてジョタとチアゴをスタメンで起用。3トップにジョタ、フィルミノ、マネを並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。 開始早々の5分にチアゴの枠をかすめる強烈なミドルシュートで幕を開けた一戦は、ボールを保持するリバプールが押し込む展開で時間が推移していく。すると19分には、フィルミノのパスをボックス左で受けたジョタがカットインからシュートを狙ったが、これは相手DFにブロックされた。 主導権を握るリバプールは、24分にミスからピンチを招く。最終ラインで起用されたファビーニョのパスミスをカットしたフィリップスがワンタッチで前線に送ると、これに反応したバンフォードが決定機を迎えたが、シュートは飛び出したGKアリソンがブロックした。 ピンチを凌いだリバプールは31分、中盤でパスを受けたジョタのロングパスからボックス右までオーバーラップしたアレクサンダー=アーノルドが飛び出したGKより先にボールに触ると、この折り返しをマネが無人のゴールに流し込んだ。 先制したリバプールは、40分にもD・ジョレンテのバックパスに反応したジョタがチャンスを迎えたが、シュートは飛び出したGKの好セーブに阻まれ、前半は1-0で終了した。 迎えた後半は、立ち上がりこそリバプールがリーズゴールに迫ったが、徐々にポゼッションを高めるリーズに押し込まれる時間が続く。すると60分には、左CKからバンフォードがヘディングシュートを放つと、ゴール右に逸れたボールをエウデル・コスタが詰めたがこれは枠の上に外れた。 主導権を奪い返したいリバプールは、71分にマネを下げてサラーを投入。しかし、再びチャンスを迎えたのはホームチームだった。75分、エイリングのロングパスをボックス中央に走り込んだバンフォードがワントラップからドライブ回転がかかったシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃した。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した状態が続いたが、リバプールは試合終盤にセットプレーから失点を許す。87分、ハリソンの左CKをD・ジョレンテのヘディングシュートでゴールを決められた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。上位を追走したいリバプールだったが、痛恨の失点で4位浮上のチャンスを逃す結果となった。 2021.04.20 06:05 Tue
twitterfacebook
thumb

「情報を持っているのは我々」リーズとの契約延長が報じられたビエルサ監督が完全否定

リーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督が、自身の去就についての報道を完全否定した。イギリス『BBC』が報じた。 2018年7月からリーズの監督に就任したビエルサ監督。就任2年目の2019-20シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で優勝を果たしプレミアリーグに昇格。2003-04シーズン以来のプレミアリーグ挑戦となったチームは、ここまで31試合を戦い14勝3分け14敗で10位に位置している。 そのビエルサ監督は、リーズとの契約が今シーズン終了後に満了を迎えるが、アルゼンチン『ラ・ナシオン』が、2年契約を結ぶと報道。非常に近づいていると報じていた。 しかし、この報道に対してビエルサ監督が「その情報は本物ではない」と否定。その情報があったら自ら提供していくと語った。 「出所を無視する。そういったことは、クラブが言うか、私が言うかのどちらかだ。情報を持っているのは我々だ」 「全ての場合において、提供できる情報があれば提供する」 去就については自ら正しい情報を発信するとしたビエルサ監督。19日にはプレミアリーグ第32節で王者のリバプールと対戦するが、チームは20年ぶりにプレミアリーグで4連勝を目指す。 2021.04.16 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

痛快金星のリーズ指揮官ビエルサ、逆の結果でも「フェア」だったと話す

マンチェスター・シティを倒したリーズ・ユナイテッドだが、マルセロ・ビエルサ監督は逆の結果でも「フェア」だったと述べ、自身がジョゼップ・グアルディオラ監督に勝ったわけでないとの認識を示した。 リーズは10日に行われたプレミアリーグ第31節でシティのホームに乗り込み、42分に先制したが、直後に退場者を出して数的不利に。防戦一方のなか、76分に追いつかれたが、後半アディショナルタイムに勝ち越しゴールを奪い、2-1で劇的に制した。 首位を独走するシティに71%のボールポゼッションを握られ、29本のシュートも浴びながら、わずか2本のシュートで2得点を挙げて大金星を掴み取ったリーズ。ビエルサ監督は試合後、イギリス『BT Sport』で振り返った。 「試合の支配者は彼らであり、大半のゴールチャンスも彼らだった。しかし、この結果は精神的にも、肉体的にも、選手たちのキャラクターやパーソナリティ、頑張り、不屈のメンタルがあったからこそ得られたのだ。シティの勝利が公正だったから、少しおかしいかもしれないが、我々も勝つに値した」 この勝利はジョゼップ・グアルディオラ監督を打ち負かしたことも意味するものだが、ビエルサ監督は勝者として奮闘した選手たちをクローズアップした。 「リーズがマン・シティに勝ったからといって、私が彼らの監督を負かしたわけじゃない。グアルディオラはリーズが倒したチームの監督だが、私は何も思わないね。難しい試合を制した選手たちにこそ価値があるのだ」 2021.04.11 09:45 Sun
twitterfacebook

順位表

得点ランキング