ポーランド

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 ポーランド 1 0 1 2 4 6 -2 3
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.06.23
25:00
ユーロ2020 グループE
第3節
スウェーデン 3 - 2 ポーランド
2021.06.19
28:00
ユーロ2020 グループE
第2節
スペイン 1 - 1 ポーランド
2021.06.14
25:00
ユーロ2020 グループE
第1節
ポーランド 1 - 2 スロバキア
2021.06.08
25:00
国際親善試合
ポーランド 2 - 2 アイスランド
2021.06.01
27:45
国際親善試合
ポーランド 1 - 1 ロシア
基本データ

正式名称:ポーランド代表(ユーロ2020)

原語表記:Poland

ホームタウン:ワルシャワ

チームカラー:白/赤

関連ニュース
thumb

「私が新たなストライカーです」名古屋がユーロ出場のポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォクを完全移籍で獲得

名古屋グランパスは20日、ポーランドのピアスト・グリヴィツェのポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォク(28)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「40」となる。 なお、入国日は調整中。また、入国後は所定の待機措置を経てチームへ合流予定となる。 シュヴィルツォクは、クラブを通じてコメントしている。 「グランパスファミリーの皆さん、はじめまして。私が新たなストライカーです。グランパスのようなビッグクラブでプレーができて幸せです」 「グランパスファミリーの皆さんと一緒に試合で勝ち続けたいと思います。スタジアムでお会いしましょう!クバ#40」 シュヴィルツォクは、ポーランドのポロニア・ビトムでプロキャリアをスタート。ドイツのカイザースラウテルンへ2012年1月に完全移籍すると、2012年7月にピアスト・グリヴィツェへレンタル移籍。その後はポーランドに戻り、ザヴィシャ・ブィドゴシュチュやグルニク・ウェンチナ、GKSティヒ、ザグウェンビェ・ルビンなどでプレー。2018年1月にブルガリアのルドゴレツへと完全移籍した。 2020年8月にピアスト・グリヴィツェへとレンタル移籍すると、2021年7月にピアスト・グリヴィツェへと完全移籍。そのまま名古屋へと移籍することとなった。 エクストラクラサ(ポーランド1部)では、90試合に出場し42ゴール9アシストを記録。ヨーロッパリーグでも11試合出場し1ゴール1アシストを記録していた。まだ、ブンデスリーガでも6試合プレーしている。 U-20、U-21と世代別のポーランド代表を経験すると、2017年11月にポーランド代表デビュー。2018年のロシア・ワールドカップにはメンバーに選ばれず、その後はしばらく代表に招集されていなかったが、今夏のユーロ2020に出場。グループステージ第3節のスウェーデン代表戦に途中出場していた。 2021.07.20 19:40 Tue
twitterfacebook
thumb

グループステージ敗退を嘆くレヴァンドフスキ「ゴールは僕を慰めてくれない」

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、ユーロ2020でのグループステージ敗退に悲観をあらわにした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ポーランドは23日、グループEの最終節でスウェーデン代表と対戦。決勝トーナメント進出には勝利が絶対条件という状況下でレヴァンドフスキが2ゴールを決めるも、2-3で敗れた。 結局、一度も勝てずに大会を去ることになったポーランド代表のキャプテンは、スペイン代表戦も含めて個人として大会最多の3ゴールを記録したが、「ゴールは僕を慰めてくれない」と失望をあらわにした。 「今日はクロスバーに嫌われた2つのヘディングシュートの後、ゴールも決めて自分の役割を果たしたけど、これが個人的に大会でのベストパフォーマンスだったかどうかは関係ない。ピッチ上でチームが体現したことに対する成果がほとんど何も得られなかった」 「大会でのゴールの個人記録? そんなことはどうでもいい。重要なのはグループステージを突破することで、僕たちはできなかった。スウェーデンに勝てると確信していたけど十分な力を発揮できず、彼らは3つのチャンスで3得点した」 「チームは良いプレーをしたけど勝利を持ち帰るには十分ではなかった。運がなかったよ」 2021.06.24 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

クラーソンのAT弾で劇的勝利のスウェーデンが首位通過!レヴィ躍動もポーランドは未勝利で大会を後に…《ユーロ2020》

ユーロ2020グループE最終節のスウェーデン代表vsポーランド代表が23日にロシアのサンクトペテルブルク・スタジアムで行われ、3-2でスウェーデンが勝利した。 すでに決勝トーナメント進出を決めてるグループ首位のスウェーデン(勝ち点4)は、18日に行われたスロバキア代表戦のスタメンからベリをクアイソンに変更。それ以外は同じスタメンで、[4-4-2]の2トップにはイサクとクアインソンを起用した。 一方、逆転突破へ勝利が絶対条件の最下位ポーランド(勝ち点1)は、19日に行われたスペイン代表戦のスタメンからモダーをクリホヴィアクに変更。最前線にレヴァンドフスキとスウィデルスキを据えた[3-4-1-2]の布陣で据えたでグループステージ最終戦に臨んだ。 試合は開始早々にスコアが動く。スウェーデンは2分、イサクとのワンツー崩れのこぼれ球を拾ったフォルスベリがそのままボックス中央左から侵入すると、左足から放ったシュートがベドナレクの足をかすめゴール右隅に吸い込まれた。 先制を許したポーランドだが、スウェーデンに主導権を握らせず、試合は一進一退の展開となる。すると、ポーランドは17分にセットプレーから決定機。スウィデルスキの右CKをレヴァンドフスキが地面に叩きつけるヘディングシュートで合わせると、これがクロスバーを直撃。さらにこぼれ球を再びレヴァンドフスキが頭で押し込んだが、これもクロスバーに弾かれた。 ハーフタイムにかけては、ややポーランドが押し込む時間が続いたが、きっちり中を固める相手に対してなかなか効果的な崩しを見せられず。両サイドからのクロスの精度も欠き、前半はそのままスウェーデンの1点リードで終了した。 迎えた後半、ポーランドはプチャクを下げてフランコフスキを投入。すると47分にボックス外でボールを受けたジエリンスキが強烈なミドルシュートでゴールを強襲。さらに52分にも、クリホヴィアクの低弾道ミドルが枠を捉えたが、共にシュートはGKオルセンの好セーブに阻まれた。 押し込まれる時間の続いたスウェーデンは、55分にクアインソンを下げてクルゼフスキを投入。すると59分、自陣のクリアを中盤で拾ったクルゼフスキがドリブルで持ち上がると、ボックス右から中に切り込みラストパス。これ中央のフォルスベリがダイレクトシュートでゴール右隅に流し込んだ。 2点差となったポーランドだが、すぐに反撃に出る。61分、ジエリンスキのロングパスで抜け出したレヴァンドフスキがボックス左から侵入すると、2人のDFの間を射抜いたコントロールショットをゴール右に突き刺し、1点を返した。 さらにポーランドは、65分にもボックス左のフランコフスキが供給したクロスからゴール右手前のシュヴィルツォクがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した状態が続いたが、ポーランドは84分に試合を振り出しに戻す。左サイドを持ち上がったフランコフスキのクロスをゴール前で収めたレヴァンドフスキが冷静にゴール左隅にシュートを流し込んだ。 同点に追いついたポーランドは、89分にもボックス左横でパスを受けたレヴァンドフスキがコントロールショットを狙ったが、これはGKオルセンが横っ飛びでセーブした。 このまま試合終了かと思われたが、ドラマは後半アディショナルに訪れる。94分、ベリのパスをボックス手前でキープしたクルゼフスキがボディフェイントでマークをずらしラストパスを供給。これをボックス左で受けたクラーソンが落ち着いてGKとの一対一を制しゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのまま3-2でタイムアップ。劇的弾で勝利したスウェーデンが、グループステージ無敗で首位通過を決めた。 2021.06.24 03:02 Thu
twitterfacebook
thumb

シュチェスニーのくわえタバコ姿が目撃…アーセナル時代には罰金も

ポーランド代表GKのヴォイチェフ・シュチェスニーが喫煙しているところを目撃された。イギリス『サン』が伝えている。 ポーランド代表の一員としてユーロ2020に臨んでいるシュチェスニーは、ここまでグループリーグ2試合にフル出場。19日に行われたスペイン代表戦でもピッチに立った。 シュチェスニーのくわえタバコ姿が目撃されたのは、スペイン戦の数時間前。ポーランド代表のメンバーがスタジアムに向かってホテルを出る場面だった。代表の練習着に身を包んだシュチェスニーはホテルから出ると、チームバスに乗り込むまでの間、周囲にチームメイトもいる中で喫煙していた。 シュチェスニーはアーセナル時代の2014-15シーズン途中に喫煙の事実が発覚。コロンビア代表GKダビド・オスピナの加入もあり、事件以降はセカンドキーパーに序列を落とした。また、シュチェスニーはこのシーズンがアーセナルでプレーをした最後のシーズンとなっている。 シュチェスニーは後に、退団とは無関係としながらも定期的にタバコを吸っていたことを明かし、試合後にタバコをふかしたことがアーセン・ヴェンゲル監督に伝わって罰金を言い渡されたことを明かしていた。 今回は周囲にチームメイトもいる中で堂々とタバコを手にしていたことから、ポーランド代表では喫煙は認められているのだろう。なお、その数時間後に行われたスペイン戦ではシュチェスニーが試合終盤にFWアルバロ・モラタの決定機を阻止するなど活躍。1-1の引き分けに終わっている。 <span class="paragraph-title">【写真】シュチェスニーのくわえタバコ姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pl" dir="ltr">Poland keeper Wojciech Szczesny caught smoking cigarette hours before Spain draw<a href="https://t.co/RrZNepbDKt">https://t.co/RrZNepbDKt</a> <a href="https://t.co/K3ZpwWTwiQ">pic.twitter.com/K3ZpwWTwiQ</a></p>&mdash; Daily Star Sport (@DailyStar_Sport) <a href="https://twitter.com/DailyStar_Sport/status/1406654628406648833?ref_src=twsrc%5Etfw">June 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.21 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン相手に追いついて価値あるドロー、ポーランド指揮官「選手全員が気持ちを見せてくれた」

ポーランド代表のパウロ・ソウザ監督が選手たちを称賛した。ポーランド『TVP SPORT』が伝えている。 ポーランドは19日にユーロ2020グループE第2節でスペインと激突。敗れればグループステージ敗退という状況下でのスペイン戦で25分に先制を許したが、54分にFWロベルト・レヴァンドフスキのヘッドで追いつき、1-1の引き分けで試合を終えた。 これで1分け1敗となったポーランドは、次のスウェーデン代表戦に勝利すれば2位以上での勝ち上がりを決められる状況となった。 価値あるドローにパウロ・ソウザ監督も満足気な様子。気持ちのこもった戦いを見せた選手たちを惜しみなく称えた。 「我々は常に進化し続けている。今日は大きな一歩を踏み出したんだ。特に、後半は世界で最高のチームに対してでも勝つんだという、野心や勇気を持った強いメンタルを示してくれた。誇りに思うよ」 指揮官は特に後半の戦い方を評価し、メンタルの重要性を強調。強豪相手にも立ち向かう気持ちや献身性を見せたチームに惜しみない賛辞を贈った。 「正しい態度や野心、そして勇気を持って信じるようにと選手たちには伝えている。今日は特に後半、それらを見せてくれた」 「前半は中盤と最終ラインの距離が近すぎて受け身になってしまった。強さや圧力も足りなかったし、速い攻撃もできなかった。後半はそれらをしっかりと改善できたと思う」 「我々はもっと強くなれる。そのための軌道に乗っているし、クオリティも備えている。そしてロベルト・レヴァンドフスキのようなリーダーがいる。今日彼は多岐わたってチームのために戦ってくれた」 「デュエルに勝って仲間との好連携を見せ、点も取ってくれた。彼は至るところに顔を出した。守備ではカミル・グリクが同じように頑張ってくれた。もちろん、今日のパフォーマンスは選手全員が気持ちを見せてくれたおかげだよ」 2021.06.20 16:39 Sun
twitterfacebook

順位表

得点ランキング