SPAL

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 SPAL 19 5 4 20 23 50 -27 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-07-09
26:30
セリエA
第31節
SPAL vs ウディネーゼ
2020-07-12
24:15
セリエA
第32節
ジェノア vs SPAL
2020-07-16
28:45
セリエA
第33節
SPAL vs インテル
2020-07-19
26:30
セリエA
第34節
ブレシア vs SPAL
2020-07-22
28:45
セリエA
第35節
SPAL vs ローマ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.07.05
26:30
セリエA
第30節
サンプドリア 3 - 0 SPAL
2020.07.01
28:45
セリエA
第29節
SPAL 2 - 2 ミラン
2020.06.28
26:30
セリエA
第28節
ナポリ 3 - 1 SPAL
2020.06.23
26:30
セリエA
第27節
SPAL 0 - 1 カリアリ
2020.03.08
21:45
セリエA
第26節
パルマ 0 - 1 SPAL
基本データ

正式名称:SPAL

原語表記:S.P.A.L. 2013

愛称:スパッリーニ

創立:1907年

ホームタウン:フェラーラ

チームカラー:白と水色

関連ニュース
thumb

吉田フル出場のサンプ、残留争い連戦で2連勝!《セリエA》

サンプドリアは5日、セリエA第30節でSPALをホームに迎え、3-0で勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節レッチェとの残留争いを制した16位サンプドリア(勝ち点29)は、降格圏の18位レッチェと4ポイント差とした中、吉田が4バックの右センターバックで先発となった。 残留を争う19位SPAL(勝ち点19)に対し、サンプドリアは12分に先制する。クロスのルーズボールを拾ったボックス手前のリネティがミドルシュートを突き刺した。 その後は守勢に回ったサンプドリアだったが、吉田を中心にはね返すと、前半終盤に2ゴールを加える。まずは45分、ゴール正面やや右、約25mの位置からガッビアディーニが直接FKを決めると、追加タイム3分にはリネティに2点目。 左サイドからのガストン・ラミレスのクロスが流れ、ファーサイドのリネティが受けてシュートを蹴り込んだ。 3点をリードして迎えた後半、58分のピンチをアウジェッロが好守で凌いだサンプドリアは、無失点で乗り切り3-0で快勝。 残留を争う相手との連戦を連勝し、残留に大きく近づいている。 2020.07.06 04:34 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラ復帰ミラン、最下位SPALに何とかドロー《セリエA》

ミランは1日、セリエA第29節でSPALとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 3日前に行われた前節ローマ戦を勝利して再開後2連勝とした7位ミラン(勝ち点42)は、ローマ戦のスタメンから3選手を変更。ボナヴェントゥーラ、A・コンティ、ケアーに代えてパケタ、カラブリア、ガッビアを起用し、ベンチには負傷していたイブラヒモビッチが戻った。 最下位SPAL(勝ち点18)に対し、立ち上がりからボールを持ったミランは13分、CKの流れから混戦の中をヴァロティに蹴り込まれ、最初のピンチで失点する。 そして直後にはカスティジェホがスプリントの際に右足太ももを痛め、サレマーカーズとの交代を強いられた。 その後、17分にチャルハノールのコントロールシュートが枠を捉えるも、ここはGKの好守に阻止されると、30分にスーパーゴールで失点する。ゴール正面からフロッカーリに見事なドライブシュートを叩き込まれた。 2点を追う展開となったミランは37分にチャルハノールがネットを揺らすも、ラストパスを出したレビッチのポジションがわずかにオフサイドだったとしてノーゴールに。 それでも42分、テオ・エルナンデスがダレッサンドロに悪質なタックルを受けてVARの末に一発退場となり、ミランは数的優位となって前半を終えた。 後半からカラブリアに代えてレオンを投入したミランは、サレマーカーズを右サイドバックに配置。攻撃的な布陣で臨み、攻勢に出る展開が続くもゴールを割るには至らない。 そこで65分にイブラヒモビッチを投入すると、79分に1点差に詰め寄る。左サイドからのクロスが流れたところをボックス中央のレオンが受け、ゴール右へ丁寧に蹴り込んだ。 その後も攻め込み続けたミランは敗色濃厚となった中、追加タイム4分に追いつく。サレマーカーズの右クロスがヴィカリのオウンゴールを誘った。しかし反撃はここまで。最下位のSPAL相手に痛恨のドローに終わってしまった。 2020.07.02 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

新型コロナ感染深刻化のセリエAで大混乱…パルマvsSPALの開始直前に中止要請も約1時間遅れで開催

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するイタリアでサッカー界も大きな混乱に見舞われている。イタリア『ANSA通信』など複数メディアが伝えた 現在、イタリア国内ではロンバルディア州やヴェネト州、エミリア・ロマーニャ州、ピエモンテ州の北部を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。7日時点では感染者が5000人を超えて、死者も200人以上に増加。 さらにイタリア政府は8日、北部地域において大規模な封鎖を行うと発表。これにより、国内人口の約4分の1にあたる約1600万人が他地域への移動を制限されることになった。 この緊急事態を受けて、イタリア選手協会(AIC)のダミアーノ・トンマージ会長は選手やスタッフ、その家族の健康を守るため、新型コロナウイルスが収束するまでセリエAを含む国内の公式戦を中止すべきとの見解を述べていた。 すると、その要請を受けてイタリア内閣府スポーツ局のヴィンチェンツォ・スパダフォーラ大臣は8日、政府として新型コロナウイルスが収束するまでセリエAの中断を要請する意向であることを明らかにした。 「イタリア選手協会会長のダミアーノ・トンマージ会長の見解を共有し、サッカーのリーグ戦を一時中止とする呼びかけに同意している」 「現時点でそれは意味をなさないかもしれない。だが、我々はウイルスの拡散を阻止するため多くの市民に多大な犠牲を払うよう求めている。その中でスポーツ面の利益を守るため、プレーヤーやレフェリー、スタッフ、ファンが試合観戦のために集い、健康を損なうリスクを負わせることは避けなければならない」 「他の連盟に関しては今後数日間、試合開催を一時中断する賢明な決定を下した。FIGCのガブリエレ・グラヴィナ会長にはセリエAのプレーヤーに最初の感染者が出るという中止の事例を待たず、再考することが責務だと考える」 そして、スパダフォーラ大臣の突然の発言を受けて、8日の現地時間12:30(日本時間20:30)開催予定だったパルマvsSPALでは信じがたいアクシデントに見舞われた。 1時間前にスタメンが発表されてピッチへの入場とセリエAアンセムまで流されていたキックオフ直前、スパダフォーラ大臣の発言を聞いた審判団がその事実を選手たちに伝えロッカールームに引き上げさせた。 急転直下の中止も想定されたが、最終的に試合は現地時間13:45(日本時間21:45)に無事キックオフを迎えた。 なお、ユベントスとインテルによるイタリア・ダービーを含め同日行われるセリエAの試合は予定通り開催されるが、次節以降に関しては中止の可能性が出てきている。 2020.03.08 22:40 Sun
twitterfacebook
thumb

クラブ通算1000試合出場のC・ロナウドが11戦連発! ユーベが最下位SPALを下してCLリヨン戦へ!《セリエA》

ユベントスは22日、セリエA第25節でSPALとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 前節ブレシア戦をC・ロナウドを温存した中、10人となった相手に2-0と快勝した首位ユベントス(勝ち点57)。勝利を取り戻して首位をキープしたチームは、4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のリヨン戦を控える中、クラブでの出場1000試合目となったC・ロナウドが先発に復帰。出場停止のボヌッチの代役には前節長期離脱から復帰したキエッリーニが入った。 最下位SPAL(勝ち点15)に対し、3トップに右からクアドラード、ディバラ、C・ロナウドと並べたユベントスは5分にC・ロナウドがネットを揺らすも、わずかにオフサイドに阻まれる。 その後は出足の鋭いSPALの前に一進一退の攻防を強いられた中、ユベントスは17分にボックス内のクアドラードが際どいシュートを浴びせた。 なかなか主導権を握りきれないユベントスは37分に決定機。ディバラがボックス手前右から左足を振り抜いたミドルシュートが左ポストに直撃した。それでも39分に先制する。右サイドを抜け出したクアドラードの折り返しをファーサイドのC・ロナウドが難なく押し込んだ。 C・ロナウドのセリエA11戦連続ゴールで試合を動かしたユベントスは迎えた後半、開始3分にC・ロナウドが2点目に迫った中、54分にキエッリーニをお役御免としデ・リフトを投入。 そして、60分にリードを広げた。ディバラのスルーパスをボックス右で受けたラムジーがGKとの一対一をチップキックシュートで制した。 しかし65分、VARの末にルガーニがPKを献上したユベントスはペターニャに決められて1点差に詰め寄られる。 それでも終盤にかけてはSPALの反撃を許さず、85分にはC・ロナウドの直接FKがバーを直撃したユベントスが2-1で逃げ切り。首位キープに成功している。 2020.02.23 04:04 Sun
twitterfacebook
thumb

セリエA最下位のSPAL、前アッズリーニ指揮官のディ・ビアージョ氏を新指揮官に招へい

SPALは10日、ルイジ・ディ・ビアージョ氏(48)の新監督就任を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ただ、イタリア『Tuttomercatoweb』などが伝えるところによれば、更なる延長オプションが付随している模様だ。 SPALはセリエA復帰3年目となった今季、開幕から極度の不振に喘ぐと、第23節終了時点で4勝3分け16敗の最下位に低迷。この成績不振を受けてクラブは10日、チームをセリエCからセリエAに引き上げたレオナルド・センプリチ監督(52)を解任していた。 そして、後任監督にはイタリアメディアによる既報通り、ディ・ビアージョ氏が就任することになった。 現役時代にローマやインテル、ブレシアで活躍した元イタリア代表MFのディ・ビアージョ氏は2007年にアスコリで現役を引退。その後、指導者に転身を図ると、2011年からU-20イタリア代表監督に就任。2013年からはU-21イタリア代表を6年間に渡って指揮してきた。 しかし、昨年行われたU-21欧州選手権で東京オリンピック出場権を逃したことで、昨年6月に同職を退任。以降はフリーの状態が続いていた。 なお、代表監督の経歴のみでいきなりセリエAの指揮官を務めるのは史上初の出来事だという。 クラブチームで初采配となるディ・ビアージョ新監督の初陣は15日にアウェイで行われるセリエA第24節のレッチェ戦となる。 2020.02.10 22:04 Mon
twitterfacebook

順位表




得点ランキング