SPAL

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 SPAL 19 5 4 29 26 77 -51 38
基本データ

正式名称:SPAL

原語表記:S.P.A.L. 2013

愛称:スパッリーニ

創立:1907年

ホームタウン:フェラーラ

チームカラー:白と水色

関連ニュース
thumb

昇格組スペツィアがSPAL退団のMFサーラを獲得

新シーズンからセリエAに昇格するスペツィアは5日、SPALからイタリア人MFジャコポ・サーラ(28)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 10歳でアタランタのアカデミーに入団したサーラは、2007年にチェルシーユースへ移籍。その後ハンブルガーSVでプロキャリアをスタートさせると、ヴェローナやサンプドリアを渡り歩き、2019年の夏にSPALへ完全移籍。 本職はセントラルMFのサーラだが、SPALでは両サイドハーフや両サイドバックでプレー。セリエAで16試合に出場していたが、昨シーズン限りでSPALを退団していた。 2020.09.05 23:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ブレシアとの裏天王山に敗れた最下位SPALが4シーズンぶりに降格《セリエA》

SPALは19日、セリエA第34節でブレシアとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。この結果、4シーズンぶりにセリエBに降格することが決まった。 最下位SPAL(勝ち点19)が19位ブレシア(勝ち点21)のホームに乗り込んだ裏天王山。SPALはこの試合に敗れ、残留圏内の17位ジェノア(勝ち点30)が同時刻開催のレッチェ戦に勝利すると降格が決まる状況だった。 そのSPALは42分にダボのゴールで先制するも、後半にズムルハルに2得点を許して終戦。ジェノアがレッチェに2-1で勝利したため、残り4試合でジェノアの勝ち点33に届かず、今節での降格が決まっている。 昨季は13位と健闘していたSPALだったが、今季は低空飛行が続き、第8節以降は降格圏に位置していた。 2020.07.20 04:31 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位SPALに完勝のインテル、首位ユーベと6ポイント差に!《セリエA》

インテルは16日、セリエA第33節でSPALとのアウェイ戦に臨み、4-0で完勝した。 前節トリノ戦を3-1と逆転勝利した2位インテル(勝ち点68)は、勝利すれば首位ユベントスに6ポイント差に迫れる中、引き続きルカクが負傷で欠場となり、L・マルティネスとサンチェスの2トップで臨んだ。 最下位SPAL(勝ち点19)に対し、立ち上がりから押し込むインテルは、5分にブロゾビッチの左足ミドルが左ポストに直撃する。 その後もサイド攻撃を起点に打開を図っていたが、18分にピンチ。ボックス内のペターニャにバー直撃のシュートを打たれた。 ひやりとしたインテルだったが、37分に先制する。左サイドから中央のサンチェスへとパスが渡り、サンチェスが右サイドへ展開。ボックス右のカンドレーバが受け、ゴール左に蹴り込んだ。 迎えた後半、55分にインテルが加点する。ボックス手前左からビラギが右足でゴール右に蹴り込んだ。 さらに60分、ビラギの左クロスからサンチェスが頭で押し込み3-0。一気にリードを広げ、余裕の展開としたインテルは、74分にヤングの左クロスからガリアルディーニが押し込んで4点目を挙げた。 完勝としたインテルは首位ユベントスに6ポイント差と迫っている。 2020.07.17 06:33 Fri
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のサンプ、残留争い連戦で2連勝!《セリエA》

サンプドリアは5日、セリエA第30節でSPALをホームに迎え、3-0で勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節レッチェとの残留争いを制した16位サンプドリア(勝ち点29)は、降格圏の18位レッチェと4ポイント差とした中、吉田が4バックの右センターバックで先発となった。 残留を争う19位SPAL(勝ち点19)に対し、サンプドリアは12分に先制する。クロスのルーズボールを拾ったボックス手前のリネティがミドルシュートを突き刺した。 その後は守勢に回ったサンプドリアだったが、吉田を中心にはね返すと、前半終盤に2ゴールを加える。まずは45分、ゴール正面やや右、約25mの位置からガッビアディーニが直接FKを決めると、追加タイム3分にはリネティに2点目。 左サイドからのガストン・ラミレスのクロスが流れ、ファーサイドのリネティが受けてシュートを蹴り込んだ。 3点をリードして迎えた後半、58分のピンチをアウジェッロが好守で凌いだサンプドリアは、無失点で乗り切り3-0で快勝。 残留を争う相手との連戦を連勝し、残留に大きく近づいている。 2020.07.06 04:34 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラ復帰ミラン、最下位SPALに何とかドロー《セリエA》

ミランは1日、セリエA第29節でSPALとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 3日前に行われた前節ローマ戦を勝利して再開後2連勝とした7位ミラン(勝ち点42)は、ローマ戦のスタメンから3選手を変更。ボナヴェントゥーラ、A・コンティ、ケアーに代えてパケタ、カラブリア、ガッビアを起用し、ベンチには負傷していたイブラヒモビッチが戻った。 最下位SPAL(勝ち点18)に対し、立ち上がりからボールを持ったミランは13分、CKの流れから混戦の中をヴァロティに蹴り込まれ、最初のピンチで失点する。 そして直後にはカスティジェホがスプリントの際に右足太ももを痛め、サレマーカーズとの交代を強いられた。 その後、17分にチャルハノールのコントロールシュートが枠を捉えるも、ここはGKの好守に阻止されると、30分にスーパーゴールで失点する。ゴール正面からフロッカーリに見事なドライブシュートを叩き込まれた。 2点を追う展開となったミランは37分にチャルハノールがネットを揺らすも、ラストパスを出したレビッチのポジションがわずかにオフサイドだったとしてノーゴールに。 それでも42分、テオ・エルナンデスがダレッサンドロに悪質なタックルを受けてVARの末に一発退場となり、ミランは数的優位となって前半を終えた。 後半からカラブリアに代えてレオンを投入したミランは、サレマーカーズを右サイドバックに配置。攻撃的な布陣で臨み、攻勢に出る展開が続くもゴールを割るには至らない。 そこで65分にイブラヒモビッチを投入すると、79分に1点差に詰め寄る。左サイドからのクロスが流れたところをボックス中央のレオンが受け、ゴール右へ丁寧に蹴り込んだ。 その後も攻め込み続けたミランは敗色濃厚となった中、追加タイム4分に追いつく。サレマーカーズの右クロスがヴィカリのオウンゴールを誘った。しかし反撃はここまで。最下位のSPAL相手に痛恨のドローに終わってしまった。 2020.07.02 06:50 Thu
twitterfacebook

順位表




得点ランキング