SPAL

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 SPAL 19 5 4 29 26 77 -51 38
基本データ

正式名称:SPAL

原語表記:S.P.A.L. 2013

愛称:スパッリーニ

創立:1907年

ホームタウン:フェラーラ

チームカラー:白と水色

関連ニュース
thumb

ラツィオがSPALのアルジェリア代表MFファレスを完全移籍で獲得

ラツィオは1日、SPALからアルジェリア代表MFモハメド・ファレス(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ボルドーやエラス・ヴェローナの下部組織で育ったファレスは、2015年7月にヴェローナのファーストチームへ昇格。2018年7月にSPALへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍していた。 ヴェローナで公式戦64試合に出場し1ゴール3アシストを記録していたファレスは、左サイドの全てのポジションでプレー。しかし、2019-20シーズンはケガに悩まされシーズンの大半を棒に振り、セリエAで8試合の出場に終わっていた。 2020.10.02 09:27 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルの逸材FWエスポージトがセリエBのSPALへレンタル

セリエBのSPALは25日、インテルのU-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(18)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 2014年にブレシアからインテルの下部組織に加入したエスポージトは、186cmの恵まれた体躯に加え、テクニックやスピード、得点感覚も兼ね備えた万能型ストライカー。 10代前半からその才能を遺憾なく発揮してきた逸材は、2019年3月に行われたフランクフルト戦でヨーロッパリーグ(EL)におけるクラブ最年少デビュー記録(16歳と255日)を樹立。 そして、昨年10月末にはドルトムント戦でチャンピオンズリーグ(CL)デビュー。その3日後のパルマ戦ではセリエAデビューも飾り、同年12月のジェノア戦ではPKによる得点ながらトップチーム初ゴールを挙げていた。 昨季は公式戦14試合の出場で1ゴールを挙げていた18歳は、セリエBで武者修行を積むこととなった。 2020.09.25 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

昇格組スペツィアがSPAL退団のMFサーラを獲得

新シーズンからセリエAに昇格するスペツィアは5日、SPALからイタリア人MFジャコポ・サーラ(28)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 10歳でアタランタのアカデミーに入団したサーラは、2007年にチェルシーユースへ移籍。その後ハンブルガーSVでプロキャリアをスタートさせると、ヴェローナやサンプドリアを渡り歩き、2019年の夏にSPALへ完全移籍。 本職はセントラルMFのサーラだが、SPALでは両サイドハーフや両サイドバックでプレー。セリエAで16試合に出場していたが、昨シーズン限りでSPALを退団していた。 2020.09.05 23:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ブレシアとの裏天王山に敗れた最下位SPALが4シーズンぶりに降格《セリエA》

SPALは19日、セリエA第34節でブレシアとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。この結果、4シーズンぶりにセリエBに降格することが決まった。 最下位SPAL(勝ち点19)が19位ブレシア(勝ち点21)のホームに乗り込んだ裏天王山。SPALはこの試合に敗れ、残留圏内の17位ジェノア(勝ち点30)が同時刻開催のレッチェ戦に勝利すると降格が決まる状況だった。 そのSPALは42分にダボのゴールで先制するも、後半にズムルハルに2得点を許して終戦。ジェノアがレッチェに2-1で勝利したため、残り4試合でジェノアの勝ち点33に届かず、今節での降格が決まっている。 昨季は13位と健闘していたSPALだったが、今季は低空飛行が続き、第8節以降は降格圏に位置していた。 2020.07.20 04:31 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位SPALに完勝のインテル、首位ユーベと6ポイント差に!《セリエA》

インテルは16日、セリエA第33節でSPALとのアウェイ戦に臨み、4-0で完勝した。 前節トリノ戦を3-1と逆転勝利した2位インテル(勝ち点68)は、勝利すれば首位ユベントスに6ポイント差に迫れる中、引き続きルカクが負傷で欠場となり、L・マルティネスとサンチェスの2トップで臨んだ。 最下位SPAL(勝ち点19)に対し、立ち上がりから押し込むインテルは、5分にブロゾビッチの左足ミドルが左ポストに直撃する。 その後もサイド攻撃を起点に打開を図っていたが、18分にピンチ。ボックス内のペターニャにバー直撃のシュートを打たれた。 ひやりとしたインテルだったが、37分に先制する。左サイドから中央のサンチェスへとパスが渡り、サンチェスが右サイドへ展開。ボックス右のカンドレーバが受け、ゴール左に蹴り込んだ。 迎えた後半、55分にインテルが加点する。ボックス手前左からビラギが右足でゴール右に蹴り込んだ。 さらに60分、ビラギの左クロスからサンチェスが頭で押し込み3-0。一気にリードを広げ、余裕の展開としたインテルは、74分にヤングの左クロスからガリアルディーニが押し込んで4点目を挙げた。 完勝としたインテルは首位ユベントスに6ポイント差と迫っている。 2020.07.17 06:33 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング