アヤックス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 アヤックス 12 3 3 0 11 5 6 6
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド32・1stレグ
リール vs アヤックス

UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
アヤックス vs リール
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.12.09
26:55
UEFAチャンピオンズリーグ グループD
第6節
アヤックス 0 - 1 アタランタ
2020.12.01
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ グループD
第5節
リバプール 1 - 0 アヤックス
2020.11.25
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ グループD
第4節
アヤックス 3 - 1 ミッティラン
2020.11.03
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ グループD
第3節
ミッティラン 1 - 2 アヤックス
2020.10.27
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ グループD
第2節
アタランタ 2 - 2 アヤックス
基本データ

正式名称:アヤックス・アムステルダム

原語表記:Amsterdamsche Football Club Ajax

愛称:Superjoden、Godenzonen、Joden、Lucky Ajax

創立:1900年

ホームタウン:アムステルダム

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

若きフンテラールがアヤックスで決めた、カップ戦優勝を引き寄せる劇的ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアヤックスの元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラールが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フンテラールのカップ戦優勝を引き寄せる劇的弾<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzT09GTzF2aiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> PSVでプロキャリアをスタートさせたフンテラールは、アヤックスで頭角を現すと、レアル・マドリーやミラン、シャルケなど、ビッグクラブを渡り歩き各地で実力を示してきた。 2017年からは古巣アヤックスに復帰しているフンテラールだが、若き日の2006年5月7日に行われたKNVBカップ決勝のPSV戦では、チームにタイトルをもたらすゴールを決めている。 フンテラールのゴールでアヤックスが先制したもの、1-1と追いつかれて迎えた終盤の90分、最後にドラマが待っていた。 左サイドからアヤックスがチャンスを作ると、MFヌルディン・ブカリがグラウンダーのボールをゴール前に入れる。すると、巧みな動きなおしから相手のマークを外したフンテラールが、相手DFの前に飛び込んでクロスに合わせ、ニアポストにゴールを決めてみせた。 土壇場での決勝で2-1と勝利したアヤックス。決勝で2ゴールの活躍を見せたフンテラールの働きもあり、KNVBカップを制覇している。 2021.01.17 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール関心のアヤックス逸材CBスフールスが新契約にサイン!

アヤックスは15日、U-21オランダ代表DFペル・スフールス(21)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 フォルトゥナ・シッタートでプロキャリアをスタートしたスフールスは、2018年1月にアヤックスへ完全移籍で加入。フォルトゥナ・シッタートへのレンタルバック、ヨング・アヤックスでのプレーを経て昨シーズンから本格的にアヤックスのトップチームに定着すると、ここまで公式戦43試合に出場している。 191cmの恵まれた体格を生かした強さと巧さを兼ね備えた安定した守備、中盤でもプレー可能なほどの足元の技術、パスセンスから、リバプールDFヴィルヒル・ファン・ダイク、ユベントスDFマタイス・デ・リフトらとも比較される国内屈指の万能型のセンターバックだ。そして、ここ最近ではリバプールなどのビッグクラブからの関心も伝えられている。 ただ、以前からアヤックスでの成長を希望していた21歳は、2022年に終了する現行契約をさらに3年延長する今回の新契約にサインした。 2021.01.15 23:55 Fri
twitterfacebook
thumb

引退決断のフンテラールが古巣シャルケを憂う「僕を必要としている」

アヤックスの元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラール(37)が、獲得に関心を示す古巣シャルケとの間で揺れ動いているようだ。 同選手が2010年から2017年まで在籍していたシャルケは、ここしばらく混迷を極め、昨年末に就任したクリスティアン・グロス新監督の下、先日9日のブンデスリーガ第15節のホッフェンハイム戦で、およそ1年ぶりのリーグ戦白星を挙げた。 この勝利を皮切りに、後半戦以降の巻き返しを図るシャルケは、同クラブで通算240試合126ゴール35アシストを記録した英雄フンテラールの復帰を画策していると、ドイツメディアを中心に報じられている。 14日に行われたエールディビジのトゥベンテ戦後、土壇場に2ゴールを挙げて勝利に導いたフンテラールは、『ESPN』のインタビューでシャルケからの関心に対してコメントを残した。不振にあえぐ古巣を憂いながらも、難しい問題だと葛藤しているようだ。 「それ(シャルケからの関心)についてアヤックスと話したよ。難しい問題だね。僕はアヤックスで6年半、シャルケでは7年プレーした。どちらも大好きなクラブなんだ」 「アヤックスが移籍を許可するか?マルク・オーフェルマルス(SD)に聞いてみてよ。僕は許可してくれると思うよ。(セバスティアン・)アラーを獲得したのはそういうことなんだと思う」 「でも結局は最良の決断をしなければならないのは僕なんだ。難しい問題だよ。シャルケはもっと困っている。彼らは僕を必要としてくれているんだ」 「アヤックスはリーグ戦、カップ戦、ヨーロッパリーグでタイトルを獲れる可能性が大いにある。もちろん簡単なことではないけどね。もう一晩寝て考えてみるよ」 なお、フンテラールは先月半ばに今季限りでの現役引退を表明。残されたキャリアは半年、アヤックスで有終の美を飾るのか、それとも窮境に陥るシャルケを救いに戻るのか。今後の動きに注目だ。 2021.01.15 15:37 Fri
twitterfacebook
thumb

アヤックス、ウェストハムFWアラーを28.5億円で獲得! ハマーズ最高額加入者も輝き切れず

アヤックスが8日、コートジボワール代表FWセバスティアン・アラー(26)の獲得合意を発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年半で、移籍金額は2250万ユーロ(約28億5000万円)。背番号は「22」を着用する。 190cmの長身ストライカーであるアラーは母国クラブのオセールでプロキャリアをスタートさせ、ユトレヒトでの活躍を経て、2017年夏にフランクフルト入り。そのフランクフルトでクロアチア代表FWアンテ・レビッチ(現ミラン)や、セルビア代表FWルカ・ヨビッチ(現レアル・マドリー)から成る強力攻撃陣の一角を担い、在籍2季の公式戦通算77試合で33得点19アシストを記録するとともに、2017-18シーズンにDFBポカールのタイトルにも貢献した。 そうしたドイツでの活躍も認められ、2019年夏の移籍市場で1年間の延長オプションが付随した5年契約でウェストハム加入が決定。ウェストハムがクラブレコードの移籍金4500万ポンド(現レートで約63億5000万円)を投じた期待の新戦力として注目を集めた。1年目のプレミアリーグで7得点2アシスト(32試合出場)の数字を収め、2年目の今季はさらなる活躍が期待されたが、16試合の出場で3ゴール。移籍金額通りの働きを披露するに至っていなかった。 なお、アラーは代表キャリアにおいて、ウェストハム加入時までフランスの世代別代表でのプレーを最後に遠ざかっていたが、2020年11月の代表ウィークでコートジボワール代表デビュー。2試合に出場して、1ゴールを記録している。 2021.01.08 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

オランダの超新星グラフェンベルフがCLで決めたアンストッパブルな一撃【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアヤックスのオランダ代表MFライアン・グラフェンベルフが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆超新星が決めた豪快な一撃<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4dUpOdVNKMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 欧州屈指の育成の名門アヤックスの下部組織で育ったグラフェンベルフは、2018年にわずか16歳でファーストチームデビュー。2020年11月にはオランダ代表に招集されるなど、期待のタレントとして注目を浴びている。 ボックス・トゥ・ボックスタイプのMFとして、攻守に存在感を発揮するグラフェンベルフだが、2020年11月25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのミッティラン戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で前半を折り返し、迎えた47分、MFドゥシャン・タディッチからのパスを相手ボックスの手前で受けたグラフェンベルフは、素早くシュート体勢に入ると右足を豪快に一振り。パワフルなシュートは、弧を描きながらゴール右上のクロスバーの内側に跳ね返りながらゴールインした。 試合はグラフェンベルフのゴールで先制したアヤックスが3-1と快勝している。 2021.01.08 14:00 Fri
twitterfacebook

順位表



得点ランキング