アレハンドロ・ガルナチョ Alejandro GARNACHO

ポジション FW
国籍 アルゼンチン
生年月日 2004年07月01日(19歳)
利き足
身長 180cm
体重
ニュース クラブ
ニュース一覧

アルゼンチン代表が候補メンバー発表!ディバラ、オカンポスらが招集外に【コパ・アメリカ2024】

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は20日、コパ・アメリカに臨むアルゼンチン代表候補メンバー29人を発表した。 大会連覇を目指すリオネル・スカローニ監督は、今大会にFWリオネル・メッシやFWラウタロ・マルティネス、MFアンヘル・ディ・マリア、MFエンソ・フェルナンデス、DFニコラス・オタメンディ、GKエミリアーノ・マルティネスら主力を順当に選出。 一方、FWパウロ・ディバラやFWルーカス・オカンポス、FWジョバンニ・シメオネらがメンバー外となった。 アルゼンチンはグループAに入り、ペルー代表、チリ代表、カナダ代表と同居。初戦は6月20日にカナダと対戦する。 今回発表されたアルゼンチン代表メンバーは以下の通り。 ◆アルゼンチン代表メンバー29名 GK エミリアーノ・マルティネス(アストン・ビラ/イングランド) ヘロニモ・ルジ(アヤックス/オランダ) フランコ・アルマーニ(リバープレート) DF ニコラス・オタメンディ(ベンフィカ/ポルトガル) レオナルド・バレルディ(マルセイユ/フランス) ニコラス・タグリアフィコ(リヨン/フランス) ルーカス・マルティネス・クアルタ(フィオレンティーナ/イタリア) バレンティン・バルコ(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) ゴンサロ・モンティエル(ノッティンガム・フォレスト/イングランド) クリスティアン・ロメロ(トッテナム/イングランド) リサンドロ・マルティネス(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) マルコス・アクーニャ(セビージャ/スペイン) ヘルマン・ペッセージャ(レアル・ベティス/スペイン) ナウエル・モリーナ(アトレティコ・マドリー/スペイン) MF エセキエル・パラシオス(レバークーゼン/ドイツ) ジオバニ・ロ・チェルソ(トッテナム/イングランド) アレクシス・マク・アリスター(リバプール/イングランド) エンソ・フェルナンデス(チェルシー/イングランド) グイド・ロドリゲス(レアル・ベティス/スペイン) ロドリゴ・デ・パウル(アトレティコ・マドリー/スペイン) ヴァレンティン・カルボーニ(モンツァ/イタリア) レアンドロ・パレデス(ローマ/イタリア) アンヘル・ディ・マリア(ベンフィカ/ポルトガル) FW リオネル・メッシ(インテル・マイアミ/アメリカ) ラウタロ・マルティネス(インテル/イタリア) ニコラス・ゴンサレス(フィオレンティーナ/イタリア) フリアン・アルバレス(マンチェスター・シティ/イングランド) アレハンドロ・ガルナチョ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリー/スペイン) 2024.05.21 07:00 Tue

「残念なシーズンだったのは明らか」ホームラストゲームで勝利のテン・ハグ監督、クラブが持つ可能性に自信「高いポテンシャルがある」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、ホーム最終戦の勝利を振り返った。 15日、プレミアリーグ第34節延期分でユナイテッドはホームにニューカッスルを迎えた。 前節はアウェイでのアーセナルとの大一番で1-0と敗戦。良い戦いを見せながらも、ディフェンスラインの連携ミスから失点をしてしまった試合。ホームでの今季ラストマッチでの結果が求められた。 試合は31分にコビー・メイヌーのゴールでユナイテッドが先制。前半は1点リードで折り返すも、49分に失点してしまう。それでも57分にアマド・ディアロが勝ち越しゴールを決めると、途中出場となったラスムス・ホイルンドが84分にダメ押しゴール。後半アディショナルタイムに失点したが、3-2で勝利を収めた。 リーグ戦の連敗をストップしたユナイテッド。この勝利で、逆転での7位入りの可能性を最終節に残し、来シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)行きの可能性も見えてきた。 テン・ハグ監督は、ホームに集まったファン・サポーターのために勝利を収められたことを喜び、チームが難敵相手に勝利を収めたパフォーマンスを称えた。 「全ての勝利が重要だ。これは非常に重要だった。間違いない。我々はファンにも何かを与えたいと思っており、それにとても満足している」 「チームのパフォーマンスには満足している。我々はニューカッスルのフィジカルにマッチし、良いプレーも見せた。もちろん、我々は一緒にプレーをしてきたし、ファンはいつも我々と主にいたので、素晴らしいゴールがあったことはとても嬉しいが、それはチームでもあった。努力、どうやってゴールを決めたかだ」 これで今シーズンのホームゲームは終了。去就に関して周囲が騒がしいテン・ハグ監督にとっては、オールド・トラッフォードで最後の試合になる可能性もある。 勝利後にはピッチに立ち、マイクを持ってスピーチ。ファンへの感謝を伝えた理由についても言及。苦しい時期にあるクラブだが、未来は明るいと考えているとした。 「周りが私にどの監督もやっていると言ってきた。それが理由だ。私は非常に重要なことだと思っている」 「この試合がここでの最後の試合だった。我々はまだシーズンで2試合を残しているが、オールド・トラッフォードからは離れる。粘り強く支えてくれた彼らに感謝したい」 「本当に我々は感謝している。チームもクラブもだ。我々は困難な時期にあり、このクラブは期待されたような結果ではなかった。しかし、全てのケガには理由がある。でも、我々は相変わらず残念なシーズンを過ごしてしまった」 「クラブは過渡期にある。残念なシーズンであることは明らかだが、その失望の中でもラスムス・ホイルンド、アマド・ディアロ、アレハンドロ・ガルナチョといった優れた選手たちの成長が見られる」 「若い選手たちがリーグ全体で非常に良い成長を遂げているのを見ると、私はいつも嬉しく思う。私はシーズン中、クラブには非常に良いことが起こっていると話した。いくつかのとても良いことだ。クラブには高いポテンシャルがある」 <span class="paragraph-title">【動画】ユナイテッドがホーム最終戦でニューカッスルに勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="t-rRF64WQC8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.16 10:10 Thu

「ミスをすれば隙ができる」 テン・ハグ監督がDFライン上げきれずに失点関与のCBカゼミロに言及

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が12日にホームで行われたプレミアリーグ第37節のアーセナル戦を振り返った。 この試合でもブルーノ・フェルナンデスを欠くなど、厳しい台所事情となるなか、アレハンドロ・ガルナチョの仕掛けを反発力に対抗したユナイテッドだが、局面での精度を欠き続け、拙攻が目立つ展開に。20分のレアンドロ・トロサールにゴールを許した場面以外はアンドレ・オナナのビッグセーブも際立たせながらこらえたが、0-1で敗れた。 優勝争いを演じるアーセナルにしぶとく勝ちきられ、シーズンダブルを許したユナイテッドはこれで2連敗の3戦未勝利。テン・ハグ監督はイギリス『BBC』で「(0-4と完敗した)クリスタル・パレスとの前節よりもポジティブな点があるか」との問いにこう返した。 「あるが、残念だ。ピッチでどこと対戦するかなど問題にならずで、私は勝ちたい。我々はいかなる試合も勝たなければならず、すべてを捧げる必要もある」 そんなユナイテッドはケガ人続きで致し方ないところもあるが、この試合でもカゼミロをセンターバックとして使ったが、失点シーンでは遅い最終ラインの押し上げで原因に。指揮官もミスと認めた上で、全体として細かな部分を突き詰めきれずの戦いぶりを指摘した。 「些細なことだ。1つの層がミスをすれば隙ができる。その前にポゼッションでもっと良い立ち位置と選択肢を使っていければ、よりうまくやれたはず。ディテールなんだ」 また、ケガ人続きのディフェンスラインにも「このシーズンを通して、ずっとこのことを話している。レギュラーが固まり、ルーティンを確立しているバックラインの方が良いのは明らか」と苦しい台所事情を嘆いた。 「あのエリアでプレーするには自信に満ちた選手が必要。今は慣れないエリアでプレーする選手がいて、そうなると、ミスも出る。高いレベルになれば、そのツケを払わされる。あるいはフィットしていない選手を使わなければならない。それが我々が置かれる現状だ」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yGLNLsE4jP0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.13 10:30 Mon

ブルーノ含む聖域なき刷新報道に「ジョークだ」 ユナイテッド指揮官が否定! 「事実ではない」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が現有戦力の大部分を売却候補とする報道に言及した。 テン・ハグ体制2年目の今季はFAカップこそ決勝に進んだが、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を逃したりと満足しがたいシーズンに。ケガ人続きのチーム事情があるにせよ、その戦いぶりから、来る夏はコビー・メイヌー、アレハンドロ・ガルナチョ、ラスムス・ホイルンドの若きタレントを中心としたチーム作りを進めるのではと報じられる。 オファー次第でという条件付きながら、売却候補に大黒柱のブルーノ・フェルナンデスも挙がり、聖域なき刷新が取り沙汰されるが、イギリス『デイリー・メール』によると、エリク・テン・ハグ監督が否定した。 「ジョークだ。私がここで働くようになってから、夏ごと、ウィンドーごとに200人の選手がマンチェスター・ユナイテッドから興味を持たれていると思う。いくつかは調査したがね。事実ではない」 「それと、夏ごとに我々がチームの選手全員を売るともだ。すべての見出しを作っているのは君たち(メディア)で、真実などない。こういう見出しをつけるときは冷静になり、ある程度の責任も負うべきだ」 「考えて、良い情報源を見つけるんだ。そこに事実があるというなら、まったくもってくだらない」 ジム・ラトクリフ氏が共同オーナーとなってから組織改革も着々と進み、今季が終われば補強を含め、戦力の入れ替えが予想されるユナイテッド。夏の動きはいかに。 2024.05.03 12:55 Fri

「勝てたのにまた手放した」…ユナイテッド監督が嘆く 「ラスト数分は余計」

マンチェスター・ユナイテッドが勝ち切れなかった。 27日のプレミアリーグ第35節で19位バーンリーをホームに迎え撃った6位ユナイテッド。79分にアントニーのゴールで均衡を破ったが、87分に許したPKを決められ、1-1のドローに終わった。 PK献上のシーンはカゼミロの甘いバックパスを処理しようとしたアンドレ・オナナのアタックがOFRの末にファウルとされてのもの。公式戦5試合無敗したが、悔やまれる結果となってしまった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、エリク・テン・ハグ監督も追いつかれた最終盤の戦いぶりを切り捨るなど、悔しさを滲ませた。 「試合の入りは力強いものだった。チャンスが何度もあったが、前半の半ばから試合のコントロールを失って、バーンリーにもいくつか良いチャンスがあり、アンドレが何度かセーブしてくれた」 「後半に入ってからは我々にチャンスがあったし、勝てる試合だったのに、またしても手放してしまった。非常に腹立たしい。局面ごとで非常に良いプレーもしたが、最後に3ポイントを掴む必要がある」 「ラスト数分はまったくもって余計だった」 また、「我々は審判に恵まれてない」といくつかのジャッジに不満をぶつけると、若い力を挙げ、チームに時間が必要と説いた。 「我々には非常に若い選手が何人かいて、彼らでクラブを作り直している。それには時間が必要で、若い選手を獲得することで、このクラブの再建に動いているんだ」 「ラスムス・ホイランド、アレハンドロ・ガルナチョ、コビー・マイヌーといった彼らはほとんどがプレミアリーグでの1stイヤーで、リーグ自体も年々、激しさを増している」 「データを見たが、昨季よりも、特にここ4、5年と比べても、はるかに激しくなっているんだ。選手はそこにアジャストしていかないといけないし、それには時間がかかる」 「みんなには申し訳なく思う。だから、私には焦りもあるが、忍耐が求められるし、ファンも我慢が必要だ。これまでチームを築いてきたが、彼らには経験が必要なんだ」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】マンチェスター・ユナイテッドvsバーンリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="rzH3TN5u_GI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.28 11:10 Sun

負傷者多数のユナイテッド、ラッシュフォード&マクトミネイも状態懸念

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、2選手の欠場の可能性について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 先日行われたFAカップ準決勝では、チャンピオンシップ(イングランド2部)のコヴェントリー・シティ相手に3点差を追いつかれ、延長戦とPK戦の末に辛くもファイナル進出を決めたユナイテッド。プレミアリーグでも4試合勝ちなしと苦しい状況が続く中、24日には第29節延期分のシェフィールド・ユナイテッド戦に臨む。 最終ラインを中心に負傷者に悩まされているテン・ハグ監督は、コヴェントリー戦でブラジル代表MFカゼミロをセンターバックで起用。シェフィールド・ユナイテッド戦も引き続きカゼミロがCBに入ると見られる。 また、テン・ハグ監督はイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードとスコットランド代表MFスコット・マクトミネイの状態が不安だと前日会見でコメント。アルゼンチン代表FWアレハンドロ・ガルナチョとポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスも万全ではないというが、こちらはプレー可能なようだ。 「ガルナチョには問題があったからあの試合(コヴェントリー戦)では交代させた。だが、彼は大丈夫だと思う」 「スコット・マクトミネイについては今日判断しなければならない。状態がとても疑わしい。マーカス・ラッシュフォードの状態も怪しい。ブルーノ・フェルナンデスは手に問題があったが、彼は出場可能だと思う」 「そのため、明日の試合に向けてはいくつかの懸念がある」 2024.04.24 15:57 Wed

19歳ガルナチョがSNS上で問題行動も…テン・ハグ監督が解決強調「彼はこの件について謝罪した」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がアルゼンチン代表FWアレハンドロ・ガルナチョの件に言及した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えた。 現在プレミアリーグ7位と振るわないチームの中で奮闘を続けている19歳のウインガー・ガルナチョ。しかし、直近の第33節ボーンマス戦でハーフタイムに交代となった後、テン・ハグ監督の采配を非難したユーチューバーのX(旧ツイッター)の投稿にいいねをつけ、物議を醸していた。 ユナイテッドの広報担当者は先日、テン・ハグ監督がガルナチョの行動を問題視したことを認め、この問題が内部的に解決されたことも明かしていた。 そんなガルナチョは無事今週のトレーニングにも参加。21日のFAカップ準決勝コヴェントリー・シティ戦を前にしたテン・ハグ監督は、この19歳の謝罪を受け入れたとコメントしている。 「アレハンドロは若い選手だ。多くのことを学ばなければならない。彼はこの件について謝罪したし、我々は次へ進む」 昨シーズン途中に退団したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを始め、選手の言動に悩まされることが多いテン・ハグ監督。その指揮官から許しを得たガルナチョは、ピッチ内外の振る舞いで挽回することができるだろうか。 2024.04.19 22:07 Fri

ユナイテッドと俊英メイヌーの新契約交渉が続く 夏までの決着目指す

マンチェスター・ユナイテッドとイングランド代表MFコビー・メイヌー(18)に契約延長の動きが続いているようだ。 チームとして低空飛行が続き、個人としてもケガで出遅れた今季だが、復帰してからは才能を輝かせ、中盤で定位置をがっちりと掴んだメイヌー。デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンをベンチに追いやるほどのブレイクぶりは3月のイングランド代表デビューにもつながり、飛躍の1年と言っていい。 今やユナイテッドで今後が楽しみな逸材の1人としてだけでなく、イングランド全体でもホットな若き才能の1人としてみられるようになるなか、ピッチ外ではクラブとの新契約を巡る噂もちらほら。そして、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が最新情報を共有している。 2月に初期交渉の両者は現在、今夏までの決着を目指してさらに話し合いを進め、新契約の内容は年俸アップにプラスして、いくつかのアドオンが付いたものに。サー・ジム・ラトクリフ共同オーナーが会長を務めるイギリスの多国籍化学企業『INEOS』は新プロジェクトの顔の1人にと考えているそうだ。 18歳とは思えぬ落ち着いたボール捌きで一線を画す存在となり、アルゼンチン代表MFアレハンドロ・ガルナチョ、デンマーク代表FWラスムス・ホイルンドとともに復権のキーマンとして注目されるメイヌー。契約内容がどうであれ、これからが楽しみな逸材だ。 2024.04.17 12:55 Wed

「悔しいよ。受け止めがたい」 よもやの逆転負けにブルーノもショック隠さず

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが悔しがった。 プレミアリーグ終盤でトップ4滑り込みを目指す6位のユナイテッドは4日の第31節で11位のチェルシーとアウェイで対戦。前半のうちに0-2から追いつき、67分にこの日2ゴール目のアレハンドロ・ガルナチョ弾で勝ち越したが、90+10分と90+11分によもやの連続失点で3-4の敗北を喫した。 ラファエル・ヴァランとジョニー・エバンスの負傷交代もあったにせよ、ディフェンスライン前のところでも緩さが解消されず、最悪の勝ち点ゼロという結果に。一時逆転の足がかりとなる同点弾も空砲となってしまったブルーノは試合後、イギリス『TNT Sports』で唇をかんだ。 「僕らの手中にあった試合を手放してしまった。悔しいよ。受け止めがたい。最後の数分までうまくコントロールしたけど、彼らに2つのチャンスで2ゴールを決められてしまった」 「CKからのスタートにもっと素早く反応すべきだった。CKやスローインを素早くしてくるのは想定内だったしね。ここ数試合はシュートを許しすぎ。ボックスを守るのは大事だ」 次は何がなんでも勝ちたいところだが、7日の次節はホーム戦ながら、首位リバプールが相手。チェルシー戦での結果を悔しがる29歳MFだが、チームメイトに対して、変わらずの信頼を強調した。 「ビッグゲームになる。(チームメイトに送る)言葉なんて何も必要ない。何かを言う必要があるとするなら、それこそ問題。ここは巨大なクラブなのだから」 2024.04.05 16:25 Fri

またも最後の最後に崩れ、 今回は劇的敗戦…テン・ハグ監督「勝つべき試合を手放した」

マンチェスター・ユナイテッドがまたしても最後の最後に崩れた。 プレミアリーグ終盤でトップ4滑り込みを目指す6位のユナイテッドは4日の第31節で11位のチェルシーとアウェイで対戦。前半のうちに0-2から追いつき、67分にこの日2ゴール目のアレハンドロ・ガルナチョ弾で勝ち越したが、90+10分と90+11分の連続失点で3-4の敗北を喫した。 前節のブレントフォード戦でも1-0の90+9分に同点弾を浴び、逃げ切りに失敗したばかりだが、今回は逆転負けで勝ち点すら掴めず。エリク・テン・ハグ監督はイギリス『BBC』でこう振り返っている。 「中立から見れば、素晴らしい試合だったことだろう。クオリティを伴ったファンタスティックなフットボールの試合だった」 「マンチェスター・ユナイテッドが試合を支配したが、個々のエラーで試合を落とした。そこから学ばないといけない」 「マン・ユナイテッドの選手なら、この状況にどう対処すべきかを心得ているはずだ」 「チームのプレー自体は楽しめたし、素晴らしかった。ボールを握り、相手を支配したのだからね」 そんなユナイテッドはこれで2試合未勝利で、上積みはわずかに1ポイントしかなく、4位アストン・ビラとは残り8試合で11ポイント差。オランダ人指揮官はこのチェルシー戦を含め、不安定な戦いぶりを嘆いた。 「5日間で5ポイントを落とした。それは受け入れられない。チャンピオンズリーグで戦いたいなら、高い基準を設ける必要がある」 「トップ4に滑り込めるかどうかわからない。改めて順位表を見てみる必要がある。ポイントはもっと高くつくだろう」 「こうした間違った判断は非常に残念だ。勝つべき試合を手放してしまった。チームとして対処していかないといけない」 2024.04.05 10:25 Fri
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2022年7月1日 マンU U23 マンチェスター・U 完全移籍
2021年7月1日 マンU U18 マンU U23 完全移籍
2020年10月2日 マンU U18 完全移籍
今季の成績
UEFAチャンピオンズリーグ グループA 5 279’ 1 0 0
プレミアリーグ 36 2590’ 7 3 0
合計 41 2869’ 8 3 0
出場試合
UEFAチャンピオンズリーグ グループA
第1節 2023年9月20日 vs バイエルン 9′ 0
4 - 3
第2節 2023年10月3日 vs ガラタサライ ベンチ入り
2 - 3
第3節 2023年10月24日 vs コペンハーゲン 27′ 0
1 - 0
第4節 2023年11月8日 vs コペンハーゲン 90′ 0
4 - 3
第5節 2023年11月29日 vs ガラタサライ 78′ 1
3 - 3
第6節 2023年12月12日 vs バイエルン 75′ 0
0 - 1
プレミアリーグ
第1節 2023年8月14日 vs ウォルバーハンプトン 68′ 0
1 - 0
第2節 2023年8月19日 vs トッテナム 66′ 0
2 - 0
第3節 2023年8月26日 vs ノッティンガム・フォレスト ベンチ入り
3 - 2
第4節 2023年9月3日 vs アーセナル 6′ 0
3 - 1
第5節 2023年9月16日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン 5′ 0
1 - 3
第6節 2023年9月23日 vs バーンリー ベンチ入り
0 - 1
第7節 2023年9月30日 vs クリスタル・パレス 45′ 0
0 - 1
第8節 2023年10月7日 vs ブレントフォード 27′ 0
2 - 1
第9節 2023年10月21日 vs シェフィールド・ユナイテッド 26′ 0
1 - 2
第10節 2023年10月29日 vs マンチェスター・シティ 16′ 0
0 - 3
第11節 2023年11月4日 vs フルアム 90′ 0 67′
0 - 1
第12節 2023年11月11日 vs ルートン・タウン 68′ 0
1 - 0
第13節 2023年11月26日 vs エバートン 72′ 1
0 - 3
第14節 2023年12月2日 vs ニューカッスル 90′ 0
1 - 0
第15節 2023年12月6日 vs チェルシー 90′ 0 22′
2 - 1
第16節 2023年12月9日 vs ボーンマス 79′ 0
0 - 3
第17節 2023年12月17日 vs リバプール 71′ 0
0 - 0
第18節 2023年12月23日 vs ウェストハム 85′ 0
2 - 0
第19節 2023年12月26日 vs アストン・ビラ 90′ 2
3 - 2
第20節 2023年12月30日 vs ノッティンガム・フォレスト 90′ 0 85′
2 - 1
第21節 2024年1月14日 vs トッテナム 90′ 0
2 - 2
第22節 2024年2月1日 vs ウォルバーハンプトン 90′ 0
3 - 4
第23節 2024年2月4日 vs ウェストハム 90′ 2
3 - 0
第24節 2024年2月11日 vs アストン・ビラ 90′ 0
1 - 2
第25節 2024年2月18日 vs ルートン・タウン 90′ 0
1 - 2
第26節 2024年2月24日 vs フルアム 90′ 0
1 - 2
第27節 2024年3月3日 vs マンチェスター・シティ 82′ 0
3 - 1
第28節 2024年3月9日 vs エバートン 83′ 0
2 - 0
第30節 2024年3月30日 vs ブレントフォード 59′ 0
1 - 1
第31節 2024年4月4日 vs チェルシー 85′ 2
4 - 3
第32節 2024年4月7日 vs リバプール 80′ 0
2 - 2
第33節 2024年4月13日 vs ボーンマス 45′ 0
2 - 2
第29節 2024年4月24日 vs シェフィールド・ユナイテッド 90′ 0
4 - 2
第35節 2024年4月27日 vs バーンリー 90′ 0
1 - 1
第36節 2024年5月6日 vs クリスタル・パレス 90′ 0
4 - 0
第37節 2024年5月12日 vs アーセナル 90′ 0
0 - 1
第34節 2024年5月15日 vs ニューカッスル 82′ 0
3 - 2
第38節 2024年5月19日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン 90′ 0
0 - 2