ユーロ決勝をライブビューイングで! WOWOWがHUBで開催…西武新宿駅前店では安永聡太郎氏、原大悟氏の生実況解説も

2024.07.05 18:55 Fri
WOWWOは5日、現在開催されている「UEFA EURO 2024™ サッカー欧州選手権」を英国風PUB「HUB」の一部店舗にて放映している中、決勝のライブビューイングを行うことを発表した。

欧州のNo.1を決める大会であるユーロ。24カ国が鎬を削る戦いがスタートし、5にちから準々決勝がスタートする。
開催国のドイツをはじめ、イングランド、スペイン、フランス、ポルトガル、オランダと優勝候補の強豪国も残っており、熾烈な戦いがこれから先も行われる。

そんな中、HUB 西武新宿駅前店では、7月15日(月・祝)午前3時から行われる決勝を会場での生コメンタリー、解説者との質疑応答なども実施される。

解説には安永聡太郎氏、進行は原大悟氏が担当。ライブでの熱狂を味わうことができる。

なお、HUB 西武新宿駅前店は5000円(税込)、その他の店舗は4000円(税込)となっている。
実施されるのは、HUB仙台名掛丁店、HUB大宮東口店、HUB池袋東口店ANNEX、HUB新宿靖国通り店、HUB渋谷道玄坂店、HUB名駅店、HUB心斎橋店、HUB三条木屋町店、HUB福岡大名店となる。

ユーロの関連記事

ガレス・サイスゲイト氏の後任候補に複数の指揮官が挙がっている。 イングランドサッカー協会(FA)は16日、2016年9月からイングランド代表を率いてきたサウスゲイト監督の辞任を発表。選手起用などに関して批判的な声も集まったが、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)では4位、2021年と2024年のユーロでは準優勝と好成績も収めた。 発表に際し、FAの最高経営責任者(CEO)を務めるマーク・ブリンガム氏は、後任探しが進行中だとコメント。9月にはUEFAネーションズリーグの戦いが始まることから、暫定的な解決策を用いる可能性もあると伝え、それ以上の明言は避けた。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、FAはイングランドを託す可能性のある候補者のラージリストを作成。ブリンガム氏とテクニカル・ディレクター(TD)を務めるジョン・マクダーモット氏がプロセスを主導し、引き続きイングランド人指揮官を中心に検討している模様だ。 FAの幹部らは、2023年4月にチェルシーを去って以来フリーの状態が続くグレアム・ポッター氏(49)の大ファンとのこと。ポッター氏はこれまで、プレミアリーグのクラブも含めた数々のクラブからのオファーを断っているが、自国を率いるチャンスとなれば現場復帰もありえると考えられている。 また、ニューカッスルのエディ・ハウ監督(46)も高く評価している模様だが、こちらは状況が複雑。クラブに補償金を支払う可能性があるため、より高額な選択肢となり、ニューカッスルと長期契約を結んでいるハウ監督は、イングランド代表に移れば大幅な減給が見込まれる。 その他、U-21イングランド代表のリー・カーズリー監督(50)や、2023-24シーズン終了直後にチェルシーを電撃退任となったマウリシオ・ポチェッティーノ氏(52)も候補に。ポチェッティーノ監督はアルゼンチン人指揮官だが、マクダーモット氏が熱心に支持しているとのことで、FAは話し合いに前向きだという。 2024.07.16 22:35 Tue
イングランド代表監督を退任したガレス・サウスゲイト氏が、感謝と別れのメッセージを送った。 16日、イングランドサッカー協会(FA)はイングランド代表を指揮していたサウスゲイト監督の辞任を発表。およそ8年間にわたる指揮を終えることとなった。 在任期間中には、ワールドカップ(W杯)、ユーロに2度ずつ出場。W杯は4位とベスト8、ユーロは2大会連続準優勝という成績を残した中、辞任を決断していた。 8年間で102試合を指揮し、64勝20分け18敗の成績を残したサウスゲイト監督。最後は風当たりも強くなっていた中、若手を中心に臨んだユーロ2024でも一定の結果を残したが、国を率いることから離れることとなった。 サウスゲイト監督は改めてイングランド代表を指揮できたことに感謝。また、スタッフはイングランド国民のサポーターたちへの感謝も述べ、これからはファンとして見守っていくとFAを通じてコメントしている。 「誇り高きイギリス人として、イングランド代表としてプレーし、イングランド代表を率いることは生涯の栄誉だった。私にとってそれは全てを意味し、全力を尽くしてきた」 「しかし、今こそ変化の時、そして新たな章の始まりだ。日曜日のベルリンでのスペインとの決勝戦が、私のイングランド代表監督としての最後の試合だった」 「私はイングランドサッカーの成長を決意し、2011年にFAに加入した。その間、イングランドの男子代表監督としての8年間を含め、素晴らしい人々に支えられてきた。心から感謝している」 「スティーブ・ホランドほど、私のそばにいてくれる人はいなかった。彼は同世代で最も才能のあるコーチの1人で、素晴らしい存在だった」 「私は102試合で多くの選手を率いる栄誉に恵まれた。彼ら全員がスリーライオンズのユニフォームを着ることを誇りに思い、さまざまな形で国の名誉となっている」 「ドイツに連れて行ったチームは刺激的な若い才能に満ちており、我々全員が夢見るトロフィーを獲得できるだろう。彼らをとても誇りに思っている。そして、イングランドサッカーの向上に日々努めているセントジョージズ・パークの選手やチーム、そしてFAをサポートし、サッカーがポジティブな変化をもたらす力を持っていることを理解してほしいと思う」 「特にこの8年間、選手と私に惜しみないサポートをしてくれたバックルームのスタッフに感謝する。彼らの懸命な努力と献身性は、私に毎日インスピレーションを与えてくれた。素晴らしい『チームを支えるチーム』である彼らに、私はとても感謝している」 「我々には世界最高のファンがいて、彼らのサポートは私にとってかけがえのないものだ。私はイングランドのファンであり、これからもずっとそうあり続けるだろう」 「選手たちがさらに特別な思い出を作り、我々が知っているようにできる限り国民と結びつけ、国民を鼓舞していくのを見守り、祝福することを楽しみにしている」 「イングランドの全てに感謝する」 2024.07.16 19:45 Tue
イングランドサッカー協会(FA)は16日、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督(53)の辞任を発表した。また、アシスタントコーチのスティーブ・ホランド氏(54)も退任する。 現役時代はイングランド代表としてもプレーし、クリスタル・パレス、アストン・ビラ、ミドルズブラでプレーしたサウスゲイト監督。引退後は、ミドルズブラで監督業をスタートすると、2011年1月にイングランド代表のアカデミーマネージャーに就任。その後、U-21イングランド代表監督を務め、2016年9月にイングランド代表の監督に就任した。 監督就任後102試合を指揮し、64勝20分け18敗の成績を残していた。 サウスゲイト監督は2018年、2022年のワールドカップ(W杯)、2021年、2024年のユーロと4つの大会で指揮。2018年のロシアW杯で4位となると、2021年のユーロでは決勝まで駒を進めるも、イタリア代表に敗れて準優勝となった。 2022年のカタールW杯は準々決勝でフランス代表に敗れて敗退。そして、先日まで行われたユーロ2024では、2大会連続で決勝まで進むも、スペイン代表に敗れて再び準優勝。悲願のユーロ制覇を逃していた。 不安定な戦いが続き、選手起用などを含めてサウスゲイト監督には批判的な声が多く集まっており、今年12月で契約が満了を迎えることもあって退任を求める声が多くなっていた中、自ら辞任を表明した。 サウスゲイト監督は、FAを通じてコメント。「誇り高きイギリス人として、イングランド代表としてプレーし、イングランド代表を率いることは生涯の栄誉だった。私にとってそれは全てを意味し、全力を尽くしてきた」と語り、「しかし、今こそ変化の時、そして新たな章の始まりだ。日曜日のベルリンでのスペインとの決勝戦が、私のイングランド代表監督としての最後の試合だった」と、ユーロをもって退任するとした。 2024.07.16 19:15 Tue
シカゴ・ファイアーに所属するMFジェルダン・シャキリ(32)がスイス代表からの引退を発表した。 ユーロ2024をベスト8で終えた32歳MFは15日、自身の公式X(旧ツイッター)を通じて代表引退を表明した。 「7つのトーナメント、多くのゴール、スイス代表チームでの14年間、そして忘れられない瞬間。代表チームに別れを告げるときが来た。素晴らしい思い出が残っている。みんなに『ありがとう』と伝えたい」 アルバニア人の両親のもと、幼少期にコソボからスイスへ移住したシャキリは、U-17チームからスイス代表でプレー。2010年3月に行われたウルグアイ代表戦でA代表デビューを飾ると、以降はMFグラニト・ジャカらと共に長らく代表の主力に君臨。 2010年大会から4大会連続でワールドカップ本大会に出場。2016年大会から3大会連続でユーロ本大会にも出場した。また、W杯通算12試合5ゴール2アシスト、ユーロ通算11試合5ゴール2アシストと、大舞台での勝負強さも際立っていた。 なお、これまでの通算125試合出場は盟友ジャカに次ぐ歴代2位で、通算32ゴールはアレクサンダー・フライ(42ゴール)、クビライ・トゥルキルマズとマックス・アベグレン(34ゴール)に次ぐ歴代4位の数字だ。 2024.07.15 22:48 Mon
バイエルンのMFトーマス・ミュラー(34)がドイツ代表からの引退を表明した。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユーロ2024では準々決勝でスペイン代表に敗れ、ベスト8敗退に終わったドイツ。今大会で2試合プレーしたミュラーは、スペイン戦後に「これが僕の最後の試合になるかもしれない」と語り、ユリアン・ナーゲルスマン監督と話し合いの場を持つと明かしていた。 そんなミュラーは15日、自身のYouTubeチャンネルにて「代表チームでの将来についての決断」と題した動画を投稿。自身の代表キャリアを振り返ると同時に、「14年以上前、初めて国際試合に出場させてもらった時は、こんなこと夢にも思わなかった。131試合に出場し、45ゴールを挙げたドイツの鷲に、今日別れを告げる」と述べ、2026年北中米ワールドカップ(W杯)を目指すチームを、今度は一ファンとして観客席から応援する意向を示した。 2010年3月に代表デビューを飾ったミュラーは、通算131試合45ゴール41アシストを記録。ローター・マテウス氏の150試合、ミロスラフ・クローゼ氏の137試合に次ぐ歴代3位の出場試合数を誇る。 初出場の2010年W杯では得点王とベストヤングプレーヤー賞に輝き、2014年W杯では優勝に貢献。2018年W杯後には代表から離れる時期もあったが、ユーロ2020には参加し、共に計4度のW杯とユーロを経験している。 なお、代表でのキャリアには幕を閉じるが、クラブキャリアは2025年夏まで残すバイエルンとの契約を全うする見込みだ。 2024.07.15 18:18 Mon

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly