PSG戦控えるソシエダ、久保建英ら主力温存でセビージャに敗戦…公式戦3連敗に【ラ・リーガ】

2024.03.03 00:03 Sun
Getty Images
ラ・リーガ第27節、セビージャvsレアル・ソシエダが2日にサンチェス・ピスファンで行われ、ホームのセビージャが3-2で勝利した。なお、ソシエダのMF久保建英はベンチ入りも出場機会はなかった。
PR
7位のソシエダは、公式戦連敗のバウンスバックを期して15位のセビージャ戦に臨んだ。前節のビジャレアル戦で1-3の完敗を喫したラ・レアルは、直近のコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのマジョルカ戦もPK戦の末に敗戦。格下相手にファイナル進出を逃す厳しい結果となった。
週明けに0-2からの逆転を目指すチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)を控えるなか、公式戦連敗ストップを狙ったアウェイゲームでは先発6人を変更。久保やル・ノルマン、メリーノら主力をベンチに置き、パチェコやアランブル、トゥリエンテスら控え選手を起用。サディクとアンドレ・シウバを2トップに配した[4-4-2]で臨んだ。
ホームアドバンテージにコンディション面で優位に立つセビージャが良い入りを見せる。開始3分には高い位置でプレッシャーをかけてボールを奪い切ったイザーク・ロメロが馬力のある仕掛けでボックス左に侵入し、GKと一対一の決定機を迎えるが、ここはGKレミロの好守に阻まれる。

その後、ソシエダがザハリャンのミドルシュートで際どいシーンを作り出し、ここからのオープンな展開が予期されると、その予想通りに試合が動く。

まずは11分、セビージャのセットプレーの二次攻撃からハンニバルのシュートをボックス内で足元に収めたロメロがすかさずシュート。これはGKレミロの好守に阻まれるが、こぼれ球に詰めたエン=ネシリが難なく押し込んだ。続く13分にはGKからのロングボールを頭で繋いでロメロのショートスルーパスでボックス左に抜け出したエン=ネシリが角度のないところから強烈な左足の弾丸シュートを突き刺し、瞬く間にドブレーテを記録した。
好調2トップの活躍によってホームチームが2点のリードを得て余裕を持った試合運びを見せる中、前半のうちに1点でも返したいラ・レアルは徐々にボールを握って相手陣内でのプレーを増やしていく。

2トップの高さをシンプルに活かしたクロスに加え、中盤3枚で埋め切れないスペースでボールを引き出しながら中央でのコンビネーションも仕掛けていく。だが、最後のところで粘る相手の堅守をこじ開けるまでには至らず。

前半終盤は完全に膠着状態に陥っていたが、ソシエダがワンチャンスを活かして1点を返す。前半アディショナルタイムに背後へ飛び出したアンドレ・シウバがDFセルヒオ・ラモスのハンドを誘発。これを自ら古巣のゴールに決め切った。

ホームチームの1点リードで折り返した試合。少し嫌な終わり方となったホームチームは前半終盤に負傷したヘスス・ナバスをハーフタイムで下げてフアンル、53分にはハンニバルに代えてスソと早いタイミングで交代カードを切っていく。

後半も引き続き膠着状態が続いたが、より優勢に進めていたセビージャがセットプレーからゴールをこじ開ける。66分、セットプレーの二次攻撃から右サイドのオリベル・トーレスが正確なクロスを上げると、ボックス中央に飛び込んだセルヒオ・ラモスのヘディングシュートがゴール左隅に決まった。

この3失点目で敗色濃厚となったソシエダは、すでにブライス・メンデスを投入していたものの、切り札の久保やメリーノの投入を自重。代わってベッカー、ウルコ・ゴンサレスをアンドレ・シウバ、スビメンディという主力に代えて投入した。

後半終盤にかけては交代選手を中心に攻勢を強めたラ・レアルがホームチームを押し込むと、6分が加えられた後半アディショナルタイムの92分にはブライス・メンデスがペナルティアーク手前からの直接FKを左隅に突き刺して再び点差を縮める。

だが、同点ゴールを奪うまでには至らず。セビージャに競り負けたソシエダは、一部主力に休養を与えたものの、公式戦3連敗でPSG戦に臨むことになった。

PR
関連ニュース

キケ・サンチェス監督の今季限りでの退任が正式発表…セビージャ会長「彼の多大な努力に感謝したい」

セビージャは18日、キケ・サンチェス・フローレス監督(59)が今季限りで退団することを発表した。 セビージャは混迷を極めた今シーズン、ホセ・ルイス・メンディリバル、ディエゴ・アロンソと2人の指揮官を解任。その後、昨年12月中旬にキケ・フローレス監督を招へい。 16位でチームを引き継いだ同監督の下、ここまでのリーグ戦は8勝4分け8敗の戦績を残し、チームは12位に浮上。最低限のノルマであるプリメーラ残留を決めていたが、クラブ首脳陣は来シーズンも指揮を任せる考えはないようで、今季終了のタイミングで袂を分かつ決断を下した。 18日に記者会見に臨んだホセ・マリア・デル・ニド・カラスコ会長は、キケ・フローレス監督に対して以下のように感謝を述べた。 「昨夜10時頃、キケと話をした。そして、契約満了となる6月30日まで、キケがトップチームのヘッドコーチを務めることを発表するのは、今が適切なタイミングだということで合意した」 「来シーズンは監督を続けないことは、彼自身から聞いているはずだ。彼の多大な努力に感謝したい。彼が来たとき、クラブは非常に困難な状況にあったが、彼は何時間ものハードワークを通じて、我々をそこから救い出してくれた。彼は必要なことを的確にやってくれた。困難な時期に懸命に働いてくれた彼に、もう一度感謝したい。彼はいつでもセビージャで歓迎されるだろう」 2024.05.19 07:30 Sun

退団発表に苦言呈したヘスス・ナバス、セビージャと半年契約締結! 12月末で現役引退、その後セビージャで役職に就くことに「給与は財団に寄付する」

セビージャからの退団が発表されたスペイン代表DFヘスス・ナバス(38)だが、クラブと生涯契約を結ぶこととなった。セビージャが発表した。 セビージャの下部組織育ちのヘスス・ナバスは、2013年7月にマンチェスター・シティに完全移籍。2017年8月にセビージャに復帰していた。 クラブ通算688試合の出場を誇るヘスス・ナバスだが、今シーズン限りで契約満了。そして、16日にチームからの退団が発表されていた。 しかし、この退団は考えてもいなかったことだとヘスス・ナバスは自身のX(旧ツイッター)で想いを綴り、「悲しい1日だった。こんな日が来るとは思ってもみなかった」とし、チームを去る決断は自分が下せると約束されていたと明かした。 衝撃の結末となったヘスス・ナバスだが、この声明が影響したのか、セビージャは一転して永久契約を結ぶことを発表。2024年12月31日まで選手としてプレーし、その後は希望する職種にクラブでつけることでホセ・マリア・デル・ニド・カラスコ会長と合意したという。 ヘスス・ナバスはクラブを通じてコメントしている。 「僕はセビージャの会長からの提案に、ポジティブに答えることに一瞬の躊躇いもなかった。僕はネルビオンで引退したい。ネルビオンでプレーし続けたい。僕のセビージャ、僕は恋に落ちた存在との繋がりを喜んで受け入れる」 「僕の願いであり、会長にも伝えているが、チームを助けるために移行期間として12月までプレーし続ける。僕がシャツを着てブーツを脱ぐ決意をするのはその日だ」 「僕はいつもそうすることを夢見ていた。セビージャの選手の格好で、もう1つ、この数カ月間、プロサッカー選手としての最後の数カ月は、会長と合意した給料は受け取らないことになるが、財団に寄付される。これは僕の決定であり、ファンには全ての詳細を伝え、透明性を尊重してもらいたい」 2024.05.18 23:33 Sat

セビージャ退団のヘスス・ナバス、愛するクラブとの不本意な別れに苦言「何の連絡もなかった」

スペイン代表DFヘスス・ナバスがセビージャ退団への想いを明かしている。 セビージャの下部組織出身で、2003年11月にファーストチームデビューを飾ったナバス。2013年7月からは一度マンチェスター・シティへ移ったが、2017年8月には古巣へ戻り、セビージャでの通算出場数はクラブ最多の688試合を誇る。 そんなクラブレジェンドのナバスだが、6月には現行契約が満了。16日には今シーズン限りでの退団がクラブから発表された。 25日に行われるラ・リーガ最終節のバルセロナ戦がセビージャでのラストマッチとなるキャプテンは、X(旧ツイッター)にて今回の退団の経緯を説明。不本意な結果であることを明かした。 「悲しい1日だった。こんな日が来るとは思ってもみなかった。自分が下した決断を踏まえれば、正直に言わなければならない。自分でも信じられないが、実際に起こったたことだ。ずっと前から(退団が)決まっていたと言われているのを読んだが、失礼を承知の上で明かすと、そんなことはなかった」 「僕にとって退団を考えるのがどれだけ難しいことかは、親しい友人しか知らない。セビージャは僕にとっての心のクラブだが、僕に契約延長を提案すべき人たちからは何の連絡もなかったからだ」 「僕がこの決断を伝えた後、(クラブが)しばらく様子を見ることもなかったという事実に直面するのは、さらに辛いことだ」 「望む限り好きなだけここにいていいと言われ続けていたが、シーズン終了後に残留の可否を問う電話があるのかどうかという不安を晴らしてくれる人は誰もいなかった」 また、ナバスはクラブ愛ゆえにキャリアの多くの時間をセビージャで過ごしたとのこと。直近の3月の代表ウィークでもスペイン代表の一員としてプレーしていた38歳は、ユーロ2024を目前に控えることもあり、まだ新たな所属先を定めていないようだ。 「最後に辛い話をする。より良いオファーがあるから退団するのだとも言われたが、もしそれが理由だとしたら、キャリア全体を通してこの心のチームと共にあることはなかっただろう」 「今は所属するチームはない。なぜなら、セビージャで名誉ある仕事をしてきたように、将来的にもサポートしていきたいと考えている国のため心身を集中させたいからだ」 2024.05.18 12:28 Sat

セビージャが今夏監督交代へ…来季も契約残すキケ・フローレス監督は退任濃厚

セビージャは来シーズンに向けて監督交代に踏み切るようだ。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が報じている。 セビージャは混迷を極めた今シーズン、ホセ・ルイス・メンディリバル、ディエゴ・アロンソと2人の指揮官を解任。その後、昨年12月中旬にキケ・サンチェス・フローレス監督(59)を招へいした。 16位でチームを引き継いだ同監督の下、ここまでのリーグ戦は8勝4分け8敗の戦績を残し、チームは12位に浮上。最低限のノルマであるプリメーラ残留を決めている。 ただ、セビージャの首脳陣は2025年まで契約を残すキケ・フローレス監督に来シーズンの指揮を任せる考えはないようで、今季終了のタイミングで袂を分かつことになるようだ。 『エスタディオ・デポルティボ』によると、すでに後任候補は決定しており、ラス・パルマスのガルシア・ピミエンタ監督の招へいに動く構えだという。 バルセロナ出身でバルセロナのカンテラで指導者キャリアをスタートしたピミエンタ監督は、昨シーズンにラス・パルマスを昇格に導く手腕を発揮。昇格1年目の今シーズンは後半戦に失速も、チームは現状14位の残留圏内に位置している。 2024.05.17 18:30 Fri

クラブ最多出場誇るセビージャの主将ヘスス・ナバス、今季限りでの退団決定

セビージャは16日、スペイン代表DFヘスス・ナバス(38)の今シーズン限りでの退団を発表した。 セビージャのキャプテンを務めるナバスはクラブの下部組織出身で、当時18歳の2003年11月にファーストチームデビュー。マンチェスター・シティへ移籍する2013年7月までに公式戦393試合に出場し、2度のUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ/EL)制覇を含む6つのタイトルを獲得した。 シティでもプレミアリーグ制覇などを経験すると、2017年8月には古巣セビージャへ4年ぶりに復帰。そこからの7シーズンでクラブ通算出場数を最多となる688試合まで伸ばし、ELではさらに2度頂点に立った。 契約最終年となる今シーズンは、ここまで公式戦35試合でプレーし2ゴール7アシストを記録。25日に行われるラ・リーガ第38節のバルセロナ戦がセビージャでのラストゲームとなる。 2024.05.16 21:53 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly