【セリエA第27節プレビュー】ラツィオvsミラン、ナポリvsユーベのCL出場権争い

2024.03.01 18:00 Fri
Getty Images
前節はミランとアタランタの上位対決が行われ、ミランが優勢としながらもPKによる被弾で引き分け決着となった。そしてインテルが水曜に行われた延期分のアタランタ戦を4-0と快勝して2位ユベントスとの勝ち点差を12に広げている。迎える第27節、8位ラツィオ(勝ち点40)vs3位ミラン(勝ち点53)、9位ナポリ(勝ち点40)vs2位ユベントス(勝ち点57)によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争い直接対決が行われる。
PR
まずは金曜開催のラツィオvsミラン。ラツィオは前節、フィオレンティーナに1-2で逆転負け。守勢の展開ながらハーフタイム間際に先制に成功したが、後半に2失点し力尽きた。そのラツィオは翌火曜にバイエルンとのCLを控えるため、ミラン戦だけに集中しきれない状況だが、来季のCL出場権獲得のためにも負けられない一戦となる。
対するミランは前節アタランタに優勢のドロー。勝ち切りたい試合内容だったが、引き分けに終わってしまった。そのミランは翌木曜にヨーロッパリーグでスラビア・プラハとの初戦を控えるが、こちらはラツィオ戦に戦力を傾けてくる可能性が高い。3位の座を堅守し、ラツィオを蹴落としたい。

続いて日曜開催のナポリvsユベントス。ナポリは前節カリアリ相手にラストプレー被弾を浴びて低調ドロー。しかし水曜に行われた延期分のサッスオーロ戦ではFWオシムヘンがトリプレッタ、FWクワラツヘリアがドッピエッタと両主軸が大暴れした。昨季のナポリを思わせるような躍動感溢れるプレーでカルツォーナ体制初勝利を飾った中、ユベントス相手にも攻撃が通用するか、真価が問われる。

対するユベントスは前節、フロジノーネ相手にDFルガーニのラストプレー弾で劇的勝利。苦しい状況が続いていたが、5戦ぶりの勝利を手にして悪い流れを断ち切った。中盤の主軸であるMFラビオとMFマッケニーが負傷欠場するのは痛いが、新戦力のMFアルカラスは能力の高さを早くも示しておりスタメン起用でどれだけできるのか注目される。また、ここ7戦で9発と絶好調を維持するヴラホビッチにも引き続き期待が懸かる。
4戦連続4ゴールと無双状態の首位インテル(勝ち点69)は、月曜に12位ジェノア(勝ち点33)と対戦。インテルは前節レッチェ戦をターンオーバーしつう快勝し、水曜に行われたアタランタ戦を主力を投入して4-0と圧勝した。もはや止められる相手が居ない状況の中、5戦連続4ゴールを達成できるかに注目だ。

前節トリノ戦ではDFスモーリングが復帰し、デ・ロッシ体制では初となる3バックでスタートした6位ローマ(勝ち点44)は、11位モンツァ(勝ち点36)と対戦。トリノ戦ではFWディバラのトリプレッタで勝利したローマ。デ・ロッシ体制となって良い流れが続く中、曲者モンツァも退けて5位にまで与えられることが濃厚なCL圏内浮上となるか。

◆セリエA第27節
▽3/1(金)
《28:45》
ラツィオvsミラン

▽3/2(土)
《23:00》
ウディネーゼvsサレルニターナ
《26:00》
モンツァvsローマ
《28:45》
トリノvsフィオレンティーナ

▽3/3(日)
《20:30》
ヴェローナvsサッスオーロ
《23:00》
フロジノーネvsレッチェ
エンポリvsカリアリ
《26:00》
アタランタvsボローニャ
《28:45》
ナポリvsユベントス

▽3/4(月)
《28:45》
インテルvsジェノア

PR
関連ニュース

不本意なシーズンを送ったインモービレ…それでもラツィオ残留を強調「離れる理由はない」

ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレ(34)が、チームへの残留を強調した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2016年に加入して以降、ラツィオのエースとして3度のセリエA得点王に輝いた実績を持つインモービレ。昨年夏にはサウジアラビアからの関心がありながらもクラブにとどまり、忠誠心を示した。 しかし、今シーズンは思うようなパフォーマンスを発揮できず、セリエAで30試合7ゴール1アシストと物足りない結果に。20日に行われたセリエA第37節のインテル戦はベンチ入りするも、出番はなかった。 クラブとの契約は2026年夏までとなる中で、再び今夏には去就が注目される可能性もあるインモービレ。しかし、『EA7 World Legends Padel Tour』のイベントに参加した同選手は、来シーズンもラツィオでプレーする予定だと強調している。 「すでに言っているように、ラツィオとの契約はあと2年残っている。そして、僕はここで幸せだよ」 「家族も落ち着いているし、ここを離れる理由は見当らない。もちろん、こうしたシーズンを送った後であれば、多くの疑問符はつくものであり、いくつかの批判もあるね」 「僕はこの7年間、並外れたレベルで過ごしていたと思う。この1年間は成績が低迷してしまい、指揮官交代に対処するのにいくつかの困難があった。それは僕にとって助けにはならなかったよ」 「それでも、何年にもわたって僕は最も多くのゴールを決め、最高のパフォーマンスを見せていた。今シーズンは不振の代償を支払うことになったけど、それは起こり得るものさ」 「悪いスタートを切ってしまい、ゴール前でいつも持っていた正確性が失われ始めてしまった。こうなると、暗い状態に落ち込んでしまうものであり、僕はそうした状況に慣れていなかったんだ」 「とはいえ、1度悪いシーズンを送っただけで、僕がこのシャツを着て成し遂げたすべての良いことを、台無しにはできないだろう」 2024.05.21 11:55 Tue

「やっぱり天才」「さすがラ王」鎌田大地がインテル相手に圧巻左足ミドル! 34試合ぶりゴールにチームメイトも歓喜「これが本来の鎌田よ」

ラツィオの日本代表MF鎌田大地が久しぶりのゴールを記録した。 19日、セリエA第37節でラツィオはアウェイでインテルと対戦した。 8試合連続での先発出場を果たした鎌田。強豪相手の戦いで再び結果を残すこととなる。32分、ボックス手前の狭いところでニコロ・ロベッラからパスを受けると、相手があまり寄せてこないところを見てそのまま左足一閃。ややアウトにかかって逃げる鋭いミドルシュートでネットを揺らした。 鎌田にとっては第3節のナポリ戦以来の今シーズン2点目。前大勢では苦しい立場にあった男が復活を告げるゴールに、チームメイトも大喜びだった。 ファンは「インテル相手にミドルシュート決めるのえぐい」、「さすがラ王」、「俺たちの鎌田が帰ってきた」、「これが本来の鎌田よ」、「マジで上手い」、「やっぱり鎌田は天才」とコメント。スーパーゴールを喜んだ。 なお、試合は終盤に失点し、1-1のドローに終わっている。 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地、圧巻の左足ミドルで34試合ぶりゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nySBCIBANyc";var video_start = 65;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 09:12 Mon

鎌田が王者インテル相手に左足ミドル弾、ラツィオは終盤被弾で痛いドロー【セリエA】

セリエA第37節、インテルvsラツィオが19日に行われ、1-1で引き分けた。ラツィオのMF鎌田大地は72分までプレーしている。 前節フロジノーネを5発一蹴した王者インテル(勝ち点92)は、ベストメンバーを送り込んだ。 一方、アタランタがヨーロッパリーグで優勝した場合、6位にもチャンピオンズリーグ(CL)出場の可能性がある中、6位ローマを1ポイント差で追う7位ラツィオ(勝ち点59)は鎌田が[3-4-2-1]の2シャドーの一角で先発となった。 開始3分、インテルはテュラムがスルーパスに抜け出してGKと一対一なる決定機。しかしシュートはGKプロベデルのセーブに阻まれた。 すると1分後、今度はラツィオにビッグチャンス。鎌田の右足アウトでの縦パスを受けたカステジャノスがボックス左に侵入し、カットインからのシュートを決めたが、VARでオフサイドがありノーゴールに。 共に好機を作った中14分、再びラツィオに決定機。アチェルビのパスをカットした鎌田のラストパスを受けたカステジャノスが枠内シュートを浴びせたが、GKゾマーにセーブされた。 その後、28分にディマルコが立て続けにゴールに迫ったインテルだったが、32分にラツィオが先制する。バイタルエリアでパスを受けた鎌田がペナルティアーク中央から左足を一閃。強烈なシュートがネットに突き刺さった。 1点を追う展開となったインテルは迎えた後半開始5分、チャルハノールのミドルでゴールに迫った中、58分には同点の絶好機。しかしバレッラのヘディングシュートはGKプロベデルのセーブに阻まれた。 さらに直後のCKからラウタロのヘディングシュートがポストに嫌われたインテルはゴールが遠い状況が続く。 それでも72分に鎌田がピッチを後にした中、終盤の88分にインテルが追いつく。サンチェスの右サイドからのFKをファーサイドのダンフリースがヘディングシュートで叩き込んだ。 このまま1-1でドロー。鎌田が王者相手にゴールを決めたものの勝ち点1獲得に留まった。 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地、圧巻の左足ミドルで34試合ぶりゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nySBCIBANyc";var video_start = 65;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 03:02 Mon

鎌田大地先発のラツィオ、前後半終盤にそれぞれ得点奪いエンポリに勝利!GKマンダスのセーブ光る【セリエA】

ラツィオは12日、セリエA第36節でエンポリとのホーム戦に臨み、2-0で勝利した。ラツィオのMF鎌田大地は88分までプレーしている。 前節モンツァとのアウェイゲームを2-2のドローで終えた7位ラツィオ(勝ち点56)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の5位アタランタを4ポイント差で追走中。鎌田は[3-4-2-1]のボランチで引き続きスタメンとなった。 残留争い中の17位エンポリ(勝ち点32)に対し、徐々に主導権を握り始めたラツィオ。11分には鎌田が味方とのワンツーから左ポケットへ侵入し、中央のフェリペ・アンデルソンにマイナスのパス。左足シュートは相手DFのブロックに阻まれる。 しかし、18分にはゲンドゥージのボールロストからピンチを招く。カウンターを許すとカンチェッリエーリのスルーパスからカプートにネットを揺らされるが、抜け出しのタイミングでのオフサイドによりノーゴールとなった。 ややエンポリにゲームが傾きかけるも、完全にはペースを渡さないホームチーム。24分には中央を持ち上がった鎌田から右ポケットのインモービレにスルーパスが通るが、相手DFのブロックによりシュートは枠に飛ばなかった。 35分には再びゲンドゥージのボールロストからラツィオにピンチ。左サイドタッチライン際でコントロールミスすると、カンチェッリエーリからゴール前のカプートへラストパス。ゴール左隅へのワンタッチシュートはGKマンダスが左手一本のファインセーブで防いだ。 その3分後、今度はフェリペ・アンデルソンの縦パスから再びインモービレが右ポケットへ抜け出す。中を見ながら隙をついたニアサイドへのシュートを放つが、エンポリのGKカプリレが好反応を見せた。 両守護神の活躍が光った前半だったが、アディショナルタイムのラストプレーでラツィオが先制。左CKからザッカーニがクロスを送り込むと、ニアに走り込んだパトリックが足から飛び込んだ。 ラツィオの1点リードで迎えた後半、両チームともにゴールに迫りながらも追加点は生まれず。65分の3枚替え後には鎌田が1列前へポジションを上げ、71分には左足で鋭いミドルシュートを放つ。 終盤に入ると87分、エンポリの左CKからファーのシュペンディがヘディングシュート。ゴール右下隅に飛んだが、GKマンダスが掻き出してチームを救う。 直後の88分に鎌田がお役御免となると、その1分後には勝負を決める追加点が。敵陣左サイドでパスを繋ぐと、最後は中央を駆け上がったベシーノに横パスが通り、落ち着いてゴール左に蹴り込んだ。 ラストプレーとなった後半アディショナルタイムのエンポリの直接FKは再三好セーブを見せたGKマンダスが弾いて試合終了。2-0で勝ちきったラツィオは2試合ぶりの白星を手にした。 2024.05.12 21:45 Sun

サッリ氏がエージェントを変更 ソン・フンミンや板倉滉もクライアントの代理店に

前ラツィオ指揮官のマウリツィオ・サッリ氏(65)がエージェントを変更した。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 3月にラツィオの指揮官職を辞任したサッリ氏。 フリーとなるとすぐに、代理人のファリ・ラマダニ氏に新天地探しを要請。イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(ユベントス)も顧客に抱えて売り込み中のラマダニ氏は、サッリ氏の次なる職も勢力的に探していたという。 どうやら水面下でミランとも連絡を取り合っていたようだが、この度サッリ氏がラマダニ氏および代理店「Lian Sports Group」との協力関係の終了を選択したとのことだ。 サッリ氏の新たな代理店は、イタリア系オーストラリア人のフランク・トリンボリ氏が立ち上げた「CAA BASE」。 こちらはラファエル・ヴァランやコール・パーマー、ソン・フンミン、ジェームズ・マディソン、さらにはカイル・ウォーカーにキングスレー・コマン、また日本代表DF板倉滉などを抱え、近年イタリアに進出。ユベントスのグレイソン・ブレーメルもクライアントに持つ。 よりグローバルな代理店を選んだ格好のサッリ氏。もしかすると、イタリア外での再チャレンジも視野に入っているのかもしれない。 2024.05.08 14:35 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly