「危ねえ」「GK先に動いてたか」伊東純也がPK失敗も相手GKの反則で蹴り直し、2本目は別の選手が蹴って成功「GKのルール違反だからもう一度蹴って欲しかった」

2024.02.26 12:30 Mon
スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也はゴールならず
Getty Images
スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也はゴールならず
スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也が惜しくもゴールとはならなかった。
PR
25日に、リーグ・アン第23節でル・アーヴルとアウェイで対戦したスタッド・ランス。伊東と日本代表FW中村敬斗は揃って先発出場した。
試合は、伊東を中心にチャンスを作り出すスタッド・ランスが64分に先制するも、その後退場者を出す展開に。さらに71分には数的不利の中で同点に追いつかれるが、91分にはPKを獲得し、勝ち越しのチャンスを迎える。

ここでキッカーを務めたのは伊東だったが、雨の中でゴール中央を狙って蹴ったシュートは相手GKマテュー・ゴルジェランにセーブされた。

だが、VARによりゴルジェランが伊東が蹴る前にゴールラインの前に出ていたとの判定でPKは蹴り直しに。2本目のキックは伊東ではなく先制ゴールをマークしていたFWモハメド・ダラミーが蹴ると、冷静に成功。スタッド・ランスは土壇場で勝利を手にした。
伊東のPK失敗と珍しいキッカー変更には、ファンも「キーパーのルール違反だからもう一度蹴って欲しかった」、「GK先に動いてたか」、「危ねえ」、「ホントは伊東純也にまた蹴って欲しかった」と反応している。

ゴールはならなかった伊東だが、ル・アーヴル戦では何度もチャンスを演出。退場者が出てからは守備にも奔走し、数的不利の中での勝ち点3獲得には大きく貢献していた。



PR
1 2
関連ニュース

PK戦までもつれた激闘を制したセルティックが2年連続の決勝進出!【スコティッシュカップ】

セルティックは20日、スコティッシュカップ準決勝でアバディーンと対戦し2-2で120分が終了。その後、PK戦を6-5で制したセルティックが決勝進出を決めた。 準々決勝でリヴィングストンを前田大然のハットトリックなどで下した前回王者のセルティックが、2年連続の決勝進出を懸けてアバディーンのホームに乗り込んだ一戦。 セルティックはこの試合、FW古橋享梧とMF旗手怜央がスタメン入り、MF岩田智輝はベンチスタートとなり、負傷中のFW前田大然はDF小林友希と共にベンチ外となった。 セルティックは開始早々の2分に失点を許す。クラークソンのスルーパスでDFの裏に抜け出したミオフスキがそのままボックス内まで侵入。飛び出したGKとの一対一を制し、ゴールネットを揺らした。 先制を許したセルティックだったが、21分に古橋のハイプレスから同点弾が生まれる。最終ラインでバックパスを受けたマクドナルドに素早くプレスをかけた古橋がボールを奪うと、そのままドリブルでカウンター。ボックス内から放ったシュートはガーテンマンのブロックに阻まれたが、こぼれ球をキューンがゴールに流し込んだ。 同点で迎えた後半、立ち上がりからボールを保持するものの、なかなか攻め切れない状況が続くセルティックは、62分にヤン・ヒョンジュンとC・マクレガーを下げてフォレストと岩田を投入。すると直後の63分、バイタルエリア左でボールを受けたフォレストがカットインから右足を振り抜くと、狙いすましたシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 70分に古橋を下げたセルティックは、80分にロングボールでDFの裏に抜け出したミオフスキのラストパスからホイレットに決定機を許したが、シュートはゴール左に外れて難を逃れた。 その後、セルティックは86分に旗手とキューンを下げてベルナルドとパルマを投入。このまま逃げ切るかと思われたが、90分にボックス左から侵入したホイレットのクロスをソクラーにヘディングで叩き込まれ、土壇場で試合を振り出しに戻された。 2-2のまま突入した延長戦もセルティックがポゼッションでアバディーンを圧倒する。すると延長前半追加タイム1分、味方のスルーパスでボックス右深くに抜け出したアリスター・ジョンストンの折り返しをオライリーがワントラップから左足でゴール右を射貫いた。 このまま試合終了かと思われたが、セルティックは試合終了間際の119分にホイレットの左クロスからマクドナルドにヘディングシュートを流し込まれ、再び試合を振り出しに戻された。 延長戦でも決着が付かずに迎えたPK戦では、5人目のハート以外の7人が成功したセルティックに対し、アバディーンは4人目のダンカンと7人目のフィリップスが失敗。この結果、連覇を狙うセルティックが2年連続の決勝へ駒を進めた。 2024.04.21 01:10 Sun

板倉、福田が出場のボルシアMG、ホッフェンハイムと壮絶な打ち合いも劇的被弾で連敗…【ブンデスリーガ】

ボルシアMGは20日、ブンデスリーガ第30節でホッフェンハイムと対戦し3-4で敗戦した。ボルシアMGのDF板倉滉は93分までプレー、FW福田師王は93分からプレーしている。 前節ドルトムントに惜敗した11位ボルシアMG(勝ち点31)が、9位ホッフェンハイム(勝ち点36)のホームに乗り込んだ一戦。ボルシアMGの板倉は引き続き[3-4-3]のボランチで先発、福田は7試合ぶりのベンチ入りを果たした。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ボルシアMGは32分にピンチ。プロメルの右クロスをファーサイドのバイアーがダイビングヘッドで合わせたが、このシュートは右ポストに弾かれた。 直後の34分にプレアが最初の決定機を迎えたボルシアMGだったが、36分に失点する。後方からのビルドアップのボールをグリリッチュにカットされると、こぼれ球をボックス左手前で拾ったクラマリッチの折り返しをボックス中央で受けたヴェグホルストにシュートを決められた。 先制を許したボルシアMGだったが、すぐに反撃に出る。39分、中盤での激しいボールの奪い合いからネッツが前線にボールを送ると、最前線のプレアがDFの裏へワンタッチパス。これに反応したハックがそのままゴール前まで切り込むと、左足でゴールネットを揺らした。 ハーフタイムにかけては幾つかピンチのあったボルシアMGだったが、同点のまま前半を終えた。 迎えた後半、ボルシアMGは開始早々の50分にピンチ。ボックス左から侵入したバイアーの折り返しをニアに走り込んだヴェグホルストが合わせると、これは左ポストを直撃。さらにこぼれ球をクラマリッチが狙ったが、これはGKニコラスの好セーブで難を逃れた。 ピンチを凌いだボルシアMGだったが、劣勢の展開が続くと58分に勝ち越しを許す。左サイドから中央に切り込んだスコフの横パスを受けたプロメルがボックス右手前から右足一閃。このシュートがゴール左に突き刺さった。 勝ち越しを許したボルシアMGは、66分にも自陣でのボールロストからショートカウンターを許すと、ペナルティアーク手前まで切り込んだオザン・カバクに強烈なミドルシュートをゴール左に決められた。 2点を追う展開となったボルシアMGは、69分にクヴァンカラ、エングム、スカリーを投入する3枚替えを敢行。すると78分、左クロスの流れたボールをボックス右で拾ったスカリーのクロスをハックがヘディングで流し込んだ。 さらにボルシアMGは90分にも、右CKの二次攻撃からヴァイグルのパスをボックス右で受けたハックが、クロスを警戒したGKバウマンの意表を突いて直接ゴールを狙うと、右ポストを掠めたシュートがゴールに吸い込まれ、ハットトリックを達成した。 このまま試合終了かと思われたが、ボルシアMGは直後に失点を許す。ベッカーのパスをボックス左で受けたベブが縦への仕掛けからマイナスに折り返すと、中央でフリーのシュタハがゴール右にシュートを突き刺した。 ボルシアMGは93分に板倉を下げて福田を投入したが、試合はそのまま3-4で終了し、リーグ戦連敗となった。 2024.04.21 00:45 Sun

浅野先発ボーフム、残留争うヴォルフスブルクに敗れて8戦勝ちなし【ブンデスリーガ】

ボーフムは20日、ブンデスリーガ第30節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ボーフムのFW浅野拓磨は前半のみの出場となった。 前節ハイデンハイムに辛くも引き分けた15位ボーフム(勝ち点27)は7試合勝ちなしと苦しい状況が続く中、浅野が[4-2-3-1]の左MFで先発となった。 残留を争う14位ヴォルフスブルク(勝ち点28)に対し、立ち上がりの主導権争いを経て10分、CKの流れからボルナウのヘディングシュートでゴールに迫られたボーフムは、16分に浅野がミドルシュートで牽制。 すると28分、ロングカウンターの流れからオスターヘッジが決定的なシュートを浴びせると、32分には浅野に決定機。FKのクイックリスタートでボックス中央に抜け出しシュートに持ち込んだが、GKのセーブに阻まれた。 そして39分には先制しかける。CKの流れからオスターヘッジがネットを揺らすもVARが入ってオフサイド判定となった。 すると43分に痛恨の失点。最終ラインで軽率なミスを乱発した流れから最後はヴィンドに決められた。 1点ビハインドで迎えた後半、浅野が交代となりアントウィ=アジェイを投入したボーフムは、なかなかシュートシーンを生み出すことができない。 67分には直前に投入されていたサールにGKリエマンを強襲された中、71分にようやく好機を演出。シュテーガーの左クロスにホフマンがヘッドで合わせるも枠を捉えきれない。 結局、終盤にブロシンスキ、フェルスターとアタッカーを投入したもののゴールは奪えずシャットアウト負け。残留争いのシックスポインターを落とし、泥沼の8戦勝ちなしとなった。 2024.04.21 00:30 Sun

ユールゴーデン小山史乃観が2試合連続ゴール!開始早々の先制点に幻弾と攻撃牽引

ユールゴーデンのU-20日本女子代表DF小山史乃観が再び結果を残した。 19日、ダーム・アルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部)第2節でノーショーピングと対戦。[4-2-3-1]のトップ下で先発しフル出場した小山は、9分に先制ゴールを挙げた。 テレーズ・オースランドのスルーパスに抜け出してボックス内へ侵入した小山は、対峙相手をかわしての反転左足フィニッシュを沈め、試合を動かした。 開幕戦に続いて2試合連続ゴール。追い付かれたのちの39分にもネットを揺らすも、こちらは微妙なオフサイド判定によりゴールは認められなかったが、ボールは集まり、攻撃の中心として存在感を示している。 なお、試合は両者が後半に1点ずつを加え、2-2の引き分けに。ユールゴーデンは連勝こそならなかったが、敵地から勝ち点を持ち帰ることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】小山史乃観が反転からの左足シュートで2試合連続ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="2rhaIUQvnxA";var video_start = 25;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.20 21:30 Sat

「ラツィ王は別格」「良さが全部出てる」7カ月ぶりアシストの鎌田大地に称賛の声!鮮やかな崩しで勝利貢献、渾身のガッツポーズも「鬱憤溜まってたんだな」

ラツィオの日本代表MF鎌田大地が圧巻のアシストを記録した。 19日、セリエA第33節でラツィオはジェノアとアウェイで対戦。鎌田はリーグ戦4試合連続の先発出場を果たした。 去就が騒がしい鎌田。イゴール・トゥドール監督の下で出番を獲得し、良いプレーを見せていた中、ついにチームを救う活躍を見せた。 試合はジェノアにチャンスを作られながらも0-0で推移した中、67分に良い攻撃を見せる。 ボールを保持した鎌田は右サイドのフェリペ・アンデルソンへとパス。そのままボックス内に走り込み、スペースへのパスを要求すると、フェリペ・アンデルソンは相手の股を抜くスルーパスを送る。 絶妙な位置に出されたパスを鎌田がボックス内右で受けると、ラインギリギリまで相手を引きつけて滑らせると、マイナスのパス。これを走り込んだルイス・アルベルトが蹴り込みラツィオが先制。鎌田にとっては第4節のユベントス戦以来となる今シーズン2アシスト目となった。 圧巻のプレーにファンは「やっときた!」、「ナイスアシスト」、「こんなガッツポーズ久々」、「めちゃくちゃ調子良さそう」、「良さが全部出てる」、「鬱憤溜まってたんだな」、「今まで使われなかった理由が謎」、「存在感が増してる」、「ラツィ王は別格」と称賛のコメントが集まっている。 マウリツィオ・サッリ監督の下では冷遇されていたが、トゥドール監督の下で輝きを取り戻している鎌田。このまま調子を維持してシーズンを終えられるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】ついにらしさ全開!鎌田大地が7カ月ぶりの2アシスト目で勝利に貢献!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="rogMDqvk7-g";var video_start = 84;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.20 10:45 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly