リール、今季加入のユムティティが左ヒザの手術を実施で今季絶望か

2024.02.17 00:40 Sat
手術を受けたユムティティ
Getty Images
手術を受けたユムティティ
リールに所属する元フランス代表DFサミュエル・ユムティティが左ヒザの手術を受けたようだ。チームを率いるパウロ・フォンセカ監督が明かした。
PR
2023年夏にバルセロナから加入したユムティティは、今季ここまで公式戦13試合の出場とどまっており、1月21日に行われたクープ・ドゥ・フランスのベスト32、ラシン・クラブ・ド・フランス戦以来、公式戦4試合を欠場していた。
なお、パウロ・フォンセカ監督によると、ユムティティは慢性的に苦しんでいる関節の問題を解決するために14日に手術を実施したとのこと。また、今シーズン中の復帰ついては名言しなかったが、同監督は前向きに考えているとコメントした。


PR
関連ニュース

ミランの後任最有力候補はフォンセカ監督? クラブはプロジェクトの継続路線を採用か

ミランは退任が噂されるステファノ・ピオリ監督(58)の後任として、リールのパウロ・フォンセカ監督(51)を最有力候補としたようだ。 今シーズン、5シーズン目を迎えたピオリ監督の下で思うようなシーズンを送れなかったミラン。セリエAでは2位につけるも宿敵インテルに大差をつけられ優勝を譲り、チャンピオンズリーグ(CL)はグループステージ3位で敗退となった。 ファンからの批判も強まりつつあるピオリ監督とミランの契約は2025年夏まで残るものの、クラブはシーズン終了後の解任を検討。新シーズンの指揮を執るのは誰になるか、後任候補に注目が集まっていた。 そんな中、イタリア『スカイ・スポーツ』ら複数メディアによると、ミランはフォンセカ監督を最優先ターゲットに設定した模様。ミランの選手に合致する [4-2-3-1]を基本布陣とするなど、ピオリ体制で続いたプロジェクトを継続しつつ、ブラッシュアップできる人材だと見込んでいるようだ。 フォンセカ監督はかつてローマでも指揮官を務め、2022年夏からリールの指揮官に就任。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)ではアストン・ビラにPK戦の末に敗れてベスト8敗退となったが、リーグ・アンでは現在3位とCL出場権を争っている。 そんなフォンセカ監督とリールの契約は、今季まで。近日中にクラブ関係者との会談が予定されているとのことだが、新契約について合意しなかった場合はミランの動きがさらに加速していくことが予想される。 2024.05.16 13:10 Thu

ミラン、良好な関係築くリールの右SBに関心か?

ミランがリールのU-21ポルトガル代表DFチアゴ・サントス(21)に関心を示しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今シーズン限りでステファノ・ピオリ監督の退任が決定的となり、来シーズンは新指揮官の下で巻き返しのシーズンに臨むミラン。 今夏の移籍市場ではフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの後釜、守備的MF、センターバックの補強が最優先事項となっているが、DFダビデ・カラブリア、DFアレッサンドロ・フロレンツィのイタリア代表2選手の契約が2025年までとなっている右サイドバックの補強にも動く構えだ。 『カルチョメルカート』によると、ミランはその獲得候補の一人としてリールで印象的な活躍を見せているポルトガル人DFに注目しているようだ。 ミランのエースであるポルトガル代表FWラファエル・レオンのスポルティングCPユースの後輩にあたるチアゴ・サントスは、母国のエストリル・プライアでプロキャリアをスタート。その後、昨年夏にリールへ完全移籍で加入した。 その新天地では同胞パウロ・フォンセカ監督の信頼を獲得し、ここまでの公式戦40試合に出場。3ゴール2アシストの数字を残している。175cmの右利きDFは、ウイングでもプレー可能な攻撃力が最大の売りで、サイドバックとは思えない突破力でチームの攻撃的なスタイルを支える。 なお、ミランは前述のレオンを始め、フランス代表GKマイク・メニャン、ポルトガル人DFチアゴ・ジャロ(現ユベントス)と近年数選手の移籍交渉を行ってきた良好な関係性があり、カナダ代表FWジョナサン・デイビッドの交渉も進行中との噂もある。 そのため、正式に獲得に乗り出す場合には比較的スムーズに交渉を進められるはずだ。 2024.04.25 11:45 Thu

フル出場の南野拓実が攻守に躍動! 上位対決制した2位モナコが4連勝【リーグ・アン】

リーグ・アン第29節延期分、モナコvsリールが24日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、ホームのモナコが1-0で勝利した。なお、モナコのFW南野拓実はフル出場した。 前節、南野の今季8点目などでスタッド・ブレストとの上位対決を制した2位に浮上したモナコ。4連勝を狙ったミッドウィーク開催の延期分の一戦では4位のリールをホームで迎え撃った。この試合で南野は[4-4-2]の左サイドハーフで起用された。 立ち上がりから一進一退の攻防が続いていく。序盤はやや押し込まれたモナコは、ハラルドソンのボックス内での折り返しがDFにディフレクトしてあわやオウンゴールというピンチを招いたが、ここはGKマイェッキの好守で凌ぐ。 15分を過ぎた辺りから攻勢を強めるホームチームは20分、南野に最初の決定機。ボックス手前でベンタレブのトラップ際を狙って奪い切ると、鋭い右足のミドルシュートを放つ。無回転気味のシュートが枠を捉えたかに思われたが、わずかにクロスバーの上を越えた。 以降はセットプレーからフォファナの際どいヘディングシュートなどでチャンスを窺うモナコ。38分には再び日本代表FWに見せ場が訪れる。バイタルエリア中央でのアクリウシュとのパス交換でボックス内に侵入した南野はアンドレに後ろから当られながらも強引に左足シュートに持ち込んだが、これはわずかに枠の左に。また、この接触でPKを要求したものの、認められず。 結局、ゴールレスで折り返した試合。後半はよりオープンな展開で進んでいく。開始直後にグズムンドソンの左ポスト直撃のヘディングシュートで冷や汗をかいたホームチームだが、直後には南野やアクリウシュがボックス内で続けてフィニッシュに持ち込んでいく。 すると、この展開の中でモナコがゴールをこじ開ける。61分、相手陣内中央でのボール奪取からそのままペナルティアーク付近まで運んだフォファナが左足を一閃。DFヨロの股間を抜けた鋭いシュートがゴール右下隅の完璧なコースに突き刺さった。 良い時間帯に先制に成功したモナコは、さらに追加点にも迫る。69分、自陣での南野のパスカットからカウンターを発動。エンボロのスルーパスに反応したベン・イェデルがボックス内でGKシュヴァリエを右にかわしてシュートを放つが、これはシュヴァリエの見事なリカバリーに阻まれる。 その後もベン・イェデルに2度目の決定機が訪れるも、決め切ることができずに試合を殺せないモナコ。徐々に逃げ切りに態勢に入りつつ、前がかる相手を引っくり返す形で追加点を狙う形にシフトする。 その中で攻守両面に集中したプレーを見せる南野は、試合終盤にチアゴ・サントスにボックス内へのドリブル突破を許しかけるが、うまく身体を入れて交錯しながらもボールにアタックする好守も見せた。 そして、日本人エースの奮闘もあってフォファナのリードを守り抜いたモナコが難敵リールとの接戦を制して2位死守に成功した。 2024.04.25 06:20 Thu

モイーズ監督の後任探すウェストハム、現在は2人の指揮官をリストアップか

ウェストハムはデイビッド・モイーズ監督(60)の退任を見据え、数名の後任候補をリストアップしているようだ。 今シーズン、プレミアリーグ34試合を消化して8位につけるウェストハム。ヨーロッパリーグは準々決勝敗退に終わり、徐々に来シーズンへ目を向け始めているチームでは、監督人事が注目されている。 モイーズ監督とウェストハムの契約は今シーズンまでとなるが、クラブは最近のチームパフォーマンスに満足していないこともあり、指揮官交代を検討。ただし、交渉も噂されたスポルティングCPのルベン・アモリム監督については、招へいの可能性は低いようだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、現在ウェストハムは指揮官のリストを作成中。かつてシャフタールやローマで指揮を執り、現在はリールの指揮官を務めるパウロ・フォンセカ監督(51)と、スペイン代表やレアル・マドリー、ウォルバーハンプトンの指揮官を歴任し、現在はフリーのフレン・ロペテギ氏(57)が有力な候補になっているとのことだ。 いずれの人物とも正式な交渉はまだ行っていないと報じられているが、クラブはモイーズ監督の退任が確定となり次第、具体的な動きに移ることが予想されている。 2024.04.24 12:55 Wed

ピオリ監督との別れへ向かうミラン、リールのフォンセカ監督を高評価

ミランはステファノ・ピオリ監督の後任にリールのパウロ・フォンセカ監督(51)を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ローマとのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝を2戦合計1-3で終え、ベスト4ならずのミラン。2位につけるセリエAも宿敵インテルの優勝が決まりかけており、2019年からチームを率いるピオリ監督は今シーズン限りでの退任が予想されている。 ミラン首脳陣は複数の指揮官を後任として考えているようで、まず名前が挙がるのはボローニャをセリエAの4位に押し上げたチアゴ・モッタ監督(41)。しかし、こちらはマッシミリアーノ・アッレグリ監督の後任を探すユベントスと基本合意に達しているという。 また、有力候補とはいえないものの、元ウォルバーハンプトン指揮官でフリーのフレン・ロペテギ氏(57)にも接触を図ったとのこと。その一方、首脳陣が好んでいる選択肢の1つがリールのフォンセカ監督のようだ。 かつてローマでも指揮官を務め、2022年夏からはリールを率いているフォンセカ監督だが、クラブとの契約は今夏満了。同じリーグ・アンのクラブから特に多くの誘いを受けているという。 ミランはこのポルトガル人指揮官のリールでの実績や手腕を高く評価。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)ではアストン・ビラにPK戦の末に敗れてベスト8敗退となったが、リーグ・アンでは現在4位とチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争っている。 さらに、ミランの選手に合致する [4-2-3-1]を基本布陣としている点も好まれている模様。すでに代理人のマルコ・アブレウ氏や移籍を仲介する代理店と非公式に接触しているとのことだ。 2024.04.20 19:11 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly