レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 2-1 チェルシー【プレミアリーグ】

2023.12.07 07:27 Thu
Getty Images
プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーが6日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
PR
▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
24 オナナ 6.0
失点はノーチャンス。ジャクソンとの一対一を冷静に止めるなど、セーブ機会こそ多くなかったが、安定したパフォーマンスだった
DF
20 ダロト 6.0
左サイドが攻撃の起点となっていたことで、バランス重視のプレー。ムドリクのスピードにやや手を焼いたが、要所を締める守備

5 マグワイア 6.5
ハイプレスの戦いを機能させるためリスクを背負ったライン設定。相手をスピードに乗せる前にスピードダウンさせ、対人戦でも強さを見せた。決勝点の起点になるなどマイボール時も危なげなくプレー

2 リンデロフ 5.5
際どい場面のスリップや失点場面の対応など個人としては悔しい一戦に。前半のみの出場となった
(→レギロン 6.5)
先発起用も想定された中、悔しいベンチスタート。その鬱憤を晴らすかのように効果的な攻撃参加でガルナチョと共にサイドを制圧。守備でもしっかりと身体を張った

23 ショー 7.0
前半はホイルンドへの見事なスルーパスを始め、効果的な攻撃への絡みで存在感。後半はチーム事情もあってかセンターバックにスライドし、リスク管理の部分でチームを支えた

MF
21 アントニー 6.5
決定力こそ欠いたが、それ以外の部分では攻守両面でハイパフォーマンスを披露。恩師の窮地において躍動した

39 マクトミネイ 7.5
殊勲の2ゴールで勝利の立役者に。それ以外でも攻守両面で持ち味のインテンシティの高いプレーで相手の脅威となった

8 ブルーノ・フェルナンデス 6.5
PK失敗は痛恨だったが、メンタルでぶれることなくその後は多くの決定機を創出。強度の高い守備も素晴らしかった

4 アムラバト 6.5
前半のバックパスのミスは頂けなかったが、ターンオーバーの応酬となった試合で持ち味の機動力、ボール奪取能力を遺憾なく発揮

17 ガルナチョ 7.0
決勝点をアシスト。アントニー同様に決定力の部分で課題を出したが、再三の鋭い仕掛けと献身的な守備をみせ、マクトミネイに比肩する勝利への貢献度だった

(→エバンス -)

FW
11 ホイルンド 5.5
幾度かチャンスはあったものの、プレミア初ゴールはまたしてもお預け。前線での起点作りや守備の貢献はまずまず
(→ラッシュフォード -)

監督
テン・ハグ 6.5
試合直前のネガティブな報道を結果と内容で黙らす会心の勝利を掴んだ

▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ロベルト・サンチェス 6.5
ビルドアップのミスでピンチを招く場面もあったが、圧巻のPKストップを含めて再三のビッグセーブで試合への興味を最後まで繋いだ

DF
3 ククレジャ 5.0
想定外の右サイドバック起用で攻守両面で持ち味を発揮できず。前半のみのプレーに

(→リース・ジェームズ 5.5)
攻撃面ではククレジャに比べて良さを見せたが、守備では個人の問題ではないが終始劣勢に。それでも、カウンターのピンチで良い戻りもあった

2 ディザジ 5.0
守備ではサンチェスの助けで大崩れはしなかったが、ビルドアップの場面での判断や立ち位置の問題を露呈

6 チアゴ・シウバ 5.5
サンチェスと共に再三の好守で崩壊しかけたけた守備を何とか持たせた

26 コルウィル 5.0
2失点目ではマクトミネイに出し抜かれる。なかなか攻撃にも出られず、試合を通して窮屈なプレーを強いられた

MF
7 スターリング 5.0
前半に2度の良い形での抜け出しがあったが、以降は完全に沈黙。相性が悪い相手に輝きを放てず

25 カイセド 5.0
守備では最後のところで身体を張ったが、相手の強烈なプレスに手を焼いて効果的にボールを前進させられず

20 パーマー 6.0
元シティの選手として意地の1ゴール。ただ、それ以外の局面では危ういロストを含め難しいプレーを強いられた

8 エンソ・フェルナンデス 5.0
サンチェスに救われたもののPK献上。カイセドと共にプレス回避や起点づくりの部分で貢献できなかった

10 ムドリク 5.5
前向きな仕掛けで相手の脅威にはなったが、最後の局面でのプレー判断や精度は依然として課題

(→ブロヤ 5.5)
土壇場にチャンスが訪れたが、渾身のヘディングシュートは無情にもポストに阻まれる

FW
15 ジャクソン 5.0
1失点目に繋がるロストに前半の決定機逸とチームの足を引っ張る結果に。要所でポテンシャルは示したが、やはり主力ストライカーとして物足りない

監督
ポチェッティーノ 4.5
ギャラガー不在の影響は大きかったが、ククレジャの右サイドバック起用の不発や修正策が全く嵌らずに完敗

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
マクトミネイ(マンチェスター・ユナイテッド)
ガルナチョらの活躍も見事だったが、戦前の期待値が高くない中でチームを勝利に導く働きを見せたスコットランド代表MFをMOMに選出。比較的自身の特長が出やすい戦いとなったことで、ダイナミックなプレーを90分間継続できた。

マンチェスター・ユナイテッド 2-1 チェルシー
【マンチェスター・ユナイテッド】
マクトミネイ(前19)
マクトミネイ(後24)
【チェルシー】
パーマー(前45)

PR
関連ニュース

ボクシング転向が噂されたルーニー氏、監督業再開を見据える「もう一度そこに戻りたい」

1月にバーミンガム・シティの監督を解任されたウェイン・ルーニー氏(38)が、監督業再開の願望を明らかにした。 マンチェスター・ユナイテッド、そしてプレミアリーグのレジェンドとして名高いルーニー氏。コーチングキャリアは現役最後のクラブとなったダービー・カウンティで選手兼任監督として歩み出し、その後はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッドでおよそ1年3カ月の間、指揮を執った後、2023年10月から三好康児在籍のバーミンガムで監督を務めたが、全く結果が出せず、就任からわずか83日後に解任の憂き目に遭った。 現在フリーの状態が続いているルーニー氏。一部メディアでボクシング転向の噂が報じられたが、イギリス『BBC』の番組に出演した際、できるだけ早く再びチームを率いたいとの願望を語った。 「将来の目標としては、プレミアリーグで成功することだ。マンチェスター・ユナイテッドや エバートンは夢のような仕事だけど、それはプロセスのひとつだ。次の10年でまでには、一流の地位を獲得したい」 「バーミンガムでのことは残念だったけど、私はファイターだから、もう一度そこに戻りたい。監督というのは、クビになったり、挫折を味わうことも仕事の一部なんだ。私にはこの先どうすべきか考える時間があったからね」 2024.02.29 23:30 Thu

「マーカス、起きるんだ」ラッシュフォードの振る舞いにシアラー氏が苛立ち「もっと頑張る必要があるだろう」

元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏が、マンチェスター・ユナイテッドの同代表FWマーカス・ラッシュフォードが見せる振る舞いを批判した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズン、夜遊び翌日の練習欠席で懲戒処分を受けるなど、何かとメディアを騒がせているラッシュフォード。それでもエリク・テン・ハグ監督からの信頼は変わらず、今シーズン公式戦32試合出場5ゴール6アシストの成績を残している。 そんなラッシュフォードは、28日に行われたFAカップ5回戦のノッティンガム・フォレスト戦でもフル出場。チームは土壇場の決勝ゴールで勝ち抜けたが、9番の位置で起用されたラッシュフォードはゴールもアシストも記録しなかった。 イギリス『BBC』に出演していたシアラー氏は、この試合でラッシュフォードが見せた振る舞いに不満を感じたようだ。倒された際、すぐ立ち上がらない同選手に対して、態度を改善すべきだと指摘している。 「さあマーカス、起きるんだ。そしてアピールのため腕を広げるのをやめなければならない。君はもっと頑張る必要があるだろう」 「時々、私は彼の振る舞いで気に入らないところがある。彼はファンにメッセージを送ろうとしているんだ。『僕のせいではない』というね。だが、ピッチ上での自分の行動に、責任を負うべきだと思う。すぐ起き上がり、プレーを続けてほしい」 「マーカス・ラッシュフォードはまだ、その振る舞いによってファンに正しいメッセージを送るべき時期にあると思っている。だが、今シーズンはそれがあまりできていない。彼はフラストレーションが溜まっているように見える」 2024.02.29 16:55 Thu

「情けないこと」テン・ハグ監督がB・フェルナンデスへのSNS批判をバッサリ、相手の狙いにも言及「フォレストが狙っていた」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、SNS上の批判に言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 28日、FAカップ5回戦でユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 試合はフォレストの圧力の前になかなか良い形を作れず、ゴールを奪えないユナイテッドだったが、終了間際の89分にカゼミロが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、準々決勝に駒を進めた。 試合後、テン・ハグ監督は1つの問題について言及。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが狙い撃ちされていたと言及した。 「フォレストが彼を狙っているのが見えた。彼には多くのファウルがあり、彼がボールを持った瞬間、ファウルは彼にとても厳しく迫っていた」 B・フェルナンデスは、24日に行われたプレミアリーグ第26節のフルアム戦で負傷。しかし、ユナイテッド加入後にケガで欠場したことはなく、タフガイぶりを発揮。この試合も先発フル出場を果たした。 しかし、フォレスト戦では厳しいマークに遭い、ピッチを去る時には足を引きずる姿も。ただ、それでもカゼミロの劇的ゴールをアシストし勝利に貢献していた。 一方で、SNSでは演技をすると批判の対象に。テン・ハグ監督は、投稿を批判するとともに、B・フェルナンデスは我慢強い選手であると語った。 「ソーシャルメディアでは、彼を批判しているのを目にする。情けないことだ。彼は重傷を負ったが、土曜日もプレーを続け、この試合に出場するために戦った」 「彼は痛みのいき値が非常に高く、昨年のスパーズ戦でも準決勝(ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦)でも同様のことをしていた。それは、彼のリーダーシップを示している」 <span class="paragraph-title">【動画】あえてバウンドさせるトリッッククロス!カゼミロが技ありのヘッドで劇的決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ukFhTfJIKdg";var video_start = 131;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 11:30 Thu

「本当に寂しかった」約4カ月の離脱から復帰しチームも上向き、劇的弾のカゼミロをテン・ハグ監督が称える「リーダーシップの模範」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、ノッティンガム・フォレスト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 28日、FAカップ5回戦でユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 試合はフォレストの圧力の前になかなか良い形を作れず、ゴールを奪えないユナイテッドだったが、終了間際の89分にカゼミロが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、準々決勝に駒を進めた。 カゼミロの土壇場ゴールについてテン・ハグ監督は振り返り、リーグ戦のフルアム戦でアディショナルタイムに失点して敗れていたことを持ち出し、喜んだ。 「最後に得点するというのは最適なタイミングだ。土曜日(フルアム戦)はアディショナルタイムで敗れた。今日は終了間際に得点でき、良いタイミングでゴールを奪えた」 そのカゼミロは、昨年10月から今年1月まで欠場。2月に入り復帰すると、チームもリーグ戦4連勝と結果を残していた。 この試合でも勝利を呼び込む劇的ゴールを決めたカゼミロに対し、テン・ハグ監督は称賛の言葉を並べた。 「間違いなく、リーダーシップの模範であり、彼は素晴らしい選手だ。彼は我々のためにたくさんのゴールを決めてきてくれたと思う」 「ユナイテッドでのキャリア全体で、これまで以上のゴールを決めた。カゼミロのような選手がチームにいるというのは素晴らしいことだ。なぜなら、10月、11月、12月、1月と、彼がそこにいなくても、彼が我々にとってどれほど重要かがわかるからだ」 「彼はチームの構造、リーダーシップを確立し、それが我々のプレーをより良くしてくれている。我々は彼がいなくて本当に寂しかった。もちろん、彼のボールへのクオリティもだ」 ベスト8に進出したユナイテッドの次の相手はリバプールに決定。ホームでの試合となる中、まずは今週末のマンチェスター・シティとのダービーが大事になるとした。 「今、ホームにリバプールを迎えることになる。素晴らしいドローだ。楽しみにしている」 「ただ、我々はカップを隠さなければならないが、まずはリーグ戦を楽しみにしている。特に最初のゲームは重要だ」 「シティとの試合は、良いゲームになるだろう。そして我々はそこに集中している」 <span class="paragraph-title">【動画】難しいクロスをカゼミロが技ありのヘッドで劇的決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ukFhTfJIKdg";var video_start = 131;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 10:55 Thu

ユナイテッドvsリバプール! FAカップ準々決勝の対戦カード決定!

FAカップ準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。 5回戦では大会連覇を狙うマンチェスター・シティが橋岡大樹を擁するルートン・タウンに6-2の圧勝を収めて突破。さらに、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーが順当に突破を決めた。 また、坂元達裕を擁するコヴェントリー・シティは、ノンリーグで6部のメイドストーン・ユナイテッドに圧勝し、レスター・シティと共にチャンピオンシップ(2部)勢として8強入りを果たした。 注目の準々決勝では、マンチェスター・ユナイテッドと遠藤航を擁するリバプールの名門対決が実現。王者マンチェスター・シティは、今シーズンのEFLカップ3回戦で敗れたニューカッスルとのリベンジマッチに臨む。 残念ながら坂元が離脱中のコヴェントリーはウォルバーハンプトン、チェルシーはレスターと対戦する。 なお、準々決勝は3月16日からの週末に開催予定だ。 ◆FAカップ準々決勝 対戦カード ウォルバーハンプトン vs コヴェントリー(2) マンチェスター・ユナイテッド vs リバプール チェルシー vs レスター・シティ(2) マンチェスター・シティ vs ニューカッスル ※数字は所属カテゴリー 2024.02.29 07:14 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly