「悪そうだな~」「いかついて」南野拓実が大人気ゲーム風の姿に加工される!モナコ公式の投稿が話題「最高にイカしてる」

2023.12.06 13:40 Wed
モナコで2試合連続ゴール中の南野拓実
Getty Images
モナコで2試合連続ゴール中の南野拓実
モナコの日本代表FW南野拓実が、クラブの公式SNSに再び登場している。
PR
昨シーズンからモナコでプレーしている南野。移籍1年目となった昨季は思うような活躍ができなかったものの、今シーズンは開幕から絶好調。一度は調子を落としたものの、ここ2試合は連続ゴールと再び結果を残し、ここまで5ゴール4アシストを記録している。
プレーでファンの心を掴む南野は、モナコのSNSでも大人気。これまでにも南野を90年代のアメリカの学生風に加工した画像や、海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ」の世界観に南野を合成した画像などが投稿され、いずれも話題になっていた。

その中、モナコによる最新作の画像が公開。5日に発表された大人気ゲームシリーズの最新作『グランド・セフト・オートVI』のパッケージ風に選手たちを加工した画像を披露している。

その画像に起用されたのは、ロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビン、アメリカ代表FWフォラリン・バログン、そして南野の3人。南野はセンターに起用されている。
『グランド・セフト・オート』シリーズは犯罪を中心にした内容が特徴なだけに、パッケージ風画像もそのテイストが採用。南野はティアドロップのサングラスをかけ、ふてぶてしい表情に仕上げられている。

モナコの投稿には、ファンも「これはモナ王」、「悪そうだな~」、「グラセフタキ」、「最高にイカしてる」、「拓実さんのイメージいかついて」とコメント。選手をいじるようなタイムリーな画像を楽しんでいるようだ。



PR
1 2
関連ニュース

三笘不在のブライトン、低迷するエバートンに苦戦もダンクの土壇場弾でドローに持ち込む【プレミアリーグ】

三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは24日、プレミアリーグ第26節でエバートンと対戦し1-1の引き分けに終わった。三笘はベンチ入りしなかった。 前節シェフィールド・ユナイテッド戦を快勝した7位ブライトン(勝ち点38)は、その試合のスタメンから背中に違和感を訴えた三笘とウェブスターをファーガソンとイゴールに変更した以外は同じメンバーを採用。1トップにファーガソン、2列目に右からブエナノッテ、ウェルベック、アディングラを並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 リーグ戦8試合勝利のない17位エバートン(勝ち点20)に対し、立ち上がりから攻勢を続けるブライトンは19分、ボックス手前でパスを受けたウェルベックがブエナノッテとのパス交換でボックス内に侵入。バランスを崩しながら右足でシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 その後も主導権を握るブライトンは、何度もアタッキングサードまで攻め込むが、集中した守りを見せるエバートン守備陣を前になかなか決定機まで至らず、前半はゴールレスで終了した。 後半もポゼッションで上回るブライトンだが、57分にピンチを迎える。左サイドを突破したマクニールのクロスを逆サイドから走り込んだドゥクレに右足ボレーで合わせられたが、これはゴールカバーに入ったランプティが頭で弾き出した。 1点が遠いブライトンは、61分にウェルベック、イゴール、ランプティを下げてファティ、エストゥピニャン、フェルトマンを投入する3枚替えを敢行。 さらに72分、ブオナノッテを下げてエンシソをピッチへ送り出したブライトンだったが、直後のセットプレーから失点する。73分、中盤でのFKからGKピックフォードがロングボールを供給すると、ボックス内で競り合った相手DFに当たったボールがブランスウェイトの前にこぼれると、迷いなく振り抜いた左足のシュートがゴール右に突き刺さった。 1点を追う展開となったブライトンは81分、ギルモアがルーズボールに反応したオナナの左足をスパイクしてしまうと、主審は迷わずレッドカードを提示し、退場処分となった。 このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにドラマが生まれる。数的不利になりながらも猛攻を仕掛けるブライトンは95分、右CKのこぼれ球から二次攻撃を仕掛けると、アディングラのパスを右サイドで受けたグロスがクロス。これをダンクがヘディングでゴールに叩き込んだ。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。数的不利ながら土壇場弾で追いついたブライトンが勝ち点1を掴み取った。 2024.02.25 02:11 Sun

板倉出場停止のボルシアMG、浅野フル出場のボーフムに5発勝利で6戦ぶり白星【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第23節、ボルシアMGvsボーフムが24日に行われ、5-2でボルシアMGが勝利した。ボルシアMGのFW福田師王はベンチ入りも出場せず、DF板倉滉は出場停止で欠場。ボーフムのFW浅野拓磨はフル出場している。 前節、浅野のゴールなどでバイエルンを下した11位ボーフム(勝ち点25)は、浅野が[4-3-3]の右ウイングでスタメンとなった。 5試合勝利のない15位ボルシアMG(勝ち点22)に対し、ボーフムは4分、右CKからルーズボールをベルナルドが押し込んだがVARでハンドがありノーゴールに。 助かったボルシアMGは6分、ジョーダンのヘディングシュートがバーに直撃する好機を作って押し込む展開とすると、28分に先制する。左CKをウーバーが頭で逸らし、エングムのヘディングシュートがゴールラインを割った。 さらに32分、ボックス内に侵入したコネがオルテツに倒されてPKを獲得。これをヴァイグルが決めてボルシアMGがリードを広げた。 2点を追う展開となったボーフムは39分、右クロスに合わせた浅野のヘディングシュートがわずかに枠の左に外れると、44分にボルシアMGが3点目に迫る。 ノイハウスがジョーダンのポストプレーを受けてシュートを決めきったが、VARでジョーダンにファウルがあったとしてノーゴールに。2-0で前半を終えた。 迎えた後半、56分にボルシアMGに好機。ボックス左に侵入したノイハウスのクロスにジョーダンが合わせるも枠外へ。 それでも72分に決定的な3点目。サイド攻撃で揺さぶった流れからエングムの左クロスを途中出場のライツが頭で合わせた。 その後、75分に浅野の右クロスのルーズボールをホフマンが押し込んで1点を返したボーフムだったが、78分にジョーダンが4点目を決めたボルシアMGが5-2で勝利。6試合ぶりの白星を飾っている。 2024.02.25 01:47 Sun

伊藤が先制点演出もシュツットガルト、下位に沈むケルンにドロー【ブンデスリーガ】

シュツットガルトは24日、ブンデスリーガ第23節でケルンをホームに迎え、1-1で引き分けた。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF原口元気とDFチェイス・アンリはベンチ入りも出場しなかった。 前節は10人となった中、最下位ダルムシュタットに勝利した3位シュツットガルト(勝ち点46)は、ウンダブが負傷欠場となった中、ギラシーの1トップとする[4-2-3-1]で臨んだ。 16位ケルン(勝ち点16)に対し、伊藤が左サイドバックでスタートしたシュツットガルトは3分、ティルマンにディフェンスライン裏を取られてシュートに持ち込まれるピンチを迎えるもGKブレドロウがセーブ。 シュツットガルトが押し込む展開とする中17分、右クロスに合わせたギラシーのヘディングシュートがわずかに枠を外れた。さらに23分、伊藤のパスをボックス中央で受けたミロが枠内シュートを放ったシュツットガルトが前半半ば以降も押し込む展開としたが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半も押し込んだシュツットガルトは53分に先制する。伊藤のパスをボックス左で受けたヒューリッヒのクロスをミロが押し込んだ。 しかし62分、CKの流れからマルテルにゴールを許し試合を振り出しに戻されてしまう。 その後、ミッテルシュタットの投入で伊藤が左センターバックに移った中、シュツットガルトは68分に勝ち越しの決定機。ギラシーのフリックを受けたミロがボックス中央でGKと一対一に。だがシュートはシュヴェーベの好守に阻まれる。 終盤の85分には伊藤のボールロストからピンチを迎えたが、GKをかわしてアリドゥの放ったシュートは枠を外れ、1-1でタイムアップ。下位に沈むケルンに勝ちきれずシュツットガルトは引き分けに終わった。 2024.02.25 01:34 Sun

コヴェントリーの坂元達裕は重傷か…空中戦落下で骨盤骨折や脊椎損傷の可能性

コヴェントリー・シティのMF坂元達裕に重傷の可能性が浮上した。イギリス『コヴェントリー・テレグラフ』が伝えた。 坂元は23日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)第34節、昇格争いのライバル、プレストン・ノースエンド戦に先発出場したが、前半30分で負傷交代。空中戦後の落下で背中を強打し、ピッチ上で数分間治療を受けたが、その後担架に乗せられてピッチを離れた。 マーク・ロビンス監督は試合後の記者会見で、「タツは非常にひどい怪我を負った。見るからによくない状態なので、無事であることを祈るしかない。はっきりとしないので、詳細は分からないが、(メディカルスタッフは)骨盤と脊椎の損傷についての話をしていた。私は彼が大丈夫であることを祈るばかりだ」と、詳細は不明ながらも重傷である可能性を明かした。 同メディアによれば、骨盤骨折の疑いで病院に搬送されたとのこと。指揮官も続けて「明らかに重大なケガに見えるが……それでも、(診断の結果は)大きなケガでないことを願って祈るしかない。本当に、ひどい事態にならなければいいんだが……」と、元日本代表のレフティーを慮った。 今シーズンからコヴェントリーへ加入した坂元は、ここまでリーグ戦29試合に出場。リーグ中盤から覚醒の兆しを見せ、7ゴール2アシストを記録しただけに、長期離脱となれば本人にとってもチームにとっても大きな痛手となる。 2024.02.24 22:25 Sat

WSLの2月月間最優秀選手になでしこ林穂之香と籾木結花がノミネート!選出はファン投票で決定、現在受付中

FA女子スーパーリーグ(FAWSL)2月のプレーヤー・オブ・ザ・マンス(月間最優秀選手)に、ウェストハムのなでしこジャパンMF林穂之香と、レスター・シティのMF籾木結花がノミネートされた。 女子FAカップも挟まるなか、FAWSLは2月に第13節と第14節が行われ、林は第13節のアーセナル戦で1点ものの守備や同点PK獲得につながる縦パスを披露。クラブ史上初となるアーセナルからの白星獲得に大きく貢献し、プレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)にも選出されていた。 籾木は第14節のブリストル・シティ戦で、加入後初ゴールを含む1得点1アシストの大活躍。ゴールは、リーグ公式X(旧:ツイッター)からも「センセーショナルなチップキック」と評されるなど、衝撃を与えた。 その他、2月唯一の2勝を挙げたマンチェスター・シティからは、チェルシーとの首位攻防戦で驚異的なセーブを披露したGKキアラ・キーティングと、左サイドバックとして2試合連続クリーンシートに貢献したレイラ・ウアハビがノミネート。チームは1勝1分け、自身2得点を挙げたアストンビラのジョーダン・ノブスに、同じく2月に2得点で、チームは最下位ながらも得点ランキング4位タイに付けるアマリー・テストラップと、計6人の名前が挙がっている。 月間最優秀選手はファン投票によって選出され、投票は専用サイトで行われている。なお、締め切りは日本時間26日の19時までとなっている。 <span class="paragraph-title">【写真】林穂之香、籾木結花を含む2月のFAWSL月間最優秀選手にノミネートされた6人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The nominees for Player of the Month are in! <br><br> <a href="https://twitter.com/2026honoka?ref_src=twsrc%5Etfw">@2026honoka</a> <br> Khiara Keating<br> <a href="https://twitter.com/nicole_m09?ref_src=twsrc%5Etfw">@nicole_m09</a> <br> <a href="https://twitter.com/JordanNobbs8?ref_src=twsrc%5Etfw">@JordanNobbs8</a> <br> <a href="https://twitter.com/amaliethestrup?ref_src=twsrc%5Etfw">@amaliethestrup</a> <br> <a href="https://twitter.com/LeilaOuahabi?ref_src=twsrc%5Etfw">@LeilaOuahabi</a> <br><br>Vote now: <a href="https://t.co/NrWgRBuaqQ">https://t.co/NrWgRBuaqQ</a> <a href="https://t.co/gw7NhMf1p3">pic.twitter.com/gw7NhMf1p3</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1760982848486424645?ref_src=twsrc%5Etfw">February 23, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.24 22:15 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly