ミラン、レオンがCLニューカッスル戦出場へ

2023.12.05 23:30 Tue
Getty Images
ミランのポルトガル代表FWラファエル・レオンが、13日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節ニューカッスル戦に出場できるようだ。イタリア『スカイ』が報じている。
PR
レオンは先月11日のセリエA第12節レッチェ戦に先発するも、ハムストリングを痛めて開始10分に交代していた。
公式戦3試合を欠場したレオンだが、5日に行った検査でハムストリングに問題はなかったとのこと。9日のアタランタ戦出場は微妙なようだが、グループステージ突破が他力ながら可能性のあるニューカッスル戦に照準を合わせるようだ。

PR
関連ニュース

ピオリ監督との別れへ向かうミラン、リールのフォンセカ監督を高評価

ミランはステファノ・ピオリ監督の後任にリールのパウロ・フォンセカ監督(51)を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ローマとのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝を2戦合計1-3で終え、ベスト4ならずのミラン。2位につけるセリエAも宿敵インテルの優勝が決まりかけており、2019年からチームを率いるピオリ監督は今シーズン限りでの退任が予想されている。 ミラン首脳陣は複数の指揮官を後任として考えているようで、まず名前が挙がるのはボローニャをセリエAの4位に押し上げたチアゴ・モッタ監督(41)。しかし、こちらはマッシミリアーノ・アッレグリ監督の後任を探すユベントスと基本合意に達しているという。 また、有力候補とはいえないものの、元ウォルバーハンプトン指揮官でフリーのフレン・ロペテギ氏(57)にも接触を図ったとのこと。その一方、首脳陣が好んでいる選択肢の1つがリールのフォンセカ監督のようだ。 かつてローマでも指揮官を務め、2022年夏からはリールを率いているフォンセカ監督だが、クラブとの契約は今夏満了。同じリーグ・アンのクラブから特に多くの誘いを受けているという。 ミランはこのポルトガル人指揮官のリールでの実績や手腕を高く評価。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)ではアストン・ビラにPK戦の末に敗れてベスト8敗退となったが、リーグ・アンでは現在4位とチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争っている。 さらに、ミランの選手に合致する [4-2-3-1]を基本布陣としている点も好まれている模様。すでに代理人のマルコ・アブレウ氏や移籍を仲介する代理店と非公式に接触しているとのことだ。 2024.04.20 19:11 Sat

ELミラン戦で負傷交代のルカク、重傷は回避で筋肉系の損傷か

ローマのベルギー代表FWロメル・ルカクが19日に検査を行い、筋肉系の損傷が確認されたようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 ルカクは18日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのミラン戦に先発するも、25分に相手選手と接触して右ヒザを痛めた素振りを見せ、29分に交代していた。 『スカイ』によれば半月板や側副靱帯に負傷はなく重傷ではないとのこと。今後2日以内に再検査が行われ正確な離脱期間がわかるとしている。 セリエAで来季のチャンピオンズリーグ出場権を争っているローマは今後、ボローニャ、ナポリ、ユベントス、アタランタ等、上位勢との対戦が組まれ、準決勝に進出したELではレバークーゼンと対戦するが、今季の公式戦18発の主砲ルカクの離脱期間は短く済むだろうか。 2024.04.20 00:30 Sat

トーレスが父の他界を報告「あなたを愛しています」…元同僚たちも追悼

かつてサガン鳥栖でもプレーした元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレス氏が、父の他界を報告した。 アトレティコ・マドリーの下部組織で育ったトーレス氏は、リバプールやチェルシー、ミランでもプレー。2018年7月から2019年8月まで鳥栖でプレーし、現役を引退した。 引退後はアトレティコの下部組織で監督業をスタート。現役時代に比べてパンプアップした肉体が話題を呼ぶこともあった。 そのトーレス氏は自身のインスタグラムを更新。父の他界を報告すると共に、サポートしてくれた人々への感謝を綴った。 「私は、父の死に対し、多くの愛情と敬意を表してくださったみなさんに、私と家族を代表して心から感謝せずにこの悲しい日を終えることはできなかった」 「父さん、私はいつもあなたのそばにいます。あなたを愛しています」 この投稿には、スペイン代表で共に戦った元ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ(エミレーツ・クラブ)やダビド・デ・ヘア、ジエゴ・コスタ、ルイス・ガルシア氏やチェルシー時代の同僚である元ブラジル代表DFダビド・ルイス、元ポルトガル代表DFパウロ・フェレイラ氏、リバプール時代の同僚である元フィンランド代表のサミ・ヒーピア氏なども追悼していた。 <span class="paragraph-title">【写真】父の死を報告したフェルナンド・トーレス氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C56jAs4tLKh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C56jAs4tLKh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C56jAs4tLKh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@fernandotorres)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.04.19 22:20 Fri

【セリエA第33節プレビュー】インテル、ミラノ・ダービー勝利でスクデット決定

インテルは今節、月曜に行われるミランとのダービーに勝利すると3季ぶり20度目のスクデット獲得となる。 前節カリアリ戦、FWラウタロを出場停止で欠いた首位インテル(勝ち点83)は、相手の老獪な戦いの前に2度のリードを追いつかれドローに持ち込まれた。それでも今節、宿敵ミラン相手に勝利すればスクデット獲得と舞台は整った。主将ラウタロが戻り、ベストメンバーで臨める中、5試合を残してスクデット決定となるか。 対する2位ミラン(勝ち点69)は前節、降格圏に沈むサッスオーロに3-3のドロー。2点のビハインドから追いつく形で勝ち点1を拾った格好だ。そして木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)ではローマ相手に2点を早々に先行され、その後数的優位となったものの反撃及ばず敗退に終わった。タイトル獲得の可能性は潰えたが、目の前で宿敵インテルの優勝を阻むために負けは許されない。 そして今節は5位ローマ(勝ち点55/1試合未消化)と4位ボローニャ(勝ち点59)によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いが行われる。CL出場枠の拡大によりイタリア勢は5位でも出場権を獲得できる可能性が高いと見られているが、確実ではないため4位を目指したいところ。 勝利してボローニャに1ポイント差に迫りたいローマは前節ウディネーゼ戦、DFエンディカがピッチで倒れて試合が中止に。エンディカは幸い、肺気胸で心臓に問題はなかったとのこと。そのローマはELでミラン相手に2-1で勝利。DFチェリクの退場で苦しくなったものの、絶好調DFマンチーニの3戦連発弾などで逃げ切った。昨季に続くベスト4進出の偉業を果たした中、ボローニャとのCL出場権を懸けたシックスポインターを制すことはできるか。 対するボローニャは前節、モンツァにゴールレスドロー。相手GKディ・グレゴリオの牙城を崩すことができなかった。2試合連続ゴールレスドローとなった中、ここまで10ゴールを挙げているFWザークツィーとFWオルソリーニはゴールをこじ開けることができるか。 FWヴラホビッチに幾つか好機があったものの、ゴールを決められずトリノとのダービーを引き分けた3位ユベントス(勝ち点63)は14位カリアリ(勝ち点31)と対戦。煮えきらない試合が続く中、3位キープのためには勝利が欲しいところだが、前節インテル相手に老獪な戦いぶりで引き分けに持ち込んだラニエリ監督率いるカリアリ撃破となるか。 MF鎌田がボランチでフル出場した前節サレルニターナ戦を4-1と快勝した7位ラツィオ(勝ち点49)は、金曜に12位ジェノア(勝ち点39)と対戦。サレルニターナ戦ではFWフェリペ・アンデルソンがドッピエッタの活躍でローマ・ダービー敗戦を払拭。しかしそのフェリペ・アンデルソンが今季限りでの退団を発表した。MFルイス・アルベルトに続く主力の流出が明るみとなったが、連勝として欧州カップ戦出場権争いに踏み留まりたい。 そしてフロジノーネ相手に2度のリードを生かせず引き分けた8位ナポリ(勝ち点49)は17位エンポリ(勝ち点28)と対戦する。 ◆セリエA第33節 ▽4/19(金) 《25:30》 ジェノアvsラツィオ 《27:45》 カリアリvsユベントス ▽4/20(土) 《25:00》 エンポリvsナポリ 《27:45》 ヴェローナvsウディネーゼ ▽4/21(日) 《19:30》 サッスオーロvsレッチェ 《22:00》 トリノvsフロジノーネ 《25:00》 サレルニターナvsフィオレンティーナ 《27:45》 モンツァvsアタランタ ▽4/22(月) 《25:30》 ローマvsボローニャ 《27:45》 ミランvsインテル 2024.04.19 18:00 Fri

「少し心配も…」試合前に続投発表のデ・ロッシ監督、選手たちの奮闘を喜びつつも、無敗のレバークーゼンとの対戦に「彼らにとって難しくなるようにする」

ローマのダニエレ・デ・ロッシ監督が、ミラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 18日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでローマはホームにミランを迎えた。 1stレグはアウェイで0-1と勝利していたローマ。この試合も12分にジャンルカ・マンチーニのゴールで先制すると、22分にはパウロ・ディバラのゴールが生まれ、2戦合計3-0とリードする。 しかし、28分にロメル・ルカクが右足の違和感を訴えてタミー・エイブラハムと交代。さらに、31分にメーメト・ゼキ・チェリクがラファエル・レオンを倒して一発退場。60分間を数的不利で戦う事となった。 10人になったもののリードを奪っているローマは、リスクをかけずに深く守ることを選択。85分に失点するも、そのまま逃げ切り、2戦合計3-1で勝利を収めた。 デ・ロッシ監督は、試合前に来季以降の続投が発表されていたが、試合に悪影響を及ぼさないか心配していたと明かした。 「これ以上良い方法はなかった。この素晴らしいニュースが、その日の残りの部分に影を落とすのではないかと少し心配していた。我々は集中しなければならなかったし、今夜の結果によって、いくつかの輝かしいニュースが失われるのではないかと心配していた」 ジョゼ・モウリーニョ前監督の後を引き継いだ中で、チームを立て直して結果を残しているデ・ロッシ監督。心配をよそに選手たちは奮起したが、試合での活躍を喜び、アクシデントもしっかりと乗り越えられたことを称えた。 「我々は選手たちの並外れたパフォーマンスにもてなされた事がわかった。彼らは全てのやり方を知っていたので、私は彼らの監督であることをとても誇りに思っている」 「良いスタートを切り、良いプレーをする事ができた。2点目で示されたように、彼らは後方にスペースを見つける事に成功した。正に、我々がやろうとしていた事だった」 「彼らはトップクラスのチームと同じように、深く守ることもわかっていた。昨夜、レアル・マドリーがそれを見せてくれていた。トップチームは10人になった時や、強力な相手が攻撃を組み立てる時間帯に、どうやって深く守っていくのかを知らなければいけない」 これでベスト4に進出したローマ。次なる相手は、ブンデスリーガを無敗で制し、今シーズンの公式戦で無敗を維持するレバークーゼンだ。デ・ロッシ監督は、しっかりと準備を整え、打ち負かすことを考えるとした。 「それは我々に力を与えれくれる。ミランを倒して突破できるということは、信じられないほどのチームを破った事になり、良い成績を残したことを意味する。それは我々に自信を与えてくれる。次のラウンドでは、無敗で無敵に見えるチームとの対戦となる」 「我々は準備するつもりだ。なぜなら、我々が準備する必要があるのは、彼らとの2試合の戦いであり、彼らが負けていない残りの50試合については準備する必要がない。我々は彼らにとって難しいものになるように努める。それができると思っている」 2024.04.19 10:10 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly