前半の2発でブラジルを下したなでしこが年内最終戦を勝利で飾る!ブラジル遠征は1勝1敗で終了【国際親善試合】

2023.12.04 01:25 Mon
Getty Images
なでしこジャパンは3日に国際親善試合でブラジル女子代表と対戦し2-0で勝利した。

パリ・オリンピック出場を目指すなでしこジャパン。最終予選が残っている中、年内最後の活動としてブラジル遠征を実施。11月30日、12月3日と、アウェイで強豪ブラジルとの2連戦を行うこととなった。
3日前に行われた第1戦を壮絶な打ち合いの末に惜敗した日本は、その試合からスタメンを5人変更。GKに田中桃子を起用し、4バックは清水梨紗、古賀塔子、南萌華、遠藤純。中盤はアンカーに熊谷紗希、2列目は右から藤野あおば、林穂之香、杉田妃和、猶本光を配置。1トップに田中美南を起用した。

日本は開始早々の3分にピンチ。右サイドからのアリークロスをカットしようとした古賀が伸ばした右足に当たったボールが右ポストを直撃した。

ピンチを脱した日本は、17分にセットプレーから先制する。遠藤の右CKをファーサイドの南が右足ボレーで合わせると、相手DFにディフクレトしたボールがゴール右に突き刺さった。
先制した日本は、19分にも左サイドを持ち上がった猶本が中央へパスを送ると、バイタルエリア中央左手前でボールを収めた田中美南が素早く左足を振り抜く。相手GKの意表を突いたシュートはそのままゴール右隅に吸い込まれた。

連続得点を奪った日本は、直後の21分にボックス左深くまで侵入したアドリアナの折り返しからピンチを迎えたが、プリシラのシュートは古賀がブロック。さらにこぼれ球に反応したサンパイオがシュートを放ったが、これも古賀のブロックで難を逃れる。

日本は30分にも、プリシラのパスでボックス中央右から侵入したデビーニャのシュートを許すと、GK田中桃子が右手に触れたボールが左ポストを直撃。さらにゴール前で古賀と清水がお見合いしたこぼれ球からジェイゼがシュートを放ったが、再び好反応を見せたGK田中桃子の弾いたボールを清水がゴールライン手前でクリアした。

後半から林と杉田を下げて長谷川唯と石川璃音を投入した日本は、50分にミスからピンチ。ポルティージョのスルーパスに反応し飛び出したGK田中桃子がファンブルすると、こぼれ球を拾ったジェイゼに決定機を許したが、シュートは右サイドネットに外れた。

一進一退の展開が続く中、日本は58分に猶本を下げて宮澤ひなたを投入。しかし、61分に中盤でのボールの奪い合いで宮澤が左足を負傷すると、プレー続行不可能となり、62分に長野風花が緊急投入された。

その後、ブラジルは69分にホームサポーターの大声援を受けるマルタを投入。対する日本は、72分に田中美南を下げて植木理子を、84分に熊谷を下げて谷川萌々子をピッチに送り出す。

終盤にかけてはブラジルに押し込まれる時間が続いたが、集中した守りで前半の2ゴールを守り抜いた日本が2-0で勝利。なでしこが年内最終戦を白星で飾った。

ブラジル女子代表 0-2 なでしこジャパン
17分:南萌華(ローマ)
19分:田中美南(I神戸)

◆なでしこジャパンメンバー
GK:田中桃子(日テレV)
DF:清水梨紗(ウェストハム)、古賀塔子(JA福島)、南萌華(ローマ)、遠藤純(エンジェル・シティ)
MF:藤野あおば(日テレV)、林穂之香(ウェストハム)[→46分 石川璃音(浦和L)]、熊谷紗希(ローマ)[→84分 谷川萌々子(JFA福島)]、杉田妃和(ポートランド・ソーンズ)[→46分 長谷川唯(マンチェスター・シティ)]、猶本光(浦和L)[→58分 宮澤ひなた(マンチェスター・ユナイテッド)][→62分 長野風花(リバプール)]
FW:田中美南(I神戸)[→72分 植木理子(ウェストハム)]
関連ニュース

北朝鮮とドローで決着はホーム・国立で…なでしこキャプテンDF熊谷紗希がパリ五輪へ意気込み「パリへの切符を日本の皆さんと一緒に取れるように」

なでしこジャパンのDF熊谷紗希が、北朝鮮女子代表戦を振り返った。 24日、パリ・オリンピック アジア最終予選の第1戦が行われ、日本は北朝鮮と対戦した。 アジアには2つの切符しかないパリ五輪への道。北朝鮮とのホーム&アウェイで1枚の切符を争う中、試合開催地が未定のまま20日決定。移動してすぐの試合となった。 気候の変化などに対応する必要があり、難しい中での戦いとなった日本は、序盤から北朝鮮に押し込まれる展開に。それでも、しっかりとゴールを守っていく。 互いに大きなリスクを冒さずに進んだ試合は、いくつかチャンスがあった中でもゴールは生まれず、0-0のゴールレスドロー。28日に行われる国立競技場での第2戦に運命が託されることとなった。 この試合ではボランチで先発出場した熊谷。試合後のフラッシュインタビューで引き分けとなった試合を振り返った。 「本当に暑さもありながら、この第1戦勝ってホームに向かいたかったですけど、0-0で終わって、ホームで勝つことだけを考えて良い準備をしたいです」 後半は北朝鮮が戦い方を変え、前半以上に押し込まれる展開となった日本。「なかなか自分たちがボールにプレッシャーをかけることができなくなって、守備でしっかりマッチアップできなかった中、ロングボールに対しても最終ラインを上げることが遅くなってしまったりしました」と、受けに回ってしまったことが理由だとコメント。「そこはしっかり反省しなければいけないところですし、前半後半で相手が戦い方を少し変えて、私たちの動きを見て戦ってきたので、もう1つギアを上げて自分たちが前からいけるようにしなければいけないと思います」と、対応力を持ってプレーしていきたいとした。 一方で、攻撃面もほとんど決定機は作れず。前半にビッグチャンスがあったが、相手GKの左足でのセーブに阻まれるなどした。 ボランチとして攻撃にも関わる熊谷は「シュート数はかなり少なかったと思いますし、自分たちが相手のゴールを脅かす怖さをあまり出せなかったので、自分たちが前でプレーできるように第2戦に向けてしっかり準備したいです」と、ホームではより攻撃でも違いを見せたいとした。 泣いても笑っても残り1戦。熊谷は、ホーム国立でのゲームに強い思いを語った。 「勝つしかない戦いなので、ホームでできることもしっかりアドバンテージにしながら、勝つことだけを考えてパリへの切符を日本の皆さんと一緒に取れるようにしっかり頑張っていきたいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】北朝鮮戦最大のチャンスとなった田中美南のシュートはGKがスーパーセーブ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/B60m5PxRya">pic.twitter.com/B60m5PxRya</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1761390800280117408?ref_src=twsrc%5Etfw">February 24, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.25 00:30 Sun

なでしこジャパン、パリ行きを懸けた北朝鮮との初戦は劣勢のゴールレスドロー…28日国立開催の第2戦で勝利での突破目指す【パリ五輪アジア最終予選】

なでしこジャパン(日本女子代表)は24日、パリ・オリンピック(五輪) アジア最終予選第1戦で北朝鮮女子代表と対戦し、0-0のドローで終えた。 2021年に行われた東京五輪は開催国として予選は免除されていたが、2016年のリオ五輪は予選敗退の憂き目にあっており、2012年のロンドン五輪以来の予選突破を目指すなでしこジャパン。 アジアに与えられた出場権は2つ。その1つを掴みたいなでしこジャパンは、北朝鮮との運命の2試合に臨んだ。 当初、アウェイ・平壌での第1戦が予定されていたものの、中立地開催がアジアサッカー連盟(AFC)から提案され、二転三転の末にサウジアラビアのプリンス・アブドゥッラー・アル・ファイサル・スタジアムでの開催となった。 この初戦に向けて池田太監督は[4-3-3]の布陣を採用。GKに山下杏也加、4バックは右から清水梨紗、高橋はな、南萌華、古賀塔子。中盤は熊谷紗希のアンカーに、長野風花と長谷川唯のインサイドハーフ。3トップは右から藤野あおば、田中美南、植木理子となった。 試合は開始早々になでしこジャパンがファーストシュートを記録。左CKの場面で長谷川のクロスを中央で相手のマークを振り切った熊谷が頭で合せるが、これは枠の右に外れた。 立ち上がり以降は[5-4-1]の後ろ重心の布陣で守る北朝鮮に対して、後方から丁寧にボールを動かしながら守備のほころびを探る。そのなかで左の植木が積極的な仕掛けで局面打開を図る。また、ライン間に顔を出す選手を使って崩しかけるシーンを作り出すが、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。 すると、前半半ばを過ぎた辺りから北朝鮮のミドルプレスに手を焼いてビルドアップの局面でミスが出始めると、相手が狙うカウンターを浴び始める。その流れでミョン・ユジョンの強烈なミドルシュートを浴びるが、ここはGK山下の好守で凌ぐ。 その後、前半終盤にかけてややボール保持が安定してきたなでしこジャパンは42分にこの試合最大の決定機。右サイドでの細かい繋ぎから藤野が高速クロスを供給。ゴール前でDFが触ったボールを足元に収めた田中が左への持ち出しから左足を振ると、DFにディフレクトしたシュートがGKパク・ジュミの反応の逆を突くが、何とか残した左足にはじき出された。 堅い展開となったゴールレスの前半を経て試合は後半に突入。後半に入ってアグレッシブさを増した北朝鮮の推進力に手を焼くなでしこジャパンは、開始早々にボックス内に抜け出したチェ・クンオクに左足のシュートを打たれるが、ここはDF南の決死のブロックで事なきを得る。 前半に比べて自陣でのプレータイムが長くなるなか、59分には植木を下げて中嶋淑乃を同じ左ウイングに投入。突破力と勝負度胸に優れるドリブラーは投入直後に早速複数のDF相手に仕掛けるシーンを作る。 さらに、苦しい状況が続くと、池田監督は69分に2枚替えを敢行。熊谷と長野を下げて谷川萌々子、清家貴子を投入。谷川はそのままアンカーに入り、清家は右ウイング、藤野が右インサイドにポジションを変えた。だが、この交代直後の73分にはリ・ミョングムの正確な右クロスをゴール前のキム・キョンヨンにドンピシャのヘディングで合わされ、辛くもクロスバーに救われるピンチを招いた。 このピンチを凌いだ後は谷川を起点にリズムよくボールを動かして押し返す形を作るが、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。 後半最終盤は引き分けやむなしのリスク回避の戦いをみせ、相手の攻撃を何とか撥ね返し続けて試合は0-0のままタイムアップを迎えた。 この結果、初戦を引き分けで終えたなでしこジャパンは、28日に国立競技場で開催されるホーム開催の第2戦でパリ行きを懸けた運命の一戦に臨む。 北朝鮮女子代表 0-0 なでしこジャパン ◆なでしこジャパンメンバー GK:山下杏也加(I神戸) DF:清水梨紗(ウェストハム)、高橋はな(浦和L)、南萌華(ローマ)、古賀塔子(フェイエノールト) MF:長野風花(リバプール)[→69分 清家貴子(浦和L)]、熊谷紗希(ローマ)[→69分 谷川萌々子(ローゼンゴート)]、長谷川唯(マンチェスター・シティ) FW:藤野あおば(日テレVB)、田中美南(I神戸)[→87分 千葉玲海菜(フランクフルト)]、植木理子(ウェストハム)[→59分 中嶋淑乃(広島R)] 2024.02.25 00:02 Sun

WSLの2月月間最優秀選手になでしこ林穂之香と籾木結花がノミネート!選出はファン投票で決定、現在受付中

FA女子スーパーリーグ(FAWSL)2月のプレーヤー・オブ・ザ・マンス(月間最優秀選手)に、ウェストハムのなでしこジャパンMF林穂之香と、レスター・シティのMF籾木結花がノミネートされた。 女子FAカップも挟まるなか、FAWSLは2月に第13節と第14節が行われ、林は第13節のアーセナル戦で1点ものの守備や同点PK獲得につながる縦パスを披露。クラブ史上初となるアーセナルからの白星獲得に大きく貢献し、プレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)にも選出されていた。 籾木は第14節のブリストル・シティ戦で、加入後初ゴールを含む1得点1アシストの大活躍。ゴールは、リーグ公式X(旧:ツイッター)からも「センセーショナルなチップキック」と評されるなど、衝撃を与えた。 その他、2月唯一の2勝を挙げたマンチェスター・シティからは、チェルシーとの首位攻防戦で驚異的なセーブを披露したGKキアラ・キーティングと、左サイドバックとして2試合連続クリーンシートに貢献したレイラ・ウアハビがノミネート。チームは1勝1分け、自身2得点を挙げたアストンビラのジョーダン・ノブスに、同じく2月に2得点で、チームは最下位ながらも得点ランキング4位タイに付けるアマリー・テストラップと、計6人の名前が挙がっている。 月間最優秀選手はファン投票によって選出され、投票は専用サイトで行われている。なお、締め切りは日本時間26日の19時までとなっている。 <span class="paragraph-title">【写真】林穂之香、籾木結花を含む2月のFAWSL月間最優秀選手にノミネートされた6人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The nominees for Player of the Month are in! <br><br> <a href="https://twitter.com/2026honoka?ref_src=twsrc%5Etfw">@2026honoka</a> <br> Khiara Keating<br> <a href="https://twitter.com/nicole_m09?ref_src=twsrc%5Etfw">@nicole_m09</a> <br> <a href="https://twitter.com/JordanNobbs8?ref_src=twsrc%5Etfw">@JordanNobbs8</a> <br> <a href="https://twitter.com/amaliethestrup?ref_src=twsrc%5Etfw">@amaliethestrup</a> <br> <a href="https://twitter.com/LeilaOuahabi?ref_src=twsrc%5Etfw">@LeilaOuahabi</a> <br><br>Vote now: <a href="https://t.co/NrWgRBuaqQ">https://t.co/NrWgRBuaqQ</a> <a href="https://t.co/gw7NhMf1p3">pic.twitter.com/gw7NhMf1p3</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1760982848486424645?ref_src=twsrc%5Etfw">February 23, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.24 22:15 Sat

遠藤純以外にも…各国代表クラス含め10日で6人が前十字じん帯断裂、直近18カ月間では約200人以上とも

片手では数えきれないほどの選手が、この数週間でヒザの前十字じん帯(ACL)断裂で離脱を余儀なくされた。 14日、なでしこジャパンのメンバーに招集されていたFW遠藤純(エンジェル・シティFC)が、ヒザの前十字靭帯損傷で離脱することが発表された。パリ・オリンピックアジア最終予選に臨むなでしこにとっては痛手となった。 トップの選手では遠藤以外にも、13日にパラグアイ女子代表のカメリア・アリエッタ(クルゼイロ)、17日には元U-20女子代表MFリナ・ハウシッケ(ブレーメン)、19日にはスイスのマラウリー・グランジェス(ヤング・ボーイズ)と、相次いで選手の大ケガが発表されることに。 代表活動中の選手らも、20日にはCONCACAF 女子ゴールドカップ中のアメリカ女子代表ミア・フィシェル(チェルシー)、22日にはアイルランド女子代表ジェイミー・フィン(バーミンガム・シティ)と、負の連鎖が続いている。 先月までさかのぼれば、オーストラリア女子代表サマンサ・カー(チェルシー)に、オランダ女子代表ジル・ルード(マンチェスター・シティ)、日本でも猶本光、安藤梢(ともに三菱重工浦和レッズレディース)が負傷。イギリス『ガーディアン』では、「直近18カ月間で195人以上の女子エリート選手が前十字じん帯損傷で戦列を離れた」と述べている。 統計上、これが多いのか少ないのかとは触れていないが、肌感覚としては「圧倒的に多い」と感じるのではないだろうか。 アメリカ『ロサンゼルス・タイムス』では「ACL断裂経験のないエリート選手は、切ったことのある選手よりも少ないだろう」と述べ、同国選手の離脱を踏まえて「フィシェルの負傷は女子サッカーにおける最近の不穏な傾向そのもの」との見出しを付けている。 イギリス『BBC』では以前、男女の身体的特徴の違いやホルモンの差、発展に伴った急激な負荷量増加といった原因の可能性を考察していたが、内的・外的要因は多岐に渡り、これという要因を1つ挙げるのは難しい。 その中で、ACL損傷によりオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の欠場を余儀なくされたイングランド女子代表FWベス・ミード(アーセナル)は、復帰までのドキュメンタリーを公開。同時に、国際サッカー連盟(FIFA)などとも協力し、ケガのデータ収集や研究支援にも努めている。 「阻止する方法についての決定的な答えはなく、それがもどかしい部分」とミードは語るが、少なくとも選手の福祉のために「FIFAやUEFAがスケジュールに関して、もう少し現実的になる必要がある」と、日程面や試合数については話し合いを続けていくとしている。 サッカーが接触のある競技という特性上、ケガのリスクを完全になくすことはできないだろう。それでも、早期の原因解明が望まれるほか、回復のためのスケジューリングなど、可能な部分で選手を守る手段が構築されることを願うしかない。 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルのミードとミーデマ、ACL損傷から復帰までのドキュメンタリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vxHrH2nCqR8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 22:10 Fri

なでしこジャパンの北朝鮮女子代表戦は、2試合共にNHKとDAZNで生中継&生配信決定!

日本サッカー協会(JFA)は22日、なでしこジャパンが臨むパリ・オリンピック アジア最終予選の北朝鮮女子代表戦の中継・配信決定を発表した。 アジアに与えられたパリ・オリンピック出場権は2つ。その1つを掴みたいなでしこジャパンは、北朝鮮女子代表との2試合で決着をつける。 24日にアウェイ・平壌での第1戦が予定されていた中、中立地開催がアジアサッカー連盟(AFC)から提案され、20日サウジアラビアでの開催が決定していた。 オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップのテレビ中継や配信も決まらなかった女子サッカー。今回も直前まで決定しなかったが、ついに放送と配信が決定した。 24日(土)にサウジアラビアで行われる一戦は22時4分からNHK BSで生中継。また、NHKプラスで同時配信されると共に、DAZNでも生配信される。また、NHK総合テレビでは録画放送される。 また、、28日(水)に国立競技場で行われる一戦は、18時30分からNHK総合で生中継。DAZNでも生配信され、NHKプラスでは同時・見逃し配信される。 2021年に行われた東京オリンピックは開催国として予選は免除されていたが、2016年のリオ・デ・ジャネイロ オリンピックは予選敗退の憂き目にあっており、2012年のロンドン・オリンピック以来の予選突破を目指して戦う。 2024.02.22 20:15 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly