一斉開催のJ1最終節で名古屋vs柏がキックオフ時間変更、敷地内での事故の影響…柏は残留未確定

2023.12.03 13:18 Sun
©超ワールドサッカー
名古屋グランパスは3日、明治安田生命J1リーグ第34節のキックオフ時間変更を発表した。

2023シーズンのJ1も今節で終了。すでにヴィッセル神戸の優勝が決定し、横浜FCと柏レイソルの残留争いは残っているものの、現実的に逆転は難しい状況だ。
そんな中、柏を迎える名古屋。ホームである豊田スタジアムが使用できず、岐阜県の岐阜メモリアルセンター長良川競技場での試合となる。

最終節は14時から一斉開催となるはずだったが、キックオフ時間が14時45分に急遽変更。敷地内で事故が発生した影響で、45分後ろ倒しになることが決定した。

ファンは「寒いのに大変」、「大丈夫かな」、「事故なら仕方ないか」とコメントが集まった。
関連ニュース

名古屋MF重廣卓也がリンガード加入のFCソウルに半年レンタル

名古屋グランパスは3日、MF重廣卓也(28)がKリーグ1のFCソウルに期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2024年7月15日までの半年となる。 阪南大学出身の重廣は2018年に京都サンガF.C.でプロ入りしてから、アビスパ福岡でのプレーを挟み、2022年夏から名古屋に移籍。今季は明治安田J1リーグ開幕からの2試合でいずれもメンバー外が続くなか、韓国行きの運びとなった。 J1通算37試合1得点の中盤はクラブの公式サイトを通じて「このたび、FCソウルに期限付き移籍することとなりました」と移籍の旨とともに、これまでを振り返り、新天地での活躍を誓った。 「名古屋グランパスで過ごした約1年半は、なかなか出場機会を得られずチームに貢献することができない悔しい時期が続きました。不甲斐ない気持ちも強くありましたが、そんな時でも僕を応援し続けてくださったグランパスファミリーの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです」 「今回は短い期間ではありますが、自分の成長のために環境を変えて新たなチャレンジをする決意をしました。僕を必要としてオファーしてくださったチームの期待に応えられるように頑張りたいと思います。そして、新たなチームで色々な刺激を受けながら自分の成長に繋げていきたいです」 「少しでも多くピッチに立って結果を残したいと思いますので、今後も引き続き応援していただけると嬉しいです」 FCソウルでは今オフ、元イングランド代表MFジェシー・リンガードが加入。光州FCとの開幕戦は0-2で敗れている。 2024.03.03 10:50 Sun

町田がJ1初挑戦から2試合目で歴史的1勝! 米本拓司一発退場の名古屋は開幕連敗【明治安田J1第2節】

明治安田J1リーグ第2節の1試合が2日に豊田スタジアムで行われ、アウェイのFC町田ゼルビアが名古屋グランパスを1-0で下した。 0-3完敗スタートの名古屋は4選手が入れ替わり、ハ・チャンレと中山の新戦力に米本、永井が先発。一方、引き分け発進の町田は出場停止の仙頭と負傷のナ・サンホに代わり、下田と藤尾がスタートから出場した。 どちらが勝っても今季1勝目となる戦いは立ち上がりからオ・セフンをターゲットにしたシンプルな攻めを繰り出す町田のリズムに。守りでも名古屋に崩しまでもっていかせず、先にペースを掴む。 すると、21分に敵陣右サイドでのロングスローから、その跳ね返しを拾った鈴木が右足でクロス。オ・セフンもゴール前に飛び込むなか、藤尾が今季第一号をヘッドで決め、町田が先手をとる。 前節に続いて先制の町田は39分にもボックス左の藤尾が縦に仕掛けてからの折り返しにオ・セフンが反応し、追加点に迫る場面も。結局、前半を通じて持ち前の強度で上回り続け、試合を折り返す。 後半も序盤から町田がセットプレーを駆使しながら追加点に迫る形を作るなか、名古屋も重心を前目に置くが、なかなか突破口を見いだせず。63分には山中と中山の代わりに倍井と久保を送り込む。 そのなか、前半と同じリズムをもって試合を進める町田も次のひと刺しを狙い続けるなか、74分にミッチェル・デュークを投入。そのタイミングで名古屋も目玉新戦力の山岸を送り込み、勝負に出る。 そんな名古屋は82分にもパトリックと井上の新加入勢を送り出したが、87分に自陣低い位置で藤尾とボールを争った米本が裏を抜け出そうとした相手を手で止め、痛恨のレッドカードが下る。 数的優位に立った町田は最後まで試合のコントロールを失わず、J1初挑戦から2試合目でクラブ史に残る初勝利。名古屋はホーム開幕戦でも仕切り直せず、連敗スタートとなっている。 名古屋グランパス 0-1 FC町田ゼルビア 【町田】 藤尾翔太(前21) <span class="paragraph-title">【動画】町田が歴史的J1初勝利! 藤尾翔太が決勝ヘッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>ロングスローからのピンポイントクロス!<br>\<br><br>鈴木準弥のクロスに頭で合わせた藤尾翔太の得点<br>でJ1初勝利に向けて町田が先手を取った!<br><br>明治安田J1リーグ第2節<br>名古屋×町田<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E7%94%BA%E7%94%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#名古屋町田</a> <a href="https://t.co/tf4iEFwBpe">pic.twitter.com/tf4iEFwBpe</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1763803607252529638?ref_src=twsrc%5Etfw">March 2, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.02 16:05 Sat

【J1注目プレビュー|第2節:名古屋vs町田】共に悔しさ残る開幕戦、今季初勝利を掴むのは!?

【明治安田J1リーグ第2節】 2024年3月2日(土) 14:00キックオフ 名古屋グランパス(20位/0pt) vs FC町田ゼルビア(11位/1pt) [豊田スタジアム] <span class="paragraph-subtitle">◆開幕は惨敗、ホームですぐに取り戻せ【名古屋グランパス】</span> 開幕戦は鹿島アントラーズをホームに迎え、0-3で惨敗。ホーム開幕戦で手痛い現実を突きつけられてしまった。 ディフェンスラインを一新した今シーズン。強固な守備を売りにしていた名古屋にとっては、経験値の低い選手に入れ替わったことで苦戦は予想されていた。しかし、まさかの3失点。新体制での鹿島に力負けしてしまった印象だ。 特に昨シーズン後半戦から鳴りを潜めた攻撃陣は今シーズンも懸念材料になりそうな予感。わずかシュート5本に終わってしまった。 攻撃と守備は切り離すことができず、良い攻撃ができなければ守備は後手に回り、良い守備ができなければ、攻撃もスムーズに行かない。切り離せない両者だが、どちらかで自信を持ったプレーができるかが重要。2トップで臨む新シーズン、まずは初ゴールを奪って勝利を手にしたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:ランゲラック DF:野上結貴、ハ・チャンレ、井上詩音 MF:中山克広、米本拓司、山中亮輔 MF:稲垣祥、森島司 FW:和泉竜司、キャスパー・ユンカー 監督:長谷川健太 <span class="paragraph-subtitle">◆J1の底力を知った開幕戦、歴史的1勝へ【FC町田ゼルビア】</span> ホームで迎えたクラブ史上初のJ1のゲームは、終盤にガンバ大阪に追いつかれて1-1のドローに終わった。 近年低迷するG大阪が相手であり、前半から押し込む展開に持ち込めていたが、仙頭啓矢の退場で流れが一変。数的優位に立ったG大阪が前に出続けると、最後は耐えきれず、宇佐美貴史の完璧なFKに沈んだ。 それでも、初ゴール、初勝ち点と歴史的な一歩を踏み出した町田。次の一歩は初勝利だろう。ただ、仙頭は出場停止、FWナ・サンホは負傷交代と不安材料は残る。昌子源も開幕戦を欠場し、名古屋戦も難しそうだ。 そして、今季の町田には外国籍枠の問題が浮上。ただ、ナ・サンホが不在となれば、昨季エースとして活躍したミッチェル・デュークも出番があるはず。オーストラリア代表FWがチームに活力をもたらせるだろう。 相手の守備陣は不安を抱えた状況。攻撃陣が躍動し、強度の高いサッカーで名古屋食いを目指す。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:谷晃生 DF:鈴木準弥、チャン・ミンギュ、ドレシェヴィッチ、林幸多郎 MF:バスケス・バイロン、柴戸海、下田北斗、平河悠 FW:ミッチェル・デューク、藤尾翔太 監督:黒田剛 出場停止:仙頭啓矢 2024.03.02 11:20 Sat

ポポヴィッチ鹿島が守備陣顔ぶれ変わる名古屋を3発粉砕!J1通算100試合の仲間隼斗が2ゴール【明治安田J1開幕節】

23日、明治安田J1開幕節の名古屋グランパスvs鹿島アントラーズが豊田スタジアムで行われ、アウェイの鹿島が3-0で勝利を収めた。 長谷川健太監督体制3年目を迎える名古屋は、オフに藤井陽也の海外挑戦や丸山祐市の移籍と、センターバックが複数入れ替わった。その中で今節は井上詩音ら新加入選手4人が先発し、[3-5-2]でスタートし、昨季チームトップの16得点を挙げたキャスパー・ユンカーと、今季加入ながらもJリーグを知り尽くしているパトリックが2トップを組んだ。 対して、ランコ・ポポヴィッチ新監督の下でタイトル奪還を目指す鹿島アントラーズは、大卒ルーキー・濃野公人を右サイドバックでスタメンに抜擢。総入れ替わりとなった外国籍選手ではチャヴリッチが1トップを務め、J初挑戦を迎えた。 序盤は名古屋がボールを保持する時間が続き、持ち味の速攻でも7分に森島司のアーリークロスからユンカーが収めて右足ボレーと、ホームを沸かす。 だが、試合を動かしたのは、徐々に押し返し始めた鹿島。19分、右CKがクリアされてペナルティエリアライン上に浮き上がると、植田直通の落としに合わせて、一歩下がった位置から走り込んだ仲間隼斗がフリーに。右足で流し込み、J1通算100試合目という節目を自らのゴールで祝った。 22分の鹿島は再びセットプレーから好機を迎える。左サイドでのFKからサインプレーを駆使し、今季からボランチへコンバートされた知念慶がミドル。一方、先手を取られた名古屋も28分、久保藤次郎の仕掛けから右CKを獲得すると、山中亮輔の内巻きクロスが直接ゴールに吸い込まれる。ただ、GK早川友基に対するパトリックのファウルを取られ、ゴールは認めらなかった。 互いに外中心のボール回しが増えるなかで、ハーフタイムに鹿島は土居聖真に代えて藤井智也を投入。樋口雄太をトップ下に据えた。 その鹿島が後半早々に再びスコアを動かす。47分、右からのクロスが流れ、ルーズボール争いで仲間が久保から奪い切って安西幸輝へつなぐと、インスイングのクロスにチャヴリッチが頭で合わせてネットを揺らした。 点差を広げられた名古屋は60分の2枚替えで打開を試みるが、ゴールを奪ったのはまたも鹿島。62分、右サイド自陣深い位置のスローインを起点に前進し、ハーフウェーラインを越えた位置からチャヴリッチが長い距離をドリブルで運び、 三國ケネディエブスとのコンタクトを物ともせずに、右ポケットからファーへ柔らかく折り返す。これを仲間が頭で押し込み、リードを広げた。 名古屋はクロスこそ上がるものの、悪く言えば一辺倒。選手交代でキャラクターを変え、どうにか1点をもぎ取ろうとするが、鹿島の両センターバックも空中戦では強さを発揮。最後までゴールを割られず、クリーンシートでゲームを締め括った。 名古屋グランパス 0-3 鹿島アントラーズ 【鹿島】 仲間隼斗(前19) チャヴリッチ(後2) 仲間隼斗(後17) <span class="paragraph-title">【動画】植田直通の落としにうまく反応した仲間隼斗が先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>J1通算100試合出場を自ら祝う<br>\<br><br>仲間隼斗のゴールで鹿島が先制<br>植田直通が競り勝つのを信じ、ただ1人背後へラン<br><br>明治安田J1第1節<br><PICK UP MATCH>名古屋×鹿島<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E9%96%8B%E5%B9%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ開幕</a> <a href="https://t.co/pqbTMooJA3">pic.twitter.com/pqbTMooJA3</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1760960018604503045?ref_src=twsrc%5Etfw">February 23, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.23 19:56 Fri

【J1注目プレビュー|第1節:名古屋vs鹿島】新たなスタートを切る両者、スタイルを出して開幕白星を掴むのは!?

【明治安田J1リーグ第1節】 2024年2月23日(金・祝) 18:00キックオフ 名古屋グランパス(昨季6位) vs 鹿島アントラーズ(昨季5位) [豊田スタジアム] <span class="paragraph-subtitle">◆スタイルは継続、顔ぶれはフレッシュに【名古屋グランパス】</span> 2023シーズンは優勝を争っていた前半戦とは打って変わって、夏場以降は大失速。6位という結果だったが、悔しさしか残らないシーズンとなってしまった。 長谷川健太監督の下、3年目を迎えたが、今オフは選手が大幅入れ替え。特に最終ラインは主軸3人が退団するなど、一新された。 一方で新戦力も多く獲得し、戦力としては整えながらも、完成度としてはまだまだ高くはないはず。チームとしてアグレッシブにゴールへと向かっていくスタイルの中で、ピッチ上での連係・連動は重要となる。 スタイルは継続する中で、選手が入れ替わった名古屋。すぐに結果を残せるのか、それとも序盤は苦しむのか。昨季苦しんだ後半戦の戦いを糧に、開幕戦勝利を掴みたい。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:ランゲラック DF:野上結貴、井上詩音、三國ケネディエブス MF:椎橋慧也 MF:中山克広、稲垣祥、森島司、山中亮輔 FW:キャスパー・ユンカー、和泉竜司 監督:長谷川健太 <span class="paragraph-subtitle">◆“常勝軍団”の復権なるか【鹿島アントラーズ】</span> タイトルから遠ざかり続けている鹿島アントラーズ。“常勝軍団”の名に相応しい戦いをなかなか取り戻せずにもがき苦しんでいる。 岩政大樹監督がチームを離れ、新たに指揮を執るのはランコ・ポポヴィッチ監督。Jリーグでの指揮経験がある中で、史上2人目のヨーロッパ人指揮官との戦いとなる。 チームとしては外国籍選手を一新。その他の積み上げはないと言える中、プレシーズンはケガ人も続出したが、開幕の段階では柴崎岳以外は復帰できる様子。大きな問題は抱えずに済んでいる。 アグレッシブにゴールを目指すというスタイルに大きな変更はないが、昨シーズンはゴールという結果に繋がりにくく、攻撃にアクセルを踏み込むタイミングもなかなか掴めずにいた。新指揮官の下で、その辺りがどこまで改善されたのかは注目ポイントと言える。 主体的に試合を進めていくことが求められる今シーズンの鹿島。久々のタイトルへ、まずは良いスタートを切りたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:早川友基 DF:濃野公人、植田直通、関川郁万、安西幸輝 MF:知念慶、佐野海舟 MF:樋口雄太、土居聖真、仲間隼斗 FW:チャヴリッチ 監督:ランコ・ポポヴィッチ <span class="paragraph-title">【動画】新シーズン開幕! Jリーグ公式の煽り映像が話題!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="h-ZS5B2dGTo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 11:30 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly