【J1注目プレビュー|第34節:名古屋vs柏】失意の名古屋は来季へ繋げる試合へ、柏は残留確定&天皇杯決勝へ勢いを

2023.12.03 11:20 Sun
名古屋vs柏 予想フォーメーション
©超ワールドサッカー
名古屋vs柏 予想フォーメーション
【明治安田生命J1リーグ第34節】
2023年12月3日(日)
14:00キックオフ
名古屋グランパス(5位/51pt) vs 柏レイソル(17位/32pt)
[岐阜メモリアルセンター長良川競技場]

◆最後までトライを続ける【名古屋グランパス】
前節はアウェイでヴィッセル神戸に敗れ、目の前で初優勝を見届けることに。今季は優勝争いをしていた中で、屈辱的な敗戦となった。

明らかに後半戦はおかしかった名古屋。マテウス・カストロの移籍が与えた影響は、数字に表れない部分で大きすぎたと言える。良い攻撃ができなくなれば、当然得点力が低下。加えて堅守にも綻びが出てしまい、気がつけば8敗。早々に優勝戦戦から脱落し、3位以内という目標も前節の敗戦で潰えることとなった。

紆余曲折あったシーズンだったが、長谷川健太監督のトライの答えは見つからないまま最終節を迎えた。その中で、加入以降全部のリーグ戦に出場していた稲垣祥が出場停止という状況。新たな試練を与えたが、これもトライにつながるといえる。しっかりと良い形でシーズンを終えられるかに注目だ。
★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:ランゲラック
DF:野上結貴、中谷進之介、藤井陽也
MF:久保藤次郎、森島司、米本拓司、森下龍矢
MF:和泉竜司、永井謙佑
FW:キャスパー・ユンカー
監督:長谷川健太
出場停止:稲垣祥

◆天皇杯決勝へ良い形を【柏レイソル】

最後の最後まで苦しんだ今シーズン。それでも後半戦は勝利も少なかったが負けも少ない戦いを見せ、少しずつ勝ち点を積み上げていった。

現在は3試合連続ドロー。勝ち切れないという見方もできるが、この勝ち点1の積み上げの重要さを感じられない人はいないだろう。最下位の横浜FCとの勝ち点差は「3」。勝ち点で並ばれる可能性はあるが、得失点差は「12」も離れており、逆転される可能性はほとんどないと言って良い。

ただ、後半戦積み上げた勝ち点「1」が1つでもなければ、今節をどのような気持ちで迎えたのかは想像した方が良い。それは選手たちも感じているだろうが、その積み上げを示す場は、来週に控えている。

現実的に考えて、この試合ではなく目を向けるのは天皇杯決勝。「柏から世界へ」と掲げる中で、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)行きのおまけもついてくる。苦しんだシーズンを笑顔で終えるため、まずはこのリーグ戦最終節でしっかりとパフォーマンスを出していきたい。

★予想スタメン[4-4-1-1]
GK:松本健太
DF:片山瑛一、犬飼智也、古賀太陽、:ジエゴ
MF:山田雄士、仙頭啓矢、椎橋慧也、マテウス・サヴィオ
MF:山田康太
FW:細谷真大
監督:井原正巳
関連ニュース

【J1注目プレビュー|第1節:名古屋vs鹿島】新たなスタートを切る両者、スタイルを出して開幕白星を掴むのは!?

【明治安田J1リーグ第1節】 2024年2月23日(金・祝) 18:00キックオフ 名古屋グランパス(昨季6位) vs 鹿島アントラーズ(昨季5位) [豊田スタジアム] <span class="paragraph-subtitle">◆スタイルは継続、顔ぶれはフレッシュに【名古屋グランパス】</span> 2023シーズンは優勝を争っていた前半戦とは打って変わって、夏場以降は大失速。6位という結果だったが、悔しさしか残らないシーズンとなってしまった。 長谷川健太監督の下、3年目を迎えたが、今オフは選手が大幅入れ替え。特に最終ラインは主軸3人が退団するなど、一新された。 一方で新戦力も多く獲得し、戦力としては整えながらも、完成度としてはまだまだ高くはないはず。チームとしてアグレッシブにゴールへと向かっていくスタイルの中で、ピッチ上での連係・連動は重要となる。 スタイルは継続する中で、選手が入れ替わった名古屋。すぐに結果を残せるのか、それとも序盤は苦しむのか。昨季苦しんだ後半戦の戦いを糧に、開幕戦勝利を掴みたい。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:ランゲラック DF:野上結貴、井上詩音、三國ケネディエブス MF:椎橋慧也 MF:中山克広、稲垣祥、森島司、山中亮輔 FW:キャスパー・ユンカー、和泉竜司 監督:長谷川健太 <span class="paragraph-subtitle">◆“常勝軍弾”の復権なるか【鹿島アントラーズ】</span> タイトルから遠ざかり続けている鹿島アントラーズ。“常勝軍団”の名に相応しい戦いをなかなか取り戻せずにもがき苦しんでいる。 岩政大樹監督がチームを離れ、新たに指揮を執るのはランコ・ポポヴィッチ監督。Jリーグでの指揮経験がある中で、史上2人目のヨーロッパ人指揮官との戦いとなる。 チームとしては外国籍選手を一新。その他の積み上げはないと言える中、プレシーズンはケガ人も続出したが、開幕の段階では柴崎岳以外は復帰できる様子。大きな問題は抱えずに済んでいる。 アグレッシブにゴールを目指すというスタイルに大きな変更はないが、昨シーズンはゴールという結果に繋がりにくく、攻撃にアクセルを踏み込むタイミングもなかなか掴めずにいた。新指揮官の下で、その辺りがどこまで改善されたのかは注目ポイントと言える。 主体的に試合を進めていくことが求められる今シーズンの鹿島。久々のタイトルへ、まずは良いスタートを切りたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:早川友基 DF:濃野公人、植田直通、関川郁万、安西幸輝 MF:知念慶、佐野海舟 MF:樋口雄太、土居聖真、仲間隼斗 FW:チャヴリッチ 監督:ランコ・ポポヴィッチ <span class="paragraph-title">【動画】新シーズン開幕! Jリーグ公式の煽り映像が話題!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="h-ZS5B2dGTo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 11:30 Fri

【J1注目プレビュー|第1節:広島vs浦和】新シーズンの開幕ゲーム! 新スタジアムでの“初戦”を制するのは継続か刷新か

【明治安田J1リーグ第1節】 2024年2月23日(金・祝) 14:00キックオフ サンフレッチェ広島(昨季3位) vs 浦和レッズ(昨季4位) [エディオンピースウイング広島] <span class="paragraph-subtitle">◆新スタジアムで開幕、過去2年を超える【サンフレッチェ広島】</span> 2024シーズンの開幕ゲーム。新スタジアムでのリーグ戦初戦に臨むのは、昨シーズン3位の広島だ。 ミヒャエル・スキッベ監督が就任して3年目。過去2シーズンはリーグ3位と安定した成績を残し、YBCルヴァンカップのタイトルを獲得。ただ、もう1つ抜け出したいところが本音だろう。 多くのチームが積極的に補強を進める中、広島は最低限の補強に。即戦力で考えられるのは、昨季湘南ベルマーレで13得点を記録したFW大橋祐紀のみと言って良いだろう。完全にチームは継続路線を歩んでいる。 戦い方はよりブラッシュアップされ、戦術理解も深まっている。チームとして、積み上げてきたものをいかにして結果に繋げていくか。「優勝」を目標に、自分たちの力を信じて最後まで戦い抜くためにも、まずは勝利からスタートしたいところだろう。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:中野就斗、野津田岳人、川村拓夢、東俊希 MF:満田誠、加藤陸次樹 FW:ピエロス・ソティリウ 監督:ミヒャエル・スキッべ <span class="paragraph-subtitle">◆積極補強で生まれ変わり、停滞ムードを払拭できるか【浦和レッズ】</span> 2023シーズンはリーグ4位。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制したものの、どこかスッキリとしないシーズンに終わった中、1年でマチェイ・スコルジャ監督が退任した。 リカルド・ロドリゲス監督、スコルジャ監督と、中長期に立てていた計画が予定外に崩れている浦和。ただ、今シーズンに懸ける想いの強さは、選手補強にも現れた。 スウェーデンからノルウェー人指揮官のペア・マティアス・ヘグモ監督を招へい。さらに即戦力の9名を補強。監督のサッカーを知るMFサミュエル・グスタフソン、ローマからはFWオラ・ソルバッケンを獲得。その他、2022年のJ1得点王であるFWチアゴ・サンタナらを補強した。 攻撃も守備も新たな顔ぶれとなりそうな今季。システムもこれまでから変更となり、[4-3-3]を採用。ただ、十分にその中で戦える選手が揃っている。 今シーズンはサポーターの不祥事により天皇杯は不参加に。ACLも敗退したために戦うことはなく、リーグ戦を制するために十分な戦力を整えた。目指すことは1つ。まずは開幕ゲームで、新スタジアムの初勝利をいただきに行く。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、アレクサンダー・ショルツ、マリウス・ホイブラーテン、渡邊凌磨 MF:伊藤敦樹、サミュエル・グスタフソン、小泉佳穂 FW:チアゴ・サンタナ 監督:ペア・マティアス・ヘグモ <span class="paragraph-title">【動画】新シーズン開幕! Jリーグ公式の煽り映像が話題!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="h-ZS5B2dGTo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 09:00 Fri

【FUJIFILM SUPER CUPプレビュー | 神戸vs川崎F】シーズン開幕を告げる戦い! ポイントは互いの攻守のクオリティ

【FUJIFILM SUPER CUP 2024】 2024年2月17日(土) 13:35キックオフ ヴィッセル神戸(J1王者) vs 川崎フロンターレ(天皇杯王者) [国立競技場] 2024シーズンの開幕を告げる戦い。2023シーズンのJ1王者であるヴィッセル神戸と、天皇杯王者である川崎フロンターレの一戦。シーズン最初のタイトルを獲得するのはどちらか、熱い戦いが繰り広げられる。 <span class="paragraph-subtitle">◆2度目のスーパーカップ、まずは1冠を【ヴィッセル神戸】</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/fujifilm20240217_tw1.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;">©︎超ワールドサッカー<hr></div> 2023シーズンは悲願のJ1王者に輝いた神戸。ヨーロッパで活躍していた外国籍選手を連れてきて、“バルサ化”とも呼ばれた強化方針から脱却した中で、アグレッシブさと攻守のハードワークを武器にリーグタイトルを獲得した。 吉田孝行監督が継続して指揮を執り、選手の入れ替えも主軸はなし。的確に戦力して計算できる選手を補強し、連覇とアジア王者を目指すシーズンとなる。 国立競技場ではインテル・マイアミと10日前に戦っており、ピッチコンディション等も確認済み。大観衆が集まる中で、改めて神戸の強さを見せつけられるか、シーズンを占う一戦とも言える。 確実に選手層が厚くなった中、メンバーとしては昨シーズンをベースになるはず。気掛かりなのはFW武藤嘉紀。吉田監督は前日会見で「コメントを控えさせていただく」としたが、チームの核が抜ける痛さもありつつ、他の選手がしっかりと穴埋めできるかが重要になるだろう。 ポイントは守備を固めつつ、いかに攻撃でチャンスを生かせるか。王者としての風格を見せたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:酒井高徳、山川哲史、本多勇喜、初瀬亮 MF:山口蛍、扇原貴宏、井出遥也 FW:佐々木大樹、大迫勇也、ジェアン・パトリッキ 監督:吉田孝行 <span class="paragraph-subtitle">◆過密日程の中でのタイトルチャレンジ!【川崎フロンターレ】</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/fujifilm20240217_tw2.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;">Getty Images<hr></div> 天皇杯王者として臨む川崎F。2023シーズンは近年ではなかった苦しみを味わうシーズンとなったが、それでも最後にタイトルを獲得するあたり、強豪の一角と呼べる地力がついたといえる。 チームは例年になく大幅な入れ替えを敢行。特に主軸だったDF山根視来、DF登里享平、MFジョアン・シミッチに加え、貴重なバックアッパーのMF山村和也、昨季はケガに苦しんだFWレアンドロ・ダミアンが退団した。 一方で、しっかりと補強も行い、ガンバ大阪の軸だったMF 山本悠樹を始め、守備ラインも補強。ブラジル人も3人獲得するなど、戦力としては問題なし。あとは、いかに早くフィットできるかがポイントだ。 すでにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦っており、アウェイで山東泰山に勝利。新戦力も起用し、まずまずのパフォーマンスを見せていただけに、シーズンとしては楽しみになるところ。ただ、中3日で移動もある過密日程だけに、山東泰山戦からはメンバーを入れ替えることになるだろう。 来週にはすぐ2ndレグが待っており、リーグ開幕前にハードな戦いを強いられるが、今シーズン復権を目指すためには総力戦で乗り越える必要がありそうだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:ファン・ウェルメスケルケン際、高井幸大、丸山祐市、田邉秀斗 MF:脇坂泰斗、橘田健人、瀬古樹 FW:山田新、バフェティンビ・ゴミス、マルシーニョ 監督:鬼木達 <span class="paragraph-title">【動画】堅守速攻の神戸か、魅惑の攻撃を見せる川崎Fか</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8a6npE26Kpc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.17 08:30 Sat

【天皇杯決勝プレビュー|川崎Fvs柏】今季共に苦しんだ両チーム、タイトルを手にシーズンを締めくくるのはどっち!?

【第103回天皇杯決勝】 2023年12月9日(土) 14:00キックオフ 川崎フロンターレ vs 柏レイソル [国立競技場] <span class="paragraph-subtitle">◆予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fom2023emperor_final_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎超ワールドサッカー<hr></div> 2020年の王者である川崎Fと2012年の王者である柏の対戦。両者の対戦成績は川崎Fが17勝、柏は13勝、引き分けが「9」という成績だ。 また、両クラブは2008年9月27日に唯一国立競技場でJ1を戦っており、2-5で川崎Fが勝利していた。両者にとって40度目の対戦は、どちらに軍配が上がるだろうか。なお、勝利チームは2024-25シーズンのAFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得する。 <span class="paragraph-subtitle">◆失意のシーズン、タイトル締めなるか【川崎フロンターレ】</span> 今シーズンは王座奪還を目指して臨んだ中、シーズン当初から苦しい展開に。ケガ人が大量に出たこと、出場停止での欠場などエクスキューズもあった中、なかなかチームとしての形を見せられずに8位で終了した。 特に川崎Fのストロングポイントとも言える攻撃陣が沈黙。二桁ゴールの選手は1人もおらず、最多は9得点のMF脇坂泰斗。レアンドロ・ダミアンは3点、小林悠は4点と出番も限られた両エースに加え、頼みのMF家長昭博もわずか2得点と寂しさが際立っている。 攻撃陣は軒並みベテラン勢と、攻撃陣の若手の成長が悩みの種。それでも、シーズン最後はAFCチャンピオンズリーグを含め、公式戦10試合無敗とここにきて調子を取り戻している。 “原点回帰”とは言い過ぎかもしれないが、川崎Fが目指して積み上げてきたものをしっかりと意識し直し、共有してプレーすることを取り戻せた結果が、10戦無敗という結果にも出ている。ポゼッションと即時奪回、コンビネーションと川崎Fらしさを出せれば、自ずとタイトルは手にできるだろう。 失意のシーズンを明るく終わるためにも、2020年以来2度目の戴冠を目指したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、大南拓磨、山村和也、登里享平 MF:脇坂泰斗、橘田健太、瀬古樹 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 <span class="paragraph-subtitle">◆柏から世界へ、天皇杯勝ち取りACLへ【柏レイソル】</span> 開幕6戦未勝利、4連敗で最悪のスタートを切った柏。シーズン途中にネルシーニョ監督を解任すると、井原正巳監督が率いる中、チームはなかなか調子が出なかった。 それでも夏場に勝ち点を重ね、17位とギリギリの残留。例年であれば自動降格圏でのフィニッシュとなったことを考えれば、決して安堵だけでは終われないはずだ。 一方でカップ戦では結果を残し続け、決勝まで駒を進めた。シーズンのラスト4試合も全てドロー。勝利はもはや2カ月以上昔の話になってしまうが、この大一番に全てをかけ、良い形で来シーズンに向かっていきたいところだ。 この試合ではJ1最終節で退場処分を受けたジエゴが繰り越しで出場停止に。代役はDF三丸拡が務めることになるだろう。その他はレギュラー組がプレー。日本代表にも選出され、14得点を記録したFW細谷真大が川崎Fのゴールをこじ開けられるかがポイントだ。 戦い方はカウンターになるだろう。川崎Fの守備は堅守というイメージはなく、陣形が整う前にカウンターを完結させることができるか。先手を奪っていきたい。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:松本健太 DF:片山瑛一、立田悠悟、古賀太陽、三丸拡 MF:小屋松知哉、椎橋慧也、高嶺朋樹、マテウス・サヴィオ MF:山田康太 FW:細谷真大 監督:井原正巳 出場停止:ジエゴ 2023.12.09 09:00 Sat

【J1注目プレビュー|第34節:鹿島vs横浜FC】共に失意のシーズン、最後の試合で何に期待を抱かせるか

【明治安田生命J1リーグ第34節】 2023年12月3日(日) 14:00キックオフ 鹿島アントラーズ(7位/49pt) vs 横浜FC(18位/29pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆来季に向け何を見せる【鹿島アントラーズ】 シーズン序盤に苦しんだ鹿島は、怒涛の5連勝などもあり場に浮上。優勝争いにも絡みかけたが、早々に転落。気がつけば中位に終わる可能性が高まっている。 今季も無冠となり、常勝軍団と呼ばれたチームにとっては厳しいシーズンが続いているが、このシーズンを土台作りと考えられるようにしなければいけないだろう。 優勝争いをする上では確固たるものをチームが持つ必要があり、それはまだまだ足りなかったという現実を突きつけられたシーズン。特に攻撃面では力不足が否めない。 ゴールを奪う、ゴールを守るというスポーツにおいては、両方のゴール前が全て。そこにいかにこだわっていけるのか。モチベーションの置き所が難しいだけに、ホームでしっかりと勝利を収めて来季に向けたヒントを得られる試合にしたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:早川友基 DF:須貝英大、植田直通、関川郁万、安西幸輝 MF:松村 優太、佐野海舟、ディエゴ・ピトゥカ、樋口雄太 FW: 師岡 柊生、鈴木優磨 監督:岩政大樹 ◆可能性はゼロではないが…【横浜FC】 前節は1つ上の湘南ベルマーレとの直接対決。勝利すれば順位を入れ替えられる大一番だったが、0-1で敗戦に終わった。 優勝を争っていたヴィッセル神戸、横浜F・マリノスに勝利するなど、残留を掴むために執念を見せていたが、その可能性は限りなくゼロに近い状況だ。 柏レイソルとの勝ち点差は「3」。しかし、得失点差が「12」もあり、サッカーでは逆転できる点差ではない。一番可能性があるとすれば柏が6点差で負け、横浜FCが6点差で勝利するというシナリオ。ただ、2試合もそんなことが起こるはずもなく、横浜FCが12点を取って勝つなど八百長が疑われておかしくない。 現実的に見たら降格はほぼ確実な状況。それでも、応援し、支えてくれたファン・サポーターに対して最後まで全力で戦い抜く姿を見せなければいけない。大量ゴールを目指せば、今の力では大量失点での惨敗が関の山。しっかりと、勝利で終わり、プライドを見せて来季の戦いにつなげたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:永井堅梧 DF:岩武克弥、ンドカ・ボニフェイス、吉野恭平 MF:山根永遠、三田 啓貴、井上潮音、林幸多郎 MF:カプリーニ、小川慶治朗 FW:マルセロ・ヒアン 監督:四方田修平 出場停止:ユーリ・ララ 2023.12.03 11:40 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly