【プレミア注目プレビュー】2戦連続ドロー中のシティが満身創痍スパーズと激突

2023.12.03 12:00 Sun
マンチェスター・シティvsトッテナムは3日25時半キックオフ
Getty Images
マンチェスター・シティvsトッテナムは3日25時半キックオフ
プレミアリーグ第14節、マンチェスター・シティvsトッテナムが、日本時間3日25:30にエティハド・スタジアムでキックオフされる。2戦連続ドロー中のシティズンズと、3連敗中のスパーズによる上位争い踏みとどまりを狙う上位対決だ。
PR
チェルシー、リバプールとの連戦をいずれもドローで終えて2戦未勝利のシティ(勝ち点29)は、アーセナルに抜かれて2位に転落。リバプール戦ではFWハーランドの先制点を含めて試合を通して主導権を握ったものの、後半終盤に一瞬の隙を突かれて同点ゴールを決められて逃げ切り失敗。要塞エティハド・スタジアムでの公式戦連勝記録が「23」でストップした。
それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではRBライプツィヒにホームで2点ビハインドを背負うも、後半にハーランド、フォーデン、アルバレスと続けて3点を叩き込んで劇的3-2の逆転勝利。グループステージ5連勝で首位通過を確定させ、直近2試合の微妙な流れを払拭した。そして、今節は手負いのスパーズ相手にリーグ3戦ぶりの白星を狙う。

対する5位のトッテナム(勝ち点26)は前節、ホームでアストン・ビラと対戦。今季初出場となったロ・チェルソの初ゴールによって先制点を奪い、以降も相手のハイラインを攻略して再三の決定機を創出。だが、2点目を奪い切れずにいると、サイドバック4人を並べた急造守備陣が続けてゴールネットを揺らされて1-2の敗戦。3試合連続逆転負けでの3連敗となった。

さらに、長期離脱から戻ってきたばかりのベンタンクールの再離脱が決定し、より厳しい台所事情を強いられるなか、難所エティハドで超強力な攻撃陣を擁する3連覇中の王者に挑む形となった。
なお、グアルディオラ監督とポステコグルー監督は公式戦では今回が初対戦となる。だが、2019年7月に日本で行われたプレシーズンマッチでは同じ『シティ・フットボール・グループ』に属する縁で、当時横浜F・マリノスを指揮していたオーストラリア人指揮官は敬愛するスペイン人指揮官のチームに真っ向勝負を挑み1-3で敗戦している。今回はスパーズの指揮官としての戦いとなるが、どのような結果が待っているか…。

◆マンチェスター・シティ◆
【4-2-3-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:エデルソン
DF:ウォーカー、アカンジ、アケ、グヴァルディオル
MF:ロドリ、ベルナルド・シウバ
MF:フォーデン、アルバレス、ドク
FW:ハーランド

負傷者:MFデ・ブライネ、マテウス・ヌネス
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはストーンズとコバチッチら軽傷者がトレーニングに復帰し、デ・ブライネとマテウス・ヌネスが唯一の欠場者となる。

スタメンに関して前線と中盤の人選に目立った変更はなさそうだが、直近のライプツィヒ戦でミスも出たルベン・ディアスとアカンジのセンターバックコンビのところにテコ入れの可能性がある。疲労感漂うルベン・ディアスを外してアケの起用とみるが、負傷明けのストーンズを含めていくつかのオプションが想定される。

◆トッテナム◆
【4-2-3-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ヴィカーリオ
DF:ペドロ・ポロ、エメルソン、ベン・デイビス、ウドジェ
MF:ホイビュア、ビスマ
MF:クルゼフスキ、ロ・チェルソ、ブレナン・ジョンソン
FW:ソン・フンミン

負傷者:GKホワイトマン、DFフィリップス、ファン・デ・フェン、MFセセニョン、マディソン、サール、ペリシッチ、ベンタンクール、FWリシャルリソン、ソロモン
出場停止者:DFロメロ(3/3)

チェルシー戦で一発退場のロメロが3試合停止の3試合目で欠場となる。負傷者に関しては直近のアストン・ビラ戦で足首を痛めたベンタンクールが新たに負傷者リスト入り。そ径部手術から回復を図るリシャルリソンの復帰にわずかな希望はあるものの、10選手が負傷で不在となる厳しい状況は変わらず。

スタメンに関してはサスペンション明けのビスマが中盤に復帰し、ホイビュアと2ボランチを組む可能性が高い。2列目はブライアン・ヒルの継続起用も考えられるが、ロ・チェルソをトップ下に置いてクルゼフスキとブレナン・ジョンソンを両翼に配置するとみる。

★注目選手
◆マンチェスター・シティ:MFフィル・フォーデン
Getty Images

直近のライプツィヒ戦でチームを逆転勝利に導いた生え抜きMFに注目したい。今回の試合でもハイラインの強気な姿勢で臨む可能性が高いアウェイチームに対して、急造のセンターバックとマッチアップするハーランド、2列目から狡猾な動きでラインブレイクを狙うアルバレスの2人が攻撃で違いを生む存在になることは間違いない。ただ、相手サイドもさすがにその対応を強く意識しており、仮に攻めあぐねた際にはベルナルド・シウバやフォーデンの戦術眼が重要となるはずだ。

今季は右ウイングが主戦場となるなか、ここまでは公式戦20試合6ゴール5アシストと上々の数字を残す。ただ、マンチェスター・ダービーを除いてプレミアリーグの上位対決ではいまひとつ存在感を発揮し切れていない。それでも、直近のライプツィヒ戦では1ゴール1アシストを含む全ゴールを演出する圧巻のパフォーマンスを披露しており、良い状態で臨めるはずだ。

対面のウドジェは攻撃時に変幻自在のポジショニングで攻撃の起点となる一方、守備の際にはシステム上戻り切れない場面も散見されており、そのカバー役がベン・デイビスとなるだけにボールのオン・オフに関わらず、右サイドで積極的な仕掛けで局面を打開したい。

◆トッテナム:FWソン・フンミン
Getty Images

苦境のチームを救うエースの仕事を果たせるか。今季ここまで13試合8ゴールとケインが去ったスパーズの得点源として奮闘続く韓国代表FW。しかし、直近の3連敗中ではゴールを挙げることができず。マディソンらの不在でチーム自体のチャンスクリエイトの質が低下している部分は否めないが、クルゼフスキと共に唯一の主力アタッカーとして苦境のチームを救う決定的な仕事が求められる。

個人としては対シティの公式戦17試合で7ゴール3アシストと上々の数字を残しており、ここ数試合では守備面でやや緩さも見受けられるグアルディオラのチーム相手に現状のチームでもチャンスは作れるはずだ。

大幅にメンバーが入れ替わった影響で、ここ数試合ではパスの出し手との連携が微妙に合わずにオフサイドにかかるシーンが目立っているが、逆を言えばそこのすり合わせさえうまくいけば複数得点も可能なだけに動き出しの部分により工夫を加えながらシティのハイラインを攻略し、自身4試合ぶりのゴールを奪いたい。

PR
関連ニュース

競り勝って連勝のシティが首位リバプールを1pt差で追走! ボーンマスキラーのフォーデンが決勝点【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第26節、ボーンマスvsマンチェスター・シティが24日にヴァイタリティ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが0-1で勝利した。 2位のシティは13位のボーンマス相手にリーグ連勝を狙った。先週末のチェルシー戦を1-1のドローで終えてリーグ連勝が「6」でストップしたグアルディオラのチームだが、ミッドウィークに行われた第18節延期分ブレントフォード戦をハーランドのゴールによって1-0の勝利。しっかりと白星を取り戻した。 直近5試合未勝利と調子が下降気味のチェリーズ相手のアウェイゲームでは先発3人を変更。ウォーカー、アルバレス、ボブに代えてアケ、マテウス・ヌネス、コバチッチを起用。ストーンズを中盤に配置した[3-2-4-1]の布陣で臨んだ。 ベルナルド・シウバ、マテウス・ヌネスが基本的に幅を取る役割を担うものの、2列目が非常に流動的な動きでボールに絡んでいくシティ。開始9分にはロングボールをベルナルド・シウバが右足で背後のスペースに流すと、これに抜け出したハーランドがボックス手前から右足の際どいシュートを放った。 一方、ホームで前から圧力をかけるアグレッシブな入りを見せたボーンマスも直後に決定機。セメンヨのお膳立てからケルケズが左足のブレ球ミドルを放つが、これはGKエデルソンの圧巻のワンハンドセーブに遭う。 互いに1度ずつ蹴って気を作り合った後は徐々に良い形で押し込み始めたシティ優勢で進んでいく。幾つかフィニッシュに持ち込んでいくと、チェリーズキラーのフォーデンがやはり決定的な仕事を果たす。 24分、コバチッチのスルーパスに反応したハーランドが強靭なフィジカルを活かしてボックス左でDFと入れ替わって左足のシュート。これはGKネトに弾かれるが、こぼれに詰めたフォーデンが難なく左足で押し込み、対ボーンマス5試合連続ゴールを達成した。 良い時間帯に先手を奪ったアウェイチームは、引き続きボールを奪いに来る相手をいなしながら中盤の選手の効果的なオーバーラップ、アンダーラップを使って幾度か追加点に迫る。だが、ベルナルド・シウバのコントロールシュートや2点目を狙うフォーデンのシュートはゴールに繋がらず。 その後、前半終盤にかけて押し返したボーンマスはクリスティのミドルシュートのこぼれ球に反応したソランケがゴールネットに流し込むが、これはオフサイドで認められず。シティの1点リードでハーフタイムを迎えた。 互いに選手交代なしで臨んだ後半はオープンな展開に。ビハインドを追うボーンマスがクライファートのブレ球ミドル、右サイドを完全に崩してのタヴァーニアのヘディングシュートで続けてチャンスを作れば、シティもハーランドが快足を飛ばしてボックス右に持ち込んで際どいシュートを放った。 追加点を奪って試合を決めたいグアルディオラ監督は、マテウス・ヌネスを下げて63分にドクを投入。前がかる相手にカウンターの脅威を突きつけるが、この交代も攻撃の活性化には至らず。75分にはハーランドがゴール前に抜け出して決定機を迎えるが、GKネトの好守に遭う。 後半終盤にかけてはアルバレス、デ・ブライネとフレッシュな主力を投入したシティが逃げ切り態勢に入る一方、ボーンマスはDF2枚を削ってアタッカーを続けて投入し、最後の勝負に出る。 6分が加えられた後半アディショナルタイムを含め迫力のある攻めを見せたボーンマスだったが、ワタラやウナルといった途中投入の選手が仕留め切れず。そして、後半は苦しみながらも2試合連続で1-0勝利のシティが2連勝で首位リバプールを1ポイント差で追走している。 2024.02.25 04:32 Sun

【プレミアリーグ第26節プレビュー】前回対戦で因縁生まれたアーセナルvsニューカッスル!

先週末に行われた前節はリバプール、アーセナルが揃って快勝を収めた一方、マンチェスター・シティがホームでチェルシーと1-1のドローに終わって三つ巴の覇権争いに若干の動きがあった。 また、トップ4争いではトッテナムが敗戦し、アストン・ビラ、マンチェスター・ユナイテッドがいずれも勝利を収め、こちらの争いも熾烈を極める。 25日にチェルシーvsリバプールのEFLカップ(カラバオカップ)決勝が開催される関係で、変則日程での開催となる第26節。 21日に前倒し開催となった首位のリバプールと18位のルートン・タウンの一戦は、ホームのリバプールが4-1で逆転勝利。リバプールのMF遠藤航はフル出場で勝利に貢献したが、初のベンチ入りが期待されたルートンのDF橋岡大樹は残念ながらベンチ外となった。また、チェルシーvsトッテナムのロンドン・ダービーは現時点で開催日は未定となっている。 今節の最注目カードは、3位のアーセナルと8位のニューカッスルが対峙する強豪対決だ。ニューカッスルが1-0で勝利した前回対戦では幾つかの微妙な判定や、球際での激しいバトルによって因縁生まれたカードとなっており、今回も激戦必至だ。 アーセナルは前節、バーンリーとのアウェイゲームに5-0の圧勝。MFウーデゴールの鮮烈なミドルシュートを皮切りにFWサカが4試合連続、FWトロサールが3試合連続ゴールを記録し、ウェストハム戦に続く完勝となった。これでリーグ5連勝と絶好調のアルテタのチームだが、ミッドウィーク開催となったチャンピオンズリーグ(CL)ではポルトに敗戦。相手の周到な対策とハードワークを前に枠内シュート0本と完全に攻撃が停滞すると、試合終了間際に一瞬の隙を突かれて見事なゴラッソを決められ、厳しい0-1の敗戦となった。 心身ともにダメージが残る形でロンドン帰還となったガナーズは、中2日の厳しい日程で休養十分の難敵と対戦する。復帰が期待されたDF冨安健洋やMFトーマス、FWガブリエウ・ジェズスらCL遠征メンバーを外れた選手は引き続き欠場となる模様で、ポルト戦を戦った多くの主力がタフなバトルを強いられるなか、総力戦で勝ち点3を手にしたい。 対するニューカッスルは直近4試合無敗(2勝2分け)と一時の不振を脱出。FWイサクやFWウィルソンらストライカー陣に離脱者が続出しているが、4試合連続で複数得点を記録するなど攻撃の破壊力は維持。一方で守備は全体の強度、切り替えの精度の低下によって失点が増えている。ポルト戦では無得点に終わったものの、リーグ戦では絶好調のアーセナル攻撃陣相手に隙のない戦いを見せたいところだ。 2位のマンチェスター・シティは13位のボーンマス相手に連勝を目指す。先週末に行われたチェルシー戦はパフォーマンス自体に悲観すべき部分はなかったものの、相手の粘りの守備に手を焼いて1-1のドロー。リーグ連勝が「6」でストップした。これで自力での首位浮上のチャンスを逃したが、ミッドウィークに行われた第18節延期分ブレントフォード戦では相手の堅守速攻に苦しめられたものの、一瞬の隙を突いたFWハーランドのゴールによって1-0の勝利。しっかりと白星を取り戻した。直近5試合未勝利(2分け3敗)と調子が下降気味のチェリーズ相手のアウェイゲームでは勝利はもちろんのこと、3試合ぶりの複数得点など内容面にもこだわりたい。 前節、エースFWワトキンスの2ゴールによってフルアムに2-1と競り勝った4位のアストン・ビラは、16位のノッティンガム・フォレスト相手に連勝でのトップ4圏内死守を狙う。エメリ監督就任以降、要塞化したビラ・パークでは直近の公式戦3連敗中。対戦相手のフォレストも直近2試合ではニューカッスル、ウェストハム相手に良い戦いを見せており、ホームで4戦ぶりの白星奪取に向けては攻守両面での改善が必須だ。 今季初の4連勝でトップ4争いに踏みとどまった6位のマンチェスター・ユナイテッドは、12位のフルアムとのホームゲームで5連勝を狙う。前節のルートン戦では相手のミスや幸運を味方に付け、FWホイルンドがリーグ6試合連続ゴールを含む2ゴールの活躍。以降は相手に押し返されたものの、2-1で競り勝った。ただ、チームではDFショーの長期での再離脱、絶好調ホイルンドが2、3週間程度の離脱と主力に負傷者が出ており、このフルアム戦では1トップ起用が見込まれるFWラッシュフォードやFWアントニーといった選手たちの奮起が求められるところだ。 MF三笘薫を擁する7位のブライトンは降格圏手前の17位に位置するエバートンとのホームゲームで連勝を狙う。前節のシェフィールド・ユナイテッド戦は三笘のオウンゴール、レッドカード誘発の活躍などで最下位のチームに5-0の完勝。アフリカ・ネーションズカップ帰りのFWアディングラも早速存在感を示し、チーム状態は良好だ。このエバートン戦に向けては長期離脱明けのMFエンシソ復帰の可能性という朗報が届いた一方、ブレイズ戦前から腰に問題を抱えていた三笘に欠場の可能性も伝えられており、日本代表の状態に関しては大きな懸念材料だ。 その他では成績不振に加え、健康問題を抱えるホジソン監督が辞任し、前フランクフルトのグラスナー新監督を招へいした15位のクリスタル・パレスに注目。直近3試合未勝利のイーグルスは19位のバーンリー相手に新体制初陣を飾れるか。 ◆プレミアリーグ第26節 ▽2/21(水) リバプール 4-1 ルートン・タウン ▽2/24(土) 《24:00》 アストン・ビラ vs ノッティンガム・フォレスト ブライトン vs エバートン クリスタル・パレス vs バーンリー マンチェスター・ユナイテッド vs フルアム 《26:30》 ボーンマス vs マンチェスター・シティ 《29:00》 アーセナル vs ニューカッスル ▽2/25(日) 《22:30》 ウォルバーハンプトン vs シェフィールド・ユナイテッド ▽2/26(月) 《29:00》 ウェストハム vs ブレントフォード ▽未定 チェルシー vs トッテナム 2024.02.24 12:00 Sat

ペップがデ・ブライネ起用に慎重期す 前節不出場も「ケガしてはいない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの起用に慎重を期していると認めた。 長きにわたる負傷離脱から復帰したデ・ブライネ。先のチャンピオンズリーグではチームをベスト8に大きく前進させる1得点2アシストで流石の活躍ぶりだったが、直近のプレミアリーグではサブに周り、出場なしだった。 24日に敵地でプレミアリーグ第26節のボーンマス戦に挑むなか、イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、グアルディオラ監督はその理由を問われると、再離脱防止の策と返した。 「彼は大丈夫だし、ケガもしていない。100%かどうかわからないが、リスクを冒さないというのは良い判断だった」 「結果が良くないようであれば、なぜ彼を使わなかったのかと言われるのはわかっている。だが、彼が心地が悪いということで、あの決断を下した」 「あの試合の翌日、彼はトレーニングをし、昨日はオフだったが、1人で練習していたよ。見極めるが、彼も遠征するのは間違いない」 2024.02.24 11:05 Sat

6戦連発中の絶好調ホイルンドが2~3週間の離脱、シティとのダービー欠場濃厚に

マンチェスター・ユナイテッドのデンマーク代表FWラスムス・ホイルンドが筋肉系の負傷により2~3週間するようだ。エリク・テン・ハグ監督が明かしている。 テン・ハグ監督は「大きなケガではないが、強度の高いトレーニングはリスクになる。今は待つ必要がある」とコメント。 ホイルンドはプレミアリーグ6戦連発中と絶好調でユナイテッドの4連勝に大きく貢献していた。 ユナイテッドは24日にプレミアリーグ第26節エバートン戦、28日にFAカップ5回戦ノッティンガム・フォレスト戦を戦った後、3月3日にマンチェスター・シティとのダービーを控えるが、ホイルンドを起用できない可能性が濃厚となった。 2024.02.24 00:00 Sat

遠藤純以外にも…各国代表クラス含め10日で6人が前十字じん帯断裂、直近18カ月間では約200人以上とも

片手では数えきれないほどの選手が、この数週間でヒザの前十字じん帯(ACL)断裂で離脱を余儀なくされた。 14日、なでしこジャパンのメンバーに招集されていたFW遠藤純(エンジェル・シティFC)が、ヒザの前十字靭帯損傷で離脱することが発表された。パリ・オリンピックアジア最終予選に臨むなでしこにとっては痛手となった。 トップの選手では遠藤以外にも、13日にパラグアイ女子代表のカメリア・アリエッタ(クルゼイロ)、17日には元U-20女子代表MFリナ・ハウシッケ(ブレーメン)、19日にはスイスのマラウリー・グランジェス(ヤング・ボーイズ)と、相次いで選手の大ケガが発表されることに。 代表活動中の選手らも、20日にはCONCACAF 女子ゴールドカップ中のアメリカ女子代表ミア・フィシェル(チェルシー)、22日にはアイルランド女子代表ジェイミー・フィン(バーミンガム・シティ)と、負の連鎖が続いている。 先月までさかのぼれば、オーストラリア女子代表サマンサ・カー(チェルシー)に、オランダ女子代表ジル・ルード(マンチェスター・シティ)、日本でも猶本光、安藤梢(ともに三菱重工浦和レッズレディース)が負傷。イギリス『ガーディアン』では、「直近18カ月間で195人以上の女子エリート選手が前十字じん帯損傷で戦列を離れた」と述べている。 統計上、これが多いのか少ないのかとは触れていないが、肌感覚としては「圧倒的に多い」と感じるのではないだろうか。 アメリカ『ロサンゼルス・タイムス』では「ACL断裂経験のないエリート選手は、切ったことのある選手よりも少ないだろう」と述べ、同国選手の離脱を踏まえて「フィシェルの負傷は女子サッカーにおける最近の不穏な傾向そのもの」との見出しを付けている。 イギリス『BBC』では以前、男女の身体的特徴の違いやホルモンの差、発展に伴った急激な負荷量増加といった原因の可能性を考察していたが、内的・外的要因は多岐に渡り、これという要因を1つ挙げるのは難しい。 その中で、ACL損傷によりオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の欠場を余儀なくされたイングランド女子代表FWベス・ミード(アーセナル)は、復帰までのドキュメンタリーを公開。同時に、国際サッカー連盟(FIFA)などとも協力し、ケガのデータ収集や研究支援にも努めている。 「阻止する方法についての決定的な答えはなく、それがもどかしい部分」とミードは語るが、少なくとも選手の福祉のために「FIFAやUEFAがスケジュールに関して、もう少し現実的になる必要がある」と、日程面や試合数については話し合いを続けていくとしている。 サッカーが接触のある競技という特性上、ケガのリスクを完全になくすことはできないだろう。それでも、早期の原因解明が望まれるほか、回復のためのスケジューリングなど、可能な部分で選手を守る手段が構築されることを願うしかない。 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルのミードとミーデマ、ACL損傷から復帰までのドキュメンタリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vxHrH2nCqR8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 22:10 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly