勝ち点10減点のエバートンが正式に控訴、プレミアリーグの財務規定違反で処分

2023.12.01 22:22 Fri
エバートンはプレミアリーグの処分に対して控訴
Getty Images
エバートンはプレミアリーグの処分に対して控訴
エバートンは1日、勝ち点10の減点処分に対し、正式に控訴することを発表した。
PR
プレミアリーグは17日、独立委員会がエバートンに対して「収益性と持続可能性に関するプレミアリーグの規則(PSR)」に違反したと判断。即時の勝ち点10剥奪の処分を言い渡していた。
プレミアリーグは今年の初めにエバートンに対して告訴状を出し、独立委員会に付託。エバートンは2021-22シーズンのPSR違反を認めたものの、それ以上に違反があったとされ、プレミアリーグが主張していた1億2450万ポンド(約231億2000万円)の損失があることが認められて処分を受けていた。

今シーズンも苦しい戦いが続く中で、勝ち点10を奪われたことで降格圏に転落。一方で、反対の姿勢を示していたエバートンは、正式に控訴したことを発表した。

「エバートン・フットボール・クラブは本日、クラブに勝ち点10の減点を課すプレミアリーグ・コミッションによる決定に対する控訴をプレミアリーグの司法パネル委員長に申し立てた。今後、この事件を審理するために控訴委員会が任命される予定である」
なぜ勝ち点10を奪われたのか、理由は伝えられていないとのこと。会計上の違反に対して、スポーツ面での罰則は不当だと感じているようだ。

なお、今回の控訴により、独立委員会の裁定について再検討。その過程と課された罰金と処分が公正かどうかが判断される。

PR
関連ニュース

エバートンの勝ち点10剥奪処分が勝ち点6に軽減…即時有効で17位から15位に浮上

エバートンの勝ち点10の減点処分が6ポイントに軽減されることになった。 エバートンは26日、上訴委員会が昨年11月にプレミアリーグ独立委員会によって課された勝ち点10の減点処分を6ポイントに軽減する裁定を下したことを発表。今回の裁定は即時有効となり、現在勝ち点21で17位のチームは勝ち点25で15位に浮上することになった。 エバートンは今回の上訴委員会の裁定を受け、以下の声明の伝えている。 「エバートンは、上訴委員会が11月にプレミアリーグ独立委員会によって課された減点を10ポイントから6ポイントに軽減し、即時発効するという結論を下したことを確認できます」 「クラブはまだ上訴委員会の決定を消化中ですが、私たちは上訴の結果、制裁ポイントが軽減されたことに満足しています」 「私たちは、上訴委員会が、関連するEFL規則の下での立場を含む、クラブが委員会に認識させた利用可能なベンチマークと照らし合わせて評価した場合、当初課されていた10点減点が不適切であるとみなしたこと、および以下に基づいて課される9点減点を考慮したことを理解しています」 「また、クラブが最大限の誠実な行動を怠ったという当初の委員会の認定を覆す上訴委員会の決定に特に満足している。この決定は、減点と同様に、控訴審のクラブにとって非常に重要な原則事項となりました。したがって、クラブはその魅力を追求することに正当性があると感じています」 「上訴委員会の決定と前向きな結果にもかかわらず、クラブは2023年6月に終了する会計期間に向けて進行中の訴訟に関してプレミアリーグに協力することに引き続き全力で取り組んでいきます」 「クラブはこの決定の広範な影響をまだ検討中であり、このプロセスを通じてファン諮問委員会と他のファングループに感謝の意を記録に残す以外、現時点ではこれ以上のコメントはありません。そして、継続的なサポートと忍耐力に感謝するすべてのエバートニアンに感謝します」 プレミアリーグは昨年11月17日、独立委員会がエバートンに対して「収益性と持続可能性に関するプレミアリーグの規則(PSR)」に違反したと判断。即時の勝ち点10剥奪の処分を言い渡していた。 プレミアリーグは今年の初めにエバートンに対して告訴状を出し、独立委員会に付託。エバートンは2021-22シーズンのPSR違反を認めたものの、それ以上に違反があったとされ、プレミアリーグが主張していた1億2450万ポンド(当時のレートで約238億円)の損失があることが認められて処分を受けていた。 2024.02.26 22:42 Mon

エバートンが22歳ガーナーを獲得時の1500万ポンド超えで売却か

エバートンがU-21イングランド代表MFジェームズ・ガーナー(22)を売却する可能性もあるようだ。 マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育まれ、複数のレンタル移籍を経て、2022-23シーズンにエバートンへ完全移籍で加入したガーナー。セントラルハーフを本職としつつ、チーム状況に応じてサイドもこなす万能戦士だ。 昨季は背中のケガを乗り越えてシーズン終盤に定位置を確保し、今季はここまで公式戦32試合でプレー。出場26試合連続フルタイムプレーというタフネスぶりも光り、苦しくも力強くプレミアリーグに生き残ろうともがくエバートンを支えている。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、エバートンはユナイテッドからのガーナー獲得に1500万ポンド(現レートで約28億6000万円)を費やしたそうだが、今季終了後にそれ以上の価格で売却する公算が立っているという。 コラムニストの元イングランド代表GKポール・ロビンソン氏も、最大3000万ポンド(約57億3000万円)で売れるとの見立てを示しつつ、そのパフォーマンスを称える。 「他クラブがガーナーに注目していないはずがないよね。本当に良いプレーをしている。将来を予測するのは難しいが、仮にもエバートンが2部リーグに降格なら、まず間違いなく上からお声がかかるだろう。彼らにはFFPの問題もあるしね」 ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)への抵触で勝ち点「10」を剥奪されるなど、経営難が深刻なエバートン。ガーナー、MFアマドゥ・オナナ(22)、MFアブドゥライエ・ドゥクレ(31)、DFジャラッド・ブランスウェイト(21)が市場に出されているとみられている。 2024.02.26 20:35 Mon

「また勝ち点2を落とした」 三笘薫ら欠場試合を引き分けのブライトン、指揮官が戦力揃わずをもどかしがる

ブライトン&ホーヴ・アルビオンが勝ち点1をもぎ取った。 ブライトンは24日のプレミアリーグ第26節でエバートンをホームに迎え撃ち、1-1のドロー。0-0の後半に先制を許したが、90+5分にルイス・ダンクの起死回生弾で引き分けに持ち込んだ。 ロベルト・デ・ゼルビ監督はイギリス『BBC』の番組『Match of the Day』で「エバートンはとても良いチームだが、うちもとてもうまくやったし、勝利に値したとも思う」と評した。 「いつだって相手を大きくリスペクトしているが、正直に言って、うちの方がより良いプレーをしたし、より多くのゴールチャンスを作り出したと思う」 だが、結果は勝ち点1止まりで、今季9つ目の引き分け。エバートン戦でも優勢に進めたとあって、欠場した三笘薫をはじめ、ケガ人が多い状況にもどかしい思いを口にした。 「我々は多くのケガ人を抱えながらプレーしている。特に、攻撃陣でね。それで重要な勝ち点と順位を落としてしまっている。私はそれは苛ついているし、引き分けが8つか、9つもある。それらを踏まえると、勝ちに値した試合が何度あったかわかるはずだ」 「試合のクオリティや、どれだけチャンスを作ったかを振り返れば、順位もまた違ってくるし、腹立たしい。今日はフルアム戦やバーンリー戦、シェフィールド・ユナイテッド戦のようだった。最後でミスが多く、何度も得点チャンスがありながら、また勝ち点2を落とした」 2024.02.25 09:55 Sun

三笘不在のブライトン、低迷するエバートンに苦戦もダンクの土壇場弾でドローに持ち込む【プレミアリーグ】

三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは24日、プレミアリーグ第26節でエバートンと対戦し1-1の引き分けに終わった。三笘はベンチ入りしなかった。 前節シェフィールド・ユナイテッド戦を快勝した7位ブライトン(勝ち点38)は、その試合のスタメンから背中に違和感を訴えた三笘とウェブスターをファーガソンとイゴールに変更した以外は同じメンバーを採用。1トップにファーガソン、2列目に右からブエナノッテ、ウェルベック、アディングラを並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 リーグ戦8試合勝利のない17位エバートン(勝ち点20)に対し、立ち上がりから攻勢を続けるブライトンは19分、ボックス手前でパスを受けたウェルベックがブエナノッテとのパス交換でボックス内に侵入。バランスを崩しながら右足でシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 その後も主導権を握るブライトンは、何度もアタッキングサードまで攻め込むが、集中した守りを見せるエバートン守備陣を前になかなか決定機まで至らず、前半はゴールレスで終了した。 後半もポゼッションで上回るブライトンだが、57分にピンチを迎える。左サイドを突破したマクニールのクロスを逆サイドから走り込んだドゥクレに右足ボレーで合わせられたが、これはゴールカバーに入ったランプティが頭で弾き出した。 1点が遠いブライトンは、61分にウェルベック、イゴール、ランプティを下げてファティ、エストゥピニャン、フェルトマンを投入する3枚替えを敢行。 さらに72分、ブオナノッテを下げてエンシソをピッチへ送り出したブライトンだったが、直後のセットプレーから失点する。73分、中盤でのFKからGKピックフォードがロングボールを供給すると、ボックス内で競り合った相手DFに当たったボールがブランスウェイトの前にこぼれると、迷いなく振り抜いた左足のシュートがゴール右に突き刺さった。 1点を追う展開となったブライトンは81分、ギルモアがルーズボールに反応したオナナの左足をスパイクしてしまうと、主審は迷わずレッドカードを提示し、退場処分となった。 このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにドラマが生まれる。数的不利になりながらも猛攻を仕掛けるブライトンは95分、右CKのこぼれ球から二次攻撃を仕掛けると、アディングラのパスを右サイドで受けたグロスがクロス。これをダンクがヘディングでゴールに叩き込んだ。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。数的不利ながら土壇場弾で追いついたブライトンが勝ち点1を掴み取った。 2024.02.25 02:11 Sun

「腰に問題」 ブライトン三笘薫に今週末欠場の可能性…前節受けたタックルの影響?

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫に今週末欠場の可能性が浮上している。 ブライトンは24日のプレミアリーグ第26節でエバートンとホームで対戦。三笘は前節のシェフィールド・ユナイテッド戦に先発し、5-0の快勝に貢献したが、今週末欠場が濃厚だという。 クラブ公式サイトによると、ロベルト・デ・ゼルビ監督が試合に先立った会見でチーム情報を共有するなか、フリオ・エンシソの復帰見通しとともに、日本人ウィンガーのケガを明かした。 「カオル・ミトマに関して問題がある。彼は腰に問題を抱えている。プレーできるかどうかわからない。明日、状況を見極める。我々は重要な選手を欠いての戦いに慣れっ子だ。フリオはベンチ入りする予定で、それは最高のニュースだ」 そんな三笘は先のシェフィールド・ユナイテッド戦でメイソン・ホルゲイトの危険なタックルを受けたが、イギリス『Sussex Express』によると、指揮官はその影響を否定したようだ。 「ミトマはシェフィールド・ユナイテッド戦の前から腰を痛めていて、相手の選手に何の責任もない」 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫への悪質なタックル…欠場には関与していないとのことだが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IPHiXdiQOzI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.24 10:30 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly