【セリエA第14節プレビュー】首位インテルがマッツァーリ・ナポリと激突

2023.12.01 18:00 Fri
Getty Images
代表ウィーク明けの前節、首位攻防のイタリア・ダービーが行われ、敵地で引き分けたインテルが首位をキープした。そしてマッツァーリ監督が復任したナポリは難敵アタランタを下して第2次政権初陣を勝利で飾っている。迎える第14節、首位インテル(勝ち点32)が4位ナポリ(勝ち点24)と対戦する。
PR
インテルは前節ユベントス戦、前半のうちにFWラウタロ弾で追いつき、後半は引き分け十分といったリスクを冒さない戦いぶりで勝ち点1を持ち帰った。首位キープに成功したチームは水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではグループステージ突破が決まっていたためベンフィカ相手に主力を温存した中、3点のビハインドから追いつくドローとした。ケガ人も出さず省エネで迎えるナポリ戦は勝利が欲しい。
対するナポリはアタランタ戦、相手のマンツーマン守備に苦戦するもケガ明けの途中出場FWオシムヘンの決勝アシストで勝ち切り、マッツァーリ監督の復任初戦を勝利で飾った。水曜に行われたCLレアル・マドリー戦では先制する展開としたが、GKメレトのミスもあって打ち負けてしまった。先発を回避したオシムヘンがインテル戦はスタメン予想となっており、主砲のゴールに期待したい。

インテル相手にFWヴラホビッチ弾で先制するも勝ち切るには至らなかった2位ユベントス(勝ち点30)は、9位モンツァ(勝ち点18)と金曜に対戦する。約3年半ぶりの首位浮上が懸かっていたインテル戦、ユベントスとしては中盤に欠場者を多数抱えていた中でのドローは悪くない結果だったと言える。とりわけ移籍後初先発で肋骨骨折のMFロカテッリの代役を務めたMFニコルッシは十分な働きを見せた。連勝は5で止まったものの、しっかりと勝ち点1を積み上げた中、昨季シーズンダブルを許した曲者モンツァを下して暫定首位に浮上し、インテルに少しでもプレッシャーをかけたい。

FWジルーを出場停止で、FWレオンを負傷で欠いた前節フィオレンティーナ戦を、DFテオ・エルナンデスのPK弾でウノゼロ勝利とした3位ミラン(勝ち点26)は10位フロジノーネ(勝ち点18)と対戦する。セリエAで5試合ぶりの白星とし、勢いを得て臨んだCLドルトムント戦だったが、1-3で敗れ自力突破の可能性が消滅した。とりわけFWジルーのPK失敗が響いてしまったが、フロジノーネ戦で挽回となるか。新たにDFチャウが負傷し、守備陣が崩壊状態だが、ピオリ監督の解任危機をチームは救えるか。
MF鎌田に先発のチャンスが与えられるも最下位サレルニターナに敗れてサッリ監督の首が近いとされる11位ラツィオ(勝ち点17)は、17位カリアリ(勝ち点10)と対戦。セリエAで3試合勝利から見放され、背水の陣で臨んだ火曜のCLセルティック戦では途中出場のエースFWインモービレのドッピエッタで勝利を収めた。サレルニターナ戦を出場停止で欠場したMFルイス・アルベルトと共にさすがのパフォーマンスを見せてチームの窮地を救った中、カリアリ戦は必勝として良い流れに乗りたい。

主将MFペッレグリーニが復帰した前節ウディネーゼ戦、終盤の2発で押し切った5位ローマ(勝ち点21)は14位サッスオーロ(勝ち点15)と対戦する。木曜に行われたヨーロッパリーグでは主力を起用して首位通過を目指したが、セルヴェットに引き分け、2位通過が濃厚となってしまった。コンディションが気がかりだが、曲者サッスオーロを下してリーグ戦連勝となるか。

◆セリエA第14節
▽12/1(金)
《28:45》
モンツァvsユベントス

▽12/2(土)
《23:00》
ジェノアvsエンポリ
《26:00》
ラツィオvsカリアリ
《28:45》
ミランvsフロジノーネ

▽12/3(日)
《20:30》
レッチェvsボローニャ
《23:00》
フィオレンティーナvsサレルニターナ
ウディネーゼvsヴェローナ
《26:00》
サッスオーロvsローマ
《28:45》
ナポリvsインテル

▽12/4(月)
《28:45》
トリノvsアタランタ

PR
関連ニュース

夏の移籍濃厚から一転、ダンフリースがインテルとの契約延長を希望か

インテルのオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(27)が、契約延長に前向きな姿勢を示しているようだ。 2021年夏に、PSVからインテル入りを果たしたダンフリース。右サイドで主軸に定着するとここまで公式戦通算119試合出場10ゴール19アシストの成績を残しており、今シーズンも公式戦23試合3ゴール5アシストを記録している。 一方で、ダンフリースとインテルの契約は2025年6月まで。選手が契約延長に消極的だったこともあり、フリーでの放出を絶対に避けたいクラブは、今夏の移籍市場でダンフリースを売却する計画を立てていると報じられていた。 しかし、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ここにきてダンフリースはインテルとの契約延長を希望しているとのこと。選手は現在セリエA首位を快走し、チャンピオンズリーグ(CL)でも安定して決勝トーナメント進出を果たすインテル以上の移籍先を見つけるのは難しいと判断したようだ。 すでに代理人との接触は行われており、クラブは400万ユーロ(約6億5000万円)+ボーナスを提案している模様。ダンフリースにはマンチェスター・ユナイテッドやアストン・ビラなどプレミアリーグからの関心が取り沙汰されていたが、現時点ではイタリアにとどまる可能性が高まってきている。 2024.02.24 10:50 Sat

アトレティコ戦で負傷交代のテュラムは右大腿内転筋を負傷…離脱期間は2週間程度か?

インテルは22日、フランス代表FWマルクス・テュラムの負傷を報告した。 テュラムは20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのアトレティコ・マドリー戦(1-0で勝利)に先発出場。しかし、負傷の影響でハーフタイムでベンチに下がっていた。 インテルは22日、そのテュラムの状態について「右大腿内転筋の伸長に苦しんでいる」と診断結果を説明。離脱期間に関しては「数日以内に評価される予定」とのみ伝えている。 なお、イタリアメディアの報道では離脱期間は2週間程度が見込まれており、セリエAのレッチェ、アタランタ、ジェノア戦の3試合を欠場する可能性は高いものの、3月13日に控えるアトレティコとの2ndレグに向けては間に合う見込みだと伝えている。 昨夏、ボルシアMGから加入したテュラムは今季ここまでの公式戦34試合に出場し、12ゴール11アシストを記録。エースFWラウタロ・マルティネスと共にネッラズーリの攻撃を牽引している。 2024.02.22 23:11 Thu

名脇役ダルミアン、インテルとは加入前から何かと“ご縁”?「幼いころにミラン入団面接で…」「モウリーニョとよく…」

イタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(34)がインテルへの愛を語る。 ミランの下部組織で育ち、現在はインテルの強固さを支える名脇役として活躍するダルミアン。昨年3月に6年ぶりのイタリア代表復帰を果たし、そのまま指揮官が交代しても定着し続けている、安定感抜群のベテランサイド職人だ。 『Radio Serie A』では、ミラン、マンチェスター・ユナイテッドという名門クラブに所属した時代を回想。インテルとは加入前から“ご縁”があったのかもしれない。 「ミランには感謝しかない。小さな僕の視察に来てくれて、練習参加に行って、そして下部組織への入団を許可してもらった。それが旅の始まりだ。“面接”で当時まだミランに加入してなくてインテルにいたクラレンス・セードルフをアイドルだと言い切ったことはご愛嬌かな(笑)」 「思い出すミランでの記憶は楽しいものしかない。残念ながら僕がトップに上がった頃のミランはあまりに強すぎて、価値を証明するチャンスがなかったけどね」 「ユナイテッドではジョゼ・モウリーニョと良い信頼関係を築いた。彼は何かと僕を気にかけてくれて、僕も彼の期待に応えようとする誠実な関係性が生まれたんだ」 「毎試合僕をチョイスしなくても問題はない。彼との会話? 僕がイタリア人だからかな…よくインテルの話をしたよ(笑) 彼にもインテルで良い思い出があり、歴史の証人から当時を聞けたなんて光栄なことだね」 自身のキャリアにちりばめられたインテルとの紐付けを語ったダルミアン。このまま青黒のユニフォームを着て引退したいと明言する。 「今の僕は多大な努力・自己犠牲・責任が必要なシャツに袖を通している。勝利だけがファンの記憶に残る唯一の方法であり、次のスクデット(20回目)は並外れた大きなものになるだろう」 「このシャツを何年も着続けたいね。僕にとっては第二の家族だよ。それでもいつか必ず終わりが来ることが悲しい。引退してもこの世界にとどまりたいし、それよりインテルが最後のチームになると嬉しい」 2024.02.22 21:45 Thu

「我こそは世界No.1の司令塔」自信に満ち溢れるチャルハノール、インザーギ監督への忠誠心も「彼は多くを語らないが」

インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールには揺るぎない自信がある。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 かつてはミランの背番号10、現在はインテルの絶対的アンカー、ハカン・チャルハノール。2010年代の暗黒時代はどこへやら、イタリア勢で最も欧州の舞台に強いクラブへと返り咲いたインテルの浮沈を左右する30歳だ。 そのプレーぶりやインテルにおける重要性は改めて説明する必要もないが、30代突入を控えて脂が乗ったフットボーラーに進化してきたのは確か。チャルハノール自身も自らに揺るぎない、決して傲慢ではない自信を持っているようだ。『DAZN』のインタビューであれこれ語る。 「何カ月か前、僕は自らを世界最高の司令塔の1人だと言った。誰も信じてくれなかったね(笑) いいんだ、僕自身が己を信じていればそれでいい。恐れるものなどない」 ◆チャルハノールが考える司令塔ランキング 1位 自分(チャルハノール) 2位 ロドリゴ・エルナンデス 3位 トニ・クロース 4位 ジョシュア・キミッヒ 5位 エンソ・フェルナンデス 「僕ほどゴールを決める選手もなかなかいないだろう。PKのような至近距離でも遠距離からのFKでも決めてきた。自分だけでなく、味方のゴールの可能性を高めるべく、常にラストパスを狙うのが僕のスタイルだ。5m先へのショートパスはあんまり好きじゃない」 今季のチャルハノールは、一貫して中盤の底でプレーしながらも公式戦30試合11得点。PKも多いが、アンカーながらも確かなスコアラーとなれることが素晴らしい。 このように自信満々のトルコ代表主将だが、自らの活躍には周囲の助力があることを忘れない。とりわけシモーネ・インザーギ監督への忠誠心が強そうだ。 「よく覚えているよ…前回のユーロ(2021年)が開催された直後、インザーギから電話がかかってきて『インテルに来い』とね。僕に明確な役割を与えてくれた彼に心底感謝している。彼は自らについて多くを語らないが、尊敬に値する人物で、卓越した才能の持ち主だ」 また、尊敬するフットボーラーもたくさん明かす。 「昔はフアン・セバスティアン・ベロンが好きだったなあ…。彼の“意地悪さ”を好んだし、技術は当然、勝利への執念がすごかった」 「セルヒオ・ブスケッツにシャビ・アロンソもたまらないね。彼らの知性、パスセンス、優れたゲームコントロール能力はお手本だ」 「ルカ・モドリッチのことはよく知っているし、良き友人だよ。この年齢(38歳)でまだ一級品なんてね…プロフェッショナリズムの鑑だよ」 揺るぎない自らへの自信、周囲へのリスペクト…チャルハノールがいかに心身ともに充実しているかがよくわかる。 2024.02.22 20:52 Thu

契約満了確実のセンシが手術を実施…最後に一花咲かせてミラノを去れるか

インテルの元イタリア代表MFステファノ・センシ(28)が手術を実施した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 今冬レスター・シティ行き交渉が移籍市場最終日に破談したセンシ。インテルは選手をイングランドへ渡航させるも、結局十数時間でイタリアへとんぼ返りすることとなった。 そのセンシ、インテル加入後はケガがキャリアの一部となっており、加入してすぐに掴んだ定位置を手放すこととなったのもケガが原因。まさに「ケガがなければ…」と言いたくなってしまう実力者だ。 レスター行き破談から2週間強、センシは2022年11月に足首を骨折した際、体内に金属プラークを埋め込む手術を実施しており、今回はそれを取り除く手術に。3月中旬まで戦線離脱する見通しだという。 少なくともここからリーグ戦4試合を欠場することが確実。3月13日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのアトレティコ・マドリー戦で復帰できる可能性はあるとのことだ。 今季は以前にも増して出場機会が少なく、契約満了に伴うシーズン後の退団も確実視されるセンシ。せめて、最後に一花咲かせてミラノを去りたいところ…順調な回復に期待したい。 2024.02.22 14:10 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly