打ち合いとなったガラタサライvsユナイテッドは痛み分け…拙守に勝負弱さ露呈の赤い悪魔は自力突破の可能性消滅【CL】

2023.11.30 04:46 Thu
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節、ガラタサライvsマンチェスター・ユナイテッドが29日にアリ・サミ・イェン・スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。
PR
バイエルン相手の連敗で3位に転落したものの、地力での2位通過の可能性を十分に残すガラタサライ(勝ち点4)。ホームで最大のライバルを迎え撃った大一番ではイカルディやメルテンス、ザハ、ツィエク、エンドンベレといった攻撃的な選手をスタメンで起用した。
一方、コペンハーゲン相手の痛恨の敗戦で最下位に沈んだユナイテッド(勝ち点3)。それでも、リーグ戦では今シーズン初の3連勝と良い状態で敵地での重要な一戦に臨んだ。テン・ハグ監督は3-0で快勝した直近のエバートン戦から先発4人を変更。ダロトとメイヌーに代えてワン=ビサカとアムラバト、サスペンションのラッシュフォード代役にアントニー、マルシャルに代えて負傷明けのホイルンドを1トップに置いた。

ホームサポーターの強烈な後押しを受け、アグレッシブな入りを見せたガラタサライ。開始4分にはメルテンスがミドルシュートで相手ゴールを脅かす。

一方、立ち上がりの守勢を凌いだユナイテッドは、得意のカウンターを起点に幾つかボックス付近に迫る場面を創出。すると、11分には一瞬の隙を突いてゴールをこじ開ける。ボックス手前右でボールを持ったブルーノ・フェルナンデスがゴール前のホイルンドの足元へ差し込み、マイナスのリターンパスをボックス左で浮いたガルナチョに繋ぐ。ここでアルゼンチン代表FWがニア上へ強烈な左足シュートを突き刺し、公式戦2試合連発となるCL初ゴールを決めた。
この直後にはガラタサライが右CKからトレイラのヘディングシュート、エンドンベレらの連続シュートで同点ゴールに迫るが、ここはGKオナナの好守に遭う。

すると、ピンチを凌いだユナイテッドは18分に左サイドでのパス交換からショーのパスを受けたB・フェルナンデスがそのままボックス手前左まで運んで右足を一閃。鋭いシュートがゴール左上隅の完璧なコースを射抜いた。

主将の鮮烈な一撃によって追加点を挙げたアウェイチームは、明らかにトーンダウンしたアリ・サミ・イェンで余裕を持ってプレー。だが、ガラタサライのワンプレーをきっかけに試合の流れが大きく変わる。

29分、ボックス手前右の好位置で得たFKの場面でキッカーのツィエクがアヤックスの元同僚GKオナナと駆け引きを仕掛けると、壁に入った味方が空けたスペースに低い弾道で蹴り込んだシュートがゴール左隅に決まった。

これでスタジアムの空気が変わると、畳みかけるホームチームはサイドでの良い崩しから際どいクロスを供給。35分にはボックス左でパスを受けたザハがシュートに持ち込むが、ここは相手DFの身体を張ったブロックに遭う。さらに、前半終了間際には背後へ良いタイミングで抜け出したイカルディが冷静にゴールネットを揺らすが、ここはかなり際どいオフサイド判定で認められず。

ユナイテッドの1点リードで折り返した後半は一進一退の攻防が続いたが、アウェイチームがファーストチャンスをモノにする。55分、相手のプレスを剥がして良い形で前進すると、右サイド深くでフリーのワン=ビサカが丁寧なグラウンダークロスを供給。これをニアに走り込んだマクトミネイが冷静に左足で合わせた。

これで勝利に大きく近づいたユナイテッドは58分、ホイルンドとアムラバトを下げてマルシャル、メイヌーを同時投入。対するガラタサライはメルテンスとエンドンベレを下げてケレム、セルジオ・オリベイラをピッチに送り込んだ。すると、一連の交代が試合を大きく動かすことに。

まずは62分、ボックス右角付近で得たFKの場面でキッカーのツィエクが左足インスウィングのボールを入れると、ゴール前でヘディングでのクリアを試みたマルシャルが気になったか、GKオナナがボールをはじき出せずにゴールネットに吸い込まれた。

前半に続くオナナの拙守でホームチームに流れが傾くと、71分には右サイドから内側に少し運んだツィエクからの鋭い縦パスに反応したケレムが見事なファーストタッチでスピードに乗ってボックス右に持ち込むと、鋭い右足のシュートをニア上に突き刺した。

2点差を追いつかれて厳しくなったユナイテッドは、再び攻撃のギアを上げていく。そして、カウンターの形からガルナチョ、マクトミネイと続けてペナルティアーク付近から鋭いシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れず。78分にはワン=ビサカ、ガルナチョを下げてダロト、ペリストリをピッチに送り出した。

後半終盤は互いに疲労によって中盤が間延びして非常にオープンな攻防に。その流れでよりパワーを出したユナイテッドは途中出場の選手を起点に攻勢を強めていく。だが、B・フェルナンデスのミドルシュートは左ポストに嫌われ、ボックス内でのマルシャルやペリストリの決定機も相手の身体を張った守備を前に劇的ゴールとはならず。

この結果、打ち合いとなった白熱の一戦は3-3のドローに終わり、ガラタサライが暫定ながら2位に浮上してコペンハーゲンとの最終節に臨むことに。一方、またしても勝負弱さを露呈したユナイテッドは自力での突破の可能性が消滅し、現状ではバイエルンとの最終節で勝利且つコペンハーゲンとガラタサライのドローが突破の条件となった。

PR
関連ニュース

【プレミアリーグ第27節プレビュー】今季2度目のマンチェスターダービー! 休養十分スパーズは新生パレスと対峙

先週末に行われた第26節はリバプール、マンチェスター・シティ、アーセナル、アストン・ビラとトップ4が揃って勝利。好調マンチェスター・ユナイテッドがフルアムに敗れたものの、波乱の少ない一節となった。 3月最初に開催される今節は2位のマンチェスター・シティと、6位のマンチェスター・ユナイテッドが対峙する今シーズン2度目のマンチェスター・ダービーが最注目カードだ。 シティは前節、ボーンマス相手に“チェリーズキラー”として知られるMFフォーデンのゴールで1-0の勝利。なかなか追加点を奪えずに苦戦を強いられたが、きっちり逃げ切りに成功。リーグ2戦ぶりの白星を挙げた。さらに、直近のFAカップではルートン・タウン相手にMFデ・ブライネの4アシスト、FWハーランドの5ゴールと圧倒的な個の力を活かして6-2の快勝。久々の大量ゴールを挙げての勝利で、ホーム開催のダービーに大きな弾みを付けた。 対するユナイテッドは前節、フルアム相手に1-2で敗戦。守護神オナナの孤軍奮闘の活躍や相手の決定力不足に助けられ、後半アディショナルタイムにDFマグワイアの今季リーグ初ゴールで同点に追いつく。さらに、攻勢を仕掛けて逆転を狙ったが、逆に相手のカウンターに屈してホームで厳しい敗戦。これでリーグ連勝が「4」でストップした。それでも、FAカップではノッティンガム・フォレストとの接戦を後半終了間際にMFカゼミロが決めた土壇場のゴールによって1-0の勝利。延長戦突入を回避すると共に、フルアム戦の黒星を払拭して難所エティハド・スタジアムに乗り込む形となった。 次節にそのシティとの直接対決を控える首位のリバプールは、17位のノッティンガム・フォレストを相手にリーグ4連勝を狙う。前節、ルートンに4-1の快勝を収めたクロップのチームは、先週末に行われたEFLカップ(カラバオカップ)決勝でチェルシーとの120分の激闘を主将DFファン・ダイクのゴールによって1-0の勝利。今季4冠を目指す中で最初のタイトル獲得に成功した。 さらに、FAカップでは多くの離脱者、主力のコンディションを鑑みて控えや若手中心のスカッドで臨んだが、チャンピオンシップ(2部)で上位に位置するサウサンプトンに3-0の快勝。クーマスとダンズの18歳FWコンビが指揮官の期待に応える初ゴールを挙げ、改めてチームとしての総合力を証明した。ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)や次節シティ戦に向けて引き続きターンオーバーが求められるなか、MF遠藤航や前線の主力の復帰を期待しつつ、引き続き頼もしいアカデミーの逸材たちの躍動を期待したい。 リーグ6連勝で2強の背中にぴったりと付く3位のアーセナルは、最下位のシェフィールド・ユナイテッドとのマンデーナイト開催のアウェイゲームでさらなる連勝を狙う。チャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦の敗戦後に戦った前節のニューカッスル戦では心身ともに疲労を抱えるなかでの一戦ということもあり苦戦が見込まれたが、蓋を開けてみれば4-1のスコア以上の内容で完勝。 とりわけ前半は相手を自陣に押し込み続けて、セットプレーと鮮やかな連携で2ゴールを奪取。後半もFWサカのリーグ5試合連続ゴールなどでゴールを重ね、一瞬の隙から3試合連続クリーンシートこそ逃したが、素晴らしいパフォーマンスを披露した。アウェイゲームとはいえ、休養十分で臨む最下位相手のアウェイゲームで連勝を伸ばす可能性は高そうだ。なお、アジアカップから復帰して以降、欠場が続くDF冨安健洋はMFトーマスらと共にこの試合での戦列復帰が期待されている。 優勝を争う3強を除く試合では5位のトッテナムと13位のクリスタル・パレスとのロンドン・ダービーに注目が集まる。 トッテナムは前節、今季上位相手に強さを見せるウォルバーハンプトン相手にホームで1-2の逆転負け。格下相手にシーズンダブルを許し、トップ4陥落となった。ただ、先週末のリーグ戦はチェルシーのEFLカップ決勝進出に伴い延期となり、FAカップ敗退によってミッドウィークも試合がなく休養十分でバウンスバックを図る今回の一戦に臨める。DFペドロ・ポロに加えてヒザを痛めたFWリシャルリソンが不在となるが、DFウドジェの復帰や代表戦からリフレッシュしたFWソン・フンミン、MFビスマらの状態は上がっているはずだ。さらに、FWヴェルナーら新加入組の戦術浸透によってスケールアップした戦いが期待される。 対するパレスは成績不振と体調悪化によってホジソン前監督が退任したなか、グラスナー新監督を招へい。その新指揮官の初陣となったバーンリー戦では前半の相手の退場に救われた部分はあるが、フランクフルト時代からの代名詞である[3-4-2-1]の布陣で躍動感をみせ、3-0の快勝。途中投入のMFマテウス・フランサが違いを生むなどポジティブな変化も確認された。DFグエイを引き続き欠く守備面は懸念材料も、MFエゼの復帰が見込まれる攻撃はスパーズ相手にも十分に通用するはずだ。 直近2連勝で復調気配漂う4位のアストン・ビラは、DF橋岡大樹を擁する18位のルートン相手に3連勝を目指す。前節のフォレスト戦ではMFドウグラス・ルイスの2ゴールなどで大量4ゴールを挙げて公式戦3連敗中だったビラ・パークで久々の勝利を収めた。FWワトキンスが2戦連発と状態を上げてきており、今回のアウェイゲームでも自慢の攻撃で押し切る構えだ。唯一の懸念材料は週明けにカンファレンスリーグ(ECL)のアヤックス戦を控える日程面だが、エメリ監督は前線を中心に多士済々な面々を効果的に活かすはずだ。 対するルートンは直近リーグ3連敗と調子が下降気味。引き続き攻撃は好調を継続しているものの、ビルドアップやセットプレーの緩み、自陣でのイージーミスによって失点が増えている。とりわけ、直近のFAカップではデ・ブライネ、ハーランドのコンビに蹂躙されて6失点を喫しており、守備面の改善は急務だ。そのなかでシティ戦で新天地デビューを飾って今節でのプレミアデビューも期待される橋岡には守備を締める仕事を期待したい。 11位のチェルシーは16位のブレントフォード相手に2試合ぶりの白星を狙う。前々節のシティ戦のドロー、EFLカップ決勝の敗戦で2試合未勝利のブルーズだったが、直近のFAカップではチャンピオンシップのリーズとのシーソーゲームに3-2で勝利。ミスや集中力の欠如による2失点は頂けないが、好調を維持するMFエンソ・フェルナンデス、MFギャラガーのコンビで土壇場の勝ち越しゴールを挙げて3試合ぶりの白星を挙げた。ブレントフォード戦では守備面でルーズな相手に対して、攻撃陣がきっちりチャンスで仕留め切れるかが勝敗のカギとなる。 その他ではMF三笘薫の今季絶望という辛い報せが届いた7位のブライトンと12位のフルアムが対峙する一戦、勝ち点剥奪処分が「10」から「6」に軽減されて15位に浮上したエバートンと8位のウェストハムの名門対決も要注目だ。 ◆プレミアリーグ第27節 ▽3/2(土) 《24:00》 ブレントフォード vs チェルシー エバートン vs ウェストハム フルアム vs ブライトン ニューカッスル vs ウォルバーハンプトン ノッティンガム・フォレスト vs リバプール トッテナム vs クリスタル・パレス 《26:30》 ルートン・タウン vs アストン・ビラ ▽3/3(日) 《22:00》 バーンリー vs ボーンマス 《24:30》 マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド ▽3/4(月) 《29:00》 シェフィールド・ユナイテッド vs アーセナル 2024.03.02 12:00 Sat

ピッチ内外で厳しい1年過ごすラッシュフォード「僕は完璧な人間じゃない。間違ったら真っ先に手を挙げる」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが思いを打ち明けた。 生え抜き10番は昨季こそ自己ベストの公式戦30ゴールと大活躍だったが、今季はチームの不振ぶりにも乗っかり、ここまで32試合で5得点。ピッチ外では昨年10月に続いて、今年1月にナイトクラブでの夜遊びが発覚し、うだつが上がらないシーズンを過ごしている。 イギリス『デイリー・メール』によると、26歳FWはアメリカメディア『The Players' Tribune』で沈黙を破ったようで、自身の過ちを認めつつ、クラブに対する献身の欠如を否定した。 「聞いてほしい。僕は完璧な人間じゃない。間違いをおかしてしまったとき、真っ先に手を挙げ、もっと改善する必要があると言う。でも、マン・ユナイテッドに対する僕の取り組みに疑問が抱かれるようなら、そのときこそ声を上げないといけない」 「それは僕のアイデンティティや自分が支持するすべてのものを疑問視されるようなもの。僕はここで育った。このクラブでは子供の頃からプレーしている。自分が子供のころ、このバッジをつけるために、家族は人生が変わるような金を断った」 「フットボールはバブルになりうる。僕は普通の人間でいようとし、同じ友達といるようにもしている。それが夜の外出や、休日でも、変わらないように最善を尽くしているんだ」 「でも、それは違う側面もある。僕は人間だ。20代の若者の多くが過ちをおかし、そこから学ぼうとする。でも、僕は誰からもそれを見られない犠牲を払ってきている」 「理解してほしいのは難しい時期を乗り越えるために金が必要なわけじゃないということ。それはシンプルに試合への愛だ」 また、「一部はパンデミックにまで遡る」と新型コロナウイルスが流行った当時の子供の貧困問題に対する取り組み時も不当な批判があったと述べ、こうも語ったようだ。 「どんな批判も受け止める。でも、クラブに対する僕のコミットメントや、フットボールに対する愛、そして家族を疑われ始めたら、そういう人にもう少し人らしくあってほしいとシンプルに求める」 「理解してほしい。僕が若い頃はユナイテッドでプレーするのがすべてだった。手が届かないところにあったんだ。そこにたどり着くのもだけど、とどまるのはもっと大変だった」 「金は素晴らしいもの。ありがたいこと。でも、夢はかけがえのないものだ。11歳だった僕にとって、ユナイテッドでプレーするのが唯一の目標だった」 「マンチェスターの子供として、その夢を生き続けられるのが当然だと思うなら、それは僕のことをただ知らないだけだ」 「正直に言って、僕は人々の疑いを気にしたりしない。でも、僕を愛していると言われると、疑ってしまう。それが世の中だ」 「僕は最も暗い場所にいて、世界の半分が敵対しているように感じるときは数日間、1人でリセットしようとする。そうすると、大丈夫になる。うまくいかないときは話し相手を見つけるんだ」 「でも、肉体的にも、精神的にも落ち込むたびに気分を良くしようとさせ、ユナイテッドとイングランドのために最高のフットボールをするときだといつも思う」 2024.03.01 18:15 Fri

ボクシング転向が噂されたルーニー氏、監督業再開を見据える「もう一度そこに戻りたい」

1月にバーミンガム・シティの監督を解任されたウェイン・ルーニー氏(38)が、監督業再開の願望を明らかにした。 マンチェスター・ユナイテッド、そしてプレミアリーグのレジェンドとして名高いルーニー氏。コーチングキャリアは現役最後のクラブとなったダービー・カウンティで選手兼任監督として歩み出し、その後はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッドでおよそ1年3カ月の間、指揮を執った後、2023年10月から三好康児在籍のバーミンガムで監督を務めたが、全く結果が出せず、就任からわずか83日後に解任の憂き目に遭った。 現在フリーの状態が続いているルーニー氏。一部メディアでボクシング転向の噂が報じられたが、イギリス『BBC』の番組に出演した際、できるだけ早く再びチームを率いたいとの願望を語った。 「将来の目標としては、プレミアリーグで成功することだ。マンチェスター・ユナイテッドや エバートンは夢のような仕事だけど、それはプロセスのひとつだ。次の10年でまでには、一流の地位を獲得したい」 「バーミンガムでのことは残念だったけど、私はファイターだから、もう一度そこに戻りたい。監督というのは、クビになったり、挫折を味わうことも仕事の一部なんだ。私にはこの先どうすべきか考える時間があったからね」 2024.02.29 23:30 Thu

「マーカス、起きるんだ」ラッシュフォードの振る舞いにシアラー氏が苛立ち「もっと頑張る必要があるだろう」

元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏が、マンチェスター・ユナイテッドの同代表FWマーカス・ラッシュフォードが見せる振る舞いを批判した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズン、夜遊び翌日の練習欠席で懲戒処分を受けるなど、何かとメディアを騒がせているラッシュフォード。それでもエリク・テン・ハグ監督からの信頼は変わらず、今シーズン公式戦32試合出場5ゴール6アシストの成績を残している。 そんなラッシュフォードは、28日に行われたFAカップ5回戦のノッティンガム・フォレスト戦でもフル出場。チームは土壇場の決勝ゴールで勝ち抜けたが、9番の位置で起用されたラッシュフォードはゴールもアシストも記録しなかった。 イギリス『BBC』に出演していたシアラー氏は、この試合でラッシュフォードが見せた振る舞いに不満を感じたようだ。倒された際、すぐ立ち上がらない同選手に対して、態度を改善すべきだと指摘している。 「さあマーカス、起きるんだ。そしてアピールのため腕を広げるのをやめなければならない。君はもっと頑張る必要があるだろう」 「時々、私は彼の振る舞いで気に入らないところがある。彼はファンにメッセージを送ろうとしているんだ。『僕のせいではない』というね。だが、ピッチ上での自分の行動に、責任を負うべきだと思う。すぐ起き上がり、プレーを続けてほしい」 「マーカス・ラッシュフォードはまだ、その振る舞いによってファンに正しいメッセージを送るべき時期にあると思っている。だが、今シーズンはそれがあまりできていない。彼はフラストレーションが溜まっているように見える」 2024.02.29 16:55 Thu

「情けないこと」テン・ハグ監督がB・フェルナンデスへのSNS批判をバッサリ、相手の狙いにも言及「フォレストが狙っていた」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、SNS上の批判に言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 28日、FAカップ5回戦でユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 試合はフォレストの圧力の前になかなか良い形を作れず、ゴールを奪えないユナイテッドだったが、終了間際の89分にカゼミロが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、準々決勝に駒を進めた。 試合後、テン・ハグ監督は1つの問題について言及。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが狙い撃ちされていたと言及した。 「フォレストが彼を狙っているのが見えた。彼には多くのファウルがあり、彼がボールを持った瞬間、ファウルは彼にとても厳しく迫っていた」 B・フェルナンデスは、24日に行われたプレミアリーグ第26節のフルアム戦で負傷。しかし、ユナイテッド加入後にケガで欠場したことはなく、タフガイぶりを発揮。この試合も先発フル出場を果たした。 しかし、フォレスト戦では厳しいマークに遭い、ピッチを去る時には足を引きずる姿も。ただ、それでもカゼミロの劇的ゴールをアシストし勝利に貢献していた。 一方で、SNSでは演技をすると批判の対象に。テン・ハグ監督は、投稿を批判するとともに、B・フェルナンデスは我慢強い選手であると語った。 「ソーシャルメディアでは、彼を批判しているのを目にする。情けないことだ。彼は重傷を負ったが、土曜日もプレーを続け、この試合に出場するために戦った」 「彼は痛みのいき値が非常に高く、昨年のスパーズ戦でも準決勝(ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦)でも同様のことをしていた。それは、彼のリーダーシップを示している」 <span class="paragraph-title">【動画】あえてバウンドさせるトリッッククロス!カゼミロが技ありのヘッドで劇的決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ukFhTfJIKdg";var video_start = 131;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 11:30 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly