カンセロ&フェリックス弾のバルセロナが3季ぶりの決勝T進出!【CL】

2023.11.29 07:18 Wed
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節、バルセロナvsポルトが28日にエスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニスで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。
PR
前節、シャフタールに競り負け今シーズンのCL初黒星を喫し2節を残しての決勝トーナメント進出を逃した首位のバルセロナ(勝ち点9)。以降のリーグ戦ではアラベスに辛勝も、直近のラージョ戦を辛くも1-1のドローに終わるなどパフォーマンス低下が顕著ななかで突破を懸けた難敵ポルト(勝ち点9)との大一番に臨んだ。
チャビ監督は首位攻防のホームゲームに向けてラージョ戦から先発5人を変更。クリステンセンとバルデに代えてクンデ、アラウホを、ロメウに代えてギュンドアン、ヤマルとフェラン・トーレスの両翼をハフィーニャ、フェリックスに入れ替えた。

左サイドバックのカンセロに高い位置を取らせる可変式の布陣で臨んだバルセロナ。立ち上がりはポルトにカウンターからフィニッシュまで持ち込まれるが、8分にはハフィーニャの強烈なミドルシュートで最初の枠内シュートを記録する。

以降はピッチの幅を使った攻撃で相手を広げながらシンプルなサイドアタックに加え、内よりのフェリックスや中盤の選手の飛び出しを使いながらチャンスを窺う。
手数をかけて攻めるホームチーム、縦に速いカウンターで攻めるアウェイチームと互いに狙いを持った緊迫感のある攻防を繰り広げるなか、前半半ばを過ぎて試合が大きく動く。

まずは30分、ポルトが自陣でボールを奪ったロングカウンターで左サイドから崩すと、ペナルティアーク付近でタレミが放ったミドルシュートのこぼれをボックス内のガレーノがシュート。これはGKペーニャの好守に遭うが、ゴール右でこぼれに反応したペペーが冷静に流し込んだ。

ホームで先制を許す厳しい入りとなったバルセロナだが、直後の32分にはペドリの冷静な左への展開から果敢に仕掛けたカンセロがそのままボックス左に切り込んで右足を一閃。鋭いグラウンダーシュートを右下隅に突き刺し、瞬く間に同点に追いついた。

元ベンフィカDFのゴラッソによって1-1のイーブンに戻したバルセロナは、勢いづいて逆転を狙う。右サイドで幾度も背後を取ったハフィーニャを起点にチャンスを作ると、40分過ぎにはGKジオゴ・コスタのビルドアップのミスからボックス内のペドリ、ハフィーニャが続けてシュートを狙うが、ここで仕留め切れない。

一方、このピンチを凌いだポルトは43分にビッグチャンス。波状攻撃からボックス中央でこぼれに反応したバレラがうまくタイミングを外して左足のコントロールシュートを枠の左隅へ飛ばすが、これはGKペーニャの見事なワンハンドセーブにはじき出された。

ボール支配率、シュート数でもほぼ互角の展開のまま試合は1-1で後半に折り返す。キックオフ直後にはフェリックスがペナルティアーク付近から強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩く。

それでも、後半は良い形で押し込む時間帯が続くバルセロナは、再びポルトガル代表が突破口を開いた。57分、相手陣内左サイドでロングボールに競り勝ったカンセロが内側のフェリックスに預けてボックス左でリターンパスを受け直して正確なグラウンダークロスを供給。これをゴール前に走り込んだフェリックスが右足ダイレクトで右隅へ流し込んだ。

これで逆転に成功したチャビのチームは、よりゲームコントロールを意識した戦い方にシフト。前に出てきたポルトをいなしながら、カウンターを起点にトドメの3点目を狙っていく。その流れでレヴァンドフスキに幾度かチャンスが訪れるが、スムーズにフィニッシュまで持ち込めず。

その後は互いに交代カードを切っていくなか、全体的にパワーダウンが否めないポルトに対して、バルセロナは途中投入のフェラン・トーレスらが決定機に絡んでいく。だが、ボックス付近での再三のシュートは枠を捉え切れず、ハフィーニャの見事なオーバーヘッドシュートもGKのビッグセーブに阻まれる。

結局、最後までトドメの3点目を奪えなかったものの、ポルトの反撃をGKペーニャを中心に粘りの対応で凌ぎ切ったバルセロナが2-1で逆転勝利。苦しみながらも最終節を前に決勝トーナメント進出を決めた。一方、敗れたポルトは勝ち点9で並んだシャフタールとの最終節の直接対決で突破を目指すことになった。

PR
関連ニュース

チャビ監督の後任探し難航のバルセロナ、アトレティック率いるマルケス監督の昇格が最有力か

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督の後任候補が絞られてきているようだ。スペイン『スポルト』が報じた。 大敗が続いた1月にチャビ監督が今シーズン限りでの退任を表明し、新指揮官探しが課題となっているバルセロナ。しかし、ジョアン・ラポルタ会長は「彼に続けてもらいたい」とチャビ監督の続投を希望しており、本人の心変わりがあるのか注目となっている。 一方でバルセロナの後任探しは進行中。スポーツ・ディレクター(SD)のデコ氏はブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督(44)と交渉を行っているというが、進展はなく、高額な契約解除条項も存在することから引き抜きは難しいと見られている。 また、ユリアン・ナーゲルスマン監督(36)ら複数の候補がいたドイツ方面で残っているのは、フリーの状態が続く元ドイツ代表監督ハンジ・フリック氏(59)だけとのこと。バルセロナは外部からの招へいを断念しつつある状況で、リザーブチームのバルセロナ・アトレティックを率いるラファエル・マルケス監督(45)の昇格を第一に考え始めているという。 デコ氏はパリ・サンジェルマン(PSG)のルイス・エンリケ監督(53)も検討しているようだが、現時点では難しいことからマルケス氏を選択。プライベートではすでに「我々の監督」と呼んでいるようだ。 バルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのPSG戦や、ラ・リーガ首位を争うレアル・マドリーとの直接対決など大一番が控えており、この結果はクラブの今後を左右する可能性もあるが、このままマルケス氏の昇格が現実味を帯びていくのだろうか。 2024.04.15 18:11 Mon

フェリックスのゴラッソで連勝のバルセロナ、PSG戦に向けチャビ監督自信「シーズン最高の時期にある」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が勝利を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 ラ・リーガで2位につけるバルセロナは、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでパリ・サンジェルマン(PSG)に先勝した中、13日の第31節でカディスと対戦。チャビ監督は大幅なターンオーバーを敢行したものの、前半終盤のCKからポルトガル代表FWジョアン・フェリックスのバイシクルシュートが決まり、1-0の勝利を得た。 これでリーグ戦4連勝、10試合負けなしとしたチャビ監督は、最小得点差の勝利にも満足。ゴラッソを決めたフェリックスのパフォーマンスも称えている。 「苦戦することはわかっていた。真剣でプロフェッショナルな試合ができたと思う。(首位レアル・マドリーに)プレッシャーをかけ続けるために勝利したかったし、全体的には満足している。最後は苦しんだが、我々にとって重要な勝ち点3だ」 「彼(フェリックス)はとても才能のある選手だ。落ち着いているし、幸せは続いている。素晴らしいプレーをした。良い働きをするし、プレッシャーもかける」 「彼の才能を活かすため、少し自由に動かせた。そして彼は素晴らしい仕事をしたと思う。自らの力でゴールを決めた」 続いて16日に迎えるのは、CL準決勝進出を懸けたPSGとの2ndレグ。チャビ監督は2カ月以上公式戦無敗のチームの成長を実感すると同時に、大一番への期待を露わにしている。 「私は確信していた。このグループや選手たちのことは理解している。我々は家族であり、一歩前進するとわかっていた」 「我々はグループとして成長してきた。今がシーズン最高の時期にあると思っているし、それは明らかだ。今日は良い戦いができた」 「火曜日には真の戦いがあるが、我々は最高の瞬間を迎えている。この3カ月間はよく戦ってきた。でもこれはサッカーであり、いつ負けてもおかしくない。それでもこのチャンスを活かすよう努めなければならない。そして今、最も面白く、最高で、最も美しい瞬間がやって来る」 2024.04.14 13:37 Sun

フェリックスが圧巻オーバーヘッド弾! 大幅ターンオーバーのバルセロナが公式戦6連勝で週明けのPSG&マドリー戦へ【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第31節、カディスvsバルセロナが13日にエスタディオ・ヌエボ・ミランディージャで行われ、アウェイのバルセロナが0-1で勝利した。 2位のバルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)戦を控える中、降格圏の18位に沈むカディスと対戦した。パルク・デ・プランスで行われた1stレグをハフィーニャのドブレーテの活躍などで3-2の先勝を飾ったチャビのチームは、その一戦からGKテア・シュテーゲン、パウ・クバルシ、セルジ・ロベルトを除く先発8人を変更。 サスペンションのレヴァンドフスキとカンセロに加え、ギュンドアンやアラウホら主力を温存し、マルコス・アロンソやフォルト、ロメウ、ヴィトール・ロッキら控え選手を起用した。 立ち上がりからホームでアグレッシブな姿勢を示したカディスに対して、慣れないメンバー構成の影響でボールの前進に苦戦するバルセロナ。 最低限のイーブンで進めていくものの、決定機まで持ち込めない焦れる展開が続いたが、前半終盤に圧巻の個人技でスコアを動かす。 37分、右CKの場面でニアの相手選手がヘディングでクリアし損ねたボールがファーに流れると、これをフェリックスが見事な右足のオーバーヘッドシュートでゴール左隅に突き刺した。 ほぼ決定機がない中、フェリックスのゴラッソで先制に成功したアウェイチームは、ここから攻撃にリズムが生まれると、前半終了間際の44分にはボックス右でセルジ・ロベルトのヘディングパスに反応したフェルミンに決定機が訪れるが、GKを外して放ったシュートはDFビクトル・チュストの見事なゴールカバーに阻まれ、2点差にすることはできず。 迎えた後半、前半同様に勢いを持って入ったカディスの圧力に手を焼くも、立ち上がりにフェラン・トーレス、フェリックスと際どい場面も作り出したバルセロナ。 62分にはフォルト、クリステンセン、ヴィトール・ロッキを下げてペドリ、クンデ、ラミン・ヤマルの主力を一気に投入。プレータイムをコントロールしながら、試合を決める2点目を目指す。 ペドリを中心にゲームを落ち着かせつつ、ヤマルを起点にチャンスを作るなど狙い通りの形で試合を進めるものの、2点目が遠いバルセロナ。72分にはフェリックスがドブレーテに迫ったが、左足シュートはポストを叩くと共に遅れてオフサイドフラッグが上がった。 その後、交代策でパワーを出してきたカディスに押し返されると、79分にはサマセクに強烈なミドルシュートを打たれたが、ここはGKテア・シュテーゲンの圧巻のワンハンドセーブで事なきを得た。 後半終盤にかけてハフィーニャ、カサドを投入したバルセロナは、結局最後まで追加点を奪うことはできなかったが、何とか相手の反撃を凌ぎ切ったウノセロで締めくくった。 この結果、大幅なターンオーバーを敢行しながらも公式戦6連勝を達成したバルセロナは、週明けに控えるPSGとマドリーとの連戦へ弾みを付けている。 2024.04.14 06:03 Sun

ヤマルへの差別発言でアトレティコの元副官が解説者を解雇される…CLの試合後にPSGとバルサがインタビューボイコット

バルセロナのスペイン代表FWラミン・ヤマルに対する発言を受け、スペイン『モビスター』は解説者のヘルマン・ブルゴス氏を解雇した。 ブルゴス氏はアルゼンチン代表の守護神としても活躍し、マジョルカやアトレティコ・マドリーでプレー。引退後は、ディエゴ・シメオネ監督の下で長らくアシスタントコーチを務めるなどしていた。 そのブルゴス氏は、チャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)vsバルセロナの試合前、ヤマルがボールを使ってトリックを披露する映像を見て、問題の発言を残した。 「もしサッカーが上手くいかなくなったら、彼は信号待ちで仕事をするかもしれない」 このコメントは、信号待ちをしているドライバーに対し、金銭を要求する人々を仄めかしているとして批判を受けることに。人種差別であり、階級差別である発言だとされた。 これを受けて、PSGとバルセロナは試合後の同局のインタビューをボイコット。『モビスター』は「モビスタープラス+はいかなる種類の差別も非難しており、プラットフォームに関係する従業員や協力者からのこの種のコメントを許可しない」と声明を発表していた中、ブルゴス氏の解雇を発表した。 2024.04.12 20:05 Fri

故郷バルセロナから米国へ“学業”で進学…4年後に憧れのメッシ擁するマイアミからドラフト指名「体調と睡眠に影響が(笑)」

故郷バルセロナからアメリカの大学で学ぼうと海を渡ったスペイン人MFペップ・カサス(23)。彼には予想だにしない展開が異国の地で待っていた。スペイン『Relevo』が伝えている。 ペップ・カサスはバルセロナ出身。少年時代(2009〜12年)は、時代を謳歌するペップ・バルサに憧れを抱くラ・マシアの1人だったが、12歳で退団となり、その後は地元の街クラブで18歳まで在籍。しかしここでもトップ昇格を果たせず、アメリカの大学へ進学することを決断する。 アメリカでは2019〜23年までにインディアナ工科大学、ノースカロライナ大学ウィルミントン校に在籍し、学業の傍ら、両大学サッカーチームの主軸としてもプレーする文武両道の日々。インディアナ工科大学の公式サイトに残るペップ・カサスのプロフィールを覗くと、“好きな選手”の欄には「リオネル・メッシ」と記載されている。 そんなペップ・カサスに、予想だにしない展開が待ち受けていた。 2023年12月19日、メジャーリーグサッカー(MLS)の2024シーズン入団選手を決める2024MLSスーパードラフトが開催され、プロ選手を意識してアメリカへ渡ったわけではないペップ・カサスは、なんとメッシにルイス・スアレス、セルヒオ・ブスケツ、ジョルティ・アルバまで待つインテル・マイアミに3巡目(全体61位)で指名されてしまったのだ。 これに慌てふためいたペップ・カサス。この度『Relevo』のインタビューに応じ、まず指名を受けた昨年12月〜今年1月ごろを振り返った。 「ドラフトで指名され、マイアミへ行く準備期間は2週間だったよ(笑) まだ大学に通っていたし、トレーニングもあったのに(笑) この2週間の間に体調を崩してしまってね。夜も眠れなくなってしまったんだ」 突然のドラフト指名により、一時期は肉体的にも精神的にも疲弊しきっていたというペップ・カサス。何せインテル・マイアミで待つのは、幼少期からの憧れ、リオネル・メッシだ。 「体調が悪いままマイアミへ行くと、今度はトップチーム初練習で『なんでメッシがいるんだろう…』ってね。メッシはせいぜい2〜3日目の合流だろうと思っていたら、何故か振り返ると僕の隣にいるんだ。想像できますか? ほんのちょっと前まで、僕は大学のキャンパスにいたんだ」 チーム合流初日から緊張感に包まれたペップ・カサスだが、メッシを筆頭とする“バルサ組”も“年下のペップ”に興味津々だったようだ。 「ブスケツとアルバは僕の名前(ペップ)を、僕のラ・マシア時代からなんとなく知ってくれていたようだ。スアレスは最初の顔合わせで、何故かいきなり僕のことを「レオ」と呼んだ(笑) 今度は“本物のレオ(メッシ)”から電話が来て会いに行ったり…。全て感動的だし、素晴らしい思い出だよ」 このように、故郷バルセロナから学業でやって来たアメリカにて、必ずしも意図せずプロサッカーの世界へ入り、しかもそこはメッシら“バルサ組”がいるマイアミだったというペップ・カサス。 自らを「少しネガティブ」と語り、「大学にいた頃からプロの世界へ行くなんて現実的じゃないと思っていた」と言う。実はマイアミとはドラフト指名こそ応じるも、まだこの道に確信を持っておらず、今季限りのセミプロ1年契約しか結んでいないのだ。 そのため、米国3部のBチームを主体に戦うこととなったが、トップチームでの練習は継続。3月下旬にはMLS第5節ニューヨーク・レッドブルズ戦で後半途中からプロデビューを果たし、続くニューヨーク・シティ戦でも途中出場している。 現在はBチームで公式戦に出場中。“またトップで、今度はメッシとも共演したいですか?”とインタビュアーに問われると、もうこれ以上高望みはしないとも話している。 「僕の立ち位置はラスト2分で出られるトップチームじゃなくて、90分間プレーできるこっち(Bチーム)だよ。あれこれ考えても仕方ないしね。残りのシーズンで僕を頼りにしてくれたら素晴らしいことだ」 2024.04.12 19:40 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly