チェルシーで苦境ムドリクに新たな逆風…親友スダコフのインタビューが物議

2023.11.29 07:30 Wed
チェルシーで苦戦続くムドリク
Getty Images
チェルシーで苦戦続くムドリク
チェルシーで苦戦が続くウクライナ代表FWミハイロ・ムドリクに新たな火種が生まれているようだ。イギリス『Sport Bible』が伝えている。
PR
今年1月にシャフタール・ドネツクから8800万ポンドと言われる高額な移籍金で加入したムドリク。しかし、新天地では細かいケガや戦術理解、プレーの粗さが目につき、在籍約1年間で公式戦29試合2ゴール2アシストの数字にとどまっている。
これにより、識者やブルーズファンからの批判に晒される22歳だが、自身が活躍できない一因は周囲のチームメイトにあると考えているようだ。

ムドリクとシャフタール、ウクライナ代表で共にプレーするMFヘオルヒー・スダコフは、イギリス『テレグラフ』のインタビューで親友とのここ最近のやり取りについて言及。

現在、多くのビッグクラブの関心を集める注目のプレーメーカーはムドリクからイングランドやプレミアリーグに関するアドバイスをもらっていることを明かした。
「ミシャは僕の親友で、本当によく話をするんだ」

「僕がイギリスに移住する場合に備えて、すでに彼からいくつかの貴重なアドバイスを受けている。どのように適応するか、ゲームのペースに順応するのは簡単ではなく、僕にとってとても役立つアドバイスばかりさ」

「彼は、自分のゲームを発展させるに、身体的にも心理的にもより早く適応するのに助けるため、できるだけ早くプレミアリーグのようなトップリーグに移ることを勧めているんだ」

ここまでのエピソードは問題なかったものの、物議を醸すことになったのは、スダコフがムドリクが新天地で活躍できていない理由について語った次の件だ。

「ミシャには大きなポテンシャルがある。ただ、おそらく彼がイングランドのトップレベルでまだ本来の姿を見せられていない理由のひとつは、彼がスダコフのように、常にトップパスやアシストを供給してくれるプレーヤーがいないと言っていることだね」

今回のスダコフの発言は他意のないジョーク的な意味合いが強かったと思われるが、穿った捉え方をすれば、ムドリクがチームメイトの自身の活かし方に不満を抱いていることを周囲に主張しているようにもとれる。

そのため、ムドリクに対してネガティブな印象を持つ一部のファンには受け入れがたい主張と取られてしまうかもしれない。

PR
関連ニュース

「この結果が必要だった」EFL杯決勝敗北から立ち直る勝利にチェルシー指揮官は安堵「非常に満足」

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、EFLカップ(カラバオカップ)決勝敗退から立ち直ったチームを称えた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 先週末のEFLカップ決勝でリバプールに敗れ傷心のチェルシーは、28日に行われたFAカップ5回戦でリーズ・ユナイテッドと対戦。立ち上がりにミスから失点を許す苦しい展開となる中で反撃を開始すると、15分にFWニコラス・ジャクソン、37分にFWミハイロ・ムドリクのゴールで逆転してハーフタイムへ。後半、一度は追いつかれるも90分、MFコナー・ギャラガーが値千金の勝ち越し弾を決めて3-2で勝利し、FAカップベスト8進出を決めた。 チームが失望から立ち直るための大きな勝利を得たポチェッティーノ監督は、何より結果が重要だったと強調している。 「我々にはこの結果が必要だった。今日は確かに、素晴らしいパフォーマンスではなかったと思う。リーズは自信に満ちており、チャンピオンシップでも素晴らしい成績を収める非常に強力なチームだ。早い時間帯の失点後に我々が示したものは、今後の学びになるだろう」 「最終的には、非常に満足している。延長戦の末に決勝戦で負けるのは、いつだって辛いものだ。立ち直るまでに72時間もなかったのは大変であり、今日もまた多大な努力が必要になった。だから、私は選手たちに感謝を言わなければならないと思う」 2024.02.29 11:35 Thu

ユナイテッドvsリバプール! FAカップ準々決勝の対戦カード決定!

FAカップ準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。 5回戦では大会連覇を狙うマンチェスター・シティが橋岡大樹を擁するルートン・タウンに6-2の圧勝を収めて突破。さらに、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーが順当に突破を決めた。 また、坂元達裕を擁するコヴェントリー・シティは、ノンリーグで6部のメイドストーン・ユナイテッドに圧勝し、レスター・シティと共にチャンピオンシップ(2部)勢として8強入りを果たした。 注目の準々決勝では、マンチェスター・ユナイテッドと遠藤航を擁するリバプールの名門対決が実現。王者マンチェスター・シティは、今シーズンのEFLカップ3回戦で敗れたニューカッスルとのリベンジマッチに臨む。 残念ながら坂元が離脱中のコヴェントリーはウォルバーハンプトン、チェルシーはレスターと対戦する。 なお、準々決勝は3月16日からの週末に開催予定だ。 ◆FAカップ準々決勝 対戦カード ウォルバーハンプトン vs コヴェントリー(2) マンチェスター・ユナイテッド vs リバプール チェルシー vs レスター・シティ(2) マンチェスター・シティ vs ニューカッスル ※数字は所属カテゴリー 2024.02.29 07:14 Thu

ギャラガーの劇的弾でリーズとの打ち合いを制したチェルシーがベスト8進出!【FAカップ】

FAカップ5回戦のチェルシーvsリーズ・ユナイテッドが28日に行われ、3-2でチェルシーが勝利した。 4回戦でアストン・ビラを下したチェルシーが、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のリーズをホームに迎えた一戦。 3日前に行われたEFLカップ決勝のリバプール戦を延長戦の末に敗れたチェルシーは、その試合からスタメンを5人変更。ギャラガーやパーマー、GKペトロビッチらに代えてムドリクやマドゥエケ、GKロベルト・サンチェスらをスタメンで起用した。 そのチェルシーは立ち上がりの8分に失点を許す。ゴールキックを自陣深くで繋ぐと、ボックス内でグレイのハイプレスを受けたカイセドがボールをロスト。このこぼれ球を拾ったアンソニーの折り返しからマテオ・ジョセフにネットを揺らされた。 先制を許したチェルシーはすぐさま反撃を開始。すると15分、ボックス右手前でパスを受けたマドゥエケの落としをカイセドがダイレクトでボックス内に送ると、ボックス右に抜け出したジャクソンが冷静にゴールネットを揺らした。 早い時間に追いついたことで主導権を握ったチェルシーは、37分に勝ち越しに成功する。グストのパスをボックス右高い位置で受けたスターリングの折り返しをニアに走り込んだムドリクが右足のダイレクトシュートをゴール左隅に流し込んだ。 2-1で迎えた後半は、1点を追うリーズがボールを保持する展開で試合が推移。すると59分、アンパドゥのサイドチェンジを左サイドで受けたアンソニーがクロスを供給すると、ゴール右手前に走り込んだマテオ・ジョセフがヘディングシュートを流し込んだ。 追いつかれたチェルシーは、61分にマドゥエケとグストを下げてギャラガーとチルウェルを投入。さらに74分には、スターリングとギルクリストを下げてパーマーとコルウェルをピッチに送り出した。 積極的な選手交代もなかなか劣勢の展開を打破できないチェルシーだったが、90分に勝ち越し点が生まれる。左サイドからドリブルで中に切り込んだエンソ・フェルナンデスのパスをペナルティアーク内で受けたギャラガーが絶妙なターンで相手DFと入れ替わり、冷静にシュートを流し込んだ。 結局、試合はそのまま3-2でタイムアップ。途中出場ギャラガーの劇的弾でリーズとの打ち合いを制したチェルシーが2大会ぶりの準々決勝へ駒を進めた。 2024.02.29 06:35 Thu

EFL杯の次はFA杯で決勝へ、バウンスバック図るチェルシーの状態良好「本当に集中しているし、前に進んでいる」

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督がFAカップでの巻き返しに期待を寄せている。クラブ公式サイトが伝えた。 先日、EFLカップ(カラバオカップ)決勝のリバプール戦に臨み、120分間の激闘の末、0-1の敗戦を喫したチェルシー。転換期のチームは追い風となるタイトルを獲得できなかったが、まだFAカップ制覇の可能性が残っている。 28日に迎えるFAカップ5回戦では今シーズン、チャンピオンシップで戦うリーズ・ユナイテッドとホームで対戦。ポチェッティーノ監督は選手たちの立て直しに向けたリアクションに満足感を示している。 「決勝で負ければ立ち直るのは簡単ではないが、選手たちは本当に集中しているし、前に進んでいるから嬉しい。今日、選手たちに話を聞けば、みんな試合に関わりたいと言うだろう」 「カラバオカップで優勝できなかったことに当然彼らはがっかりしているが、我々は明日に向かう必要がある。彼らのリアクションは良いし、大丈夫だと思うから幸せだ」 「元気を出し、前に進み、明日に備える必要がある。FAカップというもう1つの異なる大会だし、最後まで勝ち進みたい」 チェルシーにとって長年のライバルである対戦相手のリーズについても言及。チャンピオンシップで9連勝中、自動昇格圏内の2位に浮上と好調を維持しているチームに対し、警戒を強めている。 「我々の前には(チャンピオンシップの)直近9試合で勝利している非常に調子が良いリーズが立ちはだかるから、準備をしておく必要がある。彼らは今良い時期にあるから、厳しい戦いになるだろう。だからこそ、自信とエネルギーが必要だ」 2024.02.28 13:51 Wed

EFL杯決勝敗退にプレミアの低迷…それでもチェルシー指揮官は解任を心配せず「オーナーはサポートを示してくれた」

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、解任の心配をしていないと強調した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今シーズンからチェルシーで指揮を執るポチェッティーノ監督だが、多くの新加入選手や負傷者の存在もあり、プレミアリーグでは25試合を消化して11位に低迷(1試合未消化)。加えて、今季最大の試合と言っても過言ではなかったEFLカップ(カラバオカップ)決勝も、満身創痍で多くの若手を起用せざるを得ない状態だったリバプールに0-1で敗れた。 中々チームが安定しないこともあり、クラブは指揮官交代を検討との報道もあるが、ポチェッティーノ監督は自身の立場を心配していないようだ。28日に行われるFAカップ5回戦のリーズ・ユナイテッド戦に先立った記者会見で、指揮官はオーナーとの関係は良好だと強調しており、プロジェクトの継続を主張している。 「ウェンブリー・スタジアムでオーナーに会ったときは挨拶をしたし、決勝後には(共同オーナーの)ベフダッド・エグバリにも会って話をしたよ。我々は試合について、そしてトロフィーを獲得する機会を逃したことについて意見を共有した」 「オーナーたちはサポートを示してくれた。試合後、トッド(・ベーリー)は素晴らしいメッセージを送ってくれたんだ。(時間が与えられるかについて)私の手が及ぶところにはない。ただ、我々はオーナーやスポーツディレクターと非常に良い関係を築いているよ。信じる、信じないは彼ら次第で、監督が決めることではない」 「(プロジェクトが順調かは)それぞれの見方や意見次第だろう。我々は現時点で良い方向に進んでいると思う。決勝に進出するも敗北。良かったとも悪かったとも言えることであり、それは人それぞれの判断次第だ」 2024.02.28 13:10 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly