「結構好き」「とても美しい」シティが長谷川唯のイラストで試合の告知、ファンも反応「とてもキュート」「ハセガワチャン」

2023.11.26 22:20 Sun
長谷川唯のイラストでシティが試合告知
Getty Images
長谷川唯のイラストでシティが試合告知
マンチェスター・シティが投稿したなでしこジャパンMF長谷川唯の画像が話題を呼んでいる。
PR
なでしこジャパンの中心選手であり、シティでも中心選手として活躍する長谷川。今シーズンもFA女子スーパーリーグ(FAWSL)では7試合に出場している。
チームはチェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドに続く4位に位置。今週末の第8節では、トッテナムとの試合が控えている。

その試合に向けてシティのインスタグラムが1枚のイラストを投稿。長谷川の似顔絵と共に、リーグ戦開催を宣伝した。

ファンは「とてもキュートだ」、「女子にも頑張って欲しい」、「これは結構好き」、「とても美しい」、「素晴らしいよ」、「カワイイ」、「ハセガワチャン」とコメントが集まっている。
このイラストはどことなくアメコミ風でもあり、ヒーローっぽさも出ているのだろう。チームを勝利に導く活躍を見せられるか注目だ。



PR
1 2
関連ニュース

「皆さんに来てほしい」長谷川唯がスタジアムでの後押しを呼びかけ、北朝鮮の監督が名指しでの警戒に「もっとインパクトあるプレーを」

なでしこジャパンのMF長谷川唯(マンチェスター・シティ)が、パリ・オリンピック アジア最終予選第2戦の北朝鮮女子代表戦へ向け意気込んだ。 なでしこジャパンは北朝鮮との第1戦を24日に中立地のサウジアラビアで行い、ゴールレスドローで終えた。第2戦は28日に国立競技場で行われ、勝った方がパリ行きの切符を手にするという、シンプルな構図で迎える。 第1戦にも先発出場した長谷川。チームとしてなかなか攻撃面では良いところが出せずに終わったが、ゴールレスで終えることができた。 勝利すれば良いという条件の中での第2戦に向けては「勝つしかない試合ですけど、責任を背負いすぎるというよりはプレッシャーも楽しんで、内容も大事ですけど結果だけを求めて、楽しんでプレーしたいと思います」と意気込みを語った。 長谷川は2018年に行われたアジア競技大会の準々決勝で北朝鮮と対戦。その試合でゴールを記録していた。 当時のイメージについては「ほとんど覚えていないです。ゴールのことも最近北朝鮮とやる少し前に思い出しました」とコメント。「あまり意識はしていないですが、いつやっても嫌な相手だなという印象がありました」と、難しい相手というイメージはあるようだ。 また「この前の1戦目も難しい戦いになりましたし、久しぶりにああいうチームとやってやりにくさを感じました。日本人の選手として同じチームとやることは嫌じゃなく、自分達にアドバンテージがあると思っているので、修正力、対応力を活かしながら、明日はもっとボールを支配して勝てればと思います」と、24日の試合を生かして、決戦で勝利したいとした。 今回の試合もゴールが期待されるが「前目のポジションをやっていることは所属チームよりも多いので、ゴールに絡めるプレー、ゴール、アシストの結果を残せるプレーを見せたいと思います」と意欲を見せることに。得点に絡むプレーを長谷川が見せれば、自ずと日本に勝利が舞い込むことになるだろう。 そんな長谷川だが、北朝鮮のリ・ユイル監督は警戒する選手として名前をあげていた。 長谷川は驚きながらも「そうやって言われることは良いことだと思います」と語りつつ、「1戦目はチームとしても個人としても何もできなかったと思っているので、もっとインパクトあるプレーを見せられたら良いなと思います」と、より結果に繋がるプレーを見せたいとした。 当然警戒も高まることになるが「自分自身が良いプレーをすることは大事ですけど、相手がたくさん寄ってきてくれるということは周りが空いているので、そこを上手く使って、自分が直接関わらなくても他の選手がやりやすいプレーをできればと思います」とチームとして良い捉え方をしたいとコメント。「相手を引きつけるだけのプレーも必要ですし、個人突破も必要だと思います。1戦目は1人1人が剥がすプレーができなかったことが問題だと思いますし、そこを引き出せればと思います」と、しっかりと対応していきたいとした。 その舞台となる国立競技場のピッチだが、芝の状態が良くない。前日練習でピッチに立った長谷川は「ちょっと荒れているということは聞いていたので、思っていたよりも土っぽいという感覚はありました」と言及。「やっていても滑る印象はなかったんですけど、ボールが転がりやすかったりイレギュラーなバウンドをするなということはありますが、それは言い訳にならないので、しっかり対応したいと思います」と、問題はありながらも言い訳にはしないとした。 そして、チケット販売も芳しくないという事実がある。27日の17時時点では2044枚しかゴール裏が売れておらず、北朝鮮側は3000枚全てが売れて完売という状況だ。 試合当日もチケットが販売される予定だが、ファン・サポーターに向けた長谷川は「この大きな舞台でやらせてもらっているということで、たくさんの方に見ていただきたいです」と来場を願うことに。「Jリーグではヴェルディがたくさんのお客さんを集めて試合をしていたので、ああいう場でできればと思っています。皆さんに来てほしいと思います」と、スタジアムで声を届けてもらいたいと訴えた。 2024.02.28 00:10 Wed

今季出遅れのグリーリッシュ、グアルディオラ監督が挽回に期待「我々には彼が必要」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、イングランド代表MFジャック・グリーリッシュに期待を寄せている。クラブ公式サイトが伝えた。 昨シーズンは公式戦50試合に出場してチームのトレブル(3冠)に大きく貢献したものの、今シーズンはベルギー代表FWジェレミー・ドクの加入やケガが重なり、存在感が薄まっているグリーリッシュ。13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのコペンハーゲン戦では、先発しながら21分に負傷交代し、その後のプレミアリーグ2試合を欠場していた。 直近の第26節ボーンマス戦ではベンチに戻っていた中、27日のFAカップ5回戦ルートン・タウン戦を前にしたグアルディオラ監督はそんなグリーリッシュについてコメント。ここからの挽回に期待している。 「彼は少し出遅れたかもしれないが、ここ1カ月のジャックは多くの面で元に戻っていた。彼はチャンピオンズリーグのコペンハーゲン戦という重要な試合でプレーした。もしプレーが悪ければ、蚊帳の外の可能性だってある」 「残念なことに、彼は10分か15分で負傷してしまった。でもすぐに回復して戻ってきた」 「彼が昨シーズンと同じようなインパクトを残すことを願っている。彼次第だし、選手全員次第だ。私は自分の決断を公平に下すよう努めている」 「たとえ彼が昨シーズン多くの時間をプレーし、今シーズン序盤は出番が少なかったとしても、選手は同じだし、監督も同じ、我々が望むプレースタイルも同じだ。何も変わっていない。ただパフォーマンスが変わっただけだ。それが違いだ」 「我々には彼が必要だ。彼はチームにとって特別な資質を持っているし、うまくやってくれることを願っている」 また、ボーンマス戦でベンチに戻ってきたグリーリッシュ、再離脱防止のため起用に細心の注意を払っているベルギー代表MFケビン・デ・ブライネのルートン戦出場の可能性にも言及。練習で状態を把握し、どうするか決めると語った。 「可能性はある。通常、土曜日の次の試合が火曜日の時は、これまでの厳しいスケジュールも考慮し、練習が終わるまでメンバーを決めない」 「彼らと少し話をしてフィーリングを掴む。私はまだ決断を下していないし、まだ決めるつもりはない」 2024.02.27 12:51 Tue

シティの新星オスカー・ボブが2029年までの新契約にサイン! 今季デビューで16試合に出場

マンチェスター・シティは26日、ノルウェー代表FWオスカー・ボブ(20)との契約を2029年6月30日まで延長したことを発表した。 シティとの契約を新たに3年延長した左利きのアタッカーは、世界最高峰のクラブでのキャリア継続を心から喜んでいる。 「ここは若いプレーヤーにとって素晴らしい環境であり、可能な限り最高の場所なんだ。僕はすでにペップ、彼のコーチングスタッフ、そしてチームメイトから多くのことを学んできた」 「2029年までこのクラブにいることは僕にとってすべてを意味する。今は自分の成長をさらに促進し続けることに集中し、クラブがさらなる成功を収められるよう、日々全力で取り組んでいきたいと思っているよ」 2019年に母国ノルウェーのバレレンガからシティのアカデミーに加入したボブは世界屈指のタレントが集まる育成組織で頭角を現すと、昨夏ファーストチームに昇格。 昨年9月に行われたプレミアリーグのフルアム戦でファーストチームデビューを果たすと、以降は右ウイングを主戦場にここまで公式戦16試合に出場。昨年12月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のツルヴェナ・ズヴェズダ戦で初ゴールを挙げると、今年1月のニューカッスル戦ではチームを3-2の勝利に導く値千金のプレミアリーグ初ゴールを挙げている。 また、シティの同僚アーリング・ハーランドがエースストライカーを務めるノルウェー代表では、昨年10月にA代表デビューを飾ってここまで4試合に出場している。 2024.02.27 06:30 Tue

首位追走のシティ、グアルディオラ監督は過密日程でも勝ちきる選手たちに驚き 「ボーンマスは1試合の準備に7日間費やしている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 先週末のプレミアリーグ第25節チェルシー戦を1-1のドローで終え、連勝がストップしていたシティ。それでもミッドウィークの第18節延期分ブレントフォード戦では白星を手にしており、24日には再びの連勝街道を目指して第26節のボーンマス戦に臨んだ。 シティは24分、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドのシュートのこぼれ球をイングランド代表MFフィル・フォーデンが押し込み、先制。その後は追加点こそ奪えなかったが逃げ切りに成功し、アウェイで1-0の勝利を飾った。 2連勝により、首位リバプールを勝ち点「1」差で追走する中、グアルディオラ監督は決勝点をあげたフォーデンを称賛。ゴール以上にパフォーマンスが素晴らしかったとコメントしている。 「ゴールのことは忘れてほしい。もちろん重要なゴールだったが、彼がどのようなプレーを見せていたか理解しているだろうか?」 「彼がいかに試合をコントロールし、加速させていたか。彼はすでにトップクラスのサッカー選手になっている」 「彼は幼い少年から、ワールドクラスのトッププレーヤー“フィル“になっている。彼はとても良い。どこでもプレーできるが、特に中央のポジションでは本当に本当に素晴らしいプレーをすることができる」 また、ハードスケジュールの中でもしっかりと勝ちきっているチームの奮闘ぶりにも言及。複数のコンペティションを同時に戦う難しさについて語った。 「何と言えばいいのだろうか? カレンダーは非常に厳しいもので、我々に対する期待値も非常に高い。彼らは長年にわたって多くの試合や多くのことをこなしてきた。どこかで屈し、現状を維持できなくなるといつも思っているが、彼らは私を驚かせてくれる」 「私は彼らに『これが普通ではない』と言っている。何年もの間、我々は3日ごとに試合をこなしている。ボーンマスは1試合の準備に7日間費やしている。世界最高のチームになることを毎秒夢見ながら1週間過ごしているんだ」 「一方、我々の準備期間は3日しかない。それでも人々は同じ条件でプレーしていると言う」 「同じ条件でプレーしているわけではない。プレミアリーグだけを見れば同じ条件でプレーしているが、たくさんのコンペティションがある。私はそれが大好きだ」 「我々はまだそこにいる。いつまでこういったコンペティションにとどまることができるかはわからないが、少なくとも今はそこにいる。自分たちがどういった状況にあるのかを考えると信じられないことだ」 2024.02.25 14:42 Sun

競り勝って連勝のシティが首位リバプールを1pt差で追走! ボーンマスキラーのフォーデンが決勝点【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第26節、ボーンマスvsマンチェスター・シティが24日にヴァイタリティ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが0-1で勝利した。 2位のシティは13位のボーンマス相手にリーグ連勝を狙った。先週末のチェルシー戦を1-1のドローで終えてリーグ連勝が「6」でストップしたグアルディオラのチームだが、ミッドウィークに行われた第18節延期分ブレントフォード戦をハーランドのゴールによって1-0の勝利。しっかりと白星を取り戻した。 直近5試合未勝利と調子が下降気味のチェリーズ相手のアウェイゲームでは先発3人を変更。ウォーカー、アルバレス、ボブに代えてアケ、マテウス・ヌネス、コバチッチを起用。ストーンズを中盤に配置した[3-2-4-1]の布陣で臨んだ。 ベルナルド・シウバ、マテウス・ヌネスが基本的に幅を取る役割を担うものの、2列目が非常に流動的な動きでボールに絡んでいくシティ。開始9分にはロングボールをベルナルド・シウバが右足で背後のスペースに流すと、これに抜け出したハーランドがボックス手前から右足の際どいシュートを放った。 一方、ホームで前から圧力をかけるアグレッシブな入りを見せたボーンマスも直後に決定機。セメンヨのお膳立てからケルケズが左足のブレ球ミドルを放つが、これはGKエデルソンの圧巻のワンハンドセーブに遭う。 互いに1度ずつ蹴って気を作り合った後は徐々に良い形で押し込み始めたシティ優勢で進んでいく。幾つかフィニッシュに持ち込んでいくと、チェリーズキラーのフォーデンがやはり決定的な仕事を果たす。 24分、コバチッチのスルーパスに反応したハーランドが強靭なフィジカルを活かしてボックス左でDFと入れ替わって左足のシュート。これはGKネトに弾かれるが、こぼれに詰めたフォーデンが難なく左足で押し込み、対ボーンマス5試合連続ゴールを達成した。 良い時間帯に先手を奪ったアウェイチームは、引き続きボールを奪いに来る相手をいなしながら中盤の選手の効果的なオーバーラップ、アンダーラップを使って幾度か追加点に迫る。だが、ベルナルド・シウバのコントロールシュートや2点目を狙うフォーデンのシュートはゴールに繋がらず。 その後、前半終盤にかけて押し返したボーンマスはクリスティのミドルシュートのこぼれ球に反応したソランケがゴールネットに流し込むが、これはオフサイドで認められず。シティの1点リードでハーフタイムを迎えた。 互いに選手交代なしで臨んだ後半はオープンな展開に。ビハインドを追うボーンマスがクライファートのブレ球ミドル、右サイドを完全に崩してのタヴァーニアのヘディングシュートで続けてチャンスを作れば、シティもハーランドが快足を飛ばしてボックス右に持ち込んで際どいシュートを放った。 追加点を奪って試合を決めたいグアルディオラ監督は、マテウス・ヌネスを下げて63分にドクを投入。前がかる相手にカウンターの脅威を突きつけるが、この交代も攻撃の活性化には至らず。75分にはハーランドがゴール前に抜け出して決定機を迎えるが、GKネトの好守に遭う。 後半終盤にかけてはアルバレス、デ・ブライネとフレッシュな主力を投入したシティが逃げ切り態勢に入る一方、ボーンマスはDF2枚を削ってアタッカーを続けて投入し、最後の勝負に出る。 6分が加えられた後半アディショナルタイムを含め迫力のある攻めを見せたボーンマスだったが、ワタラやウナルといった途中投入の選手が仕留め切れず。そして、後半は苦しみながらも2試合連続で1-0勝利のシティが2連勝で首位リバプールを1ポイント差で追走している。 2024.02.25 04:32 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly